2017マドリッド準々決勝 vs. ジョコビッチ プレビュー

ジョコビッチと14度目の対戦・・・現在11連敗中だったかな。
錦織が強いときはジョコビッチがそれ以上に強い。
調子を落としても錦織とやるときは強い。

それがジョコビッチでしたが、今年のマレーと並ぶ不調の状況でどうか。
錦織もお付き合いしちゃってちょっとことしは不調ですが、まあ不調と言えるほどかな?確かにらしくなさはあるけど、故障を除いたらそんなにまずい試合はしていないと思います。
昨年と比べたら良くないのは間違いないですが、今のジョコビッチと比べたら調子の落ち方は緩やかだと思います。
ということで今回は、錦織の方も手探りながら昨年までよりはチャンスがありそうな気がします。
あくまで、「気がします」。相手はジョコビッチ、そんな確証などないことは明らかです。いつ復調してもおかしくありません。完全じゃなくても十分、錦織を倒す力をもっている選手です。
とにかく錦織の渾身の攻撃をうま~く跳ね返し、ちょっとの隙を突いて反撃してくるジョコのイメージがどうしても拭えません。ここは、ジョコの調子に掛けるのではなく、錦織自身が自分のプレーを貫いて勝利をもぎ取れるかに注目したいと思います。

試合情報は後ほど時間があれば・・・
またもや記事立てレベルですいません。週末もなにかと用事があるのですが、もしこの試合に勝つことができればSFはがっつり応援です。
(と、書くと縁起がよくないのだけど・・・うーーーん(まんだむ))

いつものように現地12時、日本時間19時です。

あんまり書くと結果がよくないジンクスができそうなのでひっそりと書きますが、鼻血対象試合です。

応援フード

ゲン担いで、今日も人参です
圭くん、ジョコを乗せないでね~

micchi

221 件のコメント

  • 今晩は。
    錦織選手、3時間ほど前にマドリードからローマに向けて発ったようです。あえてローマ出場を模索する模様。ならば応援あるのみ、ですね。

    西岡選手がニュー練習動画を本日アップ。
    https://www.instagram.com/p/BUBInlKAptF/?taken-by=yoshihito0927
    以前フォーラムで話題になったのですが、彼は本来右利きだそうで。テニス以外のスポーツ全般、普段の生活もはさみから字まで全て右で、テニスのみレフティと。でもこれなら右でも全然OKですね。撮影者はジュニアの山﨑純平選手とのこと。

    HIPPOさまがコメントされていた、クエバス選手の「SHOT OF THE YEAR」は海外でも話題沸騰。公式サイト記事の抄訳記事です。HOT SHOT動画つき。
    <神技!男子テニスで衝撃の背面ショット 世界で絶賛「キッズ達、家でマネしないで」>
    https://the-ans.jp/news/4096/

      引用  返信

  • 錦織選手の手首の痛みですが、既出かもしれませんが、昨日12日の(英語での)プレス・コンフェランスでは「炎症なのか、(より深刻な)断裂(torn)なのかそれとも他の何かか?」という質問に対して明確に「炎症」と答えています。「良くなっているし、ある程度の痛みは予想していたし、それに慣れようとした。デルポトロほどは悪くない。ただ手首なので、無理をしすぎるとケガをしやすくなって大きな問題となり得る。それで今日はプレーしないことを選んだ。筋肉痛なら(多少の)無理はできるが、手首にはたくさんの骨があるし、まだ少し炎症が残っているのかもしれない」と述べています。なので回復途上でまだ100%ではないので、大事をとってリスクを冒さなかったということだと思います。深刻な問題なら最初から長期間の治療休養を宣言していたはずで、チーム圭としては実戦をこなしながら様子をみるという判断だと思います。ローマの2Rから試合が組まれてますが(予定では火曜日か水曜日)、会見では十分回復するためにここ数日は休養すると言ってました。

      引用  返信

  • 錦織選手が棄権(大会に入ってからの試合中棄権及び試合前棄権)が多いというデータ
    https://twitter.com/CristinaNcl/status/863196618241318918/photo/1
    ただ、これをどう評価するのかは、なかなか難しいと思います。
    大会そのものをパス(スキップ・欠場)すれば、当然、棄権数は減ります。
    他の選手に比べて、身体に多少の痛みがあっても強行出場していることが多いのかも知れません。
    そうでは無いとしても、やはり体格的にやや劣る錦織選手は、身体を限界まで酷使しないと世界のトップレベルとは渡り合えないのだろうし・・・。(もちろん、トレーニングの仕方、フォーム、スケジューリング等が良くない、という可能性もあるでしょう)
    何が言いたいかというと、これだけ故障をしても、その都度、懸命にトレーニングを重ねて、世界のトップレベルを維持している錦織選手が、テニスに対する情熱が欠けているだとか、やる気が無いだとか、そんなことは絶対に無いと思いますよ、ということです。
    本当に、やる気、情熱、勝ちたいという気持ちがなかったら、去年の全英でチリッチ戦に強行出場したり、リオの1回戦でラケットたたきつけたりするわけ無いじゃないですか。

      引用  返信

  • naka さん、爪の垢をください🙇
    nakaさんのような、大人な、スマートな表現が出来るようになりたい😤

      引用  返信

  • 今晩は。
    いよいよジョコビッチ選手vs.ナダル選手、50回目の対戦が始まりましたね。
    ナダル選手、いきなりブレイク・スタートで3-0とリードですが、H2Hはこのカード、最近はナダル選手7連敗中ですね。錦織選手は10連敗と。

    そもそも長らくランク1位に君臨していたジョコビッチ選手に、ここ2,3年で連勝している選手がいるのでしょうか。連勝どころか1回も勝ったことのない選手がほとんどですね。むしろジョコビッチ選手にとっては、選手ほぼ全員がお得意様だったワケで。

    さあ今夜、ナダル選手は雪辱を果たし連敗をストップできるでしょうか。それとも体力温存とはいえ今のジョコビッチ選手が連勝を伸ばせるでしょうか。しっかり見届けませう。

      引用  返信

  • 仕事で忙しくマドリードやっと試合をライブで観てますが、注目のジョコvsナダル、試合序盤はジョコがUE量産(特にバックハンド)で一方的な試合です。ナダル、マドリード優勝なら一気にフェデラーを抜いてATP4位に浮上(ファイナルレースはマドリードSFで既にフェデラーを抜いて1位)です。RGドローの理想は、ナダルと錦織選手が同じ第5−8シード群にいる(すると少なくともSFまでは当たらない)ですが、最悪シナリオは第5シードがナダル、第9シードが錦織で、4Rでナダル選手と当たることです(確率1/4)。ナダルが第4シードになったら、少なくともQFまではナダルと当たらないです(QFで当たる確率1/4)。なので今週末(だけ)は全力でナダル応援でしょうか?(笑)。しかし、ボールボーイ&ガールとラインズ(ウー)マンまでマヌカンに見えて仕方ない(笑)。

      引用  返信

  • ナダル脅威的
    ジョコさん、パワーが減退?
    やはり、調子悪そうですね。

      引用  返信

  • 禮 さん、
    安心材料を提供してくださってありがとうございます。

    nakaさん、
    おっしゃるとおりです!

    下団さん、
    お気持ちは痛いほど・・。(私も)
    同じように感じている方も多いのでは?と、思います。

      引用  返信

  • 風 さん、ありがとうございます(`・ω・´)ゞピシッ!

    TVやパソコン画面から判断するのは難しいことですが・・・
    ジョコビッチ選手、さすがにパワー不足ですかね~(@_@;)

      引用  返信

  • 私 こんなにジョコビッチを応援したことないかも。何度も錦織くんの前に立ちはだかってたんだもの!

    ごめんなさい、なんだか強すぎて(上手く行き過ぎてて)今度はナダルを嫌いになってしまいそう。

      引用  返信

  • ひょっとしたら、圭くんには、MLB における、ピッチャーに対する投球数制限(100 球まで)のような制約が設定されているのかもしれません。100球目くらいまでどんなに調子良く相手を抑えていても、新しい回には決して投げさせない様な制約です。MLB の場合、肩の消耗を抑制し、その回復(再生)を促進することが目的とされており、結果的に、選手生命も延ばす効果が期待されています。

      引用  返信

  • @バスケ好き さま、しょーもない話題ですみませんが、冗談ではなく(笑)今年も(ATPは女性、WTAは男性?)モデルがボールボーイ&ガールとして雇用されていたと思います(たぶん今の試合も)。マドリードのダークな(?笑)話題はフォーラムで「錦鯉🐉養殖しましょうⅡ🐣」。小生としては悪趣味(ビジュアルを重視したブルー・クレーも)だと思います。少しでも多くのテニス少年少女にチャンスを与えてあげたほうが。。。

      引用  返信

  • ナダル対ジョコは、絶対いいもの見れる期待大ですが、今日はジョコがエンスト気味で、イマイチ。ジョコは、最後の最後で良い時の精神状態をつかんだようでしたが。ふっと笑うとギョッとします。これから調子を戻すのでしょうか?ダブルスも含めスペイン🇪🇸チーム強い。
    ジョコ、圭くんへのツイートありがとう。圭くんをずーっと応援してます。人生の波があるから応援は楽しいのです。

      引用  返信

  • とはいえ、ナダルもジョコビッチに7連敗中で1セットも取らせてもらえませんでしたから、今日は勝ちでもいいでしょう@ぷりこ

      引用  返信

  • 今晩は。
    ナダル選手、連敗脱出&決勝進出おめでとうございます。これでMC、バルセロナ、マドリードと14連勝? クレーで負けなし。クレー・キングここにあり、ですか。
    ジョコビッチ選手、2nd setは持ち直したように思えたのですが、これはちょっと…。なかなか振り切れませんね。やはり早急に陣営を整える必要ありかと。

    もう1人心配な選手です。
    キリオス選手、臀部の怪我でダブルス準決勝を棄権。Tennis TVより。
    https://twitter.com/TennisTV/status/863382968718565376
    うむむ…。ローマは大丈夫でしょうか。それとも、またもやLL枠発生?

      引用  返信

  • ジョコビッチの状態が悪すぎて、見てるのがつらい。
    彼に何が起きてるのか、ここまでひどいと、もう燃え尽き症候群だけでは済まされないですね。

    プライベートの問題とか、コーチ全員解任とか、いろいろあるんだろうけど、元の強すぎてアンタッチャブルのジョコに戻ってほしい。

      引用  返信

  • ジョコマレー敗退連動説の信憑性がまた増してしまいました。

    正直言って、昨日のゴファン対ナダルの試合の方がずーっと白熱してたぞー。

      引用  返信

  • @バスケ好き さん
    錦織圭は100ゲームを超えると体がもたない、という説です。
    一時期ケイメヒコさんも、開催中の大会の総ゲーム数をランキング試算で記載したりもしてました。
    2014年の全米準優勝及びマレーシア・楽天オープンの2週連続優勝でそんな話も聞かれなくなりましたが。

      引用  返信

  • @ぷりこ さま、

    そのお気持ち、ずっぽし共感です^^
    でも、最後の粘りはやっぱりジョコビッチ選手。
    これがあるので、錦織選手の棄権は正解だったと思います。

    @憧れのマエストロ さま、

    何だか凄くそんな気がしますね。
    その中で、これまでは錦織選手の意向を尊重してきたけど、
    今年はもの凄く緻密な計算を陣営がして、彼もそれに従っているような。。。
    怪我といっても、再生可能な筋肉や骨と比べると、靱帯系は再生不能で寿命あり。
    負担のかからない打点といえば、例えば杉田選手の方が理に適っているかもですが、
    それではトップ選手には敵わないわけで、
    最先端の医療スタッフがどれだけ考えているのかに思いを馳せてます。
    情報管理なども含めて、今年は本当に真剣なんだと感じています。
    素人が結果論でどうこう言える世界ではないなと。
    だから、批判論が好きな人のどうのこの、なんて、最近は気にもなりません。
    とにかく、錦織選手も、周囲の思惑、我関せずで、全仏への思いを遂げて欲しいです!

      引用  返信

  • クレーキング完全復活ですね。楽しくなーい!!ジョコビッチ選手はやはり憎たらしいくらいに強くなきゃ!!マレー選手もこんなに早くナイトの称号なんてもらっちゃうから!引退するまでお預けにしておけばいいのに…。テニスにおいてやはりハングリー精神は重要なのだと思いました。飽くなき向上心…。今シーズンGSMSでフェデラー選手ナダル選手以外でトロフィーを掲げる最初の選手は誰になるのでしょう?

      引用  返信

  • @赤黄色 さん
    ご説明ありがとうございます。
    う~んなんとなんと返答してよいのか(私のなかでは都市伝説で処理したい)?

      引用  返信

  • @NORICHAN さま、

    キリオス選手、むしろここまで良く持った・・・。
    それほどソック選手とのダブルスが楽しかったのでしょうねぇ~。
    ナダル戦では本当に辛そうでしたから。

      引用  返信

  • 今晩は。
    おばっちさま
    やはりキリオス選手、ナダル選手に壊されていたのですね。どうかローマに間に合いますように。

    ツアーをちょっと離れて。
    セリーナ選手、お腹が目立ってきました。と共に顔つきも穏やかに。
    https://www.instagram.com/p/BUCV6UxhnDs/
    彼女は引く手あまた。今度は2024ロサンゼルス五輪誘致の看板選手、これからこのお腹でガッツリ招致運動に勤しみます。母は強し。本日USAメディアが一斉に報道しています。
    ちなみに招致自体はパリと争い、開催地は今年9月にペルーで決定。
    2024五輪時は41歳?42歳? さすがに現役ではないと思いますが、LAは生まれ故郷ですし、ママでも金とか言い出しそう(苦笑)

      引用  返信

  • @NORICHAN さま、

    いえ、多分試合に入る前から・・・。
    無気力試合と思われる寸止めのプレー振りで、ナダル選手がイラつく場面も。
    シングルスよりもダブルス優先かぁ~、らしいや! って思いながら見てました^^

      引用  返信

  • @バスケ好きさん、
    @赤黄色さん、
    補足しますf(^_^;)
    以前、テニマガかスマッシュあたりのテニス雑誌で連載されていた、圭のあれこれを毎月紹介するシリーズでの、中尾さんのコメントですm(__)m❤️
    詳しい内容は忘れましたが、中尾さんが前任者から圭のトレーナーを引き継いだ時、“圭は身体の使い方何かがまだまだ下手だし、筋トレをまったくしていなかったので、体力的に100ゲームを超えたら壊れる”とおっしゃってました~(´д`|||)💦
    その話を、私が“ランキング試算”の記事でケイメヒコさんに紹介したので、残りゲーム数を数えるようになったのですm(__)m❤️←今は笑い話ですが、チャンコーチや中尾さんに巡り会う前の圭は、自分のテニスに身体がついて来なくて痛いとこだらけだったんです~(;A´▽`A❤️
    それから、その頃は圭の膝の痛みが長い間消えなくて困っていたんだけど、原因を探って根本的な解決方法を見いだしたのは、中尾さんです❗😆😆
    “1年かけて、試合に出場しながら治した”そうですよ❗😉👍💕⤴️⤴️

    長々と昔話を失礼しました🙇🙇🙇💦

      引用  返信

  • 連投、すみませんm(__)m❤️
    ジョコ、無双過ぎて可愛くなかったけど、ラファにボコられるのを見ていると、やっぱり強いジョコに戻って来て欲しいです~😭💔⤵️
    まるでロボットのような、正確なショットはどこに行ったのでしょうか❓( ̄▽ ̄;)💦
    第2セットは拮抗しているように見えたけど、あれは多分、ラファが3年も勝ててないので変に意識しちゃっただけでしょう~(;A´▽`A❤️←だって、ゴファン戦の鬼ショットがまったく無かったですもん❗(っ`・ω・´)っ❤️
    きっと、“第1セットはうまく行きすぎた、このまますんなり勝てる訳がない😢”なんて思ったに違いない❗😆💕✨⤴️⤴️

    ラファ、トリプル大会10年連続優勝達成に向けて、視界良好ですね~❗😍😍😍❤️⤴️⤴️←3大会目は、マドリッドではなく全仏ですけど😉😉

    ラファ、ロジャーと共に、年齢や怪我に抗えることを証明してくれてありがとう❗😆💕✨⤴️⤴️

      引用  返信

  • 正しく自分の考えを伝えたいので説明させていただきますと、私は憶測でものを言うなとは言うつもりはありません。(もし過去にそう書いていたら、そっちがミスです。訂正します)
    憶測で書くのがいけないのではなくて、憶測や推測であることを、断定的に書くことはやめてほしいと思っているだけです。「事実と推測を区別して書きましょう」という表現でお願いしているはずです。
    情報がないことも多いので推測に頼らない場合は多々あります。
    推測や自分の主観であるとが分かれば、公序良俗に反しない範囲でどんな意見を書いても良いと思います。そう思う根拠はできるだけほしいですが。

      引用  返信

  • 団長様の御指摘、肝に銘じて守りたいと思います。
    naka様
    「これだけ故障をしても、その都度、懸命にトレーニングを重ねて、世界のトップレベルを維持している錦 織選手が、テニスに対する情熱が欠けているだとか、やる気が無いだとか、そんなことは絶対にない」
    とのコメントに大いに同感です。
    トップを維持するためにはどうしなけれればならないかを分かっているからこそ、トレーニングを続けるわけですね。怪我や他の理由で、期待されて結果を残せなかったプレイヤーは沢山いたはずです。また、トップ10を維持でずに、苦しんだプレイヤーもいたはずです。この位置を維持している錦織選手に、意欲・やる気がないなどとどうして言えるでしょうか。2014からトップ10を維持し続けてきた彼の努力を称えるべきだと思います。しかも、今シーズンは、中盤戦に差し掛かったばかり。ここから錦織圭の怒濤の巻き返しを期待しようではありませんか。

      引用  返信

  • @おばっちさん
    批判論の好きな人の意見、等々と言っていては何も書けません
    素人がどうこう言える世界ではない等々はいかがなもんでしょうかABCさんの意見も賛同はできませんが、こうした意見もあってもいいと思いますけれど
    RYUJIさんの意見に賛同です
    テニス経験のない人、テニス経験のある人、プロに近い人、自分もテニス経験があり子供がテニスしてた人(ちなみに僕ですがm(__)m) いろんな人の意見があり、陣営の一員になったつもりでいろいろ意見がを語るのはいいと思いますが(自論)
    でもそれぞれの基準は難しいですね
    僕はテニス経験のない人の意見も好きですね(陣営の一員になったつもりで)
    それに対して反論を読んだり自分が意見を言ったりもよしではないでしょうか、勿論ただおとしめる人の意見はスルーですが、大概そういった類いの意見は削除されてますけれど(^w^)

      引用  返信

  • 少し前に、テニスをほかのスポーツと比較するような話題がありましたが、
    案外、大相撲が近い感じがします。

    個人の対戦型であり、スポンサーやファンサービスも重視する興行だし、
    一旦大会(場所)が始まると休む間がなく、多少のケガなら出続けなければならないし、
    ケガなどで成績が悪いとランキング(番付)が落ちるし、などというところが。
    試合の過酷さではテニスに及ばないとは思いますが、
    無差別なので、体が大きい方が有利(大きすぎると逆に不利)というところも似ているような。

    あと、過密日程の件ですが、
    今、シャラポア選手の出場について話題になっていますが、
    やはり大会主催者としては入場券収入、スンポンサー収入は最大の関心事でしょうし、
    ほかに大会が増えたり、逆に自らが主催する大会の価値が下がったりして欲しくないでしょうから、
    現状を変えるのは難しいんでしょうね。

    トップ選手がケガで成績不振になるようなことがこれ以上続くなら、
    大規模なストライキが起きてもおかしくないです。
    アメリカ発症のプロスポーツなら、とっくにストライキやっていそうです。

    試合に出なくても、プレイベントや開催中の会場でファンサービスすれば、
    出場ノルマを果たしたことにする、というルールはできませんかねえ。

      引用  返信

  • 下段さん、おばっちさん、

    私も批判組と言われる一人かなと思ってちょっと書かせていただきます。

    少し誤解があるのではないかと思うのですが、圭くん本人はもちろん陣営の皆さんも個人的に批判しているわけではありません。トップテンを目の前にして足踏み状態だった圭くんをここまで押し上げたのは紛れもなくチャンコーチを始めとした陣営の力が大きいのはわかっています。チャンコーチや中尾トレーナーの功績は計り知れません。圭くん本人の努力はいうまでもありません。

    しかし、今年の今の現状を見れば大丈夫か?と心配になってしまうのは素直な反応だと思うのです。

    どうしてこうなってしまったのか、素人なりにファンとして考える事は悪い事ではないと思います。というか、ファンの醍醐味でもあると思うんですよ。あーだこーだ言うのは。良い時も悪い時も応援するのがファンですから。

    それと、批判論を展開するのも楽観論を展開するのも、真ん中から見れば同じことだと思うんですけど。
    視点が違うと思って見ていただけるとうれしいです。

    それから、下段さんがおっしゃるような輩はここにはほとんどいないと思います。団長さんがいっぱい削除されていらっしゃるのかもしれませんが、それならそれこそスルーでいいわけで問題にして取り上げる必要もないと思います。

      引用  返信

  • おはようございます。
    ジョコビッチ-ナダル戦 楽しみに観ていたはずなのに寝落ち😅 夜中に目が冴えてしまい 明け方寝付いたら朝寝坊。

    ちゃんと観ていない私も ここは楽しいです。自分の観点ではないところからの意見が聞けます。
    みんな違ってみんないい だと思います。
    ただ どんな意見も表現一つで違ってもきますもんね。気をつけてコメントしたいと思います。

    今さらですが ナダル3年もジョコビッチに勝ててなかったのですねー、教えて下さってありがとうございました(勉強不足)。
    決勝戦に関しても情報を集めつつ 予想も楽しみたいと思います!そろそろ錦織くんのその後情報もあるかしら。

      引用  返信

  • お早うございます。
    マドリード決勝は、ナダル選手vs.ティーム選手という好カード。23歳の若者がクレー・キングにマドリード決勝で挑戦する。24歳の錦織選手を思い出して胸が熱くなります。どうか怪我なく3セット戦い抜けますように。

    そして今夜からもうローマ1Rがスタート。なのでローマから若手話第13弾を。
    WCで本戦出場の地元イタリア選手の注目株は、ステファノ・ナポリターノ選手22歳。ナポリ出身ではありません(笑)

    彼は2016.01.01時点で21歳。にも拘らず昨年、年齢を20歳と思い込みU21枠で追っていました(笑) 結局彼も西岡選手やキリオス選手同様、ミラノ行きを門前払いされたクチ(苦笑) でも実力者には違いなく、2013のWBジュニア、ダブルスのファイナリスト。ちなみに優勝ペアはキリオス選手/コキナキス選手組。キリオス選手はダブルス巧者ですね。

    ジュニア時代のライバルは前述のキリオス選手、西岡選手の他、トンプソン選手にエドムンド選手、ジョコビッチ選手秘蔵っ子のミロジェビッチ選手etc。各GSジュニアやエイゴン、ハレ等で幾度となく対戦しています。
    そして彼、1Rのトロイツキ選手戦をもし突破すれば2R、ジュニア時代の最大のライバル、ズベレフ弟選手と対戦します。2つ年下でありながら賞賛を欲しいままのかつてのライバル。燃えないワケがない。特に1Rは、ズベレフ弟選手との再戦を実現させんと、トロイツキ選手にガンガンぶつかっていくことでしょう。以後お見知りおきを。

      引用  返信

  • 昨日の試合ですが去年の前半のジョコビッチなら結果は逆になってたように思います
    誰か書いてましたがナダルもそんなに良くなかったですよね
    錦織圭が万全なら昨日のナダルには勝ってたんじゃないですかね
    去年のIWやバルセロナは本当は錦織圭がナダルに勝ってた、いや勝たなければいけない試合だったと思います
    今回の大会でも7割~くらいと思います蹴れ、それでも勝ってしまうんやから万全なら、フェデラー以外には負けるわけないと思ってしまうのは贔屓目でしょうか
    ナダルが復調してるといわれてますが、全盛期とはやはり違うと思ってしまいます
    フェデラーは本当に化け物ですね
    老いを補って技術はどんどん今だに進化してますよね
    フェデラーと錦織圭のお互いの万全な体調の試合を観たいです
    そして錦織圭に勝ってもらいたいです

      引用  返信

  • ナダルだから楽に勝てただけで
    錦織ならジョコに負けてる
    次の大会も楽に勝てる相手と戦って
    棄権しそうだな

      引用  返信

  • すみません。上の 9:34am私のコメントで下団さんのお名前を間違えてしまいました。申し訳ありません。

      引用  返信

  • 朝、たまたまタイミングよく目覚めてティームvsクエバス戦を観ることができました。ショットに緩急をつけ、ありとあらゆるボールを拾いまくるティーム選手、攻守ともに進化ぶりがめざましい。クエバス選手はサービスキープに苦労→被ブレークの繰り返しで、なすすべがありませんでした。
    ナダルvsティームの決勝は、錦織選手の全仏での活躍に期待して、ダークさと純粋さがないまぜになった下心でナダル選手を応援します。

      引用  返信

  • @ことこと
    さんの意見が世間一般の人の意見なんでしょうね
    僕は完全に思い入れがありるので、なかなかそうは思えません
    体調が戻るまでは勝てる相手には勝っておいて後は棄権でもいいと僕は思います

      引用  返信

  • 今日は。
    ナダル選手勝利コメント、ジョコビッチ選手敗退コメントの抄訳記事です。
    <ナダルが通算50回目の対ジョコ戦で快勝、マドリード・オープン決勝へ>
    http://www.afpbb.com/articles/-/3128107

    テニマガ編集者木村さんの観戦レポートです。
    <ナダルが連敗に終止符を打ち、ジョコビッチを圧倒「本当に重要な勝利だ」>
    https://www.thetennisdaily.jp/news/contents/overseas/atp/20170514_0023632.php

      引用  返信

  • 連続投稿失礼致します。
    ナダル選手、やはり過去7戦を相当意識していましたね。これは更に自信を深めてますます恐ろしい存在に。エントリー・ランキングは4位返り咲きは目前、レース・ランキングはとうとうフェデラー選手を抜いて1位に。何という…。
    ジョコビッチ選手、この不振がモロ影響し、エントリー・ランキングは多分7000Pを切るハメに。10000P超えが嘘のように貯金を取り崩し、3位バブリンカ選手との差は1000P強にまで縮まります。とにかく早く心の拠り所を見つけられることをオススメします。

    そして会場にはロナウド選手。またもやサッカー界との繋がりが。彼もテニスW杯計画に絡んでいるのでしょうか。

    しかし24勝26敗(逆もまた)って…。いかに熾烈な上位ラウンドの数々であったかを物語りますね。そしてレポートにもあるように、フェデラー選手に起こり得たことはナダル選手にも起こり得る。RGの行方予想はナダル選手が筆頭に間違いない。
    そろそろ誰かがストップさせないと、本当に男子テニスは10年前にタイム・スリップしてしまう!

      引用  返信

  • 身長が同じくらいの選手が怪我しにくいからといって怪我しにくさを見習うことってできるものなんでしょうか?身長同じくらいでも 骨格だとか関節の柔軟性とかいろいろ違うと思うのですが。
    トレーニングやフォームの改善で多少はよくなるとしても怪我のしにくさっていうのも持って生まれた才能の1つにようなものかと。 詳しい方教えてください。
    後一部のスーパー選手を除いて長期休養して元のように戦えるような甘い世界ではないように素人目に思えるのですが。どんなものなんでしょうねえ。

      引用  返信

  • 今日は。
    お待たせしました!って感じで、ローマのプラクティス・スケジュールに錦織選手登場! 現地時間本日9:30(日本時間16:30頃)から、コート5でヒッティング・パートナーと。誰? 気になる~(笑)
    http://www.internazionalibnlditalia.com/en/practice-schedule-ibi17/
    昨日からローマ公式サイトもデザイン一新。非常に見やすくなりました。

    先日ATP公式Twitterが、シュツットガルト、スヘルトーヘンボス、ロンドン、ハレのエントリー・リストを呟き、それを受けて各大会がPlayersのページを更新。錦織選手出場のハレも一新されました。
    http://www.gerryweber-open.de/gwo_en/Players/Single
    いつこんな写真を? 各選手のインフォメーションも最新情報に。
    楽天さん、チケット販売等を呟いているようですが、先に公式サイト充実させないと。各大会、みな創意工夫していますよ。学習してください。

      引用  返信

  • けんじさん、そんなことないですよ。私も、フェレール戦のときの錦織とナダル戦のときのジョコビッチだったら、ほぼ間違いなく錦織君が勝っていたと思いますよ(昨日のナダル相手だったら微妙ですが)。
    私は今年からマドリード前までは、もしかして錦織君の能力が劣化したのではないかと非常に心配していたのですが、マドリードで、原因は100%フィジカルだということが判明して、すっきりしています。

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。