ブラジルに3-1で勝利し、日本はワールドグループ残留を決める!そして錦織がアプリでトレーニング動画を公開&伊達さん特番も。

 台風の影響で昨日、一昨日と試合が行われなかったデビスカップ・ワールドグループプレーオフ 対ブラジル戦ですが、本日残り3試合が組まれました。

 ダブルスはソアレス/メロという世界トップレベルのペアに残念ながらストレート負け。しかし、マクラクラン勉という新しい力が日本に加わり、これからダブルスも強化されていくことと思います。

 そして錦織、西岡を故障で欠く中、エースとして登場した杉田祐一が期待に応えるストレート勝利。貫禄すら感じました。杉田はずっと日本チームの中では「ここぞというときのスーパーサブ」的なポジションでしたが、本当に強くなってくれましたね。

 これで来年、錦織、西岡が復帰してダニエル太郎も加わったら、史上最強のチームができそうです。今から楽しみです。
 来年のワールドグループの抽選は9月20日に行われます。日本開催となった場合、盛岡で開催されることが既に決定しています。
 (ここ数年、ほとんどホーム開催なので勘違いしてしまいそうになりますが、デ杯は日本で行われるのではなく、開催地は抽選ですw)
 
それでは今日の2試合を簡単に振り返ります。

ダブルス: 0-3

Marcelo Melo/Bruno Soares def. Ben Mclachlan/Yasutaka Uchiyama, 6-7(2),4-6,2-6

ダブルスはストレートで敗れました。実力差がそのまま出た形ですが、いいプレーもありました。
マクラクランの加入は、今後ダブルスを強化する上で効果があると思います。

1stセットはブレイクバックしてタイブレークまで行ったのですが、経験の差でしょうか。
ここでセットを先に取ってプレッシャーを掛けたかった。

2ndセット以降、あまりリターンゲームで相手にプレッシャーをかけることができませんでした。リターンは比較的良く返っていたのですが、経験豊富なブラジルペアに見切られている印象を持ちました。
メロ、大きすぎ。ポーチに出られると全く抜けるイメージが持てませんでした。

ダブルスの場合、サーブ、リターン、1stボレー(ポーチ含む)でほとんど決まると言ってよいでしょう。これらのショットの威力と精度を高めることがそのまま勝率を上げることに繋がります。

そしてダブルスはシングルスにも増して、サービス有利です。全てのゲームでソリッドにプレーし、キープを続けなければなりません。基本のショットを確率高く成功させた上で、リターンゲームで勝負をかけたストレートリターン、意表を突くロブ、ときには大胆なポジションチェンジなどが必要になります。いずれも経験を必要とする動き・・・どのタイミングでどの選択をするか、それは実戦で勘を養うことが最も効果的だと思います。

そう考えたとき、もし日本がダブルスを本気で強化したいと考えるなら・・・この可能性のあるマクラクラン/内山ペアのツアー参戦を、協会主導でサポートすることが最も効率的に思えます。

とはいえダブルス専門のマクラクランはともかく、内山はまだ若く、やはりシングルスで大成したいとの夢を持って精進しているはず。
なんとか両立する方向で上手くサポートできればいいのですが・・・。

マクラクラン、内山ともサービスが良いので、コンビネーションを磨けばきっと強いダブルスペアとなれると思います。

杉田 def. モンテイロ: 3-0

Yuichi Sugita def. Thiago Monteiro, 6-3,6-2,6-3

続いて杉田はもはや貫禄すら漂わせるプレーでストレート勝利。
圧巻は第3セット。
それまで極限まで集中し、飛ばしてきた反動からかストロークミスを連発し、1-3と劣勢に立たされます。
そこから怒濤の5ゲーム連取。声を大きく出しながら、前に入る攻撃テニスを貫きました。一気に勝負を決めてやるという気迫を感じました。

伊達公子特番@WOWOW

デ杯とは関係ありませんがWOWOWで19時より伊達公子生出演の特番がありますのでお知らせしておきます。
永久保存版になりそうですのでぜひ録画のご用意を。

「生出演!伊達公子 引退スペシャル あなたの笑顔が大好きだった」
9/18(月・祝)よる7:00[WOWOWプライム]

錦織がトレーニング動画を公式アプリにアップ

そして、待望の錦織情報。錦織公式アプリでトレーニング動画がアップされています。
砂浜のようなところで左右のフットワーク練習です。

残念ながら動画を見るためには有料会員登録が必要です。

錦織圭公式アプリについて

最近は、WOWOWの管理する公式ブログをは使わずに、公式アプリで何か発表することが多いようです。

アプリはフル機能を使うためには有料ですが、アプリ自体は無料です。
今回の動画メッセージも無料機能で見れますので、情報をタイムリーに入手したい場合はダウンロード必須でしょう。

無料機能でも会員登録は必要ですが、メールアドレスさえあれば大丈夫。
アプリのリリースされた2年前の情報ですが、軽いアプリの解説なども記事にしていますのでご参考にどうぞ。

錦織圭公式アプリがiPhoneとAndroidで登場!(一部課金機能あり) | 錦織圭を鼻血が出るまで応援し続けるブログ

ダウンロードは以下から。

iOS

Android
Kei Nishikori Official APP – Google Play の Android アプリ

136 件のコメント

  • 今晩は。
    どちらでご紹介していいかわからず、最新記事のこちらで失礼致します。非常に興味深いと思われ。
    内田暁さんがスポーツナビにコラム掲載。テーマはこれ。
    <女子限定ルール、データ活用……技術革新で進化する世界の女子テニス界>
    https://sports.yahoo.co.jp/column/detail/201709270004-spnavi

    存じ上げませんでした。TPPO開催中に、このテーマでシンポジウムが行われ、選手代表でケルバー選手が、指導者代表でコンタ選手コーチのウィム・フィセット氏が参加・講演されていたのですね。
    ここで語られているオンコート・コーチングと、コート上でのリアル・タイムなデータ解析が、もし男子にも本格導入となれば、男子テニス界は様変わりしそうですね。それは進化?

      引用  返信

  • お早うございます。
    錦織選手が今ベルギーにいることが、あちらこちらで話題になっていますね。SNSにもアップされています。Twitterより。
    https://twitter.com/keinishikori/status/913085154221899777

    ちょっと脱線失礼致します。
    そのロビー大橋氏のPIMは、選手のサポート状況をマンスリーでUPしているのですが、9月のサポート状況を見てビックリ。PIM公式HPより。
    <September 2017 PIM Athlete Updates!>
    https://www.teampim.com/698/pim-athlete-updates/

    ご紹介した情報については次でコメント致します。

      引用  返信

  • ご紹介した情報等について。

    錦織選手inベルギー。
    現地ジャガーさんから車をレント? 表敬訪問? イザベルさんは現地法人の重役さんでしょうか。何故ベルギーにいるのか一切明かさず、ベルギーのジャガーにいるよ~という唐突さが、いかにも筆不精な彼らしい(苦笑) だから謎が謎を呼ぶんです(笑)
    これはまあ、欧州アスリートのサポートでベルギー入りのロビー大橋氏に着いて行った、とみるべきなのかな? ゴファン選手? テニスとは限らないか(笑)
    とにかくギプスが取れて、ハンドル握れる?ぐらいまで回復したのは善きこと哉。

    PIMの9月のサポート。
    サッカー女子の永里選手は以前も2ショットがUPされていましたね。その他にも日本のアスリートでは陸上の飯塚選手、大リーグのダルビッシュ投手。
    何より驚いたのがアンダーソン選手。彼のUSOの快進撃のウラには、ロビー大橋氏のサポートもあったとな。チーム圭がロビー大橋氏に全幅の信頼を置くのもむべなる哉。

      引用  返信

  • 下団さん、マック選手の記事ありがとうございます。チーム・ジャパンに若いダブラーが加わったことは凄いプラスですね。WG残留から、WGベスト8、ベスト4・・・が視野に入りそうでワクワクします♪

    チーム戦が好きという理由でダブルス専門になったようですが、生計は成り立つのかと下衆な疑問が生じます。ただでさえダブルスの賞金額はシングルスのそれより低いのに、若くしてシングルスを諦められるのは、家庭が裕福とか強力なスポンサーが付いているとかじゃないと困難な気がして。

    マクラクラン選手に限らず、ダブラー事情をご存知の方いらっしゃいましたらご教示いただけるとありがたいです。

      引用  返信

  • ミライさま
    そうですね。私もケイメヒコ様のランキング試算記事の更新を心待ちにしているひとりです。日本の救助隊が帰国するという報がニュースで流れた以降メキシコ関連のニュースはあまり見かけなくなってしまいました。ライフラインの復活等、まだ時間がかかるのでしょうか?早くご無事の報と共にランキング記事が更新されることを願っています。

      引用  返信

  • NORICHANさん,
    錦織選手inベルギー情報ありがとうございます。
    何故にベルギー滞在なのでしょうかね。ベルギーに名医でもいらっしゃるのか?。ケガした直後だかもベルギーに居たような情報がありましたよね。

    日常生活の中で、手が使えない(しかも利き手が)ことは、ストレスが溜まると思います。車の運転など出来ることが増えて行けば、回復が実感できて更に気持ちが前向きになれるのではないかと期待しています。

      引用  返信

  • 今晩は。
    楽天情報は最新記事のこちらでよろしいでしょうか。
    出場選手たちが続々来日。選手達のSNSからちょっとご紹介。
    アンダーソン選手、14時間前に成田便に搭乗。もう着いたかな? 彼のインスタより。
    https://www.instagram.com/p/BZjYB9cF7yB/?taken-by=kandersonatp
    ティティパス選手、昨夜東京入りでお休み前に呟き。
    https://twitter.com/StefTsitsipas/status/913244705898426369
    シャポバロフ選手も昨日東京入り。彼は自身のSNSでレ杯の思い出を次々アップしています。

    そして残念なお知らせ。ルブレフ選手はストレートINの東京より、予選から出場の北京を選択したようです。従って楽天は、ルブレフ選手OUTでヴェセリ選手がIN。

    ご紹介した情報等については次でコメント致します。

      引用  返信

  • ご紹介した情報等について。

    アンダーソン選手。
    彼、いつの間にやらランキングは15位(!)まで上昇。楽天の戦績いかんではトップ10に復帰しそうな勢いです。
    ティティパス選手。
    キモノと呟いていますが、あれ、ホテル備え付けのナイトウェアだと思うのですが(苦笑)
    シャポバロフ選手。
    彼の昨日今日の情報UPが全て東京都港区発信。GPS機能外した方がいいと思うのですが(苦笑)
    ヴェセリ選手。
    あれ? ヴェセリ選手は土曜日、アンダーソン選手とテニス教室開催予定が最初から入っていたはず…。INしなかったらどうするつもりだったの? ダブルスのみってことだった?

    フォーラム・鼻血ブログラボ「南蛮渡来の庭球情報」トピにてご紹介の情報です。
     ◆バブリンカ選手がようやく松葉づえとサヨナラした件。
     ◆ラオニッチ選手のイベント参加や、インタビューで東京からATPツアー再開と語った件。

    おけいさま
    そう言えば確かにロビーさん&ダンテさんのベルギー入り情報ありましたね。もしかしたら、ロビー大橋氏のPIMの欧州拠点がベルギーにあるのかも。しかも名医を揃えて。
    欧州系アスリートのサポート、みんなシカゴに来てもらうワケにはいかないですものね。
    それと錦織選手の筆不精、よく考えたら右手はギプスで固定され、SNS発信しようにもキーボード打てなかったですね。スマホあるじゃんと言えばそれまでですが(苦笑)

      引用  返信

  • 錦織選手が筆無精になったのは3年前ぐらいからですかね
    それまでは、いろいろ発信してましたし、自分の思う事を赤裸々に?かいてた(・o・)
    ように思うのですが、やはり、いろいろ叩かれて、うんざりしてるのではないんですかね
    トレーニングはしてるようなので何よりですが、怪我の現状は?
    手術はしないと考えていいのか?
    どうなんでしょうかね?
    復帰しても、すぐに棄権でまた(@_@;)なんてことにはなってほしくないので直すなら徹底的に、進化した錦織圭がみたいですね
    来年のブリスベンや全豪から出場って聞いたら、僕は逆に不安になってしまいますね
    誰か、新しい情報がはいったらよろしくお願いいたしますm(__)m

    しかし海外からの情報発信しかないのが寂しいですね

      引用  返信

  • NORICHANさん,
    右手のギプス・・・実は筆不精よりも、トイレでどうやってお尻を拭くのか心配しておりましたw。
    この際なので、左手で何でもできるようにして伊達さんみたいに両利きにしてしまえば、武器が増える・・・とか妄想しています。

    けんじさん,
    私もブリスベンからというのは不安になりますね。
    全豪で様子見・・徐々に調整~全米で爆発!位な気持ちで見守りたいです。
    時間がかかっても、完全に治るまで焦らないで欲しいですね。

      引用  返信

  • NORICHANさん,
    ベルギーと聞いて浮かぶのは、チョコレート、ワッフル、ゴファン選手ぐらい。
    なんでベルギー?と不思議でした。なるほど、ワールドワイドに活躍をされているロビーさんのことですから、欧州拠点があっても不思議ではないですね。

    けんじさん,
    私は錦織選手が赤裸々に書いていた頃を知らないので残念です。
    仰るように、そろそろケガの現状について知りたいですよね。

    まーしかし、筆不精な(になった?)錦織選手のおかげで、私達ファンは想像や推理するしか術が無く、想像力が鍛えられますねー。(笑)

      引用  返信

  • 今晩は。
    けんじさま
    私も錦織選手の1月復帰は逆に不安です。一応3月の2MS辺りで完全復帰、2月のどこかのツアーから復帰なら御の字と思っておいて丁度いいかも、と。

    yuriさま
    錦織選手のトイレ事情ですが、スポンサーのLIXILさんが、フロリダのご自宅のお風呂周りトイレ周りを改装済みなので、恐らく最新設備で大丈夫。問題は今回のような海外滞在時のホテルですね(苦笑)

    おけいさま
    もしロビー大橋氏の欧州拠点がベルギーにあるのなら、ゴファン選手に限らず、色んな分野の欧州アスリート達と異文化交流して頂きたいですね。きっと新生ニシコリが生まれるはずです。

    さて、ツアーあれこれ。
    やはり危惧していたことが現実に。闘いぶりが気になるとコメントした2大会の第1シードですが、成都250のティーム選手(ランク7位)がペリャ選手(72位)にストレートで初戦敗退。深セン250のズベレフ弟選手(4位)はダルシス選手(76位)にフルセット、2セットTBで最後まで縺れ辛くも勝利。
    ティーム選手、レ杯の影響がなかったとは言い切れない気がします…。これで成都250、残るシード選手は、我らが杉田選手だけとなりました。

      引用  返信

  • 申し訳ありません。
    ツアーについては「週間世界のテニス」記事でコメントすべきでした。ツアーあれこれ以下のコメントはスルー願います。改めてあちらでコメントし直します。

      引用  返信

  • こちらでもお早うございます。
    楽天情報は引き続きこちらで失礼致します。今度はチョン・ヒョン選手がOUTでヤング選手がIN。そしてNEXTはルー選手。不謹慎を承知で言いますがルー選手、ぜひ繰り上がって欲しい!

    心配なのがチョン・ヒョン選手。最近OUT続きです。いえ錦織選手とのフルセット以来調子が上がってきません。このままではミラノも黄信号。ただでさえシャポバロフ選手の急上昇でトップ8から弾き出されつつあるのに…。
    何とか踏ん張って、アジアからのミラノ第1号を死守して欲しいです。

      引用  返信

  • 杉様 貫禄の勝利でベスト4
    元々の溢れる才能に心身が追いついて来たこの2年ほど、自信もついて、今はランキング下位に負ける気しないのでしょう。

    これは今期2勝目あるかも。

    ただ、そうすると楽天がお疲れ気味になってしまい、地元での大活躍を期待したい身としては悩ましいですねー。

    それとも2014年の錦織と同様の2週連続の活躍を見せれるか?

    錦織不在の今 なんとも頼もしい杉様でした。

      引用  返信

  • こちらでもお早うございます。
    来日のチャン・コーチのコメントが小出しにアップ(苦笑) 錦織選手の復帰について。短いですがスポニチANNEXさんより。
    <錦織 復帰時期決まらず、チャンコーチ明かす 全豪OP回避も>
    http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2017/09/30/kiji/20170929s00028000469000c.html

    やはり2月以降と思っていた方がよさそうです。

      引用  返信

  • 既に話題に出ていたら申し訳ありませんm(_ _)m

    同じATP500の大会なのに、今回のように明らかにチャイナ・オープンに選手が集まるのでしょうか(^^;;?

    テニス事情にお詳しい皆さまに、是非勉強させてください!

      引用  返信

  • にしぴーさん,
    まず、1つ目として、単純に賞金額が倍以上違います。北京は賞金総額約428万ドル、1回戦2万3320ドル、優勝67万8600ドル。対して東京(楽天)は、賞金総額約170万ドル、1回戦1万1575ドル、優勝33万6900ドルです。選手としても同じラウンドまで進んだ時の賞金が倍違ったら、あるいは、1回戦負けしたときにもらえる賞金が倍違ったら(100万円以上違う)、やっぱり賞金の多い方を選びたくなると思います。
    次に、2つ目として、施設も北京の方が立派です。有明はメインスタジアムはともかく(それもけっこう老朽化してます)、それ以外のコートは、まぁ普通の屋外コートです。他方、北京はオリンピックの時に新設ないし改修した関係で、立派なスタジアムコートが3つあります。
    詳しくは、下記のブログをご参照下さい。
    https://ichimame.com/tennis/china-open-rakuten-japan-open

      引用  返信

  • naka さんの仰る通りですが、それに加えて、アピアランスフィー(出場給)の交渉でも、資金が豊富な北京が有利かと思いますm(_ _)m
    有望、有名選手に対しては、前年の出場時に交渉を始めたりもしています。
    それと、翌週に上海MSが控えていることも要因の一つかと思います(`・ω・´)ゞ

      引用  返信

  • ちょっと話が横道にそれますが、
    楽天さん(三木谷社長?)も、スポンサーをやってくれているだけで有りがたいという面はありますが、バルサのスポンサー料に年5000万ドルぐらい投入できるのなら、もう少しテニスにも投資してくれませんかね~~?と、ちょっと思います。
    もちろん、世界のトップオブトップのチームのユニフォームの胸スポンサー(年がら年中、世界中のテレビで、RAKUTENのロゴが写される)と、年に1週間の大会では広告価値が全然違うのは分かりますが・・・。
    まぁ、あと、良くも悪くも、錦織選手人気のおかげで、無理をしなくても(賞金額大幅アップとか、BIG4クラスの選手に大金のアピアランスフィーを払って招聘とかしなくても)、チケットがほぼ完売になるくらい良く売れるということも影響しているのかな・・・と。

      引用  返信

  • naka さん、それもありそうですね~m(_ _)m
    無理しなくてもチケットが売れたら良いですもんね~(`・ω・´)ゞ

      引用  返信

  • ATPサイトによるとnakaさんが書かれたように、台頭する中国マネーで賞金予算が倍、コミットメントは2.5倍違います。
     北京 賞金総額$3,028,080 合計財政コミットメント$4,280,460
     東京 賞金総額$1,563,795  合計財政コミットメント$1,706,175
    コミットメントは、トーナメントの財政支出でATP認可料、マーケティング費用、オンサイト賞金、ボーナルプール金などを含みますが、なぜ2.5倍なのか以前腑に落ちませんでした。北京の方が金をかけてるというべきなのか、東京のほうが財政努力をしているというべきなのか。

    が、出場選手をみると、今週のATPランキングで、
     北京 1、4、8、10、13、17、19、20、+デル・ポトロ
     東京   5、7、11、12、15、16
     欠場 2、3、6、 9、14、18
    と決して見劣りしません。重要なファクターは、賞金もさることながら、この時期日東ファイナル目指してATPポイントが大事なので、微妙なバランスが取られるのだと観察しています。

    あと移動距離は、北京ー上海1069km、東京ー上海1765kmで、移動距離も2倍違うわけではないのですが。

    いろいろ開催の不手際(サイトが全く英語化されてない、やっとツイッターで英語でつぶやき始めた、等)で批判される楽天で、良識ある(?)ファンはヤキモキするばかりですが、(銀座が好きなフランス選手みたいに、笑)日本を好きな選手も多いと思うので、なんとか盛り上げて欲しいものです。錦織選手がいない今こそ有明に駆けつけるのが本当のテニスファンです、とまた焚きつける(笑)。

      引用  返信

  • 禮 さん、そうですねm(_ _)m
    私が上海空港へ行くのに酷い目にばかり遭っているもので、そのイメージが・・・(ΦωΦ)

      引用  返信

  • nakaさま
    その通りだと思います。
    これも脇道にそれますが、今月下記の記事を見てため息をつきました。
    https://www.nikkansports.com/m/sports/news/201709120000884_m.html?mode=all

    NBAをそんなに見ない私ですがエースのカリー選手の名前は知っていますし、かなりの金額を支払っても有りだと思いますし、欧州サッカーを少しは見る人間からするとバルサの価値はこれくらいあるかな?とは思います。

    しかし、Jリーグの神戸がポドルスキー選手を獲得して、「移籍金及び3年分の年俸総額が30億円」の記事を見たときには思わず鼻で笑いました。

    完全なるロートルで昔の鹿島のジーコ氏の様に「勝者のメンタリティー」を残せませんから、あのタイプは。案の定、現在しっくりいっていない様ですし。

    テニス界のお偉いさんや盛田さんの人脈を駆使して、新スポンサーを確保して言葉は悪いですが「とっととお引き取り願いたい」気持ちがありますね。

    日本自体の環境に対する「顧客満足度」は高いと思うので尚更そう感じます。

      引用  返信

  • 今晩は。
    チーム圭の動向です。
    チャン・コーチは日本滞在中。記者会見コメント詳細記事です。既読の方も多いかも。
    <マイケル・チャン、圭の怪我は予想よりも軽症>
    https://www.thetennisdaily.jp/news/contents/national/primary/20170930_0027298.php

    ダンテ・コーチは故郷アルゼンチンでリフレッシュ?! これはどう見ても引退したピコ・モナコ氏です。彼のインスタより。
    https://www.instagram.com/p/BZZkMTjh29P/?taken-by=dantebottini

    中尾さんとロビーさんは多分、錦織選手と行動を共にinベルギーでしょうか。
    オリバーさんはもちろん、ムグルサ選手の帯同で中国の武漢ですね。

      引用  返信

  • 今日は。
    日本選手情報をあれこれ。

    錦織選手、2018アカプルコに参戦。っていうかアカプルコが今朝、出場選手を次々呟いています。
    https://twitter.com/AbiertoTelcel/status/915271825134940161
    以下敬称略で、エントリーは他にナダル、ズベレフ兄弟、デルポトロ、チリッチ、シャポバロフ、ティーム、クエリー、フェレールと超豪華。
    だからと言って復帰が間に合うとは限りません。あくまでも大会側の発表ですから。

    西岡選手、術後ちょうど半年の呟き。他の選手と打てるのは楽しいなーと。
    https://twitter.com/yoshihitotennis/status/915135104946642944
    よくぞここまで回復してくださいました! ブリスベーンからの復帰とあちらこちらで噂が立っていますが、どの大会でもいいです、元気に復帰さえしてくれれば。

      引用  返信

  • 今晩は。
    錦織選手、アプリにワークアップ動画やセラピーの様子などを次々アップしてくれているようですね。
    動く彼とその屈託のない笑顔を見るのは、やはりホッとします。
    来季、100%の完全復帰、お待ちしています。

      引用  返信

  • 今晩は。
    錦織選手、またもやアプリで色々アップしてくれているようですね。まだベルギー。引き続きサムさんにお世話になり、順調に回復しているようで何よりです。

    最新情報ではありませんが、JACCSさんの錦織選手コラボ・サイトの懐古シリーズで、懐かしいコラム第3弾がアップされていました。
    2014のUSO終了後のあの名セリフ! 秋山英宏さんのNumberコラムです。
    <錦織圭の未来へつながる言葉。勝てない相手ももういないと思う>
    http://www.jaccs.co.jp/corporate/about/brand/sports/article/column_no3.html

    たった3年前の出来事なのに、ひとつひとつが全て懐かしいです。でも来季は、ぜひともこの決めゼリフ・アゲインで!

      引用  返信

  • 今晩は。
    錦織選手の動向は、何処でコメントがふさわしいのでしょうか。こちらの記事には、錦織選手のトレーニング動画やアプリに関する団長さんコメントがありますので、こちらでコメントしているのですが、よろしいのでしょうか。不安です。

    錦織選手が何故ベルギーにいるのか、ようやく判明。IMGの大先輩にして杉山愛さんの盟友K・クライシュテルズ氏のクライシュテルズ・アカデミーで練習開始です! アカデミー公式インスタより。
    https://www.instagram.com/p/BaMeCTsHdvx/?taken-at=280657089

    錦織選手、アプリに怒涛の如く動画や写真をアップしているようですね。とにかく元気で何より。何かまた下半身がしっかり、胸板も厚くなったような。筋トレの成果かな?

      引用  返信

  • たぶん日本人は皆無に近い(?)ので関係ない話かと思いますが、ヨーロッパ在住のみなさまのため。デビスカップ決勝戦フランスvsベルギー(11月24−26日、フランス東北部リールで開催)のチケット販売が、今週の火曜日(FFT会員)、木曜日(一般)から始まります。プレミアム席以外暖房なし。つまり11月下旬のリールで、雨風は凌げるが外気温で観戦(!)なので着込んで行く必要がありますが、まあ熱気で盛り上がるのか。ベルギー販売分は、全チケットの10%の2700枚しかない(ベルギー南北で1/2づつテニスクラブを通じて販売)らしいので、そちらは邪魔せず、フランス席でベルギー(ゴファン)を応援するのがよいでしょう(笑)。

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。