【応援フード追加】ウィンブルドン第8シードを確保せよ!2017ハレ2回戦 vs. カチャノフ

【お知らせ】スポナビライブで無料ライブストリーミング放送があります。クイーンズの試合も無料放送。

テニス – スポナビライブ

試合の展望

 今日の試合「も」、結構重要ですw。ウィンブルドンの第8シードがかかっています。ウィンブルドンのシードは芝の実績を考慮したポイントで決定されます。詳細は割愛しますが、今日の試合を勝てば、「ほぼ」第8シード以内が確定します。詳しくは、フォーラムで禮さん中心に議論されていますので、ぜひご覧下さい。

フォーラムの該当スレッド:「目指せ全英第8シード以内

 ちなにに禮は「れい」と読みます。ハモさんではありません。ハモおいしいですよね。

 さてカチャノフ。ハチャノフと読む説が濃厚になってきましたが、とりあえずこのままで。このブログの選手名表記の方針は、「明かな間違いでなければ概ね許容」です。私がバブリンカと書いてもバブリンカは強制しません。ワウリンカでいいです。Berdychはベルディヒでもベルディハでもベルディフでもバーディッチでもバーダイチでも気にしませんので各自、こだわりに従って書いてください。
 Khachanovは、少なくとも英語圏ではカチャノフと読まれそうですのでカチャノフ表記もこのブログ的には許容です。ただ、なるべく正確な現地読みに近づけたいというのが個人的望みでもありますので、明確になった段階で変えていきたいと思います。

 全然試合の展望になってねえ。

 カチャノフは全仏でベスト16に進出し、勢いに乗っている若手です。「実績のあるベテラン」シモンに勝ってきたことからも、またもやタフな試合が予想されます。全仏1回戦のコキナキス戦のような感じになってもおかしくないので、早い段階で攻撃を受けきって、反撃してほしいですね。もちろんスタートダッシュする手もあり。

 芝でのサービスゲームの重要性は1回戦を見て再認識できましたね。錦織のテニスの調子は悪くないように見えますが、1stサーブが入らないポイントを連続させないこと、ミスを固めて出してしまわないことが重要です。信頼できるバックハンドを軸に、フォアをしっかり芝向きの打ち方にして欲しいですね。特にクロス。ラケットを外(右)からしっかり出し、前に振り切るカウンターショットを見たいです。
 クレーでは、イレギュラーしてもオフスイートスポットのままねじ込む強力なスイングが要求されますが、芝では逆にコンパクトでスイートスポットを外さないスイングが有効です。イレギュラーはクレー同様に、あります。速いサーフェスを利用したカウンターショット。入射角と反射角の妙。このあたりがキーワードです。ラリーが短くなる傾向があり、つまらない試合になることも多い芝ですが、技に注目すれば味わい深く見ることができます。

 やっぱりあまり試合の展望になってない。

試合情報

大会名:2017 Gerry Weber Open ゲイリー・ウェバー・オープン
開催地:Halle (Germany) ハレ (ドイツ)
ラウンド:2回戦

試合日時

現地時間 6月22日(火) 12:00〜 (この日の第1試合)
日本時間 6月22日(火) 19:00〜
@ Stadion

※ハレとの時差は+7時間(サマータイム、日本時間の方が早い)

対戦相手

Karen Khachanov (RUS) カレン・カチャノフ(ロシア)

  • ランキング38位(最高38位)
  • 21歳、198cm、88kg
  • 今年の勝敗(ATP250本戦以上):14勝16敗(錦織は25勝9敗)
  • 全仏ではイズナー、ベルディヒを破っての4回戦進出。
  • 3月までは早期敗退を繰り返していたが、バルセロナQFを皮切りにクレーコートで好成績を収めた
  • 直近GS4大会の成績:17全仏4R、17全豪2R、16全米2R、16全英予選決勝

過去の対戦成績

1勝0敗
2016 US Open R64 Kei Nishikori 64 46 64 63

生観戦手段

応援フード

ROMさんの、かあちゃんの麩(煮た車麩の卵とじ) 作りたかったんですが、

私の母がよく作ってくれた、お麩たっぷりの味噌汁にさせていただきました

圭くん、ダブルスもいい調整になったよね〜(ちょっと悔しい)

micchi

food-khachanov2-micchi

41 件のコメント

  • 団長さま、わざわざハンドルネーム(って言うんでしたっけ)にコメントくださり大変光栄でございます。墓場にまでこの名誉を持って行きます(冗談です)。いつかどなたか(実は誰だったかは覚えてるのですがメンションしません)が禮(礼の旧字体です)ならぬ鱧と書かれていて、よく難しい漢字をご存知だと思ったものの、「夏に京都で切り刻まれて食われるサカナじゃねーよ」と思って、あへてご返事申し上げませんでした(笑)。選手の名前の読み方については、何度かご紹介していますが、フォーラム「フリージャンル⭐️2017🍀Vol.5」で議論していますが、ATPサイトの本人の発音では、「可憐・ハチャノフ」です(笑)。某元国営放送のように英語読みに徹するのも一つのやり方ですが、小生も本人が生まれた国の言葉での発音を尊重する立場です。

    ハチャノフについては、グラスのATP公式試合は初めてのはずなので未知数ですが、1Rのシモン戦(3セットマッチ)のスタッツをみると、1stサーヴはそんなに入っておらず(56%、エース5個)で1st Serve Points Wonも65%と割と低いです。ただし2nd Serve Points Won67%、2nd Serve Return Points Won54%と高い数字を叩き出しています。サービスはよいはずですが、ビッグサーバーというイメージはないです。錦織選手がUE量産でなければまあ勝てるのではないかと思っています。できれば2セットでサクッと。でもってQFで軍曹ユーズニー(に聞こえる)にベーグル2セットの杉田選手の分まで倍返しを夢見ています(笑)。

      引用  返信

  • 某国営放送は、Edbergをエドベリと言ったり、結構現地読み尊重だと思ってました。

    まあ流通している名前なら何でもいいかな、いちいち突っ込まなくても。というスタンスなのであまり気にしませんが、フランス選手にたけはこだわりがw
    とりあえず「ニコラス・マフット」君、英語圏への配慮はいいから、君は早く録音し直してきなさい笑

    あと、むやみやたらに伸ばすのも好みじゃないです。ご存知のように、伸ばす伸ばさないってあまり区別しませんよね。

      引用  返信

  • ええっ⁉︎Σ(・□・;)「ハモ」じゃないんですか???
    なんちゃって、ちゃんと存じておりましたよ、祭禮の「禮」ですから。

    カチャノフ選手(ロシア語発音ではハチャノフが正しい様ですが)2回目の対戦ですがサーフェスが違うのでどうでしょう?イキの良い若者がどんどん出てくることはテニス界にとっては好ましいことです。とはいえ錦鯉としてはここはきっちり「大人の貫禄」を見せつけて勝利し、全英第8シードへ着実に前進して欲しいものです。
    応援フードの提案は前回以上のものは考えつかないので今回は降ります。今日もパラソルチョコ振り回して応援します!

      引用  返信

  • まだまだこの辺りの若手には、負けるわけにはいきません❗🤣🤣🤣❤️❤️⤴️⤴️
    圭、絶対に勝ってね~❗👊😆🎵❤️⤴️⤴️

    ああ、今日も時間との戦いだ😥💦←頑張ろう、アチキ❗💪💪❤️⤴️⤴️

      引用  返信

  • お早うございます。
    団長さま、新スレ立て&プレビュー記事有難うございます。

    昨夜はWBのWCに浮かれてしまいましたが、その前週、そもそも来週のイーストボーンへのジョコビッチ選手のWCはどうなったかと。公式HPでは案の定…。
    <Djokovic set to light up south coast with Eastbourne wild card>
    https://www.lta.org.uk/major-events/Aegon-International-Eastbourne/international-news/2017/novak-djokovic-accepts-agon-international-wild-card/

    エントリー・リストはこちら。まさかモンフィス選手まで…。
    https://www.lta.org.uk/major-events/Aegon-International-Eastbourne/aegon-international-eastbourne-atp-player-entry-list/

      引用  返信

  • 連続投稿失礼致します。
    イーズトボーンあれこれ。
    例年ブードルスでグラス調整を行っていたジョコビッチ選手が、自身の言うところの、所謂ショック療法?によりWCで急遽出場。
    ロンドンでまさかの初戦敗退、しかも同胞ガスケ選手に敗れ、WB前にもっと試合数こなしたいモンフィス選手もWCで急遽出場。
    こりゃイズナー選手以下、当初は第1~4シードになるはずだった4選手にはハタ迷惑極まりないですね(苦笑) ハモ?さまが予想された通りとなりました。

    カチャノフつれづれ。
    「KHA」の発音については以前も禮さまと話題になりましたが、私は英語表記でと決着させて頂きましたね。その際、スタコフスキー選手も本来はスタ「ホ」フスキー表記が正しい、下部大会出場選手にサハロフ選手がいるがサ「カ」ロフとは表記しない等々、楽しくお話しさせて頂いたことを記憶しております。
    で、カチャノフ選手。以前、若手話第何弾かでご紹介いたしましたが、かなりのインテリで自信家。趣味は「ロシア文学を極めること」で、ラケバには分厚い文学書を忍ばせ、インタビュアーにチラ見させて「それは何?」と聞かせてからニヤニヤ取り出すという、まあちょっとしたイヤミ君(笑) そこがまた、いかにも怖いもの知らずの若者っぽいので、今日はぜひ、怖いもの知らせて頂きたく。

      引用  返信

  • 団長さん、記憶に留めてくださっていてホッとしました。
    ぜひとも、ぜひとも…………………(((o(*゚▽゚*)o)))
    楽しみで仕方ないので………もちろんじっと我慢の子(おばさん)
    で待ちますけども……………………。
    よろしくお願い申し上げますm(__)m

      引用  返信

  • おはようございます。

    確かカチャノフとは二度目ですね芝では初めてですか。
    記憶ではカチャノフ、圭はわりと苦戦して勝ったような・・・
    観戦歴は短いですから今回芝シーズン改めて、ミスしたらほぼアカンスポーツ、
    そしてタイブレの危険性について改めてわかりました。

    ダスコ兄さんもビッグサーバーではないですよね?それでもサーブがよいとなかなか
    ブレイクできなさそうでした。
    ワイドにサーブドカーン&あわせるリターン&あいたところにドカーン
    これはもう「今のはしゃーない」になるんですかね。
    今回もカチャノフのサーブが怖いです。最近の子は背が高いしなぁ。(笑)
    圭の1サーブ絶対入りますように!

    ティーム、そしてマレー、バブ、ラオニッチ面々が敗退したことはおいておいて
    自らの手で勝利を掴んで欲しいです。

    がんばれ錦織圭!

      引用  返信

  • 団長さま
    もう、ろくろっ首に…。いえいえ、いつまでも待たせて頂きます(´-ω-`)。そろそろフレッシュだった感動も熟成されている頃でしょうか?渾身の作を期待しています。ふっふっふっ…プレッシャーかけます╰(*´︶`*)╯♡

      引用  返信

  • 今日は。
    団長さま、私も「待つわ、いつまでも待つわ」です。

    他大会の情報ばかりで申し訳ありませんが、6/27より開催の「The Boodles Tennis」のプレイヤーズ・リストが出ています。
    http://theboodles.com/players/2017-players.html

    相変わらずジョコビッチ選手推しのままですが、リストには載っていませんね。ズベレフ弟選手、デルポトロ選手、キリオス選手が3枚看板。ただデルポトロ選手もキリオス選手も、そもそも回復具合はどうなのでしょうか。

    そしてWB。先ほどエントリー・リストを確認したら、何とゴファン選手がOUTしていました。ああ、やはり間に合わなかった…。まあその結果、ダニエル選手がとうとうAlt2番目まで上がってきましたが。
    クレーのコート・カバー置き方問題、ぜひ再検討願いたい。あんなのに引っかかって怪我してWBに出場できなくなるなんて迷惑千万、本末転倒です。

      引用  返信

  • カチャノフ戦、とうとうきたかぁ、という思いです。
    去年の全米では95位だったのに、今は38位ですもんね。

    サーブもいいし、ストロークも鋭いし、攻撃的だし。

    錦織君は、第1セット、絶対に様子見なんてしないでどんどん締め上げていってほしいものです。

    カチャノフ君についてびっくりしたのは、「もう結婚している」ということ。
    全仏の時、インタビュアーに「彼女はいる?」と聞かれて「妻がいる」と答えた、という。

    NORICHANさん

    WB、カレニョブスタ選手も欠場だそうですよ。なので、太郎君はあと一人で本戦入りです。
    こればかりは本人が頑張れない…。

      引用  返信

  • 今日は。
    FUMAさま、これですね。海外記者さんの呟きです。私ものけぞりました。
    https://twitter.com/ryvlin/status/869613291697471488?ref_src=twsrc%5Etfw&ref_url=http%3A%2F%2Fiorihashi.com%2F6884.html
    彼は21歳になりたて。結婚はいくつの時なのでしょう。早婚と言えばフリッツ選手、19歳で結婚しましたね。

    で、WB。カレニョ-ブスタ選手も間に合いませんでしたか…。
    う~ん、他選手のOUTを待つようなことも本末転倒なのですが、ダニエル選手の繰り上がり本戦入りをどうしても願ってしまうブラックな私もいます…。

      引用  返信

  • 禮改め鱧です(夏季限定、笑)、

    梅肉で食べる鱧の落としとかおいしいですよね。山田錦鯉米を使った伏見の冷えた大吟醸酒と一緒に。ああっ、ヨダレが。

    はい、WBはゴファン、カリーニョ・ブスタ、アルマグロ、西岡選手が残念ながらアウトです。ダニエル太郎選手はAlternatesの一番手に繰り上がっています。エイゴン国際(イーストボーン)のWCはジョコとモンフィスになりましたが、アンタルヤのWCが誰かニュースが流れてきませんね。

      引用  返信

  • @NORICHAN さん

    情報源の記載、ありがとうございます。
    そうそう、それです。奥様を帯同しないんでしょうかね?

    太郎君の本戦入りについては、私も黒い雲が心にむくむくでござんす。
    (まあ、仕方ないですよね(‘◇’)ゞ

      引用  返信

  • 今日は。
    錦織選手の1R勝利後のプレカン抄訳記事が、何故か毎日新聞さんより。
    <テニスとゴルフ「日本でもう少し浸透して」>
    https://mainichi.jp/articles/20170622/k00/00e/050/184000c
    松山選手のランク2位がいい発奮剤になりますように。

    ジョコビッチ選手のイーストボーン出場記事です。
    <ジョコビッチ緊急参戦、ウィンブルドン前週に異例の前哨戦出場>
    http://www.afpbb.com/articles/-/3132967
    トップ選手のWC緊急参戦も今季のトレンド? 錦織選手もきっちり乗っていましたし。

    FUMAさま
    カチャノフ選手の奥さま帯同はしばらくオープンにしないかもしれませんね。ATPがNEXT GENの括りで若手を固めてキャンペーンですから、そこに伴侶の影をチラつかせたくはなさそうな気がします。まさか、ATPが帯同を表立てないでと要請していたりして(苦笑)

      引用  返信

  • スミマセーン❗禮さん、私も、最初、ハモさんと、お呼びしていました。団長さまのコメントに大笑いです。 これから、鱧の美味しい季節ですね。湯引きして、酢味噌で食すのがスタンダードですかね。
    スレチすみません。
    錦織君、芝シーズン、怪我なく、乗り切ってね。全力応援です。

      引用  返信

  • ハチャノフ(私はハチャノフで行きます)のインタビューが上がっていたので、
    要約を日本語に訳してブログに追記しました。
    今日の錦織戦についても話しています。

    https://yuri-san.com/tennis27/

      引用  返信

  • 今日は。
    マーカス・ウィリス選手のWC関連記事です。
    <昨年旋風を巻き起こしたウィリス、ウィンブルドンの主催者推薦枠に入らず>
    http://www.afpbb.com/articles/-/3132939
    「以降はほとんど結果を残せておらず」って、これは酷というもの。昨年のWB後は、自身がテニス・コーチを務めるテニス教室が大盛況。申し込みが殺到し、ツアーに出だしたのがやっと今年に入ってからですもの。

    すぅーさま
    WB公式で発表されたWCリストを前スレでご紹介しています。車いすの国枝選手にも出ましたよ!

      引用  返信

  • アンタリヤのWCですが未だ決まっていませんね。

    サッカーのキャンプ地としては有名な所みたいなので、スポーツ選手を受け入れるノウハウは有るとは思うのですが、やはりロンドンからの距離がネックになっているのでしょうか?全仏前週のリヨン&ジュネーブはパリからは等間隔でしたから。

    後、太郎選手はあと一人ですか・・・・、へー、ソウデスカ(゚∀゚)

      引用  返信

  • こんにちは。

    最近気になる、○○○フ選手。
    ジョコビッチ選手を筆頭に、○○ッチ族(ラオニッチ選手、カルロビッチ選手・・・)がやや後退気味なのに代わって、特に若手に多いですよねぇ~。

    A.ズブレフ選手を筆頭に、コズロフ選手、メドイデフ選手、ルブリョフ選手・・・。
    そして昨日もベルディヒ選手と接戦を繰り広げたシャポヴァロフ選手、
    体幹がいかにも強く、バランス感覚と読みに優れ、何より思いっきりが良くてメンタルも強そう。すっかり彼に魅了されちゃいました。

    国籍は様々なれど、ロシア系の名前ですよね。
    国を上げてスポーツエリートを育てていた時代のDNAがいろんな国で開花してる?
    今日の対戦相手のカチャノフ選手はそのままロシア国籍ですが、
    潜在能力は、おそロシア~^^
    けれど、昨夜のベルディヒ選手のように、
    錦織選手も、若手の勢いを上手くいなしてくれるでしょう!
    そうそう、昨日はハーセ選手も、上手くティーム選手の勢いをかわしてましたよねぇ~。
    ファンタジックテニスを若手に見せてあげてください。
    今夜も明るく前向きに、全力応援です!

      引用  返信

  • そういえば鱧の季節ですね
    関西(京都)では非常に馴染みのあるお魚です。スーパーにも売っています
    切り身ですけど。TVで関東ではあんまり無いと・・・
    あまり好きなお魚ではありません。はい、どうでもいい話ですね(笑)

    カチャノフ既婚者だったんですねぇ。
    高感度UPしました。
    しっかりしている、責任感がある、など勝手なイメージです。
    しかしカレニョブスタ・・・アウトは残念ですねー
    せっかく上り調子だったのに・・・ケガとうまく付き合っていかねばならないのは
    本当に過酷ですね。
    そして私的ですが・・ハンサムってきっと彼の為にある言葉だわ。と・・・

    yuriさま
    カチャノフ、余裕のあるコメント?ですね。
    ビッグサーバー、本当に油断大敵ですわ
    大まかにでもだいたいでも、ニュアンスだけでも訳していただいて助かります。
    クリック、オールイングリッシュは、そっと閉じます×
    訳す気もなく・・全くわからないので。

      引用  返信

  • たいした事ではございませんが、団長さまの試合日時か何故か6月22日→(火)となっておりまして、バック・トゥ・ザ・フューチャー(パーストになるんでしたっけ?)かと思わずカレンダーを見直してしまいました(笑) ま、字づら的にはそれほど違いはありませんがー

    ハチャノフ(カチャノフ)さん、どうか錦鯉のprayならぬprey=えじき(それこそお麩ですね!)になっていただいてハラショーとなります様に!

      引用  返信

  • 今日は。
    テニマガからお知らせ。西岡選手がゲスト参加。昨日申し込み開始なのでもう無理かも。
    <第46回テニマガ・テニス部 ~BBQ交流会~ ゲスト西岡良仁プロ>
    https://www.thetennisdaily.jp/news/contents/items-and-contents/contents/20170621_0024517.php

    小ネタです。ティーム選手&ディミトロフ選手のダイビング。公式インスタより。
    https://www.instagram.com/p/BVnILVDF_3c/?taken-by=atpworldtour
    https://www.instagram.com/p/BVnCF7vlCGq/?taken-by=atpworldtour

    気になるロンドンの各選手コメント一部抄訳記事です。
    <トップ3シードに続き、第5シードのツォンガも敗退>
    https://www.thetennisdaily.jp/news/contents/overseas/atp/20170622_0024568.php

      引用  返信

  • 連続投稿失礼致します。
    ロンドンあれこれ。
    抄訳記事にはありませんが、コキナキス選手やトンプソン選手は口を揃えて「キャリア最高の勝利」と。そういえば錦織選手に対しUPSETを起こした選手達も一様に。錦織選手もそういう選手なんだなあと、改めて。
    一方、早期敗退の続くツォンガ選手は「時として何もできないこともある」と。もしやパパ・クラブ新加入の選手たちは、育児も気になって仕方がないのかも、と改めて。
    更に、シャポバロフ選手と大激闘を演じたベルディヒ選手は「この若者には未来がある」と。もしやポスピシル選手等を抜いて、近々にカナダ2番手になるのでは、と改めて。

    おばっちさま
    デニス・シャポバロフ選手、いいですね。何てったって2016WBジュニアのBOYSシングルス覇者ですから。WB本戦のWCもむべなるかな。
    2月のデ杯での事件の際に調べたのですが、仰る通り彼のルーツはロシア系、ウクライナです。お母さまはウクライナの元プロ・テニス選手のテッサ・シャポバロワ氏で、現在は彼のコーチをされています。彼自身はイスラエル生まれのカナダ育ち。お父さまが転勤族?

    とにかくカナダ、彼や、団長さまご注目のアリアッシム選手等、これからが楽しみな選手が出てきましたね。ちなみに彼、2016WBジュニアのBOYSダブルスも準優勝で、そのパートナーがこれまたアリアッシム選手でした。彼、グラス大好物ですねきっと。

      引用  返信

  • 連投失礼! フード 確かROMさんのは、甘辛く煮て卵とじ、でしたよね。(書いてあった!)あれ以来我が家のエコ財布おかずの定番になりました! 美味しいんだもん!

      引用  返信

  • 団長様、カチャノフ戦プレビューありがとうございます。

    キーワードは1stサーブとイレギュラーですね〜
    きのうティームーハース戦で、サーブが入らないとどうなるか、
    いくらストロークで頑張っても挽回しきれないと身にしみて感じたので
    1st入れてほしいです。
    イレギュラーはお互い様だけど、錦織選手の方がフットワークがいいと信じてます👣

    今年は去年より取りこぼしが多いですが、勢いのある若手に押し切られるパターンはまだない。
    シュワルツマンにもコキナキスにもなんだかんだで踏みとどまっているので、
    カチャノフが阻止できるかも世代交代させないための試金石だと(勝手に)思ってます。
    がんばれ📣

      引用  返信

  • @yuriさん、ブログ情報ありがとうございます。面白く読ませていただきました。
    Khachanovという名前、原音主義ならやっぱりハチャノフですよね。Khachaturianはハチャトリアンですし。もう1つ、Khaで始まる単語の例を見つけました。先月ドイツ出張で成田を離陸後、機内のモニター画面でルートマップを眺めていたら、Khabarovskという都市名が地図上に現れて、おーっ、これ中学校で習ったロシア極東部のハバロフスクじゃんか!ローマ字表記はこうなるんだー(@_@)と気づき、妙に感心してしまいました。
    ま、錦織選手の対戦相手がハチャノフでもカチャノフでも母ちゃんの麩でも、要は勝ちゃあいいんですけどね(笑)。

      引用  返信

  • @NORICHAN さま、

    シャポヴァロフ選手に関しての詳しい情報ありがとうございました。
    そうそう、デ杯での事件! 衝撃的でしたねぇ~。
    でも、かなり反省はしたのでしょう、負けた後も爽やかに観客に手を振り、ファンの子どもに応じて一緒に写真を撮ったり、好青年オーラを振りまいてました。
    プレーに華があり、スター性も充分なので、サーシャと2枚看板になる予感。
    そんな流れの中、錦織兄貴として、ロスジェネと呼ばせない存在感を見せて欲しい!

    あ、今更ですが、応援フード、
    カレンカチャノフ・・・カレーにカツ乗せ、で、カツカレー
    なんてのを思いついて密かにほくそ笑んでいました^^

    だいあんさま、

    そうそう、「華麗に勝っちゃうのさ」となって欲しいです。

      引用  返信

  • @クイーン さん

    @だいあん さん、

    お役に立てて何よりです~。

    日本語訳の難しいところは、自分の脳内では理解していることを、他の人にもわかる正しい日本語に変換する作業ですね~。特に日本語には変換しにくい表現も多数あるので。私は翻訳者ではないのでそのあたりはご容赦ください~。

    ハバロフスク!それもKhaでしたか!
    う~ん面白いですね。

    @かたこり さん

    >ハチャノフ(カチャノフ)さん、どうか錦鯉のprayならぬprey=えじき(それこそお麩ですね!)になっていただいてハラショーとなります様に!

    思わず、上手い!とうなりました。

      引用  返信

  • 今晩は。
    日清さんギャラリーサイト、やはり錦織選手、ベルダスコ選手にベンチで色々ご指導ご鞭撻を賜ったようで(笑) IPTLに引き続き有難うございます。
    で、本日の対戦前に参考になれば。
    6/19付のレース・トゥ・ミラノ。フォーラム・鼻血ブログラボ「青田買い」トピでは定期的にご紹介しています。ATP公式より。あ、ズベレフ弟選手はロンドン目指してますから(笑)
    https://twitter.com/nextgenfinals/status/876891665432170496

    追加でロンドン、一見エドバーグ選手風金髪青い目のシャポバロフ選手と、エドバーグ選手からお名前を頂いた栗毛のコズロフ選手。こういう売り出し方です、ATP(苦笑)
    https://twitter.com/nextgenfinals/status/876523716737421312

    更に追加でサンティラン晶選手。しっかり日本のNEXT GENです。サービトンCHでコズロフ選手に勝ってます。レースはただ今26位。祝!トップ30。
    https://twitter.com/nextgenfinals/status/872810438202986497

    フォーラム・鼻血ブログラボ「フリージャンル」トピにて、杉山愛さんコラムやいくつかの海外選手情報をご紹介していますのでぜひ。

      引用  返信

  • ドーモ鱧です(笑)。

    GWOの謎の「錦鯉の祈り」ですが、確かにplay→prayの間違いかもしれませんね。でも、日本語入力しているとは思えない(最近のOSはMACとかそうですがMultilanguageなので切り替えられますが、ドイツ人がするとも思えない )ので錦織→錦鯉の変換ミスはありそうもないのですが。まあどーもいい話ですが、今日はどんな日本語を見せてくれるか楽しみです(笑)。

    Karen Abgarovich Khachanov(ロシア語表記はКарен Абгарович Хачанов)のロシア語発音については、フォーラム「フリージャンル⭐️2017🍀Vol.5」にコメントしましたので、よろしければどーぞ。

      引用  返信

  • @おばっちさん
    「華麗に勝っちゃうのさ」
    わーっはっはっはっは大爆笑(^○^)(^0_0^)
    そう、華麗に勝っちゃうの、ふんっ(鼻息)

      引用  返信

  • 今晩は。
    あと30分強で2Rが始まりますね。ワクワクします。

    ジョコビッチ選手のイーストボーン出場の理由。海外記事の抄訳記事です。
    <なぜ、ジョコビッチは緊急参戦したのか 英紙分析「精神的に払拭したがっている」>
    https://the-ans.jp/news/5423/
    元記事はこちら。英「The Guardian」より。
    <Novak Djokovic accepts Eastbourne wildcard in bid to find Wimbledon form>
    https://www.theguardian.com/sport/2017/jun/21/tennis-news-novak-djokovic-eastbourne-wimbledon
    なお、この記事の後半は、WBにWC出場決定の英国選手のプロフ紹介です。

    時期を逸した感が否めません(でも本日アップの記事です)が、杉田選手のフェデラー選手戦振り返り。彼の貴重な返信内容が。TENNIS.JPより。
    <杉田祐一、コーチ ボブブレッド語る。「王者フェデラー戦の52分間。何よりも宝」>
    http://tennis.jp/news/archives/52204

      引用  返信

  • 間に合つた〜、✨💪🏻 圭君、頑張っ‼️

    😀 団長さま、私も『全仏統括記事』楽しみにしてま〜す ♪
    😊 yuri さま、ブログ読ませて頂いてました、今後とも宜しくお願いします、です。
    m(_ _)m

      引用  返信

  • 圭くん、始まる前からもう二本ガットの張り替え頼んだそうで、どんな意味があるのでしょう。ハチャノフカチャノフ選手まだサーブ安定してませんね。

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。