錦織はまだ復調途上。エネルギー充填して全仏で暴れたい(2020ハンブルク1回戦 vs. ガリン)

2020 Hamburg (ATP 500)
1st Round
Cristian Garin def. Kei Nishikori, 6-0,6-3

錦織の状態が先週から上がってきませんでしたね。
フットワーク含めた体のキレが100%ではないですね。
今の状態ではパワフルなガリンのショットに対応しきれないのは仕方ないと思います。

ガリンは筋骨隆々とした体躯ながら動きも俊敏で、攻めも守りも見事でした。
ミスも少々ありましたが、ショットのクオリティから考えると少ないと思います。
錦織はフルスイングできる場面が少なく、リスクを取らされました。

2018年の復帰時もなかなか結果が出なかったんですが、その時とは少し違う感じがします。
何かが致命的にダメという状態ではなく、全体的なエネルギー不足に見えます。
打ち方が悪いというわけではなく、例えば1stサーブに追いついているのにリターンが返らないとか、
強いショットが深く入ってきた時にほんの僅かだけ対処が遅れ、返球が相手にとって打ち頃になってしまうとか、
そういった少しの差がポイントの取れなさに直結していると思います。

うまく表現できませんが、なんとなく分かる気がします。
多分、練習しているときにはそんなに悪いフィーリングでもないのではないかと。
しかし試合で急に今日のガリンのような強烈なショットが来ると練習o通りにできないのではないかと。
練習ではミスをしても痛くありませんが、試合ではポイントを取るためにリスクを調節していかなければならない。
安全に行ったら攻められ、攻めたらミスが増えてしまう。

しのいでしのいで、ラリーの中でチャンスを見つけたが、一瞬だけタイミングが合わずミスになってしまうとか。
そういう意味で、「1試合でも多くこなしたい」のだと思います。
1stサーブに追いつきながらもリターンが返らないとき、錦織は「なんで返らないんだ?」と不思議に思っているかもしれません。

体のキレについてはどうやったら戻るんでしょうね? やっぱりトレーニングでしょうか?
しかし試合数をこなすこととじっくり体力トレーニングをすることは両立が難しいですよね。
錦織もやるべきことはやっていると思うのですが、こればかりは時が来るのを待つしかないかもしれません。

ただ忘れてはいけないのは、ガリンはクレーでかなり強い選手ですよ、ということ。
1stセットは錦織の攻めを深い位置から的確なカウンターで逆襲し、2ndセットは少し調子の上がった錦織を見ると、積極的に回り込んでフォアで攻撃してきました。バックも速かった。
フットワークも良く、試合を通じて球が深かったです。

ただ、ミスも少しありました。ダブルフォルトは4本。
錦織も2ndセット2−2でリターンの位置を下げ、後ろから深く打って最終的には前に来るという理想的な展開でブレイクしましたが、それ以外のガリンのピンチではガリンガ素晴らしいプレーをしました。
ミスをしても立て直すことができたことがガリンの勝因の一つだと思います。

錦織が現在目指しているプレーは、ベースライン付近に立ち早いタイミングで攻撃を仕掛け、なるべくショートラリーでポイントを取るというものだと思いますが、今の状態かつクレーコートではなかなか難しいのではないかなと思います。

前に立つことは攻撃力を増加させますが、守備力は減少させます。今日も深い珠に詰まったり、足が止まってミスになったりしていました。
クレーなのでイレギュラーによるミスもあります。
「それでもトータルで前にいるほうが得策」という状態に持っていきたいのですが、今日のように攻撃がことごとくカウンターで返され逆襲を許すようでは、もう少し後ろのポジションでのラリーも混ぜつつチャンスを伺うことも必要ではないかと思います。

深い球に対しその場でテイクバックして、結果ミスヒットという場面が多く見られました。

と、今日の試合内容に対してはどうしても辛口になってしまいましたが、いくら負けようが全く応援する気持ちはなくなりません。
一般的な話として、年齢のことやしんどいプレースタイル、故障、若手の台頭などネガティブ要素があることは認識しつつも、結局は挑戦しつづける錦織圭を見ることが好きなのです。
2ndセットの最初のポイントでフォアのリターンが決まりガッツポーズする錦織を見ましたか? 彼は派手なアピールをするタイプではありませんが、よく観察すると随所にそういった気迫を感じることができますよ。本人は、今はこの状態でも絶対にまたトップレベルのプレーをすることを目標にしていると思いますので、それを信じて見守るのみです。

今週あとは西岡にがんばってもらうとして、錦織については全仏に向けて1周間、良い調整ができることを祈りましょう。

90 件のコメント

  • >挑戦しつづける錦織圭を見ることが好きなのです。

    思わず、うんうんとうなずきました。
    応援し続けるのみです。

      引用  返信

  • ガリンは終始球が深かったですね。今日に限らずですが、復帰後は錦織もそこまで悪いわけではないけどポイントに繋がる前にミスやパワー負けが出てしまうのがもどかしいです。前向きなレビューに元気をもらってます。錦織得意の修正力に期待して私も前向きに応援し続けます!

      引用  返信

  • 久しぶりに投稿します。

    錦織の状況をフラットに考えると、体力的な問題から、かなりの確率で全仏初戦敗退となると思います。足に問題があるなら、全仏をスキップしてハードコートシーズンに備えたほうがいいでしょう。

    また、プレースタイルの変化やパワーを考えると、今後錦織がクレーで勝つのは厳しく、芝や高速ハードの大会で力を発揮することを目指したほうがいいかもしれません。

      引用  返信

  • 全仏OPよりも、その後の室内コートシーズンに照準を合わせてほしいです(੭ु´・ω・`)੭ु⁾⁾
    コロナウイルスに感染して隔離、休養で、それまでのトレーニングが、ご破算になってしまったかと(T_T)
    1年超の休養になったこともあり、見切り発車気味になってしまったかと思いますが、それは仕方ないことです。
    身体の負担、エネルギーの負担が大きいクレーコートでの復帰を決めた挑戦心を信じて応援あるのみ\(◎o◎)/!
    皆の衆❕❕耐えましょう_(._.)_

      引用  返信

  • 少しの差がポイントの取れなさに直結してる、そう思います。
    前回の2018年ニューポートビーチでは、238位でしたっけ。ノビコフにフルセット負けでしたね。
    その後のダラスでもフォアがいまいちとかフットワークが良くないとかで苦戦しながら少しずつ調子を上げてきていました。
    チャレンジャーでこれなので、500や1000ではましてや厳しいですよね。そんな簡単に勝てない。みんな必死ですから。
    あと、初対面の相手を苦手にするくせ。30過ぎて人見知り言ってちゃいけないと思うんですが💦、初対戦の相手のクセを素早く見抜いて、というより対戦する中で弱点を見つけて攻めていくタイプだと思うので、3セットマッチでは時間切れになることが、故障前にもありました。今日も2セット目には上げてきてましたよね。遅かったんだと思います。
    それを考えると、客観的には普通の敗戦かと思います。
    少しずつ色々足りないし、ドローも初対戦と2回も当たるなど良くなかったけど対戦済みのラモスビニョラスには勝ってますから。
    全仏で体力が持てば、また故障がなければの前提ですが、5セットの中で少しずつ色々修正していき、勝ち上がっていく中で調子を上げていくことも可能なんじゃないかと思います。
    今回の初戦敗退は、ゆっくり休んで全仏に備えるための時間と考えればいいんじゃないでしょうか?

      引用  返信

  • 今日は錦織くんがミスしたときに「あーもうっ!」と言う声が聞こえて、本人もうまくいかないことに如何ともしがたい思いがあるのかなと思いました。
    まだ復帰したばかり。本調子になるまで焦らずにひと試合ずつ向き合ってもらえたら、と思います。
    何はともあれ、錦織くんがテニスをしている姿を見られることが嬉しいです。

      引用  返信

  • 団長さん、レビューをありがとうございます。

    私は今日の試合を見ていて、何か下半身に問題があるんではないかと思ってしまいました。そうではないことを心から祈りたいです。

    よくよく考えてみれば、1年間という思わぬ長いブランク(コロナ感染も)があって、復帰後いきなり立て続けに本番。これは環境の変化もめまぐるしいし、実際ハードワークですよね。試合が毎週あって、その間国境を越えての移動もあって、ということになれば、体が慣れず、疲労するのは当然。試合の中で体力を養うと言っても、まだルーティンそのものに体が慣れていないので、今はマイナス要素の疲労の方が大きいかもしれませんよね。下団さんもおっしゃっていますが、その通りだと思います。
    しかも今日の試合は、相手も錦織君の状況をよくわかってか、走らせるラリーに持ち込んできていたように思います。短いラリーで終わらせるべく厳しい決め球を打ち込んでも、相手は拾って長いラリーに持ち込み、疲れて足が止まり錦織君がミスするを待ったとも言えるかも。
    1年間のブランクを取り戻すのは並大抵のことではないのですね。

    団長さんがおっしゃっているように、錦織圭が様々な困難に向き合って挑戦し続けてきた選手だということを、私達はよく知っています。そういう選手だからこそ今まで応援し続けてきました。そしてこれからも応援する、その気持ちに変わりはありません。頑張れ、錦織圭!

      引用  返信

  • はい団長、お利口して待ちます!(^o^)ノ イエー!︎💕︎💕
    圭、もう少しだけ自分のイメージと違うんだと思います。なので、「あー、もう(何で?)」なんでしょうねー(;´д`)💦💦
    第1セットは足が滑るのか、おっかなびっくりすぎて見てられなかったけど、第2セットではしっかり修正出来ていましたもんねo(`ω´)o︎💕︎💕
    ただ残念な事に、「ここぞ」のショットにミスが出てしまい、チャンスを逃し続けています(´;ω;`)💦💦
    でも、そこを乗り越えた時、試合展開はまったく違って来ますよね!d(ゝc_,・*)♪︎💕︎💕
    まだまだ山あり谷ありでしょうけど、今日の厳しい授業のおかげで、圭はむちゃくちゃ上げて来るかもです〜!(^o^)ノ イエー!︎💕︎💕︎💕︎💕

      引用  返信

  • 団長さん早速のレビューをありがとうございます。
    「本人は、今はこの状態でも絶対にまたトップレベルのプレーをすることを目標にしていると思います」に完全同意です。
    トップレベルとのほんのちょっとの差、それを「年齢による体力の衰え」と言い訳しない強さが錦織選手にはあると思います。全仏が、その差を少しでも詰める場になればと切に思います。

      引用  返信

  • steffiloveさんが言われたように2018年に復帰したときは最終のロンドンに行ってたと思うんです、
    今回は時間が足りないですよね、私も全仏は出てほしいです。
    応援する!!!!!!!のみです。焦りません

      引用  返信

  • 団長さん、心にも頭にも染み渡るレビューでした。
    心を込めて書いてくださってありがとうございます。
    テニスってちょっとした(本人はちょっとじゃないかもしれないけど)感覚の違いで
    不調に陥ってる選手が一つのきっかけでものすごく良くなったりするのを見ます。
    錦織選手の中には確かに手応えがあって、でもそれを試合で出せてないもどかしさ
    があって「あーもうっ!」になるのかな?
    団長さんの呟きで「単純な総力だけでフットワークは決まらない。歩数もそんなに
    劇的に増やせない」そう言えばそうだな…「だからリズムとタイミングが重要。
    今の錦織はそれが調子悪い」いやあ、すごく合点がいく。ガッテンガッテン👍
    まあ、いずれにせよ、応援団長のもと微力ながらご一緒に応援させていただきます。
    モンフィスも地元WCのハンフマンに負けちゃったし。
    負けはいつだって選手の日常なんですよ、きっと。
    全仏でまず1つ勝てるよう、全力応援です╰(*´︶`*)╯♡

      引用  返信

  • 団長さん、さっそくのレビューありがとうございます。
    何度も読み返してしまいましたよ。勇気をもらいました。

    今日は錦織選手、フットワークがよくなかった。でもきっとまた戻ってくるはず。本格復帰に期待しながら、引き続き見守ります。

      引用  返信

  • 完全に力負けでした。動きもパワーも不足ぎみで、
    本調子に戻るには時間がかかりそうに見えました。
    「まだまだ道は遠い。」という印象です。
    調子が上がってこない時間が長く続いても、
    錦織選手が挑戦し続ける限り、私たちも焦らずじっくり応援する覚悟が必要なんだと改めて思いました。
    フットワークの悪さ、身体の動きにキレがないことなども
    下団さんも仰ってましたが、「コロナウイルスに感染して隔離、休養で、それまでのトレーニングが、ご破算になってしまった」という可能性を感じています。
    ジョコビッチ選手やディミトロフ選手はコロナ感染した時期が少し前でした。(隔離の身体的影響を取り戻す時間があった。)
    でも錦織選手は隔離解除後程なくツアーに参戦しています。
    ツアーが再開されたので、試合を重ねつつ体力・筋力・フットワーク等々を戻してゆく、という方針でいってるのかもしれないと
    勝手に想像しています。
    仮に陣営が「試合を重ねることで(試合勘やテニスの技術だけでなく)かつての体力やパワーも取り戻せる」という判断だとしたら、
    今の状態は織り込み済みに違いありません。
    私の記憶が正しければ「今年は目標はない。とにかく出られる限り試合に出て、実戦を重ねることで自分のプレーを取り戻したい」といった趣旨の発言をしていたかと思うのですが、それはまさに
    錦織選手自身もプレーが戻るにはそれなりの時間がかかることを
    覚悟しての発言なのかと・・。
    そう考えればいろいろ腑に落ちる面もあり、です。
    ともかく今は試合を毎週観られることを楽しもうと思います。

      引用  返信

  • わが家は今はGAORAを視聴出来ない状態なので、圭くんの状態はわかりませんが、時間がかかると思っています。コロナの影響はすぐにどうこうなるものではないと思うからです。
    体力、体調の波も大きいように思います。その波が少しずつ小さくなって、それと共に体力も元に戻っていく、MAXになっていくと思っています。
    それまでは我慢で、テニスの勝ち負けは二の次だと思って応援していきます。

      引用  返信

  • 個人的には全仏を回避しても良いかなぁと思いますが、ユニク⚫️から全仏モデルのウェアも販売されている様ですし多分出るのかな・・・?😅

    最近の錦織選手のコメントで出て来る「多くの試合数をこなしたい」というワードには「数多くのデータを取りたい」のかなぁとも推察されますしそう考えると5セットマッチにおけるデータも取りたいのかなとも思います。そう考えると全仏参戦も理に叶ったモノなのかもしれません。

    記憶違いでなければ、18年の復活にしても「イップスっぽい」事もあったと聞いていますし復帰後3大会しかもたった4試合で結論する事なんて何一つ無いと個人的には思いますね。

      引用  返信

  • 完全に力負けでした。動きもパワーも不足ぎみで、
    本調子に戻るには時間がかかりそうに見えました。
    「まだまだ道は遠い。」という印象です。
    調子が上がってこない時間が長く続いても、
    錦織選手が挑戦し続ける限り、私たちも焦らずじっくり応援する覚悟が必要なんだと改めて思いました。
    フットワークの悪さ、身体の動きにキレがないことなども
    下団さんも仰ってましたが、「コロナウイルスに感染して隔離、休養で、それまでのトレーニングが、ご破算になってしまった」という可能性を感じています。
    ジョコビッチ選手やディミトロフ選手はコロナ感染した時期が少し前でした。(隔離の身体的影響を取り戻す時間があった。)
    でも錦織選手は隔離解除後程なくツアーに参戦しています。
    ツアーが再開されたので、試合を重ねつつ体力・筋力・フットワーク等々を戻してゆく、という方針でいってるのかもしれないと
    勝手に想像しています。
    仮に陣営が「試合を重ねることで(試合勘やテニスの技術だけでなく)かつての体力やパワーも取り戻せる」という判断だとしたら、
    今の状態は織り込み済みに違いありません。
    私の記憶が正しければ「今年は目標はない。とにかく出られる限り試合に出て、実戦を重ねることで自分のプレーを取り戻したい」といった趣旨の発言をしていたかと思うのですが、それはまさに
    錦織選手自身もプレーが戻るにはそれなりの時間がかかることを
    覚悟しての発言なのかと・・。
    そう考えればいろいろ腑に落ちる面もあり、です。

      引用  返信

  • 大変ご無沙汰しております。
    皆さま、お元気そうで何よりです。
    今日の試合、セカンドセットでリズムを変えて上手くいきかけたのですが、まだまだ本調子でないところをガリンにやられましたね。
    気になったのは身体の動きよりも、ファーストサーブが狙いどころより内側に入ってリターンで攻められたのと、フォアサイドへの多さ。
    何か考えがあってのことかもしれないですが、フォアが得意なガリンに叩かれる場面が多かったのが、ファーストサーブのポイント獲得率の低さに繋がったように思います。

      引用  返信

  • youkoさま
    お久しぶりございます🙇‍♂️🙇‍♂️🙇‍♂️
    また気が向いたらでも良いのでフォーラムの方にもお越し下さい、と下団さまがおっしゃっていると思います・・・多分😅😅😅

      引用  返信

  • 某Twitterで今大会のストリングスのテンションを40代後半まで上げているという情報があったり、
    サーブやリターンの変更など色々試行錯誤していてまだしっくりきてないことがいっぱいあるのでしょう。
    また、ローマでもハンブルクでもコートの状態が良くないのか、イレギュラーして打ち損じてるシーンが多々あったように感じます。(相手が荒れてるエンドライン際をねらってるようにも思えた)錦織はそういうの気になるタイプと思うので、全仏の整備の行き届いたクレーでは気分良くいい球打てるようになるといいなあ。
    トップ10常連のシーズンでも2、3大会早期敗退することもありましたから、いつ歓喜の時が来てもいいように変わらず活躍を期待し続けたいと思います。

      引用  返信

  • 今日のような厳しい敗戦の後は、団長さまの全く辛口とは思わない慈愛に満ちたレビューが心に沁みます。・(つд`。)・。
    錦織選手のテニスを取り戻すにはまだしばらく時間がかかる、と思わせるような試合内容ではありましたが、私も全仏OPより照準は室内ハードに、もっと言えば来年の全豪OPから本格始動できるように、来年につながる今年の締めくくりであってくれたら、と思っています。(全仏OPで急に覚醒してくれてもいいんですよ~)
    とはいえ、試合をたくさん観たいという欲求は常にあり、それには勝ち進まなければならず、また何だかんだで勝った時のドーパミンやセロトニンが恋しくてたまらず。。。いやいや、今はガマンの時ですね。ガマンの後は喜びも倍増するはず。
    どんな時も高みを目指して挑戦し続ける錦織選手をいっそう応援します。
    ・・・あー、もう数試合応援したかった…と思ったら、5日後には全仏OPだ\(^^)/
    今は、錦織選手が元気で、試合があるだけで幸せです(*^^*)

      引用  返信

  • 限られたポイント数、セット数の中で試合勘を取り戻しながら勝ち抜くとはなんと大変な事か、、、
    相手も勝ちに来てるので決して手を抜きませんものね〰️😩
    今日は仕事で5時帰宅に間に合わず、テレビを着けたらなんと0-6で終わってました。いったい何が起きたのか分からず2セットを応援してました。
    ガリン選手、チョンヒョンみたいなマッチョな身体に素早い動き、、、一瞬「ダメだこりゃ」って思っちゃいました😩
    良い感覚つかむまであともう一踏ん張り?いや、もう二踏ん張り?、、、なんでもいいやもう😁

    解説の近藤さんが 「全仏に向けて体調を調えれると思えば、、、」と言ってました。その言葉に放心状態の心が救われました。本人のコメントも「今は耐えるしかない」と言ってました。
    ファンも今は耐えて見守るしかないですよね。コートに立って孤独な戦いをするのは錦織くんだけですもん。
    後、西岡くんみたいにもうちょっと感情を爆発すれば良いのに、、、侍の錦織くんはそうはしないか😁
    全仏一回戦負けでも良いわよ私。

    今日の試合見ていて、ワウリンカが5セットマッチが好きだと言うのを思い出しました。今日に限って5セットだったらな〰️って思いました。どのみち今はスタミナが持たないか、、、
    あせらず、くさらず、あきらめず、、、ですね😊

      引用  返信

  • 今は錦織圭のテニスが見れるだけで満足です(^^)d
    こないだはすみません
    皆様、口には出さないけど同じ思いなんですよね
    今は焦って、また故障しない事を祈るばかりです

      引用  返信

  • 敗戦後のモヤモヤを全て回収してくれる団長の記事に癒されています。日常が帰ってきたなーって笑
    ただ私が気になっているのは、試合後の錦織のコメントで「全仏の目標は特にない。いい試合が出来れば」と言っていることです。でも、ぜってー勝つ❗️という気迫が無いといい試合にはならないと思うんですよねー。復帰後、今年は調整に充てると言っていますが、試合に入るときから調整のつもりでやっていて、調子が戻るものなんでしょうか?素人の素朴な疑問です。
    錦織といえば、サービスゲームは(私たちをハラハラさせながらも)しっかりキープして、リターンゲームでのいくでー、いくでー、とるでー❗️というあの低い姿勢から相手にプレッシャーをかけ続けてからのブレーク❗️という印象で。今日の2ndセットはそういう気迫が久しぶりに見れたなーと思ったんですが。見ていて、調整だからという気持ちと勝ちたい、負けたくない、という気持ちがちょっとチグハグなのかなと思ったりしました。あ、でも体の調子とも相談しながらなので、しょうがないことなのでしょうか。(何が言いたいのか分からなくなってきた汗)
    とにかく、早く最初から最後まで全力プレーの錦織が見たいぞー❗️ということでした。長々とすみません汗

      引用  返信

  • 2018年の復帰時はどうだったか、調べてみました。
    1月末 チャレンジャーから出発して1戦目負け、次のチャレンジャー1回戦で同じ相手に勝利後、勝ち進んで優勝
    2月中旬 250の試合でベスト4
    2月末 500の試合で初戦敗北
    3月末 1000の試合で初戦のみ勝利
    4月中旬 1000の試合でベルディヒ、メドベージェフ、チリッチ、ズベレフ弟をいずれも接戦で破り、決勝でナダルに敗北して準優勝。
    …以下略(間違いがあるかもしれません。ご指摘下さい)

    以上を見ると、500や1000の試合で本調子を取り戻すまでには、チャレンジャーから始めて段階をきちんと踏んでも約3か月かかっています。しかも500と1000の試合の間に約1ヶ月の準備期間をおいていることもわかります。

    今回の復帰は、コロナの影響もあってきちんとした段階が踏めていないと思います。毎週試合があり、250から出発して、1000、500というジグザグコース。しかも復帰してまだ2週間。
    錦織君が本調子を取り戻すまでに条件が良くても3ヶ月はかかるとしたら、今回はもっとかかってもおかしくないと思えます。むしろ、こんな悪条件の中で、腐りもせずに前向きによく努力しているなあと改めて思いました。
    私達は辛抱強く待つ必要がありそうです。

      引用  返信

  • ゆうたさん,

    はい、2018年の復帰時はフォアのフォームがかなり崩れていました。
    今回はそういう症状はありません。
    ただ、錦織らしい強烈なショットは少ないです。
    復帰戦の最初の5ゲームは良かったので打てなくはないと思いますが。

      引用  返信

  • ヒロリさん,
    目標は特にないというのは気負いを防ぐために言ってるのかなあと思います。
    カートに入れば一生懸命価値を目指してると思いますよ。

      引用  返信

  • WordPressをアップデートしたらコメント投稿のプラグインが働かなくなってしまいました。プラグインのアップデートをお待ちください。

      引用  返信

  • netdashさん、お忙しい団長さんのお手間が省けて、嬉しいです。急いで調べたので間違いがあるかもしれませんが、大筋は合っているかと思います。(チリッチの前にセッピが抜けていました)
    調べてみて、錦織君を応援しようという気持ちがさらに強まりました。

      引用  返信

  • ウクレリアンさん,

    前回の復帰について丁寧に書いてくださってありがとうございます。
    あの時も結局3ヶ月かかったんですね。
    コロナがなかったらもっとちゃんとした復帰スケジュールが組めたでしょうに、でも皆条件は同じですよね。
    辛抱強く待つというご意見に同感です。試合は見られるのだから、それだけでもありがたいです🙏

      引用  返信

  • ウクレリアンさん、そのこと何となくぼんやりとそんな感じだったんだから…
    と思っていたのですが、ちゃんと調べず…。そうだ、そうだ、そうだったんだと
    納得させていただけました。
    まだ復帰後わずか2週間だったあっ!
    たった4試合でいつもの観戦モードだった自分がいる!いかん!!すぐ忘れる😅
    錦織選手の苦境を乗り越える長い努力をもう一度しっかり胸に刻もうっと。
    CMでも言ってたね、「結果は後からついてくる」って。あの言葉は本気の言葉だな。
    ウクレリアンさん、ありがとうございました😊

      引用  返信

  • 錦織選手が試合に出る限り、全力で応援し続けます!
    全仏オープンも楽しみにしています。

      引用  返信

  • netdashさん,
    お忙しいのにありがとうございます。そうですよね、勝ちたいと思ってるのは伝わってきます。やっぱり世間一般に、期待を持ちすぎないで温かく見守ってね😅ということを暗にそう言ってるんですよね、きっと。すみませんでしたー

      引用  返信

  • 試合観られなんだ。奥さん方には逆に厳しい時間帯、やはり、家人も寝静まった、丑三つ時がええね😅
    テニス識者の方々が仰るとおり、今回の復帰後がいきなりクレーは厳しいのでしょうか・・・ね。
    いづれにしましても、さいごまで諦めずに応援し続けるものだけが歓喜の瞬間を味わえる❗ですよね‼️
    いつまでも何処までも、錦織選手を応援します。

      引用  返信

  • 団長さま、レビュー記事ありがとうございます。
    やはり一度落としてしまった体力、筋力を戻すのは並大抵のことではないと思います。体幹が強く鍛えられていなければ、厳しい体勢から次の動作へ戻してこれないでしょうし、必然的にしっかり構える余裕もなくなりますよね。早いタイミングで捉えるスタイルを取るなら尚更でしょう。
    ツアーを周りつつ、『心身の回復と勝利を両立させる』という、とても難しい事に錦織選手は 今、挑戦している訳ですね。
    ☝️上のコメントで、2018年の復帰過程をウクレリアンさまがわざわざ書き出して下さいました、ありがとうございます🙏
    錦織選手は今回 肘にメスを入れ、しかもコロナ感染からまだひと月しか経っていない訳ですから、回復を焦ってはいけないと肝に銘じなければ。実況記事にも書きましたが、観戦する我々も一緒に耐える覚悟が必要だと感じています。

    《時がくるのを待つしかない ネガティブ要素があることは認識しつつも、結局は挑戦しつづける錦織圭を見ることが好きなのです 信じて見守るのみ》

    団長さまのこの言葉に尽きますね😊

      引用  返信

  • 少し余談気味な事ですが・・・

    錦織&西岡選手の日本ツートップの揃い踏みは今後幾らでも実現する事ですが、来年の大会日程が正常な形に戻ればキッツビュールとハンブルクについては両者共に来年以降の参戦は恐らく無いと思うのでもう少しレアな状態を見たかったですね。

    後は錦織→西岡の試合順は2度ゴメンです!😤😤😤

      引用  返信

  • 先程の補足です。この際、より詳細に!

    250の試合 ルビン(R232)、ドンスコイ(R72)、アルボット(R91)に勝利、準決勝でアンダーソン(R11)に敗北、ベスト4

    500の試合 シャポバロフ(R46)に初戦敗戦

    3月末の1000の試合 ミルマン(R96)に勝利、デルポトロ(R6)に敗北

    Rは当時のランキングです。

      引用  返信

  • 団長さん、レビュー記事ありがとうございます。

    錦織選手のガッツポーズ感動しますよね。
    忘れられないのが、2018年の全米4回戦コールシュライバー選手戦。
    マッチポイントにむかう時だったなあ、陣営の方を見て「行くぞ!」と叫び気合いをいれた瞬間が映りました。
    その時の気迫あふれる鋭い目、表情にゾクゾクっと鳥肌が立って、涙が出てきたのを思い出します。
    なんか感動するんですよね・・・。(@_@。

    今は錦織選手にとって一番苦しい時かもしれない。それでも夢がかなうことを信じて応援あるのみです!!!
    以上、私の決意表明でした。

      引用  返信

  • ウクレリアンさん、
    詳細な書き起こしありがとうございます。
    あの当時を思い出しますね。
    当時と身体の状況で決定的に違うのは、下団さんも仰ってましたが
    「新型コロナ感染により、(発熱で寝込んだ時間を合わせたら)2週間以上?、隔離されて休養を余儀なくされたことによる、体力・筋力等のリセット」かと思います。
    その間の失った筋力や体力を取り戻す時間が取れなかった分、試合のなかで取り戻すのは容易ではないと想像します。
    錦織選手はそんな大変な身体状況のなか、試合をすることでテニスも失われた体力やパワーも取り戻そうとしている。
    凄いことですよね。
    そういう事情に思いを巡らしながら試合を観ると、
    また違った景色が見えてくる気がします。

    願わくば、健康一番で、怪我だけはしませんように。
    毎週試合に出てくれるので「応援できる幸せ」を噛み締めています。
    勝ち進めば応援できる回数も増えるので更に嬉しいですが、
    ともかく元気な姿が毎週観られるのはありがたいですね。

      引用  返信

  • 活きのいい若手が次々現れて嫌になりますね。(笑)
    元々元気なときだって、紙一重の差で勝利をものにしてきたプレースタイルなんですから、またそんなプレーが戻ってくると信じて焦らずに見守りましょう。

      引用  返信

  • お昼でダイジェスト映像を観てますが・・・
    やはりエネルギー不足ですかねぇ~❓なんとなくですが、全てが軽いかな(。´・ω・)?
    クレーコートは足への負担がハードコートに比べれば少ないですが、身体の捻りはハードコートよりも要求されます。
    ここから全仏OP期間も含めてトレーニングと割り切った方が良いと思います_(._.)_
    一昔前ならエキシビション大会等で回復具合を確認しながら復帰するペースを判断しますが、いきなり世界の最前線での本気勝負は厳しい、と言いますか、別の怪我を招く恐れもあります。
    もちろんですが、戦うかぎりは全力応援ですが\(◎o◎)/!

      引用  返信

  • 久しぶりの動く錦織を観れて感動しました。1セット目はどうした!?と思いましたが、2セット目は今後を期待させる、キラリと光るシーンを何度か観れたと思います。シーズンがもう少しで終わってしまうのは惜しいですね。
    今年は野球では大谷が復帰後やはり苦しんでますね。
    逆にダルビッシュはすごいですね!もう結構な年齢だと思いますが、全盛期とも言える内容です。
    たしか、ダルは大谷に術後2年はかかるから焦らないようにと言っていたような気がします。錦織はトミージョンを受けたわけじゃないのと思うので、同列に語れないとは思いますが、錦織本人も未だ若干の違和感を残しているようなので、感覚やスタミナの問題も合わせて来年以降に期待したいところです!もちろん、来週から結果出してもらっても構いませんが!

      引用  返信

  • 全仏後にロシアの大会に出場とのことで、嬉しい限りです。出られる大会全部出る、を実践中というところでしょうか。
    フィジカルとこのレベルに必要な試合勘が戻れば、強いのは折り紙付きだから、今年中のタイトルだってありうるかもですね。
    ロシアだと、メドベージェフとかハチャノフとか出るのかな。簡単じゃないか。

      引用  返信

  • 例年不出場のロシア大会参戦のニュースに、涙がでてききました〜! 勿論、勿論、応援しますよ‼︎
    錦織君〜〜ずっと、ずっと応援しますよ 🎾

      引用  返信

  • 皆様方のコメントを拝見していて、体力面ではやはり、コロナ感染と2週間の隔離が予想以上に大きく影響している可能性が高いと感じました。おそらくコーチやトレーナーの方を含め陣営ではそれを取り戻すべく詳細な計画を立て、錦織選手もそれを黙々とこなしている毎日ではと想像しています。
    私のような普通人の感覚では、それこそ「テニスだけが人生ではない」し、錦織選手は「テニス以外の様々なことを犠牲にしている」とも思えるのですが、おそらくは、当の本人は全くそうは思っておらず、思うようなテニスが出来ることが最高の幸せであり、まだ、トレーニングや試合によって、そこに戻れるという本人なりの確信があるのだと思います。改めてすごい選手だと感じます。
    もちろん、それは本人も言っているように身体と相談しながら、ということになり決して楽な道ではありませんが、応援団の立場としては、その先に必ずや栄光があることを信じ、本人がラケットを置く日まで、どこまでも錦織選手と一体となって共に歩んでいきたいと思います。何しろ応援団の方が先に心が折れるような試合を、数々ものにしてきた世界一諦めの悪い男ですので、私達がさきに諦めるわけにはいきません。

      引用  返信

  • どこまでも圭さん、
    仰るとおりですね。
    まずはコロナ感染前の体力・パワーを取り戻すことから始めている
    ところなのかもしれません。
    私たちもじっくり腰を据えて応援する覚悟が必要と、今は思っています。
    「私たちが先に諦めるわけにはいきません。」
    ですよね!

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。