最近の情報まとめ:放映予定、試合予定など

最近、読者の方々に数多くの情報提供をいただきながら、なかなかまとめて紹介できないでいました。

コメント欄の隅から隅まで読む人はあまりいないと思うので、この辺でちょっとまとめてみます。

TV放映予定

GAORA

12月30日~1月1日 「錦織圭一挙放送!」 ※2008年錦織圭放映カードの再放送
1月8日、9日 ブリスベン・インターナショナル放映! 準決勝、決勝進出の場合は生放送!!

さすがGAORA!!!

【錦織圭一挙放送】

12月30日(火)

12:00~15:00 4月に行われたデ杯インド戦から vs R.ボパンナ戦
15:00~16:15 同じくインド戦から、vs M.ブパシ戦

12月31日(水)

12:00~14:30 AIGオープン1回戦 vs R.ケンドリック戦
14:30~17:00 AIGオープン2回戦 vs G.ガルシアロペス戦

1月1日(木、祝)

12:00~14:15 ストックホルムオープン2回戦 vs D.ハーバティ戦
14:15~15:15 ストックホルムオープン準決勝 vs R.ソダーリング戦 

【ブリスベン・インターナショナル】

1月8日(木)及び1月9日(金)に、1回戦から準々決勝の模様をを録画放送してくれます。時間は未定。
そして1月10日(土)には準決勝の、1月11日(日)には決勝の模様を生放送してくれます! 

大会スケジュールは、

 4日(日) 1回戦
 5日(月) 1回戦
 6日(火) 2回戦
 7日(水) 2回戦
 8日(木) 準々決勝 録画放送(おそらく1,2回戦)
 9日(金) 準々決勝 録画放送(おそらく準々決勝) 2回戦はこの日にくるかも
 10日(土) 準決勝 生放送
 11日(日) 決勝 生放送

WOWOW

特番「18歳・錦織圭 世界への扉」が大好評だったWOWOW。この番組は1/16の深夜に再放送されますし、何といっても1月19日には全豪オープンが始まります。

直前特集なども組まれ、そこに錦織圭が出てくることはまず間違いないでしょう。

全豪オープン本戦では錦織圭出場試合は全部放映することと思います。

1月16日 深夜3:00~(日付は1月17日) 「18歳・錦織圭 世界への扉」(再放送)

1月19日(月)~2月1日(日) 全豪オープン(連日放送)

また、全豪オープン開幕前のミニ特番として「いよいよ開幕!全豪オープン」という5分番組が3つほど放送されるようです。

初回は1月1日のAM7:25から。再放送もあります。

全豪の詳しい放送スケジュールはこちらが見やすいです。

WOWOWサイト内で「全豪」で検索 

(たくさんあるので見逃しに注意してください。5ページあります。)

中でも1月16日のPM8時からの直前特集「Welcome to Grand Slam ~09シーズン開幕!全豪テニス直前特大号~」と昨年度決勝のプレイバック(1月17日 深夜0:50~)は必見でしょう。

錦織圭出場試合

1月の出場大会としては

1月4日(日)~ ブリスベン・インターナショナル (オーストラリア・ブリスベン) 本戦ダイレクトイン

1月12日(月)~ ハイネケンオープン (ニュージーランド・オークランド) 本戦ワイルドカード

1月19日(月)~ 全豪オープン (オーストラリア・メルボルン) 本戦ダイレクトイン

の3つで確定しています。

ブリスベンは当初1月5日からとお伝えしてきましたが、公式サイトを確認すると4日から1回戦が始まるようなので注意してください。4日に試合が入ることもあり得ます。

したがいまして錦織圭の1回戦は4日か5日のどちらかになります。どちらになるかはまだ未定です。

分かり次第このブログでお伝えします。おそらく1月3日に判明するでしょう。

正月どころじゃないですねこりゃ^^

1月5日は仕事始めの人が多いですから、4日に入ってほしいですね。

ブリスベン・インターナショナル情報

公式サイト

主要出場選手

全出場選手

大会スケジュール

オークランドは、本戦のワイルドカードをもらいました。ワイルドカートとは主催者推薦のことで、地元選手やランキング的に本戦ダイレクトインはできないが、有望な選手などに与えられます。

それだけ錦織圭が期待の選手だということであり、客が呼べる選手だとオークランドの大会側に見られたということだと思います。

この週はシドニーにもエントリーしていましたから、シドニーに先にワイルドカードを出されたら困るという思惑もあったかもしれません。

その他

・ananに掲載

・12月21日「すぽると!」にて「’08年最もブレークした男性アスリート」第3位に。

 1位 石川遼 49%
 2位 太田雄貴 17% (オリンピックフェンシング銀メダル)
 3位 錦織圭 13%
 4位 内村航平 8% (オリンピック体操銀メダル)
 5位 石井慧 5%  (オリンピック柔道金メダル)

 ご覧のようにオリンピックメダリストでもないのに3位は立派。

・ネット記事「テニス錦織圭を徹底解剖、直撃インタビューで18歳の素顔に迫る」(ファスニングジャーナル)

 12月21日WOWOW特番「18歳・錦織圭 世界への扉」の収録インタビューが元ネタと思われる記事。WOWOW配信。
 いろんな新聞の記事になっています。 
 上はGoogle検索で一番目に出てくるページなのですが、なぜにネジ業界の業界紙がトップなのかw 

・錦織圭はATPの「新人賞」最有力候補

錦織がATP最優秀新人賞の有力候補に(日刊スポーツ)

 

4 件のコメント

  • おっとどっこい、生きていた roby です。
    「なぜにネジ業界紙?」がおかしくて、のこのこ出てまいりました。

    今年は、錦織クンの活躍と、それを何倍も楽しめる楽しい鼻血ブログに出会えて、本当に充実した一年を送ることができました。
    いろいろありましたが、それも読者が多いことの証。
    来年もますます楽しく、情報満載の鼻血ブログを目指してくださいね!

    個人的には、来年も公式応援フードに燃えたいと思います。(笑)

      引用  返信

  •  テニス情報サイトのMens Tennis Forumsで、全豪翌々週のサンノゼ(ATP250)のエントリーリストが公表(12/30)されました。
    http://www.menstennisforums.com/showthread.php?t=135353

     錦織は16番目/23人の本戦ダイレクトインです。
     今年のカットオフランキング112位、最終シードランキング71位に対して、来年のそれらは82位、39位ですから、団長が示唆されたように、ランキング制度変更による影響は、2月の米国ツアーにも及んでいるようです。

     この傾向でいくと、サンノゼ翌週のメンフィス(ATP500)については、WCでももらわない限り、本戦ダイレクトイン(1/5エントリー締切)は難しいかも知れません。錦織スタッフには余計なお世話かと思いますが、その場合には、思い切ってメンフィスの週は休み、その翌週のデルレイビーチ(ATP250)にエントリー(1/12締切)するのが良いと思っています。

      引用  返信

  • いやぁ、はやく来期がスタートしないかなぁ。

    とっとと年よ明けやがれっ!(笑)

    だんちょ、皆さん、今年はお世話になりました。

    来年も楽しくいきましょうねw

    では良いお年をお迎え下さい。

    種丸

      引用  返信

  • あともう少しですよ…
    あともう少しで年明け…ではなく、そんなことより錦織選手の初戦がいよいよ始りますね~!!4日か5日ですか。楽しみです!

    あっという間に新シーズンを迎えてしまいました。
    以外に早く感じるのも、鼻血ブログのおかげです。
    団長さんが毎日コツコツとおもしろ企画などを更新してくれた努力のおかげで、退屈する暇なく楽しめましたから。
    そして今までスポーツ観戦といえば、TVやスタジアムで応援するというかたちのみでしたが、こちらでライスコや実況掲示板という新しい観戦方式を教えていただき、もの凄~くおもしろかったです。有り難うございました!

    それでは、団長さん、鼻血ブログ読者の皆さん、もちろん錦織選手にも、来年がいい年でありますように…

    今年半年(←夏頃からお世話になりました)有り難うございました。

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。