今年もお世話になりました。来年もよろしくお願いします。

今年も残すところあと1時間ほどとなりました。

ベルディヒに勝利し、前途洋洋と思われた錦織圭の今年でしたが、思わぬアクシデントに見舞われてこれ以上ない辛い年となりました。

しかしながらここにきて明るい話題も出始め、復帰も間近、大変に楽しみな状況になってきています。

このブログも錦織の試合がないながらもなんとか毎日更新を続けることができました。

錦織が休んでいる間は自分は休めない、休んではいけないという妙な使命感と皆様の日頃の励ましが原動力だったと思います。本当にありがとうございました。

多くの方の助けを頂き、内容を充実させることができました。本当にありがとうございます。

一人ではどうしても情報収集能力に限界がありますし、世界中の試合を見ることも不可能なので、皆さまの情報提供やレポートの寄稿はものすごくありがたかったです。

特に毎週のランキング試算を担当してくださったケイメヒコさんは、大変な作業にも関わらず毎週欠かさず寄稿してくださり、大変助かりました。ありがとうございました。

今年の記事数は398記事、コメント数は自分の分も含めてですが、6,201でした。数多くのコメントありがとうございました。

来年も引き続き、鼻血が出るまで錦織圭を応援し続けたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

17 件のコメント

  • 錦織選手の試合はあまり見られなかったけれど、このブログを
    毎日楽しみにしていました。
    ありがとうございます!
    良いお年をお迎えください。

      引用  返信

  • 今年もよろしくお願いしま~す!!!!!!!!

    あと少しで錦織ネタが書けそうですね^^

    楽しみですw

    僕のブログのほうでもよろしくお願いします^^

      引用  返信

  • 昨年は1年間楽しませていただき、ありがとうございました。
    今年、錦織選手が復帰したらますます忙しくなりますが
    よろしくお願いします。
    よい年になりますように(^_^)

      引用  返信

  •  これだけ長い錦織のブランクにも拘わらず、常に彼を意識して
    いられるのは、ひとえに団長さんのブログのおかげです。
     
     ブログとは毎日更新するものなのでしょうけど、錦織の話題に
    乏しい中、これを休まず続けている団長さんには本当に頭が下が
    ります。

     アクセス数の件にしたって、単純に錦織のブランクのせいだと
    思いますよ。だって、錦織復帰の機運と共に、当ブログのランキ
    ングだって上がってきているではありませんか。

     今年は昨年と違って錦織の話題には事欠かない年だと思います
    ので、団長さんにはもっと自分の時間を大事にしていただきたいと
    思っています。

     最後になりましたが、新年もよろしくお願いいたします。

      引用  返信

  • 日本は既に、あけおめ、ことよろと言える時間ですね。
    明けましておめでとうございます。2010年も引き続きここでお世話にならせて貰いますので、よろしくお願いします。

      引用  返信

  • だんちょー、今年も宜しくお願いしますねー♪
    いつも軽ぅーいカンジでスイマセンね、
    だんちょーは苦労なさってルだろうに・・。
    でもワシはワシぢゃぁぁぁっっ!!っと宣言しておきまっす♪
    愛読者の皆様にもコトヨロです。
    圭君と共に錦鯉の滝登りとイキましょうっ!!!!!

      引用  返信

  • あけましておめでとうございます。

    年明けとともに、圭くんの復帰が間近に感じられるようになり、すでにウズウズしています。今年もよろしくお願いします!

      引用  返信

  • あけましておめでとうございます。

    圭君の復帰を話題にできる日々で年末から嬉しく思っています。
    昨年は一年のほとんどが圭君の試合の無い中ブログ更新ありがとうございました。

    今年もどうぞよろしくお願いします。

      引用  返信

  • 明けましておめでとうございます。鼻血さんそして錦鯉の皆様今年は、wkwkdkdkの年になりそうですね。元日は、晴天です。

      引用  返信

  • あけましておめでとうございます。
    昨年は圭くんの試合を観る機会はほとんどありませんでしたが
    圭くんのことを応援し続けられたのは、ひとえに団長さんの
    惹きつけてやまないこのブログのおかげです。
    専門的なテニスの技術論であるとか、沢山の圭くん情報、楽しい企画、笑えるネタまで、本当に心から楽しませていただきました。
    そして心暖かい鼻血ファミリーの皆様にもお礼を申し上げたいです。

    今年もよろしくお願いいたします。
    心躍る1年になりますように!!!

      引用  返信

  • あけましておめでとうございますo(_ _*)o
    昨年は、団長のブログおかげで、
    圭君の休養中が、あっ、という間に
    過ぎた気がします。
    今年もよろしくお願いします!!

    ☆テニスジャパンに選手の寄せ書きがありました。
    以下、圭くんのコメントです。☆

    あけましておめでとうございます。
    去年は怪我で苦悩した1年でしたが、
    怪我も治り復帰も近いので、
    今年は去年の分まで頑張りたいと思います。
    応援よろしくお願いします!!!

    錦織圭

      引用  返信

  • 圭賀新年。

    いよいよ錦織選手の新しい年が始動しました。
    ほ・ん・と・に・待ち遠しかったですね~。
    昨年は鼻血ブログ、大変お世話になりました。
    コートでの姿を見ることができない間も、このブログのおかげで、錦織選手を身近に感じて共に戦っているような気持ちでいることができたし、彼を応援する錦鯉の皆さん同士の連帯感もぐっと高まったような気がします。(オレ、コメントあまりしてないけど、、、)

    団長さん&錦鯉の皆さん、今年もよろしくお願いします。

     今年はなんだか、鼻血まみれになりそうな予感がする、、、。
     あると思います!

      引用  返信

  • あけましておめでとうございます。
    jijiです。まだ生きていました。
    久しぶりに書き込みさせていただきます。

    本日、朝日新聞の別刷りのスポーツコーナーに記事が
    掲載されていましたので、うれしくなりご紹介させて
    いただきます。
    (団長のところも朝日だったと記憶しておりますが、
     著作権にふれるとのご判断でしたらご面倒ですが、削除をお願いします。)

    題 ヒーローたちのヒーロー
    ~あこがれた あの背中~
    初めて見た国際大会は2009年のジャパンオープン。
    予測不能な技ありのショットを連発するヒシャム・アラジ
    (モロッコ)にひきつけられた。「見ていて楽しくて、あんな
    プレーがしたいなって」
    以降も「うまいな、と思うショットを持つ選手を好きになっては、
    これは自分も使えるかなとまねしてやっていましたね。」
    日本選手では珍しい、遊び心にありふれた多彩なラケット
    さばきのルーツはこんな少年時代にあった。
    13歳で米国にテニス留学して3年目、究極のあこがれと出会う。
    ジュニアの部に初出場した05年のウィンブルドン選手権で見た
    ロジャー・フェデラー(スイス)。「ミスなくどんなショットも
    打てる。神みたいな存在でした」
    07年春、マイアミで行われた大会前の練習で、初めて打ち合った。
    「初対面の印象はすごく柔らかかった。試合中の集中した雰囲気と
    のギャップがまたすごいなと」。笑顔の王者と並んだ記念写真は
    今も宝物だ。
    「フェデラーのようなプレーヤーになりたい」。同年秋、
    プロ転向時の記者会見で口にした思いを胸に、力をつけてきた。
    08年、ラファエル・ナダル(スペイン)に善戦し、全米では
    世界4位を倒したが、4大大会で歴代1位の15回優勝を誇る
    フェデラーとの対戦はまだない。
    「対戦したらどんな駆け引きができるのか楽しみ。
    早くやってみたいですね」。
    右ひじ手術、リハビリからの復活にかける今年、
    あこがれの人との初対戦は大きな夢の一つだ。

    with 錦織の写真とフェデラーの写真。
    他の選手は楽天岩熊投手。水泳古賀選手。

    昨年は今年もっとも期待するアスリートはというアンケート
    結果が掲載され、1位 イチロー198票、2位 錦織圭 193票
    (うろ覚え 汗)という内容でした。
    今年こそはと過度の期待は重荷になるかもしれませんが、
    日本中がイチローと同じくらい熱狂するような活躍の
    年にしてもらいたいと願ってやみません。

    PS)決して左よりの考えを持ってはいませんが、朝日系列
    (朝日、日刊スポーツ)は錦織圭の話題を多く取り上げて
    くれているようで、紙面にも期待です。
    念のため、朝日新聞の関係者でないことを申し添えます。

      引用  返信

  • 実は喪中だったのであけましておめでとうございますとは言えないのですが、皆様ありがたいお言葉をありがとうございました。
    1つ1つのコメントが励みになっており、ブログを続ける原動力となっております。
    今年もよろしくお願いいたします。

      引用  返信

  • 団長、皆様、明けましておめでとうございます。

    日本テニス史上初と言ってもいい大天才・錦織選手、フィジカルの耐久力という思わぬ関門で遠回りしましたが、返ってそれは早い時期に遭遇し、乗り越えたほうが良かったとも思われます。
    今のところまだ未完の大器ですが、一生かなわぬと思っていた我々の夢を実現してくれる充二分な才能を持っているはずです。
    フィギュアスケートの浅田真央同様、同じ時期に同じ国に生まれた幸せを噛み締められる存在だと思っています。

    本年も、よろしくお願い致します。

      引用  返信

  • 団長さん、錦鯉の皆さん、昨年は色々と楽しませて頂き、ありがとうございました。
    今年もよろしくお願いします!

    圭君復帰についての記事や、本人の言葉、ガオラの再放送など、最近、うれしい話題が多くてヒジョーに楽しみになってきました。
    その日がくるまで、もう少しですね。

      引用  返信

  • あけましておめでとうございます!

    今年は圭君をはじめ皆様にハッピーが舞い飛びますように!

    頑張りましょう!!!!

    今年も宜しくお願いいたします!!

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。