返信先: 錦織のサーブについて

ホーム フォーラム 鼻血ブログラボ 錦織のサーブについて 返信先: 錦織のサーブについて

#34606
たくや

    錦織のサーブですが、こうすればよくなる!ではなく、来期恐らくかなり良くなるのではないかと思っています。

    錦織はストロークが今季上半身が柔らかくなったことにより、すごくよくなりました。そしてその柔らかい上半身を使いこなすのは非常に難しく、ワウリンカも上半身が柔らかくなった2012年から2年ほどかかって、使いこなせるようになりました。去年のスランプのあたりから錦織は柔らかくなってきたのですが、そうなると感覚が変わってしまうので、スランプにも影響したと思います。

    話は飛んで、今年の後半、ツアーファイナルあたりからかなり自分の身体が他の人と違うことに気づいたような感じがしました、腕を意識して柔らかく振るようにして、相手のタイミングをずらして打つようになっていました。テニスコートは意外と狭いですから、タイミングを外して相手の守備をしにくくしないと、追い付かれてしまいますが、タイミングを外せば、相手はいつ動き出せばいいかわからず、コートをほんとの意味で広く使うことができます。
    自分が他の選手と違うと気づいたからこそ、ジョコビッチに惨敗した後でも「3位、4位になる力はある」と言ったのだと思います。
    そしてiptlのプレーで、自分は本当に強くなっていると、今一度再確認できたんだと思います。

    さて前置きは長くなりまして、サーブですがこれは、脇腹を痛めていたトロントでも思ったんですが、腕をゆっくり振るのに合わせて、体をいたわるように打ったほうが、タイミングが合っていいサーブが打ててました。

    先程言ったように錦織は他の人と身体(上半身)が違うと自覚できたはずで、エキシビションで大阪なおみちゃんに打ってたあたり、その自覚があってかすごいバランスのいいフォームで打ててました
    それは、ストロークと同じで柔らかい上半身に合わせて、下半身がそれにタイミングを合わせるという意識で打ってたと思います。
    以前は柔らかい腕に対し、全身を速く動かそうとして、腰から体幹から下だけが速く動いてしまって、肋骨と肩と腕は柔らかすぎて宙ぶらりんで、手打ちのようになっていました。なので、ただでさえ身長が低い錦織が、ひどいときは本当にひどいサーブになってしまっていました。

    ストロークのいい感覚と同じで打てば不思議とバランスがよくなると思ったんじゃないでしょうか

    長いと思った人はここから先を読んでください

    今のサーブは錦織の柔らかい腕から出たラケットがいったんボールに接地して、そこから比較的長い時間ボールをとらえ、十分加速させて、ボールを打ち出すことができます。

    力積の法則で
    「エネルギー=力×ラケットがボールに接地してる時間」で割り出せるので、より長くボールをとらえている時間が長いほど、スピードが出るという話です。
    そしてバランスがいいのでコントロールもいいです

    さらにこれが一番大事ですが、錦織選手のサーブはそれでもスピードは195までしか出ていませんでした。ということは、ラケットの振る速さが以前よりゆっくりになっているということです。錦織の身体がゴムのようにボールをとらえ、ボールを打つと、そのあとにラケットは逆にエネルギーがなくなります。そしてボールは早く、ラケットはゆっくりになります
    これはいわゆるコースが読めないサーブになります。
    皆さんボールがこっちに向かってきているときに、まだラケットを敵が振り終わっていなかったらどうでしょうか?すごくコースがわかりにくくないでしょうか?サーブの振りが、まだ他の選手よりも3分の2しか振り終わってなければ、それだけ情報が少なく、どっちに打つかわかりません。しかも、そのふりが遅くなっているのです。速度差により、ボールとラケットを同時に、何となくセットで認識するのは至難の業です。普通はその二つの全体像を見て判断しますが、ボールだけで判断しなきゃいけなくなります。iptlでベルディヒに150ぐらいのボディサーブを打って、ベルディヒの身体に当たったのは、ボールの来るタイミングが思ったよりも早くきたのでしょう。こういうサーブを打てるのは、錦織、ワウリンカあたりの限られた柔らかい上体を持った人しかいません

    当然ラケットが打った後にゆっくりになれば、身体のバランスがより崩れないです。
    「最終的に」崩れないんですが、それが打ちだす前のフォームバランスに関係するので、ボールにも影響します

    もしこれから、スピードを出すとしたら、トスアップの時の膝でジャンプするのをやめて、体幹を前傾させてそのパワーを伝えればいいと思います。
    しかし、このままでも相手にわかりずらい、非常にとりにくいサーブになると思います