ハイレベルな試合の末、姉妹対決は姉ビーナスが制す

The Championships, Wimbledon 2008
Ladies’ Singles Final
V. Williams def. S. Williams, 7-5,6-4

ハイレベルな戦いでした。

今までの姉妹対決の中では一番楽しめました。

確かに姉妹でグランドスラムの決勝を争うということに対しては複雑な感情もあるでしょう。

昔は姉が遠慮しているとか、今度は○○が勝つ順番だとかいろいろ言われていました。

少なくとも今回はプレーを見る限り2人とも全力で戦い、見ごたえがありました。

セレナは勝ちたい気持ちがやや空回りしているように見えました。

序盤はすばらしいプレーの連続で、抜群のコートカバーを誇るヴィーナスがボールに追いつけない。

セレナはどんなところからでもハードヒットして、しかもそれが入っていました。

それが最後まで続けばセレナの勝利だったのですが、あまりに最初から飛ばしすぎたのではないでしょうか。

ヴィーナスはリードされても自分のプレーを淡々と行っていました。あれだけ激しく攻められ続けたら、数少ない自分のチャンスボールが来たときに「決めなければ」という気持ちが先に来てミスをしてしまったり、ボールが甘くなったりするものですが、

ヴィーナスはポーカーフェイスで確実にボールをとらえていました。

1stセット1-3ダウンのとき、バックのクロスを強打してアプローチ、セレナがその球にようやく追いついた態勢からストレートに鋭いパス。決まったかに思わましたがヴィーナスが鮮やかにクロスのアングルにローボレー。

ここでスコアを離されずについていったことがヴィーナスの勝因の一つだと思います。

私が学生の時、「自分の最後の武器は4-4まで取っておくんだ」と教えられたことを思い出しました。

最初から自分の駒を全部出してしまったセレナは、リードを広げることに失敗すると徐々に失速していきました。

ヴィーナスは最初から最後まで安定して力を発揮し、5度目の栄冠。

偉大な「グラスマスター」の一人に数えていいと思います。

2 件のコメント

  • ダブルスも勝ちましたね、この姉妹は強いです。

    日本だとあまり人気ないようですが、本国ではちゃんと評価されているらしいですよ。
    一時期はなんだかんだ言われていたそうですけどね。

    この姉妹はウイルソンにラケットを依頼するとき、とにかく
    パワーのあるラケットを要求してくるらしいです。
    「それをコントロールするのは私達の仕事。あなた達の仕事は
    よりパワーの出るラケットを私達の前に持ってくることよ。」
    と、いったところでしょうか。(怖い)

    そして驚いたことに特注(カスタマイズ)されたモノではなく
    一般に出回っているスペックのまま使用しているらしいのです。

    自分が同じラケット使ってもあそこまで速いSVやSTは
    打てないと思うとやっぱ凄ぇンだなと素直に思ってしまいます。
    個人的に好き嫌いはあるでしょうが、あの素晴らしい才能と能力は
    評価してあげて欲しいですね。

      引用  返信

  • おもしろい決勝でした!
    昔、ウィルソンの広告で「ウィルソンの最強の敵ははウィルソン」と言ってましたが、まさにそんなかんじでした。ビーナスの200キロを超える男子並みのサーブもすごいですが、姉妹は意外とボレーもうまかったりしますよね。
    エナンとクライシュテルス、ヒンギスの引退でがっくりきていた女子テニスですが、この二人が復活してくれたおかげてこれからも楽しめそうです。だれが姉妹を苦しめられるのか、興味いっぱいです。
    ビーナスはもう28歳。姉妹のキャリアはもうそう長くはないでしょうから、これから堪能したいと思います。

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。