寄稿:kinopikoさん楽天オープン2日目観戦記

読者のkinopikoさんが、楽天オープン2日目の観戦レポートを送ってくださいましたので、紹介させていただきます。

kinopikoさん、ありがとうございました!


2日目雨模様、9時に会場に入りました。

コートでは鈴木貴男と伊藤竜馬が練習中。

席はコートサイドの2列目です。

迫力があります。

「あーあ、去年は圭君が練習していたのにな~」と、しばし感傷に浸る。

しばらくしてヒューイットが入って来ました。

誰と練習するのかな~と思っていたら

真黄色のTシャツを着たキリン!いやデルポ様が登場。

先に待っていたヒューイットの前をどんな顔して通るのかしら・・と凝視してたら

ベンチ前に立っていたヒューイットがラケットを持ってはにかみながら挨拶。

先輩を待たせるなんて!と思ってしまいましたが、やっぱり実力の世界なのね~と妙に納得。

後にわかったことですが、デルポのアイドルはずっとヒューイットなんだそうです。

とにかくデルポの大きさに圧倒、ネットがすごーく低く感じました。

そしてボールの音がダントツに違いました。

1試合目は伊達公子御大。

女子に興味がなくなにげに見ていたけど、思った以上にボールが早い、ネットすれすれ、機敏なフットワーク

39歳でこれはやっぱり感動してしまいました。

その後、新人賞のセレモニーに圭君が登場。

何気にパーマのかかった髪が「大泉洋」化していた。

多くのフラッシュにいつものハニカミスマイル連発でした。

ここで個人的な意見。

脱パーマ、脱ネックレス!!

素朴な圭君が好きです。

2試合目、ヒューイットvs伊藤竜馬

2セット目に入ってからは伊藤竜馬の健闘が光りました。

生「カモ~ン!!」が聞けて感動。

何だか一生懸命なヒューイットが好きになりました。

途中圭君が関係者席に登場。私のすぐ近くに来ました。

松岡修造なめの圭君を撮りたかったのですが、無理でした。

珍しいメガネ姿にはやられました。

圭君は伊藤、添田の試合を観戦してましたが、終始落ち着きが無く、携帯?かなにかをいじっていました。

これはゲームイベントの時もそう、じっとしていられないんだな~と感じました。

飽きちゃうから同じ練習を続けられないと何かで読んだことがあります。

でもこの姿勢があのバラエティに富んだプレイにつながるんだと妙に納得。

デルポの試合中に抜け出して圭君のイベントを見に行きました。

デルポは鼻水をズルズル、ラリーの後は息がゼイゼイしていたのでもしや風邪?とすぐにわかりました。

案の定負けてしまいました。

圭君、フェデラー、マリーの欠場にデルポの1回戦敗退、呪われた楽天と思ったのは私だけじゃないはず。

イベントの模様はレポ済みですね?私は写真を数枚撮りました。

手が届きそうな所に圭君が!!

でも早くコートでの圭君のプレイが見たいな~と痛切に思いました。

きっと圭君自身が一番思っているんでしょうね・・。

ちなみに圭ママ圭パパも来ていました。

化粧をして正装していたママはやっぱり綺麗!

圭君のルーツここにありっ!って感じでした。

ダンディなパパも、「錦織圭 15-0」著者の神(こう)さんも近くで見れて充実した1日でした。

3 件のコメント

  • kinopikoさん、二列目でまじかに選手たちをみられたこと大変うらやましいです。わたしも決勝はみにいきましたけど、何ヶ月もまえにかったにしてはいい席ではありませんでした。どうしたらそんな席がかえるのか教えてください。来年こそはかぶりつきで圭君や伊達さんをみたいのです。

      引用  返信

  • ヒューイットは竜馬選手よりも小柄でしたね。
    公称180cmですが、おそらく実際には錦織選手と同じくらいではないかと思います。日本人選手の場合、とかく「体格面での不利」を言われますが、ヒューイットを見ていると、体格とパワーに恵まれなくても世界一になれるんだなーと思います。錦織選手にもがんばってほしいですね。

    デルポトロはほんとにヒューイットに憧れてるようですね。ツアー初優勝の時にもインタビューで「僕のアイドルはヒューイット」と言ってました。「試合を最後まであきらめない姿勢、誰よりも真剣にプレイしているところ」に惹かれるんだそうです。

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。