Googleで「鼻血」を検索してみた

すいません。またネタです。

Googleで「鼻血」で検索してみました。当ブログは直接的に鼻血のことは書いてないにも関わらず、何と10位でした。鼻血が出て止め方を検索した人が私のブログを訪問するってこともあり得ますね・・・。

さて検索結果。大半が鼻血そのものを扱ったページです。鼻血の止め方、鼻血と病気、子供の鼻血、etc.・・・

しかしときどき(このブログのように)何じゃそりゃ??ってページがあります。少しそれらのページを紹介してみます。

その1:鼻血が出るほど高センスなWEBデザインサイトギャラリー集まとめ

鼻血が出るほど高センスなWEBデザインサイトギャラリー集まとめ

タイトルの付け方がこのブログと全く同じセンスだったので笑ってしまいましたw

センスのよいWEBデザインのまとめ記事です。

その2:華々しき鼻血

華々しき鼻血 (単行本)
4309265030

絵本?詩集?

とにかく人目を引くタイトルです。まさに「何じゃそりゃ?」って感じで、このブログも「何じゃそりゃ?」って思って訪問してくださる方がいるのだろうな、と思いました。

レビューを見ると結構評価が高いのがまた良いです。読んでみたくなりました。

その3:プリントマスク★鼻血

プリントマスク★鼻血
B002AKEALS

ジョークグッズです。ご覧のように鼻血がデザインされたマスクで、このマスクをつけるとあら不思議。鼻血が出てるように見えます。

こんなのして職場に行ったら首になりそう。

商品説明。

風邪、花粉症、お掃除…そんな時につけてみたら人気者になるかも!? 普通のマスクじゃ物足りない人は必見★ 鼻や口などがプリントされたマスクで一味違うおしゃれ?をしてみよう~ たくさん種類あるから使い分けてみるのもイイんじゃない?

適当です。適当すぎますwww
人気者?おしゃれ?使い分け?
いい味出しすぎです。

その4:pya!鼻血ブー

鼻血ブー(画像)

pya!ってのは「みんなのネタサイト」とのことです。

気持ち良さそうに寝ているワンちゃんの鼻にティッシュが詰め込まれているいたずら写真です。犬かわいい。

その5:「鼻血」のイラスト一覧(pixiv)

「鼻血」のイラスト一覧(pixiv)

こうして見ると、鼻血も芸術だ・・・。

同様のイラスト集は「ピアプロ」にもありました

その6:鼻血姫

鼻血姫

このブログよりもずっと前から「鼻血サイト」を名乗っているらしい。先輩!

その7:鼻血同盟

鼻血同盟

「ここは鼻血好きさんのための同盟です」だそうです。これは・・・入会しないと・・・やっぱりいけないのだろうか・・・。

参加資格の一つ。

「鼻血にドリームを感じる。」

感じます。

■活動内容■
「 鼻血が好きだと主張してみる」

いや、鼻血が好きなわけではなくて錦織を応援していたら熱が入りすぎて鼻血が出てしまうというコンセプトなのですが・・・。
すいません、説明的すぎですよね。はい、入会します。

入会しました。

その8:鼻血会硬式サイト

鼻血同盟の次は鼻血会です・・・しかも公式じゃなくて敢えて「硬式」です。ひょっとして軟式もあるのでしょうか?

しかし、この調子だと鼻血党とか鼻血同好会くらいは余裕で出てきそう。

この会、「世界征服を目論む」ということですがなぜかWEB関連の技術解説を盛んにやっているようです。

その9:鼻血Tシャツ

世の中には「鼻血Tシャツ」というものが結構あるらしいです・・・これは一つのジャンルと言ってもよいのでは。

鼻血Tシャツ イエロー (ARTIST DELI SHOPPING)

鼻血Tシャツ (シバノ雑貨)

鼻血Tシャツ&鼻血グッズ (UPSOLD.COM)
「『木更津キャッツアイ』でぶっさんが着てた」ですと!?

ローカルセレブリティ レディスTシャツ Cocaine Blows (Walker Store)

鼻血Tシャツ (プーペガール)

いやー、鼻血もいろいろ。人生もいろいろですね。

1 個のコメント

  • 以前、お気に入りに登録していなかった頃、
    携帯にも登録してなかった頃、
    今日も見ようと探そうとして「錦織圭 鼻血」と
    入れて検索していました。

    鼻血の世界も深いわけですね。

    うぅむ。

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。