ランキング試算(2014年8月4日付)

錦織選手のランキング関連データ 7月28日現在
現在ポイント 2780 本年の対戦成績 32勝8敗
現在ランキング 11位(-0)
本年記録 年初 17位 最高位 9位 最低位 21位
生涯最高位 9位(2014.5.12) 生涯最高ポイント 2860(2014.5.12)
トップテン在位週間 3  継続週間 3
現在レースポイント  2405  9位(0)
現在8位の選手とそのポイント  Del Potro, Juan Martin (ARG) 3360
現在10位の選手とそのポイント  Murray, Andy (GBR) 3040
現在12位の選手とそのポイント  Isner, John (USA) 2690

今週はWashingtonの500大会、Kitzbühelの250大会です。
今週の結果はCincinnatiのシード順になります。
Washington大会は第4シードで参戦し、2回戦からです。

4日付けポイントは 現在点2780-失効点0=基礎点2780 ベスト18点 90です。

基礎点  2780
2回戦敗退 2780 (+0点) (Querrey o Russell)最高で11位があります。
3回戦敗退 2780 (+0点 45-90<0) (-)最高で11位があります。
準々決勝  2780 (+0点 90-90=0) (Gasquet)最高で11位があります。
準決勝  2870 (+90点 180-90=90) (Berdych)最高で10位があります。
準優勝 2990 (+210点 300-90=210) (Raonic)10位があります。
優勝  3190 (+410点 500-90=410) 8位があります。
今週の参戦者中順位を脅かす人はIsnerの優勝だけです。
最低でもシードを守り加点が得られるまで勝ち、生涯最高ポイント達成して欲しい。
決勝進出で確実にトップテン返り咲きです。
何とか優勝してRaonicとの差を縮めたいものです。

錦織選手の消化ゲーム数 0
勝ち残り 錦織選手より上位選手  2
     錦織選手        1
     錦織選手より下位選手  - 
現在の錦織選手(2780)を次勝って超える選手 0
    優勝で超える選手 - Isner

トップについて   注)この部分日本時間 7.29 20:00 修正しました。
参戦者はBerdych、Raonic、そして錦織選手です。
・Berdychはどんな成績でも5位キープです。
・Raonicは決勝進出で6位があります。
・Nishikoriは準優勝で10位で、優勝で生涯最高位8位があります。
 そしてIsnerが決勝に届かない時点11位以上確定です。

5 Berdych 4410 △
6 Ferrer 4085 ○
7 Raonic 3920 △
8 Dimitrov 3180 ○
9 Murray 3040 ○
10 Del Potro 2860 ○
11 Nishikori 2780 △
12 Gulbis 2680 ○
13 Isner 2435 △
14 Gasquet 2370 △

錦織選手の参戦予定(の想像)

※大会開始日、開催地、カテゴリー、ドロー数、エントリー状況の順です。
(GS:グランドスラム、MS:マスターズシリーズ、500:ATP500、
 250:ATP250、DA:ダイレクトアクセプタンス)

北米シリーズ 基本 Hard
8.04 Toronto MS 56Draw DA
8.10 Cincinnati MS 56Draw DA (全米のシード順)
8.17 Winston-Salem 48Draw エントリー無し、カリフォルニアで訓練。
8.25 US Open GS 128Draw DA

[参考] 2014.7.28
レースランキング
1 Djokovic 7,250
2 Nadal 6,645
3 Federer 4,560
4 Wawrinka 4,095
5 Berdych 3,050
6 Dimitrov 2,785
7 Ferrer 2,665
8 Murray  2,435
9 Nishikori 2,405
10 Gulbis 2,265
11 Raonic 2205

日本人ランキング ・・・・
11 Nishikori, Kei 2,780
115 Soeda, Go 519
128 Ito, Tatsuma 478
131 Sugita, Yuichi 459
150 Moriya, Hiroki 383
192 Daniel, Taro 264
243 Uchiyama, Yasutaka 202
251 Nishioka, Yoshihito 192
356 Sekiguchi, Shuichi 123
362 Matsui, Toshihide 119

28 件のコメント

  • デルポトロ選手の失効ポイントが今後どの様に推移していくのか、気になるところですね。

      引用  返信

  • おっしゃる通り、今週は500点マイナスで、2860点ですから、加点が得られる準決勝進出で10点上に行きます。緒戦からしっかり勝ち上がって、Gasquetには是非勝って欲しい。そしてRaonicより勝ち残って欲しい。

      引用  返信

  • ケイメヒコさん、ありがとうございます。
    なるほど、準決勝まで進むとデルポを抜いて10位に上がり、優勝すると、マレーを抜いて9位に上がるという事ですね。

      引用  返信

  • 省略で良いだろうとしていたリストを追加し、それによってRaonicの間違いに気がつきましたので記事を修正しました。済みません。

      引用  返信

  • いつもありがとうございます。
    生涯最高8位かあ、頑張ってほしいです!

    Twitterに練習風景やファンの方(?)との写真など色々アップされてますね。
    マンUの公式ツイートにはベルディヒと一緒のも。

      引用  返信

  • 上のコメントでkazuさんも間接的に指摘されてますが、Dimitrovのポイントは3270で、今週は最高でも9位ではないでしょうか?確認のほどよろしくお願いします。

      引用  返信

  • とらきちさん

    最高8位で間違いないと思います。ケイメヒコさんが5位から14位の基礎点を書いてあります。ここでいう基礎点とは今週のptから来週失うptを引いた点のことです。

    ディミトロフの場合
    3270 – 90 = 3180

    マレーの場合
    3040 – 0 = 3040

    デルポトロの場合
    3360 – 500 = 2860

    錦織の場合
    2780 – 0 = 2780

    つまり錦織が優勝した場合基礎点が500pt未満の差の選手を抜く可能性があります。
    そしてマレーとディミトロフは今週不参戦で、デルポトロは長期離脱しているので、この3人を確実に抜きます。
    ラオニッチを抜くのは優勝しても不可能で、下からも抜かれることはないので優勝すれば8位確定だと思います。

      引用  返信

  • 上記で500pt未満の差と書きましたがベスト18点のことを考慮してなかったので
    正確には410pt未満の差でした。失礼しました。

    しかし結果的にはわずか10pt差ですが優勝すればディミトロフを抜くので8位確定は変わらないと思います。

      引用  返信

  • マンUが来てるなら錦織と香川の同い年対談をセットしてくれないかな……。

      引用  返信

  • 横から失礼しますが・・・

    DimitrovはWashingtonの90ptがDropしても、替わりにBaselの90ptがCountされるので
    基礎点は3270ptで変わらないと思いますよ~。

      引用  返信

  • entry締切後のwithdrawなので0-pointerが付くかどうかですね。
    いまいち500のペナルティーの運用はわかりません。

      引用  返信

  • すいません、少し説明が不足していました。

    確かにエントリー締め切り後ですので0-pointerがつく可能性はあると思います。匿名さん、ありがとうございます。

    私の中ではすでに今期のDimitrovはRotterdam、Dubai、Montecalro、Queens(今年は500カウント扱い)ですでに4つ消化しているので、年末義務を除けば500の消化は問題ないものとみていました。
    そのため、先のsmkさんと同様0-pointerはつかず、Baselの90Pが置き換わると考えていました。

    ですがエントリー締め切り後については考えが及んでいませんでした。

    >かみやんさん
    Dimitrovが3270の場合、今週の錦織の最高は2780+500-90(現在のベスト18)=3190で届かないのではないでしょうか?

      引用  返信

  • すいません、DubaiではなくAcapulcoでした。あとMontecarloが正しいスペルです。訂正します。

      引用  返信

  • 確かに、500大会の0-pointerの適用の判断はとても難しいです。今年当初多くの0-Pointerが取り消されたことがあり、今までATPの記録員の裁量によって変化がありすぎます。その場合付されないで良いものに付されていました。
    しかし、今回のDimitrovの場合、Draw後の参戦辞退だと思われます。LIVEのセレモニーを見ていないので状況からの推測に過ぎませんが、シード順は残ったままです。16番目として17番目のBenneteauがシードに繰り上がりました。もし、Dimitrovの辞退が何の問題も無い場合は錦織選手のシードは(3)になっているはずと思うのです。
    ですから、わたしは今回の場合は0-Pointerは付されるものと思い試算を進めました。
    試算する場合、自分の判断で決めて行わないと先に進めません。もし、付されない場合、今回の試算はATPの公式と合わなくなります。がそれは仕方がありません。
    ただ、1年に1度だけ条件が合うとその後の記録と0-Pointerを置き換えられる?とかいう条項も有るとか無いとか?この場合でも0-Pointerは優先カウントですから今までカウントされていた分と置き換わるはずです。
    Draw用最終リストも今回の場合、米国東時間ですので、時間差の問題はないと思います。今回は明らかにDraw後の参戦辞退だと思われます。そして、Dimitrovに今回0-Pointerが付されないなら何のためのペナルティ項目なのか?はなはだ疑問ですね。250大会と同じ様に500大会も罰金ペナルティだけにして、ランキングペナルティ無しにした方がスッキリすると思います。500大会のエントリー申請後の参戦辞退者を出さないためのランキングペナルティですから、エントリーは自動で決まるMS,GSと同じペナルティとするか、あるいはエントリー締切後2週間以内の辞退はノーペナルティ、それ以後はペナルティとした方が分かりやすい。

      引用  返信

  • なるほど。
    ペナルティまでは考慮外でした。勉強不足です。むむむ。

    優勝でランキング8位になって、Cincinnatiが1R-BYEになれたら最高ですね^^

    ひとまず、明朝のQuerrey戦をライスト応援します!

      引用  返信

  • 29日のコメント  日本時間30日 11:30

    2回戦の相手が Querrey と決まりました。

    4日付け  29日現在 2780 11位 38勝8敗  2405 9位

    2回戦敗退 2780 (+0点) (Querrey)最高で11位があります。
    3回戦敗退 2780 (+0点 45-90<0) ( – )最高で11位があります。
    準々決勝  2780 (+0点 90-90=0) (Gasquet)最高で11位があります。
    準決勝  2870 (+90点 180-90=90) (Berdych)最高で10位があります。
    準優勝 2990 (+210点 300-90=210) (Raonic)10位があります。
    優勝  3190 (+410点 500-90=410) 8位があります。

    錦織選手の消化ゲーム数 0
    勝ち残り 錦織選手より上位選手  2
         錦織選手        1
         錦織選手より下位選手  - 
    現在の錦織選手(2780)を次勝って超える選手 0
        優勝で超える選手 - Isner

    ですから、現在12位を確保していると言えます。

    5 Berdych 4410 △ 次2回戦( Ginepri ) +0 (45-150)
    6 Ferrer 4085 ○
    7 Raonic 3920 △ 次2回戦( Sock ) +0 (45-45)
    8 Dimitrov 3180 ○
    9 Murray 3040 ○
    10 Del Potro 2860 ○
    11 Nishikori 2780 △ 次2回戦( Querrey ) +0 (45-90)
    12 Gulbis 2680 ○
    13 Isner 2435 △ 次2回戦 ( Johnson ) +0 (45-45)
    14 Gasquet 2370 △ 次2回戦 ( Sela ) +0 (45-90)

      引用  返信

  • ケイメヒコさん

    詳しい解説ありがとうございました。
    ということは、十分8位の可能性もありますね(まだ分かりませんが)。

    それにしても分かりにくいルールですね。今回の結果がどのように出るのか注目です。

      引用  返信

  • 500大会の参戦義務4大会は、今年の場合まだ誰も満たしていません、年間シード選手は今までに2大会以上参戦していないとWashingtonで0-pointerが付きます。でもそれだけではありません。それは全米後の4つの500大会の内どれかに、参戦しないで終わった場合4大会の不足数だけ0-pointerが付きます。

    今回の0-Pointerの場合、この参戦義務数と別問題です。

      引用  返信

  • ケイメヒコさん、とらきちさん、いつも詳しく解説ありがとうございます。
    しかし、いつまで経っても自分で計算はできませんww
    シンシナティで8番シードがもらえるならトロントは無理したくないですが、結果が出るのは8月4日。
    とにかくこの大会は優勝目指してがんばれ!
    その先にきっと朗報が待ってる!

      引用  返信

  • 30日のコメント  日本時間31日 14:20

    Isnerが負けてました。何と思っても無い早い敗退です。
    これで下位者に超される事は無くなりました。でもしっかり上を向いて行きましょう。
    明日は8時からの2試合目で最終試合です。

    4日付け  30日現在 2780 11位 33勝8敗  2430 9位

    3回戦敗退 2780 (+0点 45-90<0) (Lacko)11位があります。
    準々決勝  2780 (+0点 90-90=0) (Gasquet)11位があります。
    準決勝  2870 (+90点 180-90=90) (Berdych)10位があります。
    準優勝 2990 (+210点 300-90=210) (Raonic)10位があります。
    優勝  3190 (+410点 500-90=410) 8位があります。

    錦織選手の消化ゲーム数 32
    勝ち残り 錦織選手より上位選手  2
         錦織選手        1
         錦織選手より下位選手  - 

    5 Berdych 4410 △ 次3回戦( Pospisil ) +0 (90-150)
    6 Ferrer 4085 ○
    7 Raonic 3920 △ 次3回戦( Hewitt ) +45 (90-45)
    8 Dimitrov 3180 ○
    9 Murray 3040 ○
    10 Del Potro 2860 ○
    11 Nishikori 2780 △ 次3回戦( Lacko ) +0 (90-90)
    12 Gulbis 2680 ○
    13 Isner 2435 ○
    14 Gasquet 2370 △ 次3回戦 ( Smyczek ) +0 (90-90)

      引用  返信

  • 勝ちましたね!
    これで、レースランキングはMurrayより上に?

      引用  返信

  • Nadalの欠場が発表されたので、優勝すればディミとの位置関係に関わらずシンシナティは#8シード確定ですね。

    八神庵さん
    レースランキングではデルレイの20pがベスト18相当なので、ギリギリ5p届きません。

      引用  返信

  • すいません、#8シード以上という意味です。誤解のないように訂正します。

      引用  返信

  • とらきちさん、ありがとうございます☆

    …と思ったら、Isnerが撃墜されてる!Σ(・。・:)

      引用  返信

  • 31日のコメント  日本時間 1日 13:10

    やっと勝てたって言う感じかな。レースは8位になりました。
    明日はGasquet、ナイトセッション(午後7時)の第1試合。苦手意識を持たず、是非とも勝ってトップテンに戻りましょう。

    4日付け  31日現在 2780 11位 33勝8敗  2475 8位

    準々決勝  2780 (+0点 90-90=0) (Gasquet)11位があります。
    準決勝  2870 (+90点 180-90=90) ( - )10位があります。
    準優勝 2990 (+210点 300-90=210) (Raonic)10位があります。
    優勝  3190 (+410点 500-90=410) 8位があります。

    錦織選手の消化ゲーム数 57
    勝ち残り 錦織選手より上位選手  1
         錦織選手        1
         錦織選手より下位選手  - 

    5 Berdych 4410 ○
    6 Ferrer 4085 ○
    7 Raonic 3965 △ 次3回戦( Hewitt ) +90 (180-90)
    8 Dimitrov 3180 ○
    9 Murray 3040 ○
    10 Del Potro 2860 ○
    11 Nishikori 2780 △ 次3回戦( Gasquet ) +90 (180-90)
    12 Gulbis 2680 ○
    13 Isner 2435 ○
    14 Gasquet 2370 △ 次3回戦 ( Nishikori ) +90 (180-90)

      引用  返信

  • 1日のコメント  日本時間 2日 09:50

    練習時に負った右足首捻挫が痛々しかった。
    次の2週連続MSとスケジュールが厳しいけど、足の回復を少しでも良い状態に戻して欲しいです。
    残念なのはまたRaonicが決勝に進めばレースでも抜かれてしまうことです。
    Gasquetが優勝すると2780で並びますが、GSMSの点数で上のままです。

    4日付け  1日現在 2780 11位 34勝9敗  2475 8位

    準々決勝  2780 (+0点 90-90=0) (Gasquet)11位があります。

    錦織選手の消化ゲーム数 74
    勝ち残り 錦織選手より上位選手  1
         錦織選手        0
         錦織選手より下位選手  - 

    5 Berdych 4410 ○
    6 Ferrer 4085 ○
    7 Raonic 3965 △ 次準決勝( Young ) +120 (300-180)
    8 Dimitrov 3180 ○
    9 Murray 3040 ○
    10 Del Potro 2860 ○
    11 Nishikori 2780 ○
    12 Gulbis 2680 ○
    13 Isner 2435 ○
    14 Gasquet 2370 △ 次準決勝 ( – ) +120 (300-180)

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください