【速報】錦織圭、本日2試合目もストレート勝ち(2010イーストボーン予選2R)

2010 Eastbourne (Aegon International)
Qualifying 2nd Round

Kei  Nishikori def. Nick Cavaday, 6-1,6-4

54分という超特急の試合で予選決勝進出です。

ポイント推移

SET1
G1圭○○×○×○
G2カ○×(○×)○×○○
G3圭×(○×○○)○
G4カ○○○○
G5圭○○×○○
G6カ××○○××
G7圭(×○○)○○ 圭6-1

SET2
G1カ○××(××)
G2圭×○×(○×)○○○
G3カ×○×○○○
G4圭○○×(×○)○
G5カ××××
G6圭○○○○
G7カ×○○○○
G8圭××××
G9カ×○××○×
G10圭○○×(×○)○ 圭6-4

ご覧のように終始リードして圧倒しているのですが、2ndセットの第8ゲーム、ずっと悩まされている「突然ブレイクされる症」が出てしまったことは気がかりです。

今回のように前のサービスゲームは簡単に取っていながら、いきなりポンポンポンと取られてしまうことがあります。

サーブが弱いと言われる錦織ですが、スピードは190km台が良く出ています。この試合も1stサーブの確率は80%と高いものでした。

それにも関らずサーブを落としてしまうのは、安定感だったりここ一番でのサーブの入りだったり、数字に出てこないところでしょう。

ビッグサーバーは競った場面、ピンチ、ポイントが絶対に欲しい場面、ですごいサーブを入れてきます。

また常にサーブは武器です。対戦相手から見ると、常に気を抜けない状況になります。

錦織の場合はいいサーブを打つ時もあれば、突然入らなくなったり甘くなったりします。対戦相手から見ると、つけいる隙があるように思えるのではないでしょうか。

クイーンズのガスケは間違いなく「ビッグサーバー」でした。スピードはそれほど変わらなかったと思いますが、勝負所でのコース、確率、曲がり方が違いました。錦織も、ガスケのようなサーブの組立てができるようになると、今よりもっと楽に勝てるようになると思いますし、それは不可能ではないと思います。

1000位以下の選手にちょっと手こずっている印象もありますが、ちゃんとストレートで2試合勝ちました。1日2試合は本当にきつかったと思います。

ポイントも6ポイント獲得しましたし、良い日でした。明日の予選決勝もぜひ勝って芝の経験を積んで欲しいと思います。

15 件のコメント

  • 団長、掲示板で応援の皆様、2試合の観戦、大変お疲れさまでした!
    さすがにくたくたです^^;
    圭もさぞかし疲れたでしょうね>< 芝って、足にきそうだもん。

    ゆっくり身体をケアして、絶対本選にいってほしいですね!
    明日も応援、頑張りましょう!!!

      引用  返信

  • 芝は衝撃は少なそうですが滑ったりするので足への負担は結構ありそうですよね。

    応援フード画像掲載間に合わず、すいませんでした。

      引用  返信

  • こんばんは。
    本日1回戦が終わって呑気に食事に出かけてしまいましたが、
    偶然帰りに電車の中でこのサイトをチェックしたおかげで
    2回戦も携帯でライスコみることが出来ました。
    netdashさんおよび常連のみなさんのおかげです。
    本当にありがとうございます。
    明日も頑張ってほしいですね!!

      引用  返信

  • また楽勝でした。詳しい内容はここではちょっと控えます・・
    しかし、すごいパサーサーブも持ち主でした。
    ってミスタイプ多すぎる・・・アップしてるのは僕じゃないっす(笑。@T Japan

      引用  返信

  • jetさん、↓こちらですよね

    http://tennisjp.cocolog-nifty.com/tennis/2010/06/post-7726.html

    写真ありがとうございます!
    会場の様子や相手選手、こんな感じだったのですね
    ミスタイプ、確かに^^
    jetさんがあわててuぷしてくださったかと思っちゃいました
    それにしてもうらやましすぎる・・・
    次も観戦応援よろしくです。

      引用  返信

  • こんばんは。予選でどうこうはないと思います。というか、怪我でもしないかぎり、得意の芝で苦戦はありえないでしょう。
    サービスについては身長の関係でスピード等は限界があります。ただ、現代テニスではラケットの性能やボールの関係でプロで錦織君くらいのスピードはざらです。どちらかというとコース特に深さを重視しています。錦織君の課題も安定した深さですね。仮にスピードの遅いサーブでも深さのあるサーブなら十分にゲームを組み立てることができます。

      引用  返信

  • ケイメヒコ明日は現地11時30分、コート1です。
    この時間無理です。
    しっかり勝って欲しいです。

      引用  返信

  • jetさん
    レポと写真ありがとうございます。ライスコ観戦だからとても貴重です。

    今日も応援がんばるぞ~

      引用  返信

  •  イーストボーンの本戦ドロー、既に発表されています。

    http://www.atpworldtour.com/posting/2010/741/mds.pdf

     QUALIFIERの4ヶ所は、どこも比較的良いところにあると思い
    ますが、中でもドローNo.13が良さそうですね。
     ここであれば、現実的な目標としてベスト8、あばよくばベスト4
    までを無理なく狙うことができます。

     No.21orNo.22については、2回戦進出の可能性は他より高いと
    いえそうですが、相手にGIMENO-TRAVERがきてしまった場合に限り
    そのメリットは帳消しになると思われます。

     総合的にみて、No.13>No.18>>No.21orNo.22といった感じで
    しょうか?

      引用  返信

  • だんちょう、お陰さまで、二回戦の様子がわかりました。それにしてもたいした体力、気力ですね。
    Jetさん、いい写真ですね。圭くんが1000番台だからって朝飯前だったわけじゃないのがよくわかりました。

      引用  返信

  • jetさん、躍動感いっぱいの写真ありがとうございます!
    3Dじゃないけど、なんだか手が届きそうな感じですw
    本戦ドロー・・・(大好きな)SIMONもでるんですね♪
    故障明けだから心配だけど、WBまでここで調子を上げていって欲しい。
    なので(もっと好きな)圭くんとは決勝で当たってほしい。
    だから、QのNo21,22にはなってほしくない~。
    ・・・ってその前にKUNITSYN戦ですねw
    何食べ尽くそうっかな~難

      引用  返信

  • Wimbledon の Entry Lists の 錦織君のところに
    PRとWCの両方が付いています。両方とも1枚ずつ
    使われることになるのでしょうか?

      引用  返信

  •  本日夜のKUNITSYN戦に向けて、景気付けの話題を1つ。

     来週から始まる全英でWCを与えられ、本戦出場を確定させた
    ことは記憶に新しいかと思います。

     そもそも全英本戦のWCは8枠あるのですが、この時点で発表
    されたのは錦織を末尾とする5人(外国人は3人)までだったので、
    残りの3人については、先週や今週のツアーの結果も踏まえて
    追って発表されるものとばかり思っていました。

     ところが、本日全英のエントリー情報を覗いてみると、残りの
    3枠とも「(WC) not awarded」となっているではありませんか。

    http://www.menstennisforums.com/showthread.php?t=161795

     そんなことがあるものなのか?と思い、過去の全英WCの与え方
    をチェックしたみたところ、全英本戦のWCに限っては、枠一杯の
    8人には与えないケースの方が多いことが分かりました。

     この辺りはお国柄が良く出ていると思います。仮に全仏であれば
    間違いなく自国の選手で埋めてしまっていたところでしょう。
     これは、全英本戦WCの与え方が、よほど厳格な選考基準によっ
    て決められていることを裏付けています。そして、その厳格な選考
    基準に対し、錦織はたった3人の外国人の内の1人に選ばれたので
    す。

     最後の5人目に選ばれた幸運もさることながら、私は日本人と
    して誇りに感じます。

     実は私は、団長からの投稿でも紹介された「ウィンブルドンは
    予選からの方が良かったのでは?」とコメントした張本人なのです
    が、イーストボーンに出場できている今から思えば、本戦出場を
    賭けて芝で調整しなければならないのと、本戦出場が担保されて
    芝で調整できるのとでは、雲泥の差があると思っています。

     圭! これらの一連の名誉と幸運を、余すことなく芝のシーズンにぶつけてこい!

      引用  返信

  • > 「突然ブレイクされる症」が出てしまったことは気がかりです。

    XXX病などと命名しない方がいいと思います。
    ネガティブなレッテルを貼ることは、メンタルがとてもパフォーマンスに影響するテニスにおいては、負の作用をもたらす事が多々あるからです。
    ただ単に「サービスゲームの組立てにはまだ改善の余地がある」などと述べても良いのではないでしょうか。

    ブログ保持者のあなたの発言はとても影響を持つと思われます。
    なぜなら錦織くんを応援する者にとっては、このサイトは憩いの場になっていて多くの人達に読まれているからです。
    また、当の本人も記事を目にする機会もあるんではないでしょうか?
    ネガティブな文言が記憶の片隅に残って、試合中に頭をよぎるような事になれば、彼のパフォーマンスにとって不利に働く可能性が高くなると思います。

    netdashさんを批判している訳ではありません。
    錦織くんに対するあなたの応援・サポートは、尊敬に値すると思います。彼を応援する一個人として提案をさせて頂きました。

      引用  返信

  • じゃあこのブログよりもっと多くの人に読まれていて、影響も比べ物にもならくらい大きいスポーツ新聞にも「一発病」って使わせないようにしなきゃ!
    mafaさんもちろん、抗議してくれるんですよね?急いでお願いします。はやくしないとピッチャーがスポーツ新聞読んで泣いちゃうかも!よろしくお願いします。

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。