2017全仏 現地観戦記(その1)

現地観戦の決意

 グランドスラムを観戦した経験は過去2回。全米と全仏でした。ですが、錦織がデビューしてからは海外観戦自体をしておりませんでした。
 以前より海外観戦、特にグランドスラム観戦をしたいとは考えていたものの、なかなか仕事と家庭の都合が付かず。しかし2014全米以降、常に錦織のGS優勝の可能性を感じていましたので、いつかは必ず・・・と思っていました。
 錦織にチャンスがあったと思ったのは、特に2015全仏、2016全仏、2016全米。結果として優勝はなりませんでしたが、1週目の週末になると、「ああ、チケット取っておけば良かった、今からでも飛行機間に合うかな・・・」という気持ちになりました。特に2016全米は、準決勝〜決勝のころにちょうど海外出張が重なり、錦織が決勝進出していたら、現地はおろかTV観戦すらできないような状況でした。

 これをきっかけに、「やはり計画的に観戦計画を立てねば!」と思い立ちました。全豪の時期は仕事の繁忙期なので計画的な観戦は無理。勝ち上がりを見つつ、決勝に進みそうならゲリラ的に渡豪してあとはなんとかチケットを入手して・・・(無謀)ということで、ターゲットを全仏に。全豪のフェデラー戦の内容を見て、可能性を再確認しました。
 その後、錦織にやや不本意な成績が続いたのですが、クレーシーズンには調子を戻してくれると信じて計画を着々と進めました。

 「6月初旬に休みますから」とチームに宣言してホテルと飛行機は早めに確保。残るは観戦チケットだけとなりました。

チケット編

 チケットは、実は3月の一般販売の時点で既に4回戦から決勝戦まで、一通り確保できる見通しでした(具体的には書きませんが、ちゃんと正規の方法ですよ)。ただし、準決勝、決勝はカテゴリー3という2階席で、しかもその真ん中より上の方だったので、一般販売でより良い席を確保すべく、PCの前に待機。この辺りは楽天オープン等のチケットを取るときと同じです。

 そして運命の18時が来て、チケット販売サイトにアクセスすると・・・!
 

 しかし、すぐに繋がりました。すると今度は・・・!

 このあと、2時間以上にわたり、少しずつ減っていく待ち人数を眺める時間が続くのでした・・・。

 暇だったので待ち人数の変化を記録してみた。そしたらフォロワーが数十人単位で減ったorz

 しかし、このシステムはすごく親切です。少なくとも、楽天オープンのようにつながるまでひたすら503エラーを吐き出すよりはよっぽど親切。どのくらい待てばいいか、大体わかりますから。そして、ちゃんと待ち人数がゼロあたりになったら繋がった・・・!

 しかし時すでに遅し、準決勝と決勝の席はありません。1000ユーロとかする、豪華特典付きの席を除いて。

 でも正直、特典(ラウンジ入場とか、シャンパンとか食事とか)もあるし、高くてもせっかく行くのならこれら豪華な席もありかな、と。今回は選びませんでしたが、次回行くときは検討しようかなと思いました。観戦する席もいいですし。

 4回戦と準々決勝の席を1枚ずつ、すでに持っていたものより良いカテゴリーで入手することが出来たので、確保しました。
 確保したチケット一覧です。

6月5日(月) フィリップシャトリエ(男子4R 2試合)、スザンヌランラン(男子4R 2試合)
6月6日(火) フィリップシャトリエ(男子QF 1試合)、スザンヌランラン(男子QF 1試合)
6月7日(水) フィリップシャトリエ(男子QF 1試合)、スザンヌランラン(男子QF 1試合)
6月9日(金) フィリップシャトリエ(男子SF 2試合)
6月11日(日) フィリップシャトリエ(男子F)

 錦織が4回戦進出したとしても、6月4日(日)に入ってしまったら見れないスケジュールでした。6月5日に入ったら、どちらのコートに入っても大丈夫なように両方のコートを確保。
 QFも、2日間×2コートで4つのチケットを確保し、錦織がQF進出した際、どのコートに来ても大丈夫な体制に。
 両方のコートを同時に見れないので、コストパフォーマンス的にはよろしくありませんが、こういった取り方ができるのも、全仏の強力なリセールシステムがあればこそ。
 リセール解禁以降であれば、ネット上でリセールボタンを押して売り出せば、需要させあれば自動的に売れます。以降なんの手続きも必要なし。手数料も無し。定価販売。
 これは、転売防止に強力なシステムです。日本でもぜひ、導入してほしい。

【6/27 17:00追記】
 
 値段ですが、決勝がカテゴリー3で140ユーロ。カテゴリー1なら200ユーロは超えていたと思います。準決勝が、今年からの試みで1試合70ユーロで、2試合見るためにはチケットを2つ取らないといけませんでした。カテゴリー3で各70ユーロでしたから、決勝と同じ値段。
 準々決勝がスザンヌランランのカテゴリー1で110ユーロでした。フィリップシャトリエだと10か20ユーロ高かったと思います。スザンヌランランは大きすぎず、選手が比較的近くに見れるのでオススメです。今の錦織のランキングでは、なかなかシャトリエに試合は入らないと思います。対戦相手がフランス人か、ナダルなどスター選手の場合に限りますね。今回も、4回戦はランランでした。準々決勝は第1シードマレーとの対戦ということで、シャトリエでしたが。

 個人的感想ですが、4回戦や準々決勝が一番面白いと思います。まだ試合数が多く、1日じゅう楽しめますし、そのうち1試合や2試合はいい試合があるものです。準決勝、決勝はどんな対戦カードになるか読めず、希望通りになるとは限りません。今回は、錦織の決勝進出を信じて思い切って渡仏したので後悔はありませんが、前回2004年に観戦したときは、1週間まるまるガウディオ&ミスキナ祭りでした。フェデラーが見たかったのに・・・。
(誤解のないように言っておきます。ガウディオは好きでした。毎日見ていた(ダブルスまでも)ので、もう少し他の選手見たかった・・・という意味です。)

 確実に目当ての選手を見たければ、断然1週目です。しかも、アザーコートで試合が沢山ありますので、近くで見たければやはり1週目がベスト。値段も安いですしね。観戦初心者でも問題ありませんよ。試合進行を逐一チェックして、早めに動いて席を確保! というスキルは必要になりますが。

 後ほど、その他編などで観戦グッズなどまとめますね。

 ほとんどノープランで書き殴っておりますので、話が前後しますが、チケット販売システムの優れたところを再び。
席を選ぶときに、座席のグラフィックから直接選ぶことができます。これは分かりやすい。そして何と、「その席から見たコートの眺め」をCGでチェックできるのです!!! こんな感じです!! これは、6/6のシャトリエの私の席。遠いw
vuedelaplace

【6/27 19:00更新】
 リセール事情ですが、リセール解禁後、頻繁にチェックすればチラホラと、席が出ていることがあります。が、準決勝決勝はなかなか出ませんね。今期があれば、可能かも知れません。しかしこのリセールシステム、本領は、「とりあえず取っておく」ことができるということではないでしょうか。売れないリスクはゼロではないものの、直前でなければほぼ、売れると思います。ですので、行くか行かないかを決めかねていても「とりあえず」取っておくことができます。
 また、「名義変更」システムがありまして、リセールしなくても、「友達の誰々さん」にアサイン(名義変更)しておけば、その人が観戦可能になります。試合前日までアサイン変更は可能でした。
 この強力なアサイン&リセールにより、かなり自由度の高い、「やる気があれば比較的報われる」システムに仕上がっていると思います・・・。しかも、転売で高値を掴まされるリスクもなし。本当に、本当に素晴らしいシステムです・・・・。早く日本にも導入してください。

 一つ注意点が。1アカウントあたり4枚までという制限があります。ですので、それ以上取ろうと思ったらアカウントを複数作る必要があります。でも問題ありません。問題なく、作ることができますので家族の名義でアカウントを作ればいいです。そして支払いのクレジットカードはアカウントと違う名義でもOKですので、実質、枚数制限はないようなものですね・・・・。

 リセールが最も動くのは、前日のオーダーオブプレーが発表された直後です。「お目当ての選手がシャトリエに入ったらランランを売る」といった人が沢山います(逆もまたしかり)ので、欲しいチケットを手に入れるチャンスです。でも、安い席は売れ残るリスクも結構あり。先に売れてから入手するのでは遅いかも知れませんので、そこはリスクを承知で取引する必要があります。

 準決勝、決勝はほとんど空きが出ませんでした。ですが、張り付いていれば1枚はゲットできる可能性があります(ゲットできた人を1人知っています)。でも、フランス在住者が有利には違いないですね。

 2枚以上の空きが出ることは、ラウンドが進めば進むほど稀になります。ですのでせっかくいい席が出ても、連れがいると泣く泣く見送ることも。このあたりは、あらかじめ考慮しておいた方がいいでしょう。
 カテゴリー間の移動は無理ですので、同じカテゴリー同士なら、席が空いているうちは隣で観戦することもできるかもしれませんが、落ち着きませんよね。通路が少なく、席と席の間隔も狭いのでスタジアム内の移動は有明より難しいです。

 チケット編はこんなところでしょうか。いつこの記事は終わるのだろうか・・・。
 続きは、「その2」で別記事にします。

今後の更新予定

  • 準備編
  • フランス入国編
  • RGへのアクセス、RG現地情報編
  • 観戦編 6月5日(月) 4回戦
  • 観戦編 6月6日(火) 準々決勝
  • 観戦編 6月7日(水) 準々決勝
  • 市内観光編 6月8日(木)
  • 観戦編 6月9日(金) 準決勝
  • 郊外観光編 6月10日(土)
  • 観戦編 6月11日(日) 決勝
  • その他編

17 件のコメント

  • 団長、全仏の総集編ですね❗😆😆😆❤️⤴️⤴️
    記事アップ、ありがとうございます❗🤣🤣🤣❤️

    あまりに壮大過ぎて、WBまでに完結できるのでしょうか❓( ̄▽ ̄;)💦
    でも、めっちゃ楽しみな話題が満載なので、絶対頑張ってください~❗👊😆🎵❤️⤴️⤴️

      引用  返信

  • お待ちしてました~。
    更新予定の表を見るだけで、わくわくします!

    お疲れだと思いますが、お身体に気をつけつつ、
    ご自分のペースで更新して頂ければと思います。

    すぐにウィンブルドンもあるので、体調管理だけ、お願いします。

      引用  返信

  • 今日は。
    団長さま、新スレ立て&RG観戦記&その予告、有難うございます。
    まるでハリ・ポタかスター・ウォーズ・サーガのごとく一大叙事詩になりそうで、非常に楽しみです。
    WB情報等、来週以降については引き続き前スレでコメントさせて頂きますね。

      引用  返信

  • 団長さま
    全13章(かな?)からなる全仏観戦ドキュメント 楽しみに待ってました❗️

    続き、よろしくお願いします😄

      引用  返信

  • 待ってましたあ〜〜〜(((o(*゚▽゚*)o)))
    やっぱり団長さんが記事をあげてくださると、気分が上がるなあ( ̄▽ ̄)
    シリーズですか……楽しみです。
    この時期丁度錦織選手情報も薄いですからねえ。WBまでの空白を埋めて
    あまりある楽しみができました。
    お忙しいのは百も承知ですがっ!よろしくお願いしますm(__)m
    少し長めの休みをとる時は、まず周りを固めるべく、「休むからっ!」
    と宣言してしまうことが大事ですよね( ̄▽ ̄)
    ブログでのコメントなどを読んで想像するに、団長さんの日頃の職場での
    働き方により、同僚や上司からは概ね好意的に了解がもらえていたのでは
    ないでしょうか(⌒▽⌒)錦織選手を信じて、渡仏を決意してくださって、
    ホントにありがとうございました。
    生錦織選手のこと、たくさんお聞きしたいです!

      引用  返信

  • 団長さま
    首の長さはアルパカ位で済みました。
    個人的に「その他編」が気になります。ワクワク〜(o^^o)

      引用  返信

  • 団長様
    何やら大作になりそうですね。チョー楽しみです。
    お行儀良くして待っていますので宜しくお願いします。\(^o^)/

      引用  返信

  • おおーっ 圭くんの試合のみならず現地観戦まで追体験出来るという一粒で二度も三度も楽しめるお得な鼻血ブログ。しかも圭ロスを埋めるべく「ロード・オブ・リング」なみの長丁場シリーズ! 勿体なさ過ぎて感涙にむせんでおります。これまでも沢山の方々の観戦記を楽しませていただきましたが、常に冷静沈着で平衡感覚を忘れない団長さまが、どの位壊れちゃう(笑)ものか興味津々です!

      引用  返信

  • 団長さん、
    全13編中の2編を読み終え、週ドラの「来週の第3話が待ち遠しい~」状態です♪

    ただお身体も万全でなく仕事も忙しいご様子ゆえ、あまりムリのない執筆活動をお願いいたしまっすぅ~^O^/

      引用  返信

  • 団長様、凄いです、今まで待ってたかいがありすぎです。

    長編大作映画の予告編を見てるようなワクワク感です。

    これからも楽しみです。ありがとうございます。

      引用  返信

  • GSはチケット取るのも楽ではないのですね・・・。
    JAPANOPENは以前から何度か観戦した事があるのですが、一生に一度はGSを観戦してみたいものです。
    今は、子供が選手のプレーを止めてしまうレベルの暴れん坊ですので、テニス観戦もお休み中ですが、数年後にはテニスを始めた子供と一緒に観戦なんてのも夢です。今はひっそりと皆様の観戦記を見て空想に浸っております。今後も是非情報発信宜しくお願いします。

      引用  返信

  • 超楽しいです!!
    費用事情もぜひ知りたいです。

      引用  返信

  • チケット販売システム素晴らしいですね。名義変更も可能とは!!日本も悪質な転売ヤーを締め出すためにもこういうシステムの導入は積極的に取り入れるべきです。

    「その1」がようやく終わったという事は…そのいくつまであるのかな?続きが待ち遠しいです。

      引用  返信

  • 😆 団長さま

    有難うございます、続きも楽しみにしてまする〜〜♪
    でも、WBもありますので無理はしないで下されませ。

      引用  返信

  • 長編大作 大スペクタクルとなりそうな気配。
    自分の経験にも重なる部分があり、そうそう、そうだったなぁ、と記憶を蘇らせながら読ませていただいております。
    思い起こせば昨年末、猛烈に全仏へ行きたい気持ちが沸き起こり、居てもたってもいられなくて様々な手続きを始め、現地観戦を経験し、そして現在に至り「ああ、本当に行ってきたんだなぁ」と感慨ひとしおです。
    全仏は初めてだったので不安な気持ちが多々ありましたが、団長の感想と同様にとても整然としていて合理的で、全米と比較しても分かり易かった印象です。
    これからも記憶をを呼び起こすような記事の続きを期待しております。

      引用  返信

  • 貴重、かつ、実践的体験記、多謝です。ブログではもったいない感じです。ご本を出されては如何でしょうか。『 GS の歩き方(RG編)』の如く。

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。