【横浜CH本戦開幕】全豪#4シードの座を射止めよ! 2014ATPツアーファイナル

 
 もう本日24:00(日本時間)のドロー抽選まであまり時間がないこともあり、前置きや背景説明は省略します。
 
 大会名:Barclays ATP World Tour Finals
 開催場所:London, England(時差:9時間
 大会日程:11/9(日)~11/16(日)
 Draw Size:S-8
 Surface:Indoor Hard
 賞金総額:$ 6,500,000
 
 同大会に正規に参戦する8名は、本日のドロー抽選で、#1シードのジョコビッチを含む「Group A」と#2シードのフェデラーを含む「Group B」の4人ずつに分けられます。
 
 ・各選手のシード順位は11/3付年間RK基準
 ・各選手の勝敗成績は全米以降の公式戦結果(デ杯WG本戦含む)
 ・圭の過去対戦で、○:勝ち越し、△:タイ、×:負け越し、無印:過去対戦無し
 ・KL:Kuala Lumpur,Vi:Vienna,St:Stockholm,Mo:Moscow,Ba:Basel,Va:Valencia
 
 
シード群Ⅰ(#1・#2)
・Djokovic SRB 13勝1敗 北京優勝・上海SF・パリ優勝 10010pt △ Group A
・Federer SUI 14勝1敗 上海優勝・Ba優勝・パリQF 8700pt △ Group B
 
シード群Ⅱ(#3・#4)
・Wawrinka SUI 2勝4敗 上海2R・Ba-1R・パリ3R 4895pt × Group A
Nishikori JPN 12勝2敗 KL優勝・東京優勝・上海2R・パリSF 4625pt Group B
 
シード群Ⅲ(#5・#6)
・Murray GBR 20勝3敗 深セン優勝・上海3R・Vi優勝・Va優勝・パリQF 4475pt × Group B
・Berdych CZE 13勝5敗 北京準優勝・上海QF・St優勝・Va-1R・パリSF 4465pt ○ Group A
 
シード群Ⅳ(#7・#8)
・Raonic CAN 10勝5敗 東京準優勝・上海2R・Ba-QF・パリ準優勝 4440pt ○ Group B
・Cilic CRO 6勝2敗 上海1R・Mo優勝・パリ欠場 4150pt ○ Group A
 
 
 本大会の進行としては、まず各グループ内で総当たり戦(3試合/各人、以下RR)を行い、各グループの上位2名が週末の準決勝に進みます。この重決勝での組み合わせは、Aグループの1位×Bグループの2位およびAグループの2位×Bグループの1位となるため、RRもただ突破すれば良いという訳ではありません。
 
 そして、圭にとって選手のグループ分け以上に重要なのが、日程です。
 この大会で優勝するまでの日程を想定した場合、一方のグループでは日(RR1)→火(RR2)→木(RR3)→土(SF)→日(F)となるのに対し、他方のグループでは月(RR1)→水(RR2)→金(RR3)→土(SF)→日(F)となります。即ち、上位進出を狙う上で、前者のグループにいた方が明らかに日程的に有利なのです。ただ、この全体日程までが今日のドロー抽選で決められるのかどうかは不明です。
 
 大会期間中を通して、シングルスは1日に2試合までしか行われません。原則、昼の部(日本時間23:0021:00)に1試合と夜の部(日本時間明朝5:0026:00)に1試合が組まれます。(決勝のみ日本時間24:30~)
 いろんな意味で、RRの初戦は11/9(日)の昼の部がありがたいですね。
 
 気になるATPポイントはRRでの各1勝に対して200pt、準決勝、決勝での勝利に対してそれぞれ400pt500ptです。したがって、5戦全勝して優勝すれば計1500pt、RRで全敗して終われば0ptということになります。
 
 現RK4位の不調バブリンカとのポイント差は僅か270pt。
 こうなったら、初出場の晴れ舞台で大暴れしてもらって、来年の全豪#4シードの座まで射止めてもらおうではありませんか!
 
以下、11/6追記
------------------------------------- 
 
 ATPツアーファイナルRRその1 vs.アンディ・マレー 対戦情報
       
 Barclays ATP World Tour Finals (ATP1500)
 [Surface:Indoor Hard,Draw Size:S-8]        
 Group B
 Round-Robin:1/3
       
対戦相手:Murray, Andy (GBR) 6位 27才

  • キャリアハイ2位(17.08.2009)
  • 身長190cm、ネットプレーは巧い。
  • シングルスの通算タイトルは31(芝5+ハード26)。今季は深セン&Vi&Vaの終盤3大会で怒涛の優勝
  • 芝に強い印象が強いが、今季に限ってはハードコートの勝率が最も高い。
  • 今季の上海では3RでFerrer(5位)に6-2,1-6,2-6負け。
  • 翌週のウィーンではそのFerrer(5位)に5-7,6-2,7-5で雪辱し、優勝。
  • 続くバレンシアでもFerrer(5位)に6-4,7-5勝ちして決勝に進出。Robredo(21位)との3-6,7-6,7-6の死闘も制し、2週連続の優勝を飾る
  • 6週連続の参戦となったパリMSでは、Dimitrov(11位)&Benneteau(28位)にストレート勝ちするもQFではDjokovic(1位)に5-7,2-6負け。
  • 全米以降の公式戦成績は20勝3敗(圭は12勝2敗)

対戦成績
 3敗(2011上海SF、2012全豪QF:3-6,3-6,1-6、2013ブリスベンSF:4-6,0-2 Ret)
       
試合日時
 現地時間:11月 9日(日) 12:00開始の第2試合 NB14:00
(日本時間:11月 9日(日) 21:00開始の第2試合 NB23:00)

 ※夜23:00(日本時間)ジャストにスタンバイしましょう。
         
天候予報:インドアのため影響なし
       
生観戦手段

  • ATPの公式ライブスコア
  • BS朝日によるBSテレビ中継
  • GAORAによるCSテレビ中継
  • スカパー!オンデマンド(GAORA)によるライブストリーミング

勝利獲得Pt実質200pt(11/17付最高5位)+鼻血?
       
平均OddsMurray1.45 vs.圭2.70
 
 

283 件のコメント

  • 夢のコントさん、残念ですが全日本優勝=楽天WCは昨年からなくなくなったと思いますが・・・
    江原選手、一時期の不調からは戻った感じでしたね~ランクも700位台から591位まで戻してきていますし来シーズンでGS予選に入れるランクまで上げてほしいですね。
    杉田選手は挑戦者のときは強いな~と思いますが、今日は江原選手の気迫に押されてましたね~明日からの慶應CHで頑張ってほしいですね!

      引用  返信

  • あら、そうなんですか……。
    うーむ、それは全日本に選手が集まらない一因でしょうかね。

      引用  返信

  • 慶應CHで添田選手と西岡選手が初戦突破!
    あと、鈴木貴男選手と関口選手が予選突破してますね~
    皆さん頑張れ~!

      引用  返信

  • 添田選手は全豪DAに向けて正念場なんで頑張ってほしいですね。
    順当にいけば、西岡選手と添田選手がQFで当たっちゃうのが残念ですけど・・

    2010年の豊田チャレンジャーみたいに、日本人でベスト4独占みたいな事にならないかな。
    みんな頑張れ~!

      引用  返信

  • Linus さん、3シードが負けましたので5シードの杉田選手が順当に勝ち上がるとSFで西岡選手と添田選手のQFの勝者と戦うことになりそうですね~
    それぞれが全豪にむけて大切な大会ですから頑張れ~!としか言えないですね・・・

      引用  返信

  • ここにも錦織効果なんでしょうか?
    横浜CH、今年は本戦初日から観客席はいっぱいだったそうです。
    意外?にも年の差対決となった鈴木貴男vs越智真(18才)の試合が一番人気だったそうです。

    若い選手がどんどん出てきて楽しみですね。

      引用  返信

  • 下団さん、来週で今年のチャレンジャー大会は終了しちゃうので、100位を窺う選手は全豪DAを目指して、150位付近の選手は予選シードを目指して、250位を窺う選手は予選DAを目指してとか、それぞれにとって大切な大会ですよね。

    あと、本選だけでも日本人選手が14人いるので、ホント「みんな頑張れ~」ですね(^^;)。
    若手が躍進するとワクワクするけど、ベテランが持ち味だしてるのも面白いしなぁ。

      引用  返信

  • Linus さん、仰る通りですね~添田選手、伊藤選手は全豪DAを目指して、杉田選手は厳しい状況ですが最悪上位シードで。西岡選手はシード入り、内山選手は予選DAを確実にしたい!
    それ以外にも貴重な国内CHのチャンスを活かす若手の台頭も見たいし、鈴木選手VS内田選手も面白そうですし見どころ満載ですね!コリコリさんも仰ってましたが観客が多いのも嬉しいですね!

      引用  返信

  • 慶應CH1回戦、韓国の18歳Hyeon Chungが関口周平選手に6-0,6-0のダブルベーグルで勝利。トータルポイントは52-17です。
    さすがにこのスコアだと関口選手にどこか異変があったのかと心配になりますが、注目の若手が出てきましたね。
    皆さんが大会前に噂していたのも、このChung選手ですよね? 順当に行けば準々決勝で竜馬と当たりますので見てみたい対戦です。

      引用  返信

  • すみません、正しくは関口周一選手でした。ごめんなさい。

      引用  返信

  • 関口選手、6~7月頃に怪我をして7月の半ば頃から休養していて楽天オープンの予選が復帰戦でした。一時期はGSの予選に届きそうなランクまで上げていましたが現在は400位台半ば・・・早く復調してほしいですね~
    それを考えたとしてもCHUNG選手は凄いですね~CHUNG選手のお兄さんを含めて韓国は有望な若手が出てきてますが、兵役義務があるので選手活動の中断を余儀なくされるのが残念ですね。兵役の免除とかも検討してほしいですね~

    そういえば中川選手はどうしたんだろう・・・

      引用  返信

  • 慶應CH、伊藤選手、守屋選手、内田選手(鈴木選手に勝利)が初戦突破!吉備選手が7-6、5-4リードで中断。
    杉田選手は1R敗退(T_T)内山選手は棄権?
    注目の上杉海斗選手は明日ですかね~
    残った選手、頑張れ~!

      引用  返信

  • 添田VS西岡、楽しみですね。
    内山選手はドロー表によると右足首が原因で棄権の様子です。
    全日本の影響があったんでしょうか?
    詳しい事は分からないですが、たいしたことないといいですね。
    http://www.atpworldtour.com/posting/2014/6626/mds.pdf

    明日は残りの2回戦、守屋選手頑張れ、伊藤VS吉備はどっちも頑張れ!

    それから、中川選手はアメリカのフューチャーズ大会に出場しているみたいです。
    http://www.atpworldtour.com/posting/2014/1719/mds.pdf

      引用  返信

  • 夢のコントさん、Linus さん、ありがとうございますm(__)m
    西岡選手VS添田選手、二人ともに調子を上げているので勿体無い・・・せめてSFでやってくれ~(T_T)中川選手の情報もありがとうございますm(__)m早くCHレベルまで上がってほしいですね。

      引用  返信

  • [#2]添田-[#7]西岡に続き、[#1]竜馬-[#8]Chung(18才)のシード対決が確定しましたね。
    これをもって、私の金曜日の現地観戦も確定しました(笑)

    頼むから同時進行だけはやめてね。事務局さん!

      引用  返信

  • 明日はメインコートで添田ー西岡、竜馬ーChungの順でしょう。
    大入りが予想されるので早めに行ったほうが良さそうですね。

      引用  返信

  • 明日のOOP出ましたが、前記の2試合がそれぞれ別のコートに入ったので、試合進行によっては時間が被る可能性がありますね……。
    うーん、なしてこげなこつに?

      引用  返信

  • 恐らく、客席キャパの問題だと思います。
    Court 1に注目カードをまとめると、観客が集中して入りきらなくなるとみたのでしょう。それしか考えられません。

    移動自由な立ち見を覚悟すれば関係ありませんが、Court 1&3の両方を見られる観客席はコートエンドの僅かな領域だけ。ここを確実に確保しようと思ったら、かなり早く着いている必要があるかも知れません。

      引用  返信

  • う~ん、ベスト8の時点で日本人選手が残り3人は少し寂しいですね~何とか優勝まで辿り着いてほしいですね。頑張れ~!
    観戦、お気をつけて~羨ましい~

      引用  返信

  • コリコリさんありがとうございます。無料なのも良し悪しですね。
    ちなみに、観客席は有明の1番コートより小さい感じですか?

      引用  返信

  • 蝮谷の常設観客席(200~300人)は、Court 1&2のコートエンド(片側のみ)にしかありません。明日はこれにCourt 2&4を潰したコートサイドの急造席を仮設する可能性があります。

    ただ仮設のコートサイド席ではそのコートしか見れないため、Court 1&3の両方を見渡そうと思ったら、Court 2正面付近の常設コートエンド席しかないと思います。

    全席のキャパとしては、仮設を含めたとしても有明の1&2番コートに対するそれよりは少ないと思います。

      引用  返信

  • 添田選手が勝って・・・伊藤選手、負けとる(T_T)Chung選手、凄いですね~ 何とか添田選手に優勝してほしいですね!

      引用  返信

  • 今日日吉に行ってきました。

    下団さんには申し訳ないですが、今日の三重県勢は出来が悪かったです(笑) 西岡はtwitterで「強かった添田さんに完敗」みたいなことを言っていますが、2人の実力をすればもっとできることがあったと思いますし、勝利に対する執着もあまり感じられませんでした。

    で、噂のChung選手、しっかり見てきました。
    一口で言えば「18才とは思えないそつのないテニスをする」選手です。身長は未公表ですが、180cmの竜馬よりも大きかったので、185cm弱といったところでしょうか。東洋系にしてはたしかに大きいです。ただ、サーブを含めてこれといって武器になるようなショットはなく、この先圭の脅威になるような印象はありません。(但し鼻血サーブは得意w)
    でも、やはり17才での全英Jrファイナリスト。
    ・フットワーク(プレースメント)がいい。
    ・ミスが少ない。
    ・カウンターが上手い
    ・器用
    といったセンスには高いものがあり、この先圭以外の日本人選手には天敵になり得る素質をもっていると思います。彼は来週の豊田CHにも参戦するようですし、しばらくはよく見ていく必要がありそうですね。

      引用  返信

  • Linus さん、地元ですし添田選手に頑張って優勝してほしいですね!豊田CHは昨年は1R敗退でしたからSFまで行ければ二桁ランク復帰もできそうですしね~
    あとWCのあと1人は鈴木選手ですかね~高速コートなので合いますしね~

    コリコリ さん、ありがとうございますm(__)m西岡選手は大先輩に遠慮しちゃいましたかね~ハングリー精神を全面に押し出して戦うのが彼の良さなのでプロに徹してほしかった・・・
    伊藤選手は・・・時折、勿体無い試合をするのでライスト等で見てても思わず「何やっとんじゃ~!」と叫んでしまいますが・・・悪い竜馬がでちゃったかな~(; ・`д・´)
    Chung選手はコリコリさんのお話から察するに完成度が高い状態、つまり伸びしろがあまりないところまでプレースタイルが固まっているのでしょうかね~Jrで好成績を残すとコーチが下手にいじれなくて大成せずに終わってしまうとよく言われますが・・・
    なんにしても残った添田選手に地元優勝を果たしてほしいですね!

      引用  返信

  • 私も今日初めて見に行ってきました。
    まさに「谷! 谷底!」って感じの立地に驚きました。カラス群れすぎ(笑)
    全コート隣接なので席の見やすさはそこまで気にしなくて良かったですね。添田ー西岡は座って、竜馬ーChuhgは立ち見で見ました。
    今日は添田のショットに切れがありましたね。特にフォアの逆クロスがことごとく深いところに突き刺さってました。西岡はずっとサーブが入らないとボヤいてましたが、そこはもう吹っ切ってプレーして欲しかったですね。
    竜馬はとことん拾ってくるChung相手に攻め急いでミスを重ねる展開。最後まで修正できず負けてしまいました。
    Chungは長身ながらフットワークがよく、攻められていてもそれほど追い込まれている感じではなくて、しなやかにカウンターを返していました。タイプ的に近いのはマレーですかね。
    決勝も見に行こうかな……。

      引用  返信

  • 添田選手、負けちゃいましたね。
    先行したのに残念。決勝に日本人選手が1人はいてほしかったな。

      引用  返信

  • チャレンジャー大会の話題はこちらだったんですね。
    Chung選手も負けましたか。

    韓国でも、ツアーレベルで活躍したといえば、李亨澤選手だけだった気がするので、期待されてるでしょう。

      引用  返信

  • 添田選手、残念(T_T)豊田CHで優勝しか全豪DAはないかな~PRランクの選手も多いですし・・・
    国内に3大会しかないCH大会で日本人選手が1大会も優勝出来ないのは寂しいので豊田CHでの奮起を期待したいですね!

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください