錦織圭、USオープンは予選から出るつもりで準備中

マネージャーのオリバー氏よりメーリングリスト経由で情報が入りました。

コリコリさん、ケイメヒコさん他の方々の推測通りでして、特に新しい情報ではありませんが一応公式見解とい うことでお知らせしておきます。以下、日本語訳。

皆さんに錦織圭のUSオープン準備状況についての最新情報をお知らせしたく(連絡します)。圭は現在、USオープン本戦ダイレクトインに対しOUT6番目のポジションにおり、予選に出場するために今週末、ニューヨークに移動する予定です。故障していると思われるが出場取り消しをしていない選手はまだ数人いますが、圭が繰上がりで本戦にダイレクトインすることはなさそうな状況です。

もし圭に関してなにか聞きたいことがありましたら、お気軽にお尋ねください。

とのことです。

オリバーさんの方で答えられる質問だったら聞いても問題ないと思うので、何か質問ありましたら知らせてください。

19 件のコメント

  • 予選からでもここはProtected Rankingを使って
    予選のシードをもらった方が良いんでしょうね。
    本戦開始より数日先に錦織の戦いを応援出来るんだ!
    とここは腹をくくります。
    あ〜、楽しみになって来た〜!

      引用  返信

  • 確かプロテクトランキングはシードの対象にならなかったはずです(と、記憶しています)。

    6番OUTですが、ヤングがWCで本戦入り、デルポトロとツォンガが出場を危ぶまれていますから、実質3番OUTくらいでしょうか。

      引用  返信

  • 前にも話しましたが、GSなど大きな大会は予選のエントリーと本戦のエントリーは別立てです。エントリー料金も別に支払います。で、毎週書いているように、本戦へはプロテクトランキングと現ランキングで、予選には現ランキングでエントリーしています。
    問題はエントリーできるかどうかだけです。予選、本戦のシード権はエントリーできた参戦者のドローを行う前の月曜日の現ランキングで与えられます。ですから、プロテクトランキングはシード権には全く関係有りません。
    エントリーで活きているのは予選の現ランキングによるエントリーと本戦のプロテクトランキングによるエントリーです。
    本戦エントリーは実質3OUTの状態です。予選は196位でエントリできています。その後CH優勝で順位を上げて、148位にいます。今度の月曜日も148位前後でしょう。これは先週コリコリさんが予想していたように32シードに入れるだろうなという感じの順位です。
    どうなるかは6週間前、4週間前に手続きした状態と現時点の状態で決まります。つまり今どうこうしようにも何もできません。

      引用  返信

  •  まず、団長が言われるようにPRはシードの対象にはならない
    ので、予選に対しては実RK(196位)のみでエントリーしています。

     次に、予選のシードについてですが、これは8/23付のRKで決定
    されることになっています。
     現在148位の錦織は、32本シードの内、ぎりぎりで下位(17~32)
    シードをもらえる可能性が高いです。

     ノーシードの場合は150位以上の選手2人に勝つ必要があります
    が、下位であってもシードが付けば1人を倒せばよく、この違いは
    非常に大きいといえます。

     8/23付RKで150位以上であれば大丈夫だと思っているのですが、
    ケイメヒコさん、何か情報をお持ちではありませんか?

      引用  返信

  •  ケイメヒコさんのコメントとタイミング的にかぶってしま
    ったようですね。
     8/23付で148位前後であれば、恐らくシードはもらえそう
    ですね。何よりです。

     ところで、公式HPの本人ブログによれば、本人は来週の
    予選をやりたがっているようです。体力面も含め、頼もしい
    限りですね。

     また自分の例を出してきて恐縮ですが、好調かつ勝ち癖が
    付いてきた時に、まれに「負ける気がしない」という境地に
    至ることがあります。

     自分の勝ちパターンがしっかりイメージできている状態で、
    こういう時は本当に強く、早く多く試合をやりたいと思うもの
    です。

     圭は、今これに近い状態だと思います。
     首尾よく予選を突破できればさらに勢いは増し、本戦での
    本格的なブレークにつながるのではないかと思っています。

      引用  返信

  • ケイメヒコさん コリコリさん
    皆さん 詳しいお話ありがとうございます

    特に
    > ノーシードの場合は150位以上の選手2人に勝つ必要があります
    が、下位であってもシードが付けば1人を倒せばよく、この違いは
    非常に大きいといえます。

    この為にも あえて チャレンジャーに挑戦して
    優勝をもぎ取ったことに、非常に価値があるのですね

    頼もしいぞ! 圭&スタッフ
    あとは 左肩が治っていますように・・

      引用  返信

  • >団長、ケイメヒコさん、コリコリさん

    詳しい説明どうもありがとうございます!

    自分ときたらいつも記事は読んでるくせにボーッと眺めてるだけなんだなと痛感しました。

    でもこれでよく頭に入りました!

      引用  返信

  • このブログではお久しぶりです。
    本戦Altですが、ヤングのWCは関係ないようです。というのは、予選開始前にもしヤングにDAが回って来たらヤングはWCを辞退します。すると、主催者側はヤングに代わるWCを選ぶようです。MTFによれば、WC決定戦で破れたRyan Harrisonだそうです。つまり、ヤングにDAが回って来ても、もう一人辞退が出るまで、錦織まではDAが回って来ない、ということのようです。ですので、今の時点でAlt4番、二人辞退する可能性が高いと言われてますが、それも予選開始までに辞退するかどうかわかりません。
    このあたりから、予選から出る覚悟でいるみたいですね。

      引用  返信

  • ちょうどWCとDAについてたずねたいと思っているところでした。
    「ヤングはWCを辞退」ということですが、選手の意志に関係なく自動的にWC取り消しにはならないんですか?
    DAできるランキングの選手にWCを与えるのは矛盾すると思うんですが。

      引用  返信

  • みけさん: 
     「辞退」というのは語弊がありました。DAすればWCは要らないですから。で、問題はここで出来たポジションに誰が入るかです。Altから上がるかとも思ってたんですが、MTFの議論ではWCがHarrisonにスライドするっていうことになってます。でも、場合によってはAlt1番の錦織くんにWCが回る、という「大番狂わせ」があってもおかしくないとは思ってます。日本人選手とはいえ、フロリダがベースですから。

      引用  返信

  • あもくさん、情報ありがとうございます。
    WCがもらえたらいいなと思う反面、ドロー運にビビッています。
    ウィンブルドンがいまだにトラウマになっています・・

      引用  返信

  • 全く関係ない話で申し訳ないんですが、AmokさんはLSUで教鞭をとられている言うことで、やはりフットボールにも興味あるんでしょうか?私はNCAAフットボールシーズン開始と全米テニスが重なるのは罪だと思ってます。

      引用  返信

  • DAとWCの関係について
    GSとツアーは別ルールだとなると分かりませんが、
    今年の復帰戦、DelrayはWCを得ての参戦でした。しかし、直前に辞退者が出てDAになり、WC枠は他の人に行きました。
    ですから、YoungのところにDAが回ってきたら、本人の意志と関わりなくWCは他の人に行くことになりましょう。
    現在の錦織選手は実質3OUTではなく、4OUTのままとなるわけですね。つまり、前の人がWCでMD入りした場合には、OUT1つ減るわけではない。

    後二人が見込まれるというのはDel PotroとFerreroでしょうか?
    Isnerは出る出無いの判断をぎりぎりまで伸ばすでしょう?
    彼らを含めて23日中に4人辞退者が出る可能性は少ないと見るべきでしょう。
    ですから、YoungはWCで、錦織選手は予選からが予想されることになりましょう。

      引用  返信

  • Del Potroは辞退するというニュースが今日流れましたが、まだ正式発表ではないようです。これはもう間違いないです。Isnerが危ないという情報がありますね。本人が「奇跡が起きないと出られない」と言ってます。ただし、辞退するにしても30日ぎりぎりまで待つでしょう。やはり予選からのようです。
     
    おこyさん:
    まあ、LSUで教えていてFootballに興味がないというのはほとんど「非国民」ですから(笑)。しかし、身近に大学フットボールとプロテニスの掛け持ちファンという方は珍しいです。なんか、両極端じゃないですか?ところでmixiやってらしたら、同じ名前で出てます。フットボールに関する動画や日記などもあります(古いですが)。

      引用  返信

  •  bluettiさん

     動画のご紹介、ありがとうございます。
     全英以来のゲームのフル映像、堪能しました。

     フォアの逆クロス等のショットに鋭さが戻りつつあるなと
    感じた反面、まだこの時点では全体的に地に足が付いていない
    ような印象を受けました。

     先日のダブル戦やケンドリック戦では、また一段と安定感が
    増していたに違いありません。

     それにしても、もう少しスマッシュを練習してほしい・・・

      引用  返信

  • bluettiさん、ありがとうございました。

    久しぶりの長時間の映像でよかったです。

    この試合から調子が上がっているみたいなので
    楽しみだなぁ。

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。