【公式ブログ更新情報】錦織は日本に戻ってきているそうです

公式ブログ更新されてます。

【from 錦織圭】実は……

気になる肘の診察結果は、「疲労骨折は治っている」とのこと。まずは良かった。
しかし痛みはまだ残っているそうで、日本のドクターにも診てもらうための帰国のようです。
治ったと言われても痛みが残っているようでは、まだ復帰の目処は立ってないと言えるのではないでしょうか。
まあ、気長に待ちましょう。
トレーニングはしっかりやっているようです。

文面は次第に明るさが出てきました。決して嬉しい状況ではないでしょうが、彼なりに状況を受け入れているように見えます。

それにしても

特にネタがないんで悪いんですけど:'( また何かあれば書きます!
それか何かネタください↑笑

ってwwwwwwww

キミは俺かwwwwwww

いや、私は決してネタがないわけではない。書く時間がないのだ(言い訳)。

テニスはレベルが違いすぎるけど、ブログでは先輩です。何でも聞いてきなさいwww
って、見てないか。

ネタがあっても、一つの記事にするにはそれなりの労力が必要です。
記事の構成は何も考えずにすんなり書けることもありますが、ちょっと複雑な話題について書こうと思ったら一筋縄ではいきません。
大半を書き終わってから全面的に書き直すこともあります。

よく知っている話題でも、間違いがないか情報を確認したり、文章がおかしくないかチェックしたり、正確な数字を書きたいし、情報ソースは明記したい。とか考えていると、なかなか書けないのです。
ネットでは消さない限り永久に残ってしまうので、適当なこと書いたら困りますからね。
むしろ紙メディアの方が忘れ去られますよね。

毎週、膨大な調査をして簡潔にレポートにしているケイメヒコさんは偉大です。
あれって、世界でもほとんど行われていない作業ですからね。
一部のテニスジャーナリストだけだと思いますよ。WOWOWとか聞いていると「この試合で勝った方が●●位です。」とかよくいっていますけど、あれを毎週やっているわけですからね。しかも広範囲に・・・。

私はケイメヒコさんが過労でぶっ倒れないかどうか心配です。

錦織が試合に出ていなくても、ケイメヒコさんのレポートで上位陣のランキング変動の様子が楽しめて結構退屈しません。

さて、ややまとまりがない記事となりました。そうです。今日は構成全く考えていません。なにせ眠いです。
まあたまにはこういうゆるいのもいいかということで、ご容赦ください。

錦織の腕、早く良くなるといいですね。

6 件のコメント

  • ブログを日々更新するのって、本当に大変な事ですよね。
    団長さん、本当にすごいです。

    圭くん、ナショナルトレセンにいるのですね。
    藤原里華選手のブログに、一緒にBBQパーティしたとか、
    マスク姿でトレーニングする藤原選手のそばを通る時
    「なんかちょっと可愛い」ってつぶやいたとか・・・
    何気ないことが書かれていました。
    IMGは素晴らしいのだろうけれど、たまに日本での
    トレーニングというのも(特にこういう状況の時は)
    精神的に良い部分もあるのではないかと思いました。

      引用  返信

  • きちんとした文章を書くことがいかに難しいか、感想文の時に痛感しました。正確に膨大なデータをまとめることも同じだろうと思います。
    お二人の努力に感謝です。いつもありがとうございます。
    毎日更新されるから、読者としては毎日訪れたくなります。
    そういうことが「Google 1位」に繋がっているんでしょうね。
    ああっ、遅ればせながら1位おめでとうございます。

      引用  返信

  • このあいだからさらにまた
    ちょっと元気にな感じになりつつある、
    文章からそう感じ取ることができますね。

    日本で温泉にでも入って
    肘、早く治るといいですね。

    おいしいものも食べて。

      引用  返信

  • えむさん、情報ありがとうございます!
    仕方ないですね。予想されていましたのでショックはあまりないです。

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。