ベルダスコに悔しいストレート負け(2011全豪3回戦)

本来の力を出すことができず、悔しいストレート負けとなりました。

2011 Australian Open
3rd Round
Fernando Verdasco def. Kei Nishikori, 6-2,6-4,6-3

試合の流れ

スタートから調子の出ない錦織圭、らしくないミスを連発します。ベルダスコもボレーをネットにかけてブレイクを許すなど、ミスのあるテニスを展開していましたが、エースの数が違いました。

錦織の最初のエースは1−5で迎えた第7ゲームの30−30でしたので、ちょっと遅すぎました・・・。

しかもドロップショットのエースで、錦織本来の形であるフォアの強打はほとんど見られず。不安なスタートになりました。

1stセットを2−6で落とした錦織は臀部の治療でメディカルタイムアウトを取りました。間を取って気持ちを入れ替える意図もあったと思います。

2ndセットに入って1stセットとは別人のように気合いの入った打ち込みを見せ始める錦織は順調にサービスをキープしていきますが、どうしてもベルダスコのサービスをブレイクできません。

3−2アップのベルダスコサーブで0−30というカウントを迎えましたが、バックハンドのネットなどでチャンスを逃すと、続く第7ゲームのサーブを落としてしまいます。

錦織のバックのクロスからベルダスコのフォアストレートでやられる展開が多かったのですが、なぜか頑なにクロスにボールを送り続ける錦織にはひょっとして何か策があったのでしょうか。しかし、少なくとも上手くは行っていなかったように思います。

バックのアプローチをクロス(すなわちベルダスコのフォア)に打って、空いたストレートへパスを抜かれたり、おそらくチェンジオブペースを狙ったのでしょうが浅くなったムーンボールをフォアに回り込まれてエースを取られたりと、ショット選択のミスが響きました。

ベルダスコはエースも打つけどミスも出るというプレーを続けていましたので、このあたりのゲームをもう少し頑張れば試合展開としては面白くなっていただけに残念です。

錦織は次のサービスゲームはしっかり取り、最後のブレークチャンスに賭けましたが成功せず、2セットダウンと苦しい展開となりました。

2ndセット終盤の時点でエースの数はベルダスコ24に対して錦織はわずか5。このエースの差がそのままスコアの差となって現れていました。

3rdセットも2ndセットと似たような展開で、錦織はなんとか流れを変えようと必死のプレーを続けましたが、ダブルフォルトで始まった第5ゲームのサーブを落として2−3と苦しくなりました。

ブレイクポイントも何回か迎えましたが、その都度良いサーブが来たり錦織にミスが出たりして、ものにすることができませんでした。

総評

悔しい負けだったと思います。決して錦織がベストのプレイをして、ベルダスコがトップ10のテニスをした試合とは思えませんでした。

何より1stセットを楽に取らせてしまったのが痛かったと思います。ベルダスコは不屈の闘志を持つファイターですが、それでもスコアが先行されれば苦しくなるのは一緒です。2回戦で大逆転勝利をして気を良くしていたのは確かだったと思いますが、序盤のミスの多さを見れば決して完全に調子を取り戻したわけではなかったと思います。しかし1stセットを簡単に取ることができたことによって徐々に余裕が出てきたようでした。錦織のギアも上がってきましたが、ベルダスコのギアも上がったので最終的には取り切ることができませんでした。

ご存じの通り錦織はスロースターターの傾向があり、逆転勝利も多い選手ですが、さすがにトップ10選手相手に大きくリードされた状態から挽回するのは至難の業です。また落とすにしても「このままじゃ終わってくれそうにないな」と相手に思わせることも必要だと思います。

臀部の痛みの影響がどのくらいあったか分かりませんが、どの選手もどこかしら痛めてますから(ベルダスコも前の試合で捻挫)そういうことを理由に求めるわけには行かないでしょう

注:錦織が負けを故障のせいにしてるわけではありません(実際していません)。ファンとして「痛かったから負けた」とは安易に思わない方がいいのでは、という提言です。

。。。今日は辛口ですいません。錦織はもっとできるプレーヤー!という思いが強いもので・・・。

ポイント推移

Set1
G1圭×○××× 0−1
G2ベ×○××× 0−2
G3圭×××× 0−3
G4ベ○○××○○ 1−3
G5圭○×××○× 1−4
G6べ×××× 1−5
G7圭××○○○○ 2−5
G8ベ○×××× 2−6

Set2
G1圭○○○×○ 1−0
G2ベ×○○××× 1−1
G3圭○○○○ 2−1
G4ベ×○○××× 2−2
G5圭×○○××○○○ 3−2
G6ベ○○×××○×× 3−3
G7圭○×○×○××× 3−4
G8ベ×××× 3−5
G9圭○×○○○ 4−5
G10ベ○×××× 4−6

Set3
G1圭○×○○○ 1−0
G2ベ×○○○×××○×× 1−1
G3圭○○×○××○×○○ 2−1
G4ベ×××× 2−2
G5圭×○××○× 2−3
G6ベ○×××○○○××× 2−4
G7圭○○○×○ 3−4
G8ベ○×○××× 3−5
G9圭×○××○× 3−6

錦織の戦術について

WOWOWのレポートでは、事前練習ではダンテコーチとベルダスコのフォア側を攻める練習を激しく行っていたとのことですし、実際に試合でもベルダスコのフォアに多くボールを送っていました。

何か深い理由があったのかもしれませんが、私の目にはこの作戦は上手くいってないように思えました。やっぱりベルダスコのフォアは一流ですし、もう少しバックハンドを狙っても良かったのではないかと思います。

また、錦織のバックハンドクロスはベルダスコのフォアになるという条件も影響したと思います。テニスの基本はクロスですから、いくらベルダスコのバック(すなわち錦織から見てストレート)を狙いたくても、クロスより多く配球することは難しいです。ストレートは決まらないと逆に自分側のオープンスペースを広げる結果となってしまいます。

ベルダスコとしては錦織バッククロスの後のフォアストレートが確率高く入ればラリーの主導権を握ることができます。そしてそれが上手く行きました。

ベルダスコのバックからの展開についても全く同じ条件を錦織は持つことになりますが、ベルダスコの方が効果的に緩めのバックストレートを使っていた(読ませなかった)ことと、錦織のフォアの火力がベルダスコより小さかったことが差となりました。

私が増やして欲しかったのはスピン系で角度を付けたフォアハンドのクロスです。十分角度を付ければスライスでの返球が待っていますので、もっと攻撃できたと思います。そういう球は数多く来なかったことも事実ですが・・・。

全豪オープンを終えて

本日は負けてしまい私も辛口になってしまいましたが、それはこの試合に限った話のことです。1回戦、2回戦と素晴らしいテニスの上にこの敗戦があるわけで、それらの価値が下がるわけではありません。2011年の錦織は確実に進化していますので、これからも引き続き期待できると思います。簡単にポンポンと勝つことは難しいでしょうが(できたらあっという間にトップ10w)、これからもたくさんチャンスはありますので引き続き応援していきましょう。

課題としてはやっぱりサービスと、気になるのはフォアハンドの攻撃力ですかね。ミスは前から出ていましたが、フォアのエースが減っているのが気になります。ドロップショットが非常に上手く、最も頼れる武器となっている感じすらあります。しかし本来はフォアハンドでガンガン攻撃するのが錦織テニスの核だと思うので、もっとガンガンフォアで(バックでもいいのですが)エースを取ってほしいですね。いやギルバートはそんなこと言わないかな・・・。

次はおそらく2月7日からのSAPオープンになると思います。WOWOWで(録画になると思いますが)放送してくれるらしいので、これも楽しみですね!

この1週間、本当に楽しむことができました。それも錦織とチームのがんばりと、このブログを盛り上げて下さった皆様のおかげです。本当にありがとうございました!

28 件のコメント

  • 団長さん、試合のレビューありがとうございました。

    辛口のコメントには感じなくて、よく分析されているなぁって感じました。
    結果は残念でしたが、良い経験になったのではないかと思います。

    今日はあまり調子良くなかったみたいですが、
    チェンナイも今回もいい感じになってきていると思うので、、
    これからどんどん、わくわくするような試合をしてくれるはず。。

    またここで応援できたらなと思います。

    ブログが盛り上がっていてすごく楽しかったです。
    ありがとうございます。

      引用  返信

  • 素早い&詳しい試合レビュー、大変興味深く拝見しました。

    ちょうどGAORAの試合を今見てました。
    あんな風に打ててたら…とつい思ってしまうんですが、
    きっとファリャとベルダスコのボールは違うんでしょうね。

    facebookコメントを見ると、もう前を向いてるのかな。
    英語だからそう感じるのかな。
    早いアップでしたね。

    今まではテレビにのみ向かって応援してましたが、
    今回はみなさまの分析を読みながらPCに向かって…
    とてもとても勉強になることが多かったです。
    自分のテニスのモチベーションもすごく上がりました。

    こんな楽しみ方もあるのかと、すごく世界が広がった気がしました。
    ありがとうございました!
    そしてまた、どうぞよろしくお願いします。

      引用  返信

  • 今NHKで圭くんのコメント一部だけ流しましたね。
    圭くん、緊張して、完全にあの雰囲気にのまれた…みたいなこと言ってましたね(>_<)疲れきってる感じに見えました。
    あの雰囲気は一回経験すれば、精神面は次に向けて必ず強くなるはず!GO GO Kei !!!

      引用  返信

  • 錦織選手、お疲れ様でした。
    団長さん、皆さん応援お疲れ様でした&いつも実況ありがとうございます。
    悔しい負けでしたが、これを糧にしてまた進化した姿を見せてくれると思います。
    皆さん今頃脱力状態? 祭の後の静けさ・・といったところですが、すぐ次の祭が始まりますからそれに備えてエネルギーを蓄えておきます。

      引用  返信

  • 応援掲示板のみなさん、どうもお疲れさまでした。
    負けはしましたがとても楽しませてもらいました。
    嫁もなぜかデビューしたし・・・

    団長、ピザは美味しかったですか?ww

    この3回戦を負けはしましたが、チェンナイも含めた今年の出だしは今後大いに期待出来る上々のスタートを切ったのではないかと思います。で、嫁とワインを飲みながらグダグダ話した結果、今年の錦織の目標を2つ勝手に定めさせてもらいました!

    それはズバリ「来年の全豪はシード選手になる!」です。
    なんとか今年中に45位とは言わず30位台前半に入ってもらって、シード選手と当たるのは3回戦になってからという状況を作って欲しいな・・・と。今年以上の成績を収めるためにも。

    そしてもう1つは「今年中にフェデラーと対戦する!」です。
    フェデラーと対戦できる大会と言えば基本的にはグランドスラムかマスターズ1000かといったところでしょう。つまりはそれに常時出なければならないということです。運が良ければ1回戦か2回戦で当たれますが、そうでなければ上位進出しないと当たれません。なので「フェデラーと戦う」というのは良い目標になるのではないかと思った次第です。TOP3の中で当たってないのはフェデラーだけですし、まだ今年いっぱいはフェデラーも全盛期に近い状態でしょうから、なんとか2011年のうちに対戦を!

    ともかく、お尻が痛いかも知れないのでサンノゼまではゆっくり調整するでしょう。2月のアメリカシリーズが実に楽しみです!

      引用  返信

  • 私はテニスについて全くの素人なので、
    試合のレビューや分析など本当によい勉強になってます。

    団長さん、いつも本当に感謝です!!

    今日の試合が終わった後は
    かなりショックを受けていたのですが、

    namicchiroさんの言うように、
    facebookのコメントから、圭君はすでに前を向いていると感じました。

    私も次戦への応援に気持ちを切り替えるぞ!

      引用  返信

  • そのfacebook情報によると、明日錦織は日本へ一旦仕事で戻ってくるみたいですね!

      引用  返信

  • 団長さん、早いレビューありがとうございます!
    みなさんも応援お疲れさまでした!

    負けてしまって残念でしたね。
    そうですか…圭くん、緊張してしまったのですね。
    思えば、登場の時からそんな雰囲気だったかもです。対するベルダスコは、笑顔が見えて、余裕というよりは『自分の世界に入っていて、他の余計なことは目にも耳にも入らない』ような雰囲気を感じました。

    緊張がうまく働いてくれる時もありますが、今回は身体を縮こませてしまったみたいですね。
    もっとできたはず!って気持ちはみなさんも一緒で、きっと圭くんはそれ以上に感じているでしょう。
    この経験を糧に、さらに上を目指してほしいです!!

    次は2月ですね。その前にGAORAかな?あれ?

      引用  返信

  • 以前から覗かせていただいてたのですが、初めて書かせていただきます。
    私もWOWOWで叫びながら生中継を見てました。
    いやー1、2回戦がわりとよかったかな?なんて個人的に思ってただけに、悔しかったです。
    一旦日本に、ってこれはもしかしてユニクロとのスポンサー契約の記者会見とかでしょうか??わからないですが(^^;)

    詳しいレビュー、ありがとうございます!すごく読んでて面白いです。
    またブログに遊びにこさせていただきます!^^

      引用  返信

  • 残念でした。今日はいつもの持ち味が出てない感じでしたね。
    ギルバートと相談して、話し合ってプレースタイルを探ってる途中でしょうから、きっと自分の攻めたいようには攻められなかったのかなとも思いました。ギルバートもすぐに結果を出すのではなく、長期でといってるので、こんなにすぐに結果が出てしまうはずもなく。でもそうはいながら3回戦まで行ったのは、ギルバート戦略なのか、それとも圭クンのポテンシャルなのか。

    せっかく調子が上がってきたので、いま一番怖いのは怪我。どの一流選手も怪我の予防には十分気を使ってるはず。
    1年間大怪我なく、突っ走ってほしいです。

    次はSAPオープンですか。
    ユニクロの会見も楽しみ。

      引用  返信

  • 圭選手、お疲れさまでした。残念でしたね。

    ≪経験値≫の差ですよね。この中には、フィジカルもメンタルも
    そして、すべての練習量、観衆の中での試合の経験等々。

    まだまだ、これからですね。
    沢山の経験を経ながらも、一つの経験で幾つを得る事ができるかが
    成長の加速度に比例すると思います。

    圭選手には、その賢さと直感的な部分が備わっていると確信しています。

    今日の負けはとても残念ですが、これからをとても楽しみに感じました。

      引用  返信

  • 試合前から緊張してそうでしたもんね。

    でもみなさんのいうとおり、今後に期待できますね\^o^/

      引用  返信

  • 圭君期待してたのにー!
    残念ー!
    メディカルタイムアウトんとき、すごい心配してしまった〜。
    団長、圭君はこれからだもんねー
    このブログにコメしてる人てっきり男性ばかりと思ってたけど、奥様が多くてびっくり!
    こんどからもコメしやすくなります〜
    皆さまこれからもよろしく!
    圭君ガンバ!

      引用  返信

  • 応援板の皆さん、お疲れ様でした。
    やっぱり最初は、
    あのふんいきにのまれて、
    硬くなってたんですね。
    はがゆいけど、
    そんなところが
    かわゆい圭くん♪
    今年の全豪は、とても
    楽しませてもらいました。
    十分休んでら、
    今回見えた新たな課題に取り組んで、
    どんどん成長していってほしいです。

    3回戦まで残ったことで、
    ランキング、またあがりますね。
    ケイメヒコさん、
    よろしくお願いしますo(_ _*)o

      引用  返信

  • こんばんは。辛口ではなく、的確な分析だと思います。ただ、あのあたりのブレイクタイムをうまく利用して頭の整理をする賢さは、アカデミーなどで、世界のトップレベルの仲間たちの中から勝ち抜いて生き残ってきた錦織選手ならではですね。賢い。また、あえて、ベルダスコのフォアをねらう作戦はよく使う手段です。フォアが得意だからこそ、逆に弱点にもなりうるんです。特に、回り込む選手に対しては。しかし、今日はゲーム組み立てる前の段階で錦織選手が自爆してましたね。ベルダスコの球をおさえこめてないというかあってなかったですね。ベルダスコ選手もトップ5に入ろうかという才能あふれる選手ですし、初戦でなく、三回戦とか上のラウンドで勝てるほど甘くはないと思います。80位台とトップ10の差がありました。少し、先ですが、全仏やウィンブルドンが楽しみですね。

      引用  返信

  • 団長、いつもながら御苦労様です。
    有難うございます。

    出足は緊張なのか、安定性を求められているせいなのか、両方なのでしょう、ボールを振り切れず、置きにいっている感じでアレッと思いました。

    圭君元来のミスを恐れないプレースタイルと、これからの課題のミスを減らすプレーのバランス、ジレンマをどうやって克服していくのか、圭フリークも辛抱強くこれからも見守っていきます。

      引用  返信

  • こちらブログのコメント欄でははじめまして。
    最近、応援掲示板に御邪魔している者です。

    管理人さんの錦織選手に対する愛が感じられる辛口レビューを
    興味深く読ませて頂きました。個人的にはベタ褒めの内容より
    も、先の課題が鮮明に見えて有り難いです。テニス経験者なら
    ではの御意見というのは貴重だと思います。

    結果は惨敗に見えましたが、結果ほどには能力差は感じなかっ
    たです。何と言うか「咬み合ってなかった」感が強い展開でし
    た。ベルダスコ選手は、さすがトップ10の実力の持ち主とい
    うパフォーマンスを見せていましたが、やり方次第ではあそこ
    までボロボロにヤラれる事も無い気がします。

    私は錦織選手はまだまだ強くなる余地を残していると思ってい
    ますので、将来的な事は楽観視しています。ギルバートコーチ
    の指導(特に体幹トレーニング)が実を結べば試合にも確実に
    効果が出てくるでしょう。

    これからも、このブログから情報を頂きながら、皆さんと錦織
    選手を応援していきたいと思いますので今後とも宜しくお願い
    致します。

      引用  返信

  •  なんだかんだ言ってもGS3回戦進出で90ポイント、次のランキングでは70位くらいまで上がります。誰かが書いてましたが、ケガさえなければ50位くらいまでは間違いないとして、問題はその先。そう言う意味でひろQさんが書かれた「全豪シード権」っていうのはちょうど良い目標かもですね。
     あえて書きますが、この試合、僕には「何としても勝ちたい」っていう気迫が感じられませんでした。際どい判定(特にネットに当たってフォールトに判定されたサーブ)にチャレンジしなかったのもそうですが、どうしてTop10の選手の気迫に負けなきゃいけないのか、理解できません。フォニーニみたいに気迫満々(時には空回り)でプレーしろとは言いませんが、物足りなかったです。よく本人が「テニスを楽しみたい」と言ってますが、この試合、楽しくなかったと思います。負けても楽しい試合ってあると思うんですけど、この試合はそうではなかったと思う。このあたりも今後の課題かなという気はします。
     それにしても、GSの3回戦でTop10に負けてこれだけ言われちゃうっていうのは、高い期待の表れですよね。

      引用  返信

  • 昨日は悔しくてサッカーの試合もみなかった・・。

    錦織選手はかなり緊張していたみたいですね。おなかも痛くなるくらいww
    まあ、経験の差なんでしょう。
    これから沢山経験を積んでいろいろ強くしていってほしいです。

    でも、去年のことを考えると本当にうれしいですね。

    もっともっとわくわくさせてほしいです。

      引用  返信

  • 修羅場を何度もくぐらなければ体得できないものの差を感じました。
    フィットネスであれ技であれメンタルであれ圭君には伸び白がたくさんあるのでこれからが本当に楽しみです。
    フェデラーが、全盛の今年対戦できるといいですね。
    ツアーで思いっきりもまれ、ひろQさんがおっしゃるように来年の全豪にはシードがつくようになるといいですね。
    だんちょ、皆さん、次は、サンノゼですね。

      引用  返信

  • 一晩寝て 気持ちも少し落ち着き、書き込みしています

    1,2回戦と比べ、気迫が少し足らなかったのが気になりました
    が、あの雰囲気に慣れていなかった?
    いや、ラファやじょことも試合して大会場は経験済みのはず(?)

    同じ思いの方もおられて(あ、あもくさんだ!)
    少しは慰めになりましたが・・・(#^.^#)

    もう今日は東京? お疲れ様、圭くん
    鼻血さんも こちらのファンの方々もお疲れ様でした
    次も圭の活躍を期待して応援したいと・・
    > SAP→(ひょっとしてメンフィス)→デルレイ→インディアンウェルス→マイアミじゃないかなと。

      引用  返信

  • 夕べ、PCのライスとで試合を観たあと、期待していなかったこちらの一般地上派でオンエアしてくれたので、今回の全豪で初めて圭君の勇姿を一般のTV番組で観ることができました。たった1回でしたけれど、オーストラリアのTVで観られてよかったです。実況の人は「今日の試合は、力の差が出ましたね。まるで大人と子供がやっているのを観ているようです。」との辛口コメントも…。(><)
    が、続けて「まだ若いし、将来性を感じますね。シュウジュウマツオカア(←ほとんどなんなのかわからない発音…。涙)のランクを超える数字を狙っているようですが、No.45どころか、No.30はゆうにいくのでは?それも、そう遠くないと思われます。」と。昨日の試合は苦しかったですが、時折見せる鋭いショットが、AUSのオーディエンスにもフレッシュな印象を残したと思います。
    いつか、見返してやりたいですね! がんばれ、圭!

      引用  返信

  • TV観戦ができたのが2セットのブレークされるポイントからと
    なんとも心沈むポイントからでPCを立ち上げる気分になりませんでした。

    ですが、何も考えず向かっていったフェレール戦より少し周りが見えるようになった今のほうが会場の雰囲気にのまれたのかもしれませんね。これは経験!!きっと慣れてただ目の前にいる選手とのゲームに打ち込んでくれるでしょう。

    3回戦出場なんですもの!!とても、いい全豪でしたね。

    これから、アメリカシリーズですね。楽しみです。

      引用  返信

  • 昨晩ダイジェスト版を見ました。
    私の知っているすごいダスコとはプレーぶりがいまいち元気が
    ないようでしたが、ここぞというところで決めるところは
    おぉ!ダスコ!!と思いました。
    錦織選手は、私は1回戦2回戦と見れていないのですが、
    すこしばかり元気がないように見えました。
    おっしゃるように、
    ドロップショット、本当に上手なんですが、これが多用されると
    つまらないですよね。
    フォア、私が過去に見た強烈にしこりショットより、
    やさしい感じになっていますね。
    きっと、全豪での経験で、どこをどうしたらいいか
    また見えてきてると思います。
    次にどんなふうなプレーを見せてくれるか、
    また楽しみにしています。
    素人目からもセンスはピカ一だと思いますから!!

      引用  返信

  • 私もダイジェストをみましたが、スタートから「いったいどうしたの?」という位、初戦・2回戦の落ち着き・気迫が感じられませんでした。インタビューでも「何もやらせてもらえなかった」と、今の持てる力を出し切れなかったやりきれなさが伝わってきました。
    このくやしさをバネにして、また向上していってくれるでしょう。

    この1週間、夢をみさせて貰いました。
    皆さんと盛りあっがった前夜祭も楽しかったです。
    圭くん、有難う!!
    今年、1回でも多く、圭くんの試合がみれるといいなあ。

      引用  返信

  • 昨日は途中からしか見ることができなかったので、
    今日気持ちが落ち着いてからビデオで見直しましたが
    やはり1,2回戦とは別人のよう感じました。
    グランドスラム3回戦を戦うことの重圧???
    会場の雰囲気???

    でも今回の敗戦で、また色々なことを勉強したでしょうから
    今後の試合を楽しみに待ちたいと思います。

    次はSAPオープン。
    2月9日wowowで放送されるそうなので、また元気に
    強い圭を見せてもらいましょう。

      引用  返信

  • トップ10選手との試合なので力負けするのは仕方のないことですが、
    試合に負けたとしても、気持ちで負けてほしくなかったですよね。
    でも、きっと次はやってくれると信じています。
    いい経験になったと思います

      引用  返信

  • 残念な内容でしたが、今年最初のGSでトップ10の選手と大きなコートで戦うことができたのは、よい経験になったと思います。あと三回ありますからネ!

    ひろQさん
    来年の全豪シード権の目標はいいですネ。ぜひ実現してほしいなぁ。
    あとツアー2勝目をできるだけ早くあげてほしいです。デルレイ優勝後に圭君を知ったので、ライブで優勝の瞬間を味わってないから。
    これからの活躍が楽しみです。

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。