錦織以外の日本人選手も頑張ってます

今年に入って日本男子が元気です。錦織圭以外にも、添田豪が京都チャレンジャー優勝。

そして先週、今週とメキシコのチャレンジャーに挑戦。高地のためボールが飛びすぎたらしく、コントロールに苦労したせいもあって1週目は1回戦敗退でしたが、2週目は逆転勝ちで8強入りしてきました。

ブログからも何やら、やる気が伝わってきます。

もう一人、伊藤竜馬(「りょうま」でなくて「たつま」)の活躍は目覚ましいものがあります。錦織より1歳年上の19歳。主にフューチャーズレベルで活動していますが、徐々に成績が残せるようになって錦織を除いた日本の若手No.1と言える存在になってきました。

若手と言えば杉田祐一もいます。昨年はスランプに陥ってランキングを大きく落としてしまいましたが、ライジングでボールをとらえるセンスは素晴らしいものがあります。今年はやってくれると思っています。

そしてこの3人は、錦織とともに4月のデ杯インド戦代表に入っています。ベテランの鈴木貴男と岩淵聡を加えた6人のメンバーは、勢いのある若手と安定感のあるベテランがうまくミックスされ、プレイスタイル的にもかつてない多彩な選択肢を持ったいいチームになった印象があります。インド戦は期待していいと思います。

女子でも杉山愛がソニー・エリクソンオープンで32強入り。まだまだ健在だというところを見せています。数年前と比較してさすがに成績は落ちてきた感がありますが、それでも杉山を超えてくる日本人女子がまだ現れないのですからすごいと思います。

女子は男子より層が薄いですが、その代わり周りのレベルアップのスピードは男子以上だと思います。その中であの位置をキープしている杉山のテニス自体は衰えてないのではないかと思っています。

モティベーション維持のためクリックよろしくお願いします!
↓↓↓
blogrankingにほんブログ村 テニスブログへ

錦織圭を鼻血が出るまで応援し続けるブログ

4 件のコメント

  • 杉山さんはハンチュコワとの3時間の激戦を制して見事四回戦進出ですね。
    2セット目タイブレで取られて3セット目も3-0の40-15まで持って行かれますが
    そこから驚異の挽回での粘り勝ちでした。いやはや、まだまだ衰えてきたなんて言ったら
    怒られてしまいそうですね。
    ダブルスも本来すぐ次の試合に組まれていましたが彼女にとって恵みの雨が降り
    休憩が余分に取れたお陰で森上組にストレート勝ち。
    5年前のスコッツデールでの大車輪の活躍を思い出し感動しました。
    彼女はまだまだ日本女子の厚い壁であり頼もしい存在で居てくれそうです。
    錦織君応援ブログで杉山さんについて熱く語りすぎてすいません(汗)それでは。

      引用  返信

  • ポロンさん、これはいいニュースをありがとうございます。

    杉山選手は時々確変しますね。
    スコッツデールはすごかったですね。たしか単複4試合を一気にこなして優勝したような。

    錦織以外の話題でも全然かまいませんよ。
    というかこれ、錦織以外の話題の記事ですし。

      引用  返信

  • いや、ほんと、スゴイ

    杉山さん頑張ってますね。
    ハンチュコワに勝つとは思いませんでした。
    私も、とっても熱くなってます。

    年齢を考えると、ほんと、
    頭が下がります。

    若い人がもっと力つけてくるまで
    もうちょっと頑張ってほしいです。

      引用  返信

  • siriusさん

    すごいですけど、正直WOWOWで勝てそうで勝てない杉山の試合ばかり見せられてきたので(もちろん応援してますけど)、これからは錦織の試合中心にしてほしいと切に願ってます。

    そのためにはチャレンジャーでもいいからポイントを取って早く100位に入ってほしいんですけどね。

    グランドスラム本戦1回で一般のATPツアーの何大会分の経験ができるのではないかと思ってますから。

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。