錦織圭、練習を公開

テニス 錦織、実戦復帰へ練習公開…全豪は出場に慎重姿勢

練習を公開するということは、ちゃんと打てているのでしょう。良かった良かった。 リンク先の写真も、スイングスピードが速すぎるのか手が見えていません。 しかしその一方で、

来年1月の全豪オープンについて「5セットマッチ(制の試合)は100%治ってからじゃないと……」と、出場に慎重な姿勢を示した。

「6~7割治っている。100%になるには、1~2カ月かかる」と説明した。

ってところが、非常に気になります。 6~7割って、思ったより治ってないですね。 というか、まだ完治じゃないのか。

これはまだしばらくかかりそう。 我慢我慢。

11 件のコメント


  • はみけさんのリンク先で見れない人用(IE以外)です。
    みけさんありがとうございました。

      引用  返信

  • 私は復帰に向けて順調だと思うんです。

    オーストラリア シーズンが終わってからアメリカでダブルスで試合に出てからシングルスかと思っているんだけど…
    シャラポアと同じようなかんじかな~って

    私はその位のんびりかまえてます。

      引用  返信

  • おこyさん、日経記事です。
    錦織「ヒジの痛みない」フォーム変更で負担軽減とのみだし
     
    男子テニスの錦織圭(19、ソニー)が27日、味の素トレセンで練習を公開した。8月に右ヒジの軟骨除去手術を受けたが10月中旬にコートに戻り、既にサービス以外の練習はこなしているという。「ヒジの状態は60-70%。以前のつっかかるような痛みはない」リハビリ中から体幹を鍛え、体全体で打つようにフォームを変えた。「おなかに力を入れて腕がのびきらないよう意識している。ヒジへの負担が減ったし、バックハンドが調子いい」
    ここ三ヶ月、現役時代に大怪我のなかった杉山愛さんの母で、コーチの芙沙子さんにトレーニング法から教えてもらった。単調なリハビリがつらすぎて一時期、松江の実家に帰ったことも。錦織は「今まで耐えることがなかったかr。(フィギュアスケートの)高橋大輔選手も逃亡したと聞いて(励まされた)」「なるべく早く試合モードに入りたい」。12月中旬には米国に戻り、来年一月か二月の試合復帰をめざす。

      引用  返信

  • リンク先の動画を見ても確かに以前と若干フォームに変化が見てとれますね。腰が入った感じでなんというか以前はフォームが「硬かった」ような気がしてましたが「柔らかくなった」ような気がします。まあ、あれだけではまだなんともいえないので、本番になったら分るでしょう。6~7割とはいえ本人のインタビューの表情を見ると手ごたえは感じているでしょう。私も全豪は暑いし体力面の不安もあるからパスでいいんじゃないかと。初優勝したデルレイあたりの2月から本格的に実践に入っていければという願望はあります。それまではあみんの名曲よろしくいつまでも私待つわ

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。