棄権理由は体調不良(08サービトンCH)

トルコからの移動中に体調を崩したらしいです。

怪我よりはましかな・・・。

来週は出るのでしょうか。以下、Nikkansports.comより。

錦織が体調不良で棄権/テニス

<テニス:サービトン・トロフィー>◇4日◇英国・サービトン
 男子シングルス1回戦で第4シードの錦織圭(ソニー)は第1セット、1-5から体調不良のため、棄権した。

 錦織のマネジメント会社によると、先週の試合が行われたトルコからの移動の際に体調を崩した。今後のツアー大会を考慮し、大事を取った。錦織は「(23日開幕の)ウィンブルドン選手権が自分の大きな目標であり、100%の健康が必要だと考えた」とコメントした。

 女子シングルス1回戦では、北京五輪出場を目指す中村藍子(ニッケ)が藤原里華(北日本物産)に3-6、5-7で敗れた。

9 件のコメント

  • 情報有難うございますm(_)m
    大きな怪我とかじゃなくて、まだよかったです。
    ツアーは移動の連続で、食べ物も色々だし、気温も。
    体調管理は大変だと思います。
    少し休養して体調万全にしてもらい、ウィンブルドン
    はじけて欲しいですね♪

      引用  返信

  • ふぅぅぅぅぅ、とりあえず大事にならなくて良かった。
    我々も力を溜めておきましょ♪

    でも、やっぱり・・・

    はやく はじけてぇぇえええっっ!!!

      引用  返信

  • >たるとさん
     怪我じゃなくてよかったと思いたいですね。
     ここで体調を崩したのは多少影響してくると思いますが、何とか持ち直してほしいですね。

    >reikoさん
     慣れもあるでしょうね。
     世界中旅すると、そりゃあ体調の一つも崩すことはあるでしょうね。

    >種丸さん
     来週、Queensでライスコあったらはじけましょう!

      引用  返信

  • どれぐらい体調悪いのかが気になりますね。一応ダブルスには出ましたが、簡単に負けているし。明日アルトワのメインドローが発表されると思いますが、名前があることを期待しましょう。どんなドローか楽しみです。
    ところで団長、怒ってません?TBSに。
    バースデイ、見ましたが全仏の予選がちょっとあるのは良いとして、ほとんど過去の編集ですよね。制作費ケチってんのありあり。

      引用  返信

  • 何か、僕が前に書いたみたいにずっと体調が悪いみたいなのが気にかかります・・・。

    関係ないですけど、今日、錦織と因縁のあるグロイルとコーレラーが試合するみたいですね。あと3時間くらいかな。

      引用  返信

  • >takolinさん、
     はい、TBSに怒ってます。この期に及んで「史上2番目の若さで~」とか言ってるし…。

    >katsuさん
     それは面白そうな対戦ですね。
    心情的にはグロイルに勝ってほしいですね。

      引用  返信

  • コーレラーが勝ちましたね。ストレートで。なんか、こいつに興味が湧いてきますね。どんな試合すんだろう。相手びびりまくらせて、スコ勝ち、それが通用しないとぼろ負け?!とかね。
    相変わらず「史上2番目・・・・」出てましたね!ちゃんと調べろっつーーのにね。団長、TBSにはお仕置きした方がいいっすね。
    いや何、団長の以前の記事送ってやったらいかがかと、、、

      引用  返信

  • ウィンブルドンを見据えての棄権とのことなので、そこまで体調は崩していないのかな?とも思えますが、やはり心配は心配ですね。

    サポートがあると言えど、ツアーで世界を転戦することは厳しいことですね。早期回復を願ってます。

    バースディでグリップ確認してみました。フルウエスタンは間違いないですね。僕はどれを見て、セミだと思ったのか?(反省)

    あれだけ厚い握りだと、フォアにグリップチェンジした時の握りがとても違和感でした。

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。