2セット終わったところで肩の痛みにより棄権するも、収穫大大大の復帰!(2024全仏2回戦 vs.シェルトン)

2024 French Open
2nd Round
Ben Shelton def. Kei Nishikori, 7-6(7),6-4,ret.

雨により2日がかりで行われた2回戦は、錦織の棄権で幕を閉じました。
初日は5-5まで。錦織は1回戦で4時間越えの試合をした影響か、肩の付け根を気にしながらのプレー。サーブもスピードが出ません。
それでもストロークでは優位に立ち、工夫しながらキープを重ねます。4-5で15-40のピンチがありましたが、力が入ったシェルトンがミスをして凌ぎます。
1回戦の疲労はあったはずですがフットワークは保っており、フォアハンドストレートが内側に入らず、タイミングも早かったことから好調は維持できているようでした。

しかし凶悪なシェルトンサーブはブレイクできず。これは仕方なし。

2日目(30日)も雨で試合開始が遅れましたが、日本時間で深夜1時ごろスタート。
少し休めたことはラッキーでしたが、肩の痛みは癒えず。今日もコースの工夫でサーブをやりくりせざるを得ない状態でした。

タイブレーク5-2までは順調。ただ、ここからアプローチや3球目のミスが出て、1ミニブレイク差で落としてしまいました。

2ndセットに入るとシェルトンがリターンから攻撃してきたこともあり、3球目ミスを頻発。肩の影響もあったかもしれません。
0-4まで行きましたが、その後はしっかりキープ。2-5からは初ブレイクを奪い、3rdセット以降に光が見えてきたところでの棄権でした。

結果は残念でしたが、サーブを強く打てない状態でも世界15位のシェルトンに互角のテニスを見せてくれた錦織、思ったよりずっとテニスの調子がよく、安心しました。
ただ、キープの不安定さに課題は残ります。これは復帰前からですが、3球目のミスが固まってブレイクされるパターンが目につきます。
1セットに1回程度ブレイクされるのは普通です。キープ率80%くらいだとそうなります。ただ、ブレイクされる時は「相手が良かったね」となるべく言えるような内容にしておきたいところ。
個人的意見としては、サーブで押せなかった時はもう少し攻撃性を下げてもいいのかなと思います(カウントにもよります)。
とはいえ、緩めると逆襲されるから先手を取りたいという気持ちも十分理解でき、難しいバランスであることは想像できます。
そんな中、デュースサイドのワイドスライス(いわゆる鼻血サーブ)からフォアのストレートというパターンが確立できていたのは良かったです。ミスになるか、内側に入ることが以前はよくありましたので。

シェルトンのプレーも良かったと思います。ディフェンスは上手くないし、ミスもしてくれますがタイブレークの土壇場での積極性があり、リターンのアタックも思ったより深く入ってきました。

大会直前までは「錦織の復帰はまだかいな〜」と言っていたことを思えば、直前の練習から含めて夢のような1週間でした。1回戦の勝利は内容も展開も格別でしたし、2回戦でも錦織はまだまだ十分通用すると思えて非常に喜ばしかったです。
あとは(いつも言っていますが)体の状態だけ。今回は肩ですが、前回の膝も完治したか不明ですし、芝のシーズンに入るとスリップからの捻挫も心配になります。姿勢を低くすることによる臀部の故障も過去にありました。

無理をする場面ではないので来週エントリーしているザグレブCHへの出場は取りやめるのではないかと想像していますが、そのあとハレ、イーストボーンと芝の大会にエントリーしています。ここをなんとか怪我せず乗り切ってウィンブルドン出場を期待したいですね。

19 件のコメント

  • 団長が仰るように夢のような1週間でした!
    錦織のプレーを全仏オープンのコートで観る事が出来たのですから💞

    以下は私の勝手な思いですが、2回戦、思えば1stセットのタイブレは取れなくて良かったかも。モチロン悔しかったですが、落とした事でその後棄権しやすくなった気がします。セットを取ってずっとプレーし続けてたら肩がよりダメージを受けてたと思います。

    また、2ndセットでシェルトンのサービスゲームをブレイクできたのは大きかったと思います✨今後の自信に繋がるのでは?
    なんたってシェルトンは15シードだしあの凶悪サーブだし😅

    次の試合は多分グラスコートでしょうか。心配ですが、ウインブルドンに向けて発進ですネ。慎重に、身体大切にして頑張ってもらいたいです。

      引用  返信

  • いきなり全仏での復帰で、錦織選手もスタミナ面ではキツかったと思いますが、見る方もいきなりの5セットのフルセットマッチは身体がなまっていので、結構きましたね。天候不順のおまけ付きでしたから。
    でも、また眠い眼を擦りながら錦織選手のプレーが見られる喜びが戻ってきて、こんなに嬉しいことはありません。
    どうか肩の痛みが大したことありませんように🙏

      引用  返信

  • 2回戦は最初から棄権してもおかしくなかったかもしれませんよね?
    それでも戦意を失なわず、痛みがある中でも活路を見出してできる限りのことをやって戦うんだ、という意欲が尊いし、とても貴重なことだったと思えます。
    実際、第1セットの5-5までの戦いは、緩いサーブしか打てない中、ストロークでも痛みがあったであろう中、様々に工夫して強敵と互角に戦える優れた応用力を見せつけてくれました。

    そして2回戦2日目、そのまま行けば、痛みが取れなくてもなんとかかんとかして2試合連続フルセットの錦織劇場に持ち込んでしまった可能性、なきにしもあらーず!そのことを思うと、あそこで棄権してくれてよかったと、むしろほっとしています。
    しっかり肩を治してください。そして、またコートで存分に戦ってください!楽しみにしています。

    今回の全仏は、「直前の練習から含めて夢のような1週間でした。1回戦の勝利は内容も展開も格別でしたし、2回戦でも錦織はまだまだ十分通用すると思えて非常に喜ばしかったです。」という団長さんの一言、これに尽きます。

      引用  返信

  • マックス164kmくらいのサービスでも5-5といけるのが、もちろんリターンミスしてくれる相手でしたが、錦織選手が魔法使いのように思いました。
    久しぶりにみた錦織くんのテニスは面白くて同じものを二回も見てしまいました。
    怪我が早く良くなることを祈ってます!
    楽しみに待ってます!!

      引用  返信

  • 団長さんのいつもながらの冷静かつ愛情溢れるレビューをありがとうございます。
    今回の全仏参戦で、錦織選手は、種々のハンデがありながら、ランク15位バリバリの21歳トップ選手相手に、いまだに紙一重のタイブレークを戦える実力があることを示しました。したり顔で「ニシコリはもうオワコン」などと言っていた奴ら出てこい、と言いたいところです。
    錦織選手自身、身体のコンディションさえ整えば、まだまだ戦えるという実感を持っているのだと思います。
    40歳までと考えれば、まだまだ時間はあります。
    楽しみです。
    我々もさらに応援体力を鍛えねばなりません。正直、初戦のファイナルセット、第1ゲーム終了時点で自分の応援体力ほとんで切れていました。大反省です。

      引用  返信

  • 昨日の棄権は、致し方ないですね。1回戦から無理しないでと願いながらの観戦でした!
    クレーの大会に一度も出ず、ぶっつけ本番でのぞんだ全仏オープンで初戦勝利。ここ数日久しぶりにテニス三昧、楽しませてもらいました。やっぱり錦織圭のテニスは、面白いと改めて感じました!!
    肩の状態が心配ですが、早く良くなることを願っています。
    ずっとずっと、応援してますよー。

      引用  返信

  • 故障からいきなりの全仏大会で、しかも1回戦を5セットマッチ戦って、身体が悲鳴を上げたのでしょうか。。
    2回戦は始まる前から肩の痛みを抱えながら、
    加えて全身筋肉疲労痛にもなりながら、
    売り出し中の若手15位相手に互角の勝負をした錦織選手。。

    もう感動しかありません。

    たらればを言うのもなんですが、
    肩の痛みがなかったら勝てていたのではないか?と
    思える様な試合でした。(世界15位に対してですよ!)

    2回戦で分かったこと。それは
    「錦織選手のテニスはまだ通用する、どころか、
    トップ選手相手にも全く引けを取らないプレーができる。
    肩の痛みさえなかったら間違いなく勝てていただろう。」
    という彼の実力値でした。
    錦織選手の底力を見た気がします。

    身体さえ万全なら、と思わずにいられません。

    故障しにくい丈夫な身体がほしいですね。
    彼のテニスセンスは(技術も)
    まだまだ進化し続けていると思えるので、
    身体が万全な状態でいつも試合に挑めることが勝利の鍵だと
    思います。

    20代の選手に比べて疲労回復に時間がかかるのは避けられませんが、疲労回復の時間が短縮できるようにと祈るばかりです。

    しっかり回復に努めて欲しいです。

    今回全仏に出たことで得るものはすごく大きかったと思います。
    何と言っても彼のテニスが「トップ相手に通用する、どころか
    全く引けを取らない、と言えるくらいの状態にまで戻ってきていること」を本人が実感できたに違いありません。
    それは本当に自信につながる大きな収穫だったと思います。

    錦織選手、
    どうかしっかり回復に努めてください。

      引用  返信

  • 間近で観ていてシェルトンの豪速サーブはど迫力でした。でもストローク戦になるとベン君、錦織選手の打つボールの予測がつきにくいのか、出足が遅れ気味で、リーチの長さでなんとか届いても、まずいリターンになることが多かった。だからあのサーブさえ返せれば、と祈るような気持ちで観ていました。
    ゆっくり体を休めて、完全復活への道を引き続き歩んでほしいです。力強く。

      引用  返信

  • 遅ればせながら、レビュー記事をありがとうございました。
    錦織の会見の内容と団長さんの見立てがほぼほぼ同様だった
    のが、さすがでした😃
    私たちがあまりに突然と思った全仏出場は、錦織自身も
    同じ思いだった。「毎日がテストのような感じで、出場を決めた
    のが3日くらい前(!)。2セットの練習をこなせていなかった(!)」
    トップ選手との練習でやれそうだという感触を得たんでしょうね。
    シェルトンとの試合についても、「こんな動きとサーブ(疲労が残り、
    肩の痛みがある)でもここまでプレーできたのはポジティブなこと。
    ストロークでは怖さがなかった。まだまだ戦える。(👏👏👏)」
    全仏に出て2試合戦ったことは大いなる収穫あり!
    「前ほどには出られないが、しっかりと普通の流れで大会に出られる
    ように戻りたい」
    そうなのよー!錦織さーん!!
    私たちの思いはあなたと一緒😍‼️
    錦織がポジティブでいることが本当に心から嬉しいです😂

      引用  返信

  • サーブの時に痛みを浮かべる表情を見るにとても二週目まで戦える状況ではないなと思っていたので初戦突破だけでも大大満足の復帰戦でしたね!

    頑なに変更しなかった一回りフェイスの大きくなったラケットでのフォアの安定感が今大会最大の収穫だったと思います。体調がベストな時でさえ米ソ冷戦時代か!ってぐらい多発した宇宙開発が今大会ほとんど見られなくて凄くワクワクしましたw

    前哨戦なしのぶっつけ本番で全仏に挑んだのも意外でしたが、錦織全仏モデルのウェアがご用意されてしまうとどうしても大人の事情が働いてしまうのだろうか…などと勘繰ってもしまいたくなりますがまあ関係ないでしょう(多分)
    今後は一刻も早く体力面体調面で100%に近づける事が最優先事項でしょう。テニスのクオリティはやはり錦織圭だなあということを改めて認識させていただきました。芝シーズンはスルーでも良いでしょう。

      引用  返信

  • 団長さん、レビュー記事ありがとうございます。
    雨で中断するたびに寝落ちしてしまい、まともに試合を観れてない(^_^;)ナンテコッタ
    でも記事を読んで流れがよくわかりました。

    本当に、錦織選手の工夫能力はすごい。
    頭脳と技術を駆使して凶悪シェルトンサーブに食らいついていく姿には痺れました。
    まあ、ラオニッチ選手、イズナー選手、カルロビッチ選手等、ビッグサーバーと何度も対戦してきましたからね。経験は豊富です。

    マイアミで肩を痛めたらしいですが、怪我の治りが遅いのが気になります。
    少し休んでよくなればいいですが・・・。
    痛いところが、足首、膝、肩と次々移っていくのは術後の後遺症で仕方ないのでしょうか。もうこれで最後になりますよう祈るばかりです。

      引用  返信

  • 錦織選手、本当にお疲れ様でした。
    まだまだ、トップ選手といけますよ。おけいさんが言われているように、怪我の治りが遅いのが気になります。
    でもまだ、大丈夫!また応援!!するだけ!

      引用  返信

  • 常々疑問に思うことがあるのですが、今回の全仏でもジョコビッチとムゼッティの試合が午後11時前に始まって午前3時過ぎまでかかったことについて複数のテニス選手から疑問の声が上がったようです。
    素人の私から見ても、そんな時間帯に戦わせるなんておかしいな、と思うし、他の大会でもダブルヘッダーを戦わせたりすることもあるし、テニスの試合は決められた試合を消化することに重点が置かれているんだなあ、選手の体の状態などほとんど無視されているんだなあと常々思っています。

    そもそも、四大大会で女子は3セットマッチなのに、男子は5セットマッチなのに納得がいかない、どちらも3セットマッチでいいのでは?と思ってしまいます。3セットマッチでも実力は測れるわけですよね?
    5セットマッチの方が試合が面白いからなんでしょうか?錦織圭がフルセット行ったらめちゃくちゃ面白いことは認めますが…

    錦織圭が5セットマッチのフルセット行った場合に勝率が高いのは、もちろん彼の優れた技術と精神力の賜物だけれど、その代償も高くついていると思います。
    フルセット行かずに勝とうとするなら、技術だけでなくそれにプラスしてピンチを一発勝負で切り抜けられる力技がどうしても必要では?(ま、その前に負けてしまうのなら、話はすこぶる簡単ですが…)
    何としても勝とうとするなら、その選手が小柄(非力)であった場合、優れた資質を持っていればいるほど試合は長くなるのでは?
    そして5セットマッチをフルセット戦った場合、2日程度の休みでは体は回復しないのでは?
    このことは体が大柄で力のある選手についても、実力が拮抗している選手同士が戦う場合、全く無関係な話ではないと思います。

    選手の体が試合で過酷な状態に晒されることついては、大会の主催者側にいる人達はほとんど無視しているというのが、私の印象です。
    いかに集客し、いかに多くの試合を限られた時間と期間内に消化するか、ということしか頭にないのでは?と疑っています。

    多彩な魅力をもった選手たちがそれぞれに活躍でき、より面白い内容の中身の濃い試合ができるように、もっと大会全体の在り方、システムを見直してほしいもんだなあと思っています。ま、一素人のつぶやきに過ぎませんが…

      引用  返信

  • 私も全くのド素人ですが、同感です!!
    なにか不公平さをいつも強く感じます。
    皆、同じ条件でやらせてあげたいと思いますがそうはいかないこともわかります…
    が、しかし、5セットマッチはつらい…でも錦織君のように時間をかけて勝機を見い出す試合は面白い…がしかし
    身体が削られる(泣)
    テニスって上品なスポーツかと思いきや、とてつもなく過酷ですよね、いまさらですが…

      引用  返信

  • いやあ、そのジョコは全仏準々決勝を棄権ですよ。。
    フルセット4時間半を2試合連続では、さすがのジョコも
    回復は難しい。怪我もあったそうですが。
    錦織のカルロビッチ、カレーニョブスタの2連戦フルセットの後の
    ジョコ戦を思い出しました。ジョコだって、錦織と同じ状況になれば
    厳しいってことがわかりました。
    5マッチのフルセットを応援する方はものすごくエキサイトするし、
    数々のドラマが見られるけれど、プレーする選手にとっては本当に過酷です。
    ウクレリアンさんがおっしゃりたいこと、理解できます。
    さあ、どうなるんでしょう、今年の全仏は。。。
    アルカラスvsシナーの決着ですかね。

      引用  返信

  • 本当に、今回ジョコビッチが初めて”人間”に思えました。錦織もジョコも大事に至りませんように!

      引用  返信

  • お互いにガンガン強打する試合を見ていると、格闘技の殴り合いのようです。体力消耗しないはず無い

      引用  返信

  • こんばんは。
    こちらにコメントして良いものか迷いましたが・・

    木下グループジャパンオープンテニスのチケット販売(抽選)が少し前から始まりましたね。
    ダメ元でパッケージシートの抽選に応募したら・・当たった。
    毎年パッケージシート抽選日をチェックし、落選しては単日券抽選申し込みやら、
    先行販売チェックして席種選んだり、グッタリしてたのに・・。
    今年も抽選申し込み期間や販売予定日をチェックしまくって覚悟してたから
    なんか拍子抜けしました。
    当選したら当選したで、毎日違う席ってのも面白いんだよなあ、
    パッケージシートか・・なんて贅沢にも思ってしまった

    何はともあれ、錦織選手を現地応援する準備は出来ましたから~~
    待ってますよ(^_-)-☆

      引用  返信

  • こんばんは いつも楽しく拝見しています。
    上にジャパンオープンテニスの記事があったので便乗です。
    今度2024ジャパンオープンテニスにテニス仲間6名で福島県から観戦ツアー(9/26.9/27)組みます。
    チケットぴあでいち早プレリザーブの6枚セットで申し込むこと考えてますが6枚セットって並びの席とれるのでしょうか?
    コートサイドSS席かS席を検討してます。
    一応事務局にはメールで問い合わせているのですが返信なくて。
    ご存じのかたいらっしゃいましたらご教示お願いいたします。

    それにしても先行特別販売手数料って高いですね。チケット台の10%近くとられる。😭

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。