AIG Sundayに行ってきました(2)

昨日の続きです。どこまで書きましたっけ?

そう、スタジアムに入ったところでした。すでに1階は満員状態(ただし、荷物を置いた席取り多数)、2階席も半分くらい埋まっていました。

しかし一番驚いたのは、関係者席が異常に多かったことです。

北側のブロックはすべて「関係者席」の札が下がっており、がらがらの状態でした。コロシアムの1/3ほどが関係者席だったと思います。

果たして5000人も関係者席があったのか疑問です。せっかくこれほど見たい人がいたのですから、関係者席はもっと小さくても良かったのではないでしょうか。
(あるいは、これほど人気が出るのは計算外だったのかもしれませんが)。

私は指定の良い席で見ることができましたが、自由席を買っていた友人はかなり後ろの席になっていました。
別の友人の話によると、開場前の12時半くらいに来たにも関わらず、すでにコロシアム隣の高速道路の架橋のところまで、自由席で入場しようとする観客の列ができていたそうです(推定2000人くらいか?)それでも開場の1時までには列が後ろにどんどん伸びて言ったそうですから、前夜祭としては異例の人気だったと言えます。

1回戦が29日になるか30日になるか分からず、かつ平日ですので、「確実に錦織(あるいは伊達)」が見れる&1000円と安いAIG Sundayに人気が集まったものと想像されます。

錦織が登場した時間は1時間もありませんでしたが、確かに錦織vs添田、伊達vs森田、鈴木・岩淵vsロブレド・フェレールが1000円あるいは3000円で見れる今回のAIG Sundayはお得だったと思います。

さてイベントの模様をレポートします。

最初にGAORAで実況している鍋島アナウンサーが登場して、「GAORAで私の実況をご覧になった方はどのくらいいらっしゃいますか~」と。

結構大きな反応があり、鍋島さん「ありがとうございます!」と嬉しそうでした。
鍋島さんの声は聞いていてなんか幸せな感じになりますね。とても感じのいいアナウンサーさんです。

その鍋島アナの紹介で選手が入場してきました。添田豪、鈴木貴男、岩淵聡、森田あゆみ、クルム伊達公子、車いすテニスの国枝信吾、斉田悟司の各選手が入場。そして最後に我らが錦織圭が登場!

なんとエア・ケイでサインボールをスタンドに打ち込みながらの登場。結構ノリノリでした。

マイクを渡されてもはきはきと答え、このイベントを心から楽しんでいる様子。
注目されていることは思ったより楽しんでいるようで、いつもの自然体だったので安心しました。

そして錦織圭から北京パラリンピックで金メダルを取った国枝選手に花束の贈呈。
感想を求められた国枝選手は

「錦織選手はいい匂いがしましたw」

としっかり笑いを取っておりました。

残念ながら国枝選手はヒジを痛めたということで斉田選手との車いすテニスエキシビジョンは中止となってしまいました。

国枝選手も、斉田選手も、多くの人に注目される今回のイベントは車いすテニスの知名度を上げる絶好な機会だっただけに残念だったと思います。
ぜひともJTAさんには次の機会を作っていただきたいと思います。

次はお待ちかねの錦織圭vs添田豪の公開練習でした。
しかも鈴木貴男選手の解説付き。

簡単なウォームアップの後、6ゲームのエキシビジョンマッチが始まりました。
添田選手がわざとチャンスボールを上げて圭君にエア・ケイを打たせると9500人の大観衆は大盛り上がりでした。
試合は添田選手が随所に素晴らしいプレーとサーブを見せ、4-2で勝利しましたが、錦織も強烈なフォアを度々見せて観客を沸かせました。

次はクルム伊達公子ねえさんと森田あゆみ選手が入場してきました。

この日は伊達さんの38回目の誕生日だったので、伊達さんが入場するときに鍋島さんの音頭でハッピー・バースディの大合唱が起こりました。

鍋島さんは「成人式と18歳の誕生日おめでとう」と伊達さんを茶化してお祝いすると、伊達さんは照れ笑い。

この日、伊達さんは全身ピンクのテニスウェアで登場。しかも全く違和感がありませんでした。
ピンクを着させたら林家パー子さんか伊達さんか、というくらい似合っていました。

一方、森田あゆみちゃんは全身黒のウェアで、ウェアだけを取ったら年齢が逆のようでした。
錦織-添田と同じく軽いウォームアップの後、エキシビジョンマッチ4ゲームを行い、2-2で終わりました。

森田選手のストロークが鋭く決まっていましたが、伊達さんのライジングは健在で、リターンのポジションも現役(今も現役ですけど)時代さながらの超攻撃的ポジションでした。

膝の曲げがすごくて驚きました。38歳という年齢を考えると驚異的です。
1回戦の対戦相手、イスラエルのペール(ピアー)は厳しい相手なので勝ちを要求するのは酷だと思いますが、いい試合をしてくれると思います。

練習後のインタビューでは伊達さんの、「私はルーキーですので」「今のところ動けているので、年齢のことは気になりません」といった頼もしい発言を聞くことが出来ました。

最後は鈴木・岩淵vsロブレド・フェレールのダブルス。試合としてはこのダブルスが一番面白く、鈴木選手の高速サーブや岩淵選手のタッチのあるボレー、スペインペアの「ストローク命」なプレーを堪能しました。

最後は駆け足になった感じですが、こんな感じです。

2 件のコメント

  • 昨日はお会いできて嬉しかったです。
    皆様にも宜しくお伝えくださいませ。
    これからも記事を楽しみにしています。

      引用  返信

  • 私も行って来ました。

    そんなに関係者席多かったたんですね?
    午前中ですでにかなりの人が並んでいたので、かなりびっくりしました。

    この日のために買った一眼レフで圭君を激写しました!

    撮った写真は4倍以上あるのですが、伊達さんの方が格段にいい表情してたんですよね。。。圭君なんか殆ど下を向いてる写真ばっかで・・・orz・・・。

    その辺は若さですかね・・・。

    でも、絶対に来年はどっかのGSに応援に行くことを心に決めて貯金(&寄付受付)を開始しました!!

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。