準々決勝はグルビスとの対戦。勝手に分析

2回戦、第1シードのセラに快勝した錦織圭。

準々決勝は、第8シードのグルビスとの対戦です。

グルビスはラトビアの19歳。最新ランキングは88位です。

錦織同様、将来が有望視されている新鋭です。

190cmの長身から繰り出すサーブが大きな武器。

現在は88位ですが、昨年の10月には46位まで上がっています。

今年はラスベガスでのベスト8以外に大した戦績はありませんが、昨年のUSオープンではトミー(地味ー)ロブレドを破ってベスト16に進出しました。

今年は勝ててないと言っても、マイアミではダビデンコに、インディアンウェルスではナルバンディアンに、ともにファイナルセットタイブレークという大接戦を演じているだけに、地力はすごいものがあります。

今大会の2回戦で対戦したチリのニコラス・マスーに対しては昨年から3連勝。カモにしているようです。

グルビスのサーブの強さは数字にも現れています。

グルビスのYTD Match Facts(年初から今までの統計) を見ると、サービスエースが105本。

行ったサービスゲームが137ですから、1ゲームに0.8本ほどの割合でエースを取っています。

錦織圭のサービスエースは28本、サービスゲーム数は106(1ゲームあたり0.4本)ですからサービス力には大きな差がありそうです。

ただし、今回はクレーコートですからサーブ力の差はそれほど不利には働かないと思います。

これに勝てばドナルド・ヤングとの激突が期待できます。今からわくわくしてしまいますね。

6 件のコメント

  • Mさんの情報どおり、グルビスは確かに強いでしょうが、それは今日勝ったセラだって強いわけで、勝てないことはないと僕も思います。「クレーが好き」という錦織の持ち味が出せれば充分勝てます。勢いで行けば錦織だと思いますんでQF突破はそう悲観していません。OOP見ましたが現地時間19時開始のようですね。ちょうど僕もテニスやっている時間ですんでnetdashさんの速報を楽しみにしてます。

      引用  返信

  • 準々決勝、楽しみです。

    錦織君が勝つと、ブログランキングが上がるっていうのも嬉しいですね。

      引用  返信

  • ぜひ次の試合勝ってヤングとの同世代対決を見てみたいですね~!
    がんばれ~!!

      引用  返信

  • いつも楽しみにみてます!ビッグサーバーとはあんまり相性の良くない錦織ですが、自分の展開に持って行って是非勝ってほしいです!

      引用  返信

  • Mさんの情報詳しくてためになりますね。
    すごい面子と対戦してるんですね。確かにそういう相手とやっていると格下と対戦した時に楽に感じるのかなぁ?
    しかし錦織が調子を上げていれば判りませんからねぇ、初対戦ですし期待してます。

      引用  返信

  • 皆様コメントありがとうございます。

    takolinさん、なるべく早く報告したいと思いますが、時間によっては私も練習しているかもしれません(笑)。

    siriusさん、ブログランキングは本当に皆さまに感謝しております。1位のブログは相当面白いので、強敵だと思っています。ランキングより内容で負けないようにがんばりたいと思います。

    gaoさん、私もぜひ見てみたいです。GAORAさん放送してくれないですかね~

    gomisawaさん、ありがとうございます。
    ビッグサーバーと相性悪くないと思いますよ。リターンいいですから。
    ビッグサーバー=強い、ということですからみんな苦手なのでは(笑)
    ビッグサーバー+並のストローク力、だけで相当上位行けますよ。

    たなーさん、ホントにすごい面子とやってます。
    添田もすごいですけど、錦織の方が普段やってる相手も強いし、ランキングの高い選手に勝っているので、錦織と添田のランキングが同じくらいでも錦織のランキングの方が価値が高いと思ってます。
    もちろん添田も応援してるし、素晴らしい戦績を出してますけどね。

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。