錦織圭、酷評される(08イズミールCH2回戦)

世界のチャレンジャー大会のレポートを掲載してくれているTennisalternative.comに、錦織のイズミールチャレンジャー2回戦の様子がアップされていました。

それによりますと、1本いいショットを打ったら2本ミスるようなペースで、相手のMarchenkoは素晴らしいプレーをしたこともあり、最後の方は試合を投げ気味だったようです。

ここのレポートは辛口なんで、額面通り受け止めるべきかどうかは迷いますが、あまりいいプレーじゃなかったようです。

「あまり負けて悔しそうでもなかった」とのことです。

にわかには信じがたいですが・・・。

もともと感情を大きく表に出すタイプではないので、外国人から見たらそのように見えてしまう傾向はあると思います。けど、やっぱり悔しいと思うけどなあ。

15 件のコメント

  • やはり、そういう評価になるでしょうね。スコア見てただけでもそういう感じが伝わりますモン。団長の書いていた3ポイント目もそうだし、そのあとの例えばBPなんかもあっさり取られているし、、、
    メンタルかフィジカルか、なんかあるのは確かかも。
    僕としては、もし何か問題あるなら次週のSERBITONは回避するでしょうから、次週の動向に注目したいと思ってます。
    まあ、次はウインブルドンにあわせて調整して欲しいですね。

      引用  返信

  • あっ、団長今発見しましたが、レビィンと組んだダブルス勝っちゃてます。4-6、6-3、10-0。準決勝はオブラドビッチ、トレド組です。なんか素直に喜べませんね。これで渡英がまた一日遅れるって考えすぎかな?ダブルスでも勝てば賞金増えるし、プロだから出た以上は勝ちたいだろし。うーーん複雑な心境です。

      引用  返信

  • 団長、違うところを見たかと思うぐらいさっぱりしましたね。とてもさわやかで私はいいですね。
    辛口の評価はしょうがないでしょうね。さっくり負けてしまいましたから・・。身体的になにかなるのならダブルスにはでないのでは・・。

    長ーい目で応援していきましょう。

      引用  返信

  • だんちょ、いまは我々も休養の時だと思いましょう。
    ウインブルドンでは否応無しに忙しくなるでしょうからね。
    力を溜めておきましょう・・・バキッ!ボキッ!(指を鳴らす♪)
    コメしか出さないのに偉そうにすいません・・汗汗。。

      引用  返信

  • おはようございます。
    あ、また前の人の名前の履歴が残ってますよ。

    わたし、松岡さんのことばを信じて、
    圭くんはもうロジャーくんやナダルと対等の
    実力があるって思い込んでました。

    でも圭くんはそういう人たちに比べて
    まだへたくそだっていう(圭くんごめん)ことですよね。

    mimiさんの言うとおり、長い目で応援しま~す。

      引用  返信

  • reikoさん、ある意味では確かに下手くそ!修造が言った意味は技術面だと思いますよ。まだ、何が違うか?経験なんでしょう。経験っていう意味ですが、去年めちゃうまい人とダブルスの試合ぼろ負けして、後で聞いた話です。ちなみに彼は仕事やめをコーチしているそうです。ところで当たり前といえば当たり前ですがコーチってめちゃ色黒いですよね。単に黒いんではなく、黒光りしているでしょ!なんかチャバネゴキブリみたいに。僕もかなり黒いけど、光ってはいませんね、えへん。ひょっとして団長、種丸さん、reikoさんも黒光りしてません?
    話を戻します。彼曰く、相手の玉が帰ってくる前に8通りぐらいのパターンを常に考えている。相手の目の動きや癖を見抜いてそのうちのベストを決める。って言うんですね。まあ僕なんかのレベルだとせいぜい2パターン。ATPのように相手の玉も早ければそれこそ瞬時にそういう組み立てをしなければならないでしょうから、つまり、もう無意識でベストの組み立てを一打、一打できるようにならなければ勝ち上がれないでしょう。
    そういうことを今学んでいく時期だと思います。まだまだ、引き出しの数がすきないでしょうし、しかもそれを早い展開の中で無意識に選択できる経験、これが次の爆発につながる気がします。
    技術面で言えばやはりサーブですね。錦織のサーブはそんなに悪いか?という団長の記事を思い出します。悪くはないが、トップ10を目指すんならもっとサービス力をつけねばというのが僕の意見です。
    ナダルも昔はスピンしか打たなかったのに、最近はちょっとしたビッグサーバとまではいかないでしょうが、すごーーくよくなって、安定したように思います。
    ところでreikoさんの黒光り度、教えてね!誰にも言わないから正直に言うんですよ!

      引用  返信

  • あっ、そうそう。マルチェンコって風説によると試合態度めちゃ悪いらしいじゃないですか。ロディックの時もそうだけど、錦織はそういうのが苦手なのかも?!?!
    なーーんてのは邪推でしょうかね。なんかああいう負け方の裏にはそんな要素もあるんでは?
    しばらくイタリアに行ってマフィア相手に対処法をマスターするのも良いかも(大笑!)
    こんなこと書くとマフィアに命狙われるかな!
    団長、マフィアからのアクセスは命がけでブロック、お願いしマーーす。

      引用  返信

  • takolinさん
    態度が悪いのが苦手・・・というのは実は当たっているかもしれません(というか基本的に誰でも嫌だろうとは思いますが)。
    デルレイよりもしばらく前に、明らかに錦織よりも実力は劣るけれど、態度の凶悪さで有名な相手(ロディックなど比ではありません)に負けたことがありましたし。

      引用  返信

  • katsuさん、それって誰ですか?どんな大会か分かれば犯人捜しちゃいます。
    ところでkatsuさんも日本リーグ、ソニー応援されているそうで。
    僕もそうですし、僕のブログに今年の第2ステージ、決勝リーグの記事上げてますんで、是非ご覧下さい。今年誰がプロ誰にするかも分かれば書きますね。マスケンはいて欲しい感じなんですが。
    あっ!また営業しちゃった。団長お許しを!今日は誤ってばかりです。ぐすん。

      引用  返信

  • 前に負けた態度悪い選手はクレイジー・ダニことダニエル・ケラーじゃないでしょうか。

      引用  返信

  • 団長、おはようございます。
    クレージー・ダニって(名前からして最低ですねダニだもんね)そんなヤツと試合やってましたっけ?調べてみたけどダニエル・ケラーってATPでは見当たらないんですが、、、
    こいつのミドルネームはmusiでしょうかね。略してムシケラ!
    ダニ、虫けら、もう本当に見るからに(名前ですが)最低!
    おやじギャクで失礼しました!

      引用  返信

  • takolinさん、去年のソウルチャレンジャー2回戦で当たっています。
    スペルはDaniel Koellererです。

    ケラーじゃなくてケレラーですかね。すいません。
    あるいはケルラーか?
    発音聞いたことないので分かりません。

      引用  返信

  • いましたね!オーストリアの選手。確かに欧州の選手って読めませんね。すいませんなんて誤らないで下さい。
    2-6、0-6で負けてますね。
    こんな負け方珍しいです。この3年間調べた限り錦織が0-6で落としたのこの試合だけですし。トータル2ゲームしか取れなかったのもこの試合だけです。
    たんなる思い付きで書いただけなんだけど、結構あたっているのかしら?
    ちなみにこのときのランキングは錦織258位、クレージー・ダニは154位ですね。

      引用  返信

  • 出てきましたね、あのコーレラー。私が試合を見たときは(英語圏でしたが)コーレラーと発音していたと思います。(もちろんRとLが日本語では一緒になりますが、Thの発音も含めて日本語では違いが表示不可能なので、一応聞こえた通りに綴ってみました。)

    ATPチャレンジャーのスーパーバイザーの話では、去年のバミューダチャレンジャーの前の時点で、すでにコードバイオレーションの罰金が3000ドルに達していていたそうです。その大会中も3回ぐらいコードを取られていたので、借金(!)がかなりたまっているはず。

    あと他の選手達からもかなり嫌われているらしく、ある大会のロッカールームでボコボコにやられそうになったこともあるとの事です。

    圭くんは良さそうな子だけにそういうのと当たると特に苦労するでしょうね。でも、乗り切るしかありません。とにかく「無視」に限ります。と第三者が言うのは簡単ですよね。

      引用  返信

  • 外人選手の名前は日本語表記難しいですね。
    あんまりこだわってもしょうがないから分かればいいと思っています。

    oeはオとエの中間だから、コレラーでもケレラーでもどっちでもOKな気がします。

    発音企画もやってみようかな。

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。