イズミールCH2回戦のポイント推移

錦織圭実況掲示板の書き込みと、takolinさんのコメントと、私の手持ちデータを合わせて作ってみました。

( )内はポイントの順番が分からない部分です。

【追記】takolinさんがスコアの完全版をブログにアップされていることを発見しました。合わせてご覧ください。

Set1
G1圭 (○○○○××) 1-0
G2マ (○○○○××) 2-0 いきなりブレイクで幸先良い
G3圭 (○××××)2-1 ブレイクバックされる
G4マ ○○×××× 2-2 連続で取られること最近多いなあ
G5圭 ○○×○○ 3-2
G6マ ×○××× 3-3
G7圭 ○○×××× 3-4 どうした圭
G8マ ×○××× 3-5 流れ断ち切れない
G9圭 ○○×○○ 4-5 とりえあず次に賭ける
G10マ ○×○○×××× 4-6 BP2本あったが・・・

Set1ポイント数 圭26-31マ

Set2
G1圭 ○×○××× 0-1 ずるずる行ってる
G2マ ○×××○○○○ 1-1 ブレイクバック
G3圭 ○×××○× 1-2 サーブゲーム弱い
G4マ ×○××○○×× 1-3 粘ったが
G5圭 ×○×○×× 1-4 粘りがきかない印象
G6マ ××○○×○×× 1-5 あー
G7圭 ×○×○×○○××○×○○○ 2-5 最後の意地
G8マ ○×○××× 2-6 書いて切なくなってきた

Set2ポイント数 圭27-35マ

総ポイント数 圭53-66マ

ブレイクされた回数 5回 キープした回数 4回
握られたブレイクポイント 8本(分かっている範囲)

気がつくのが3ポイント目のポイント率の低さ。
実は3ポイント目ってかなり重要。
全ポイント重要なのはもちろんだが、3ポイント目はそのゲームにおける態勢を決定づけていしまう。

30-0なら、40にできたら無茶苦茶有利。
逆に0-30なら、40にされたらかなり苦しい。
テニスの場合、先に40を取られてしまうと、選択できるオプションが狭まってしまう。
この2つの場合、その後3ポイント連続して優勢/劣勢の関係が決まってしまうことになる。

逆に言えば3ポイント目を抑えることができれば、最悪でも15-30。まだゲームに留まることができる。

この3ポイント目を、錦織は15ゲーム中11回落としてしまった(分かっている範囲)。
獲得率は約26.7%。

全体のポイント獲得率は44.5%だから、第3ポイントで勝負弱かったことが分かる。

具体的には第1セットの第4ゲームと第7ゲームが悔やまれる。

それから第2セット、30-30からサーブをあっけなく落としていることが気にかかる。
第1ゲームと第3ゲーム。

ポイントの内容は知る由もないので断言はできないが、サーブゲームに自信が持てないような感じの落とし方だと思う。

5 件のコメント

  • だんちょ、takolinさん、タンピンドラ1、39です。
    先行され過ぎですよね。 良く挽回しますけど・・。。
    おかげで胃が痛くなるわ、心の臓はキリキリするわ・・・
    まだ、鼻血までは遠そうですが気長に待ちましょう。
    そのほうが楽しいでしょうからw

      引用  返信

  • 鼻血ブログが何だか、急に形式が変わっています。
    ナダルのプレーを初めて見て目がおかしくなってしまったのでしょうか。
    一目で多くの情報を見ることができて良いです。
    ご高齢の方にはつらいかもしれませんが。
    「ダメな理由」、提出遅れています。
    すみませんっ、団長・・。

      引用  返信

  • チャレンジャートーナメント(言い方あってます?^^;)なら、
    絶対に優勝だと、信じて疑わなかったのですが・・・(涙)

    テニスって本当に難しいスポーツだと思いました。
    テクニックだけでもダメだし。
    メンタルだけ強くてもダメだし。
    忍耐力も必要だし。

    ウィンブルドンまでに
    もう少しサクサクアクセスしやすくしてくださいと
    頼もうと思っていたら、今日切り換わっていました。
    ありがとうございます。
    圭くんの活躍とともに、このブログもアクセス数が
    急激に上がりますので、いつ来ても見られるように
    しておいていただければとおもいます。

    テニスの神様は今どういう考えでいらっしゃるんでしょう~。
    団長さんと鼻血仲間さん?^^;と共に
    感涙にむせぶ日が一日も早く来ることを願っております!!

      引用  返信

  • >種丸さん
     ほんと、気長に応援する必要がありますね。

    >Nosaさん
     こっちのデザインの方がいいですかね?
     スピードアップと、実用性を求めてみました。

    >マックウィンさん
     スピードはどうでしょうか。
     少しは速くなったかと思いますが・・・。

      引用  返信

  • おはようございます。
    団長、そんな遠慮なさらず、僕のブログ(ぼろ具って間違って打ってしまった、でもあってるな、うん)からは良いものがあればいくらでも持ってって下さいね。読者の皆様もここだけで色々分かった方が良いでしょうから。
    団長、スピード上がってます。これにあわせて錦織にもスピードアップしてもらいましょうぜ。コメント欄の文字も大きくなって年寄りには助かります。

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。