【遅報】錦織圭、マイアミAMS本戦WCを獲得!

かなり遅い情報ですが(汗)、次のマスターズシリーズであるマイアミ大会で、錦織圭に本戦WC(ワイルドカード)が与えられることになった模様です。

大会ホームページ内のこちらのアナウンスで、錦織の写真とともにワイルドカード獲得選手が紹介されています。

今年の全仏を最後に引退するクエルテンと錦織圭が注目選手とのこと、嬉しいですね。

実はこの2人、昨年のこの大会でダブルスを組んで本戦出場を果たしています。ダブルスとは言えマスターズシリーズへの17歳での出場、しかもパートナーがあのクエルテンということで、かなり驚いたことを覚えています。

それがたったの1年で、ジュニアを卒業してシニアで本戦入りを果たすとは・・・1年前には想像ができませんでした。

実は昨年のルキシロンカップ(ジュニアの大会)で優勝した錦織には予選WCは与えられることが既に決定していたのですが、デルレイビーチでの大活躍を踏まえて本戦WCが与えられることになったのでしょう。

その他のワイルドカードはアメリカのレヴィンとアイズナー、クロアチアのアンチッチとなっています。ヤングを含め、アメリカ勢はもうWCの常連と言った感じですね。地の利を感じます。

まあ、ヤングはインディアンウェルスでも勝ちあがっているし、今回錦織もWCをもらえましたからいいですけど。

インディアンウェルスの1回戦で敗退したことによって、錦織は来週のサンライズチャレンジャーにも日程的に出場可能となりました。

しかしこの大会、チャレンジャーなのにレベルが高い。錦織はAlternatesの27番目です。一部の上位選手はインディアンウェルスで勝ち残って、こっちのチャレンジャーには出場不可能でしょうが(憎きチリッチとか)、出るなら予選からの出場になるかもしれません。

休養を取ってマイアミに賭ける、という手もありそうですが、私としてはサンライズチャレンジャーにも出場してほしいですね。

理由としてはもちろんポイントがほしいというのもありますけど、マイアミが本戦からになったので仮にサンライズで決勝まで行っても数日間の休息が取れますし、地元フロリダでの大会ですから出ないのはもったいないと思います。

こぞってエントリーしてきた他の中堅選手たちも同じ考えのはずで、インディアンウェルスが駄目だったらすぐに気持を切り換えてサンライズにポイントを取りにくると思います。

そういう世界に生きているし、錦織は若くてしかも地元開催なのだから出ない手はないと思います(地元と言ってもフロリダはでかいですけど^^)。

このチャレンジャーで上位進出すればフレンチ本戦ストレートインがかなり現実味を帯びてきますし、マイアミにも弾みがつくと思います。

ここは貪欲に、かっこ悪くてもいいから勝ちをもぎ取ってほしいものです。

この本のように。
↓↓

ウイニング・アグリー 読めばテニスが強くなる

ウイニング・アグリー 読めばテニスが強くなる

posted with amazlet on 08.03.16

ブラッド ギルバート スティーブ ジェイミソン Brad Gilbert Steve Jamison 宮城 淳
日本文化出版 (1997/10)
売り上げランキング: 17794

おすすめ度の平均: 4.5

5 読めば絶対強くなる☆★☆★☆
5 この本はすごい
5 試合でのミスが減って、グンと勝てるようになった!

2 件のコメント

  • 続きを見る、に変えられたんですね。やっぱりこの方が見やすいです。僕も英語得意でないんで(苦笑)。
    さて、錦織ですが、サンライズCHに参加して欲しいですね。日程的にもおっしゃるとおりですから。サンライズのドローがいまだ、ATPのサイトから覗く限り確認できません。メキシコの方はもう発表されていますが、、
    添田は第6シード。添田も錦織に刺激されて是非上位まで勝ち上がって欲しいですね。
    サンライズは10万ドルの大会ですから確かに厳しい大会でしょうが本当にここで勝ち上がるとポイントも大きいですよね。
    昨日、過去の記事も読ませていただけました。サーブ云々。前に議論されていたのに今頃コメントしてすいませんでした。

      引用  返信

  • takolinさんコメントありがとうございます。

    ブログのデザインは試行錯誤中で、まだ変更がありそうです。

    どういったデザインがいいか、ご意見を聞かせていただけると幸いです。

    文字が小さいとか、サイドバーの位置とか。

    サンライズチャレンジャー、出てほしいですね。

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。