錦織圭、グロージャンに惜敗(2008サンライズチャレンジャー)

【告知】
ただいま錦織圭の情報が多く入ってくる状況にあり、記事更新が頻繁になっています。
ブロガーとしましては記事を多くの人に見てもらいたいため、ぜひともサイドバーの「最新の記事」やカレンダーを利用していただき、多くの記事を読んでいただきたく思います。
よろしくお願いしますm(_ _)m 

BMW Tennis Championship
Sunrise, Florida, U.S.A.
$100,000+H
Hard

Main Draw 2R
S. Grosjean def. K. Nishikori, 6-2/6-7(6)/6-4

スコアから想像するに、すごい試合だったようですね。

2セット目、接戦をものにしたがファイナルセットで一歩及ばずという感じでしょうか。

1セット目はあっさり取られたようですが、例によって中盤以降プレーの質を上げる錦織の姿が目に浮かびます。

惜しかった・・・。

負けたとはいえ、マイアミに向けてはいい調整になったのではないでしょうか。

マスーに勝ち、グロージャンにこれだけ善戦できて自信になったと思います。

次も応援します!!

P.S. 公式トップページにマスーとの試合のレビューが載っています。日替わりだと思うので、キャプチャなど保存をどうぞ。

7 件のコメント

  • ん~ 残念でした!さすがグロージャンというべきでしょうか・・。
    しかしいずれは乗り越えなければならないですからね。圧倒的な力があるならともかく、彼はまだいろんな相手との経験が必要なのでしょうね。そういった意味ではワイルドカードを使ってでも、こういった経験のある選手との対戦が大きな意味を持つように思います。
    記事を読んでいると選手たちの間でも彼は注目されているとのことですが、これだけ数の多い選手の中で何故注目されるのだろうと考えてみました。きっと他の選手に無いものを持っているのではないでしょうか。日本女子選手の中で伊達公子さんが世界のトップ10に入って「これからの日本女子は彼女に続く」と期待されたのに、そうとは言えない現状。やはり伊達さんには他には真似できないライジングという能力があったからではないでしょうか。ならば錦織選手には・・・。日本人で1番彼のテニスを知っていると思われる松岡修三氏の言う「直前にコースを変えられる能力」であるとか、手首の柔らかさ、ヒッティング能力など・・・。この目でもっと彼の試合を観て確かめたいですね!

      引用  返信

  • グロージャン戦のライブスコアを追ってた者です。
    グロージャン戦は第一セット先にグロージャンのサーブをブレークして2-1とするもそこから5ゲーム連取されて2-6
    第二セットも苦労しながらキープを重ねていきタイブレークでは序盤にミニブレークを許したが終盤巻き返して7-6(6)
    第三セットは最初のゲーム、タイブレークの勢いのままに40-0までいったもののそこから追いつかれてブレークを喫しそのままの両者キープで4-6
    全体的にグロージャンは簡単にキープ、錦織は頻繁に0-30を迎えるなど苦しいサービスゲームを強いられていました。
    とはいえマイアミMSに向けてはまず順調といったところではないでしょうか?IWのように初戦チリッチなどという迷惑なドローにならないよう祈るのみですね。

      引用  返信

  • 名無しさん@エースをねらえ!さん、これは貴重なライスコ観戦記ありがとうございました。
    とっても助かります。

    なるほど、やっぱりキープに苦労してるんですね。ポイントを先行されがちなのがつらいですね。ブレイクポイントを挽回する力は目を見張るものがありますけど、そもそもブレイクポイントを許さないのが第一ですからね。

    セカンドセットは良く頑張ったんですね。ファイナルの第1ゲーム、それは本当に惜しい。このレベルだとほんの1ゲーム、1ポイントが命取りですね。

    マイアミに向けて順調ってのは同意見ですね。1大会優勝したからといってそんなにポンポン勝てるようになるわけがありません。

    というか、デルレイビーチ後も期待どおりの活躍をしてくれていると思います。
    ほんの1年前にはグロージャンと試合するなんてまだまだ考えられなかったことです。

    緒戦チリッチは勘弁して欲しいですね。まあ、MS出場選手は全員強いけど。

      引用  返信

  • たなーさん、
    いろんな記事を読むと「彼はボールをクリーンにヒットする」って表現が良く出てきますから、そこが目を引くポイントではないかと。

    パワー系でもないのにも関わらずすごいショットを打っているんだと思います。

    私もAIGで生で(結構近くで)見ましたけど、本当にフォアがすごいです。

    何がすごいって、フォアを打つ体勢になったら「きた!」って感じになるんですよ。

    つまり、フォアに来たらエースの予感が常にあるんです。これはフェデラーに例えられたりするのも分かるなあ、と思いました。

    AIGのときはバックとサーブがいまいちでしたが・・・。

      引用  返信

  • そうですか・・
    負けましたか・・・

    でも、スコアを見ただけでも、熱気が伝わってきます。
    これからも、ずっと応援しますよ。

    決め球の時には、ジャンプして打ってますよね。
    あと、あの小気味の良いプレイスメント。

    ああ・・私も打ちたいところに打ち分けてみたいものです。

    ところで、今日、テニスマガジン、買いました。
    錦織くんのこといっぱいでてます。
    ポスターもね。

      引用  返信

  • siriusさん、テニスマガジンよかったですね。私はスマッシュも買う勢いです。

    たなーさん、情報ありがとうございます。もう放送終わっちゃいましたけどお礼まで。

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。