錦織圭、サンライズCH本戦ワイルドカードを(結局)獲得!

出るの?出ないの?とやきもきさせられたサンライズチャレンジャーですが、最終的に錦織圭は本戦ワイルドカードを獲得していました。

1回戦の対戦相手はチリのニコラス・マスー

アテネオリンピックの金メダリストですが、現在はランクを落として100位前後をうろうろしています。

金メダリストとは言え、勝てるのではないかと思っています。

その理由:

  1. マスーは全盛期を過ぎている
  2. マスーはクレーコート専用
  3. マスーは基本的にフォアハンドのみの選手
  4. マスーはビッグサーバーではない
  5. フロリダは錦織のホーム
  6. マスーの試合を生で見たが、なんか弱かった(しかもオリンピック直後)

2回戦はなんとグロージャン。有名選手との対戦が続きますね。

テクニシャン同士の対決で、面白くなりそうです。見たいなあ…。

グロージャンは175cmなのに意外とビッグサーバーです。要注意。

しかしこの大会、もはやチャレンジャーとは言えないレベルの高さ。

第1シードは13位のゴンザレス。第2シードは26位のニエミネンです。2人ともエントリーリストにいなかったじゃないか!というわけで彼らもワイルドカードをもらっての参戦です。

第8シードが56位というハイレベルさ。錦織が優勝したデルレイビーチは第3シードのクエリーが60位くらいでしたから、並のIS(インターナショナル・シリーズ)のレベル以上です。

(昨日、「AIGよりレベルが高い」と言ったのは言いすぎでした。2007年のAIGではフェレールとガスケが参戦し、第8シードのランキングは36位でした。さすがISG(インターナショナルシリーズ・ゴールド)。2004年大会では第16シードが100位台の選手だった記憶があり、昨日のような発言となってしまいました。関係者の方すいませんm(_ _)m)

なお、今大会で獲得できるポイントは以下の通りとなっています。

  優勝:80
  準優勝:56
  ベスト4:36
  ベスト8:19
  2回戦:8
  1回戦:0

そうです、1回戦負けだと1ポイントももらえないのです。

インディアンウェルスはAMS(ATP Masters Series)という大きな大会の一つなので、1回戦負けでも5ポイントがもらえましたが、小さい大会では普通、1回戦負けは0ポイントです。

厳しい世界ですね。

昨日、「サンライズはやる気の出る大会」と書きましたが、デルレイビーチの優勝が175ポイントだったことを考えると、このメンバーでこのポイントは割に合いませんね。

昔は、ランキング上位の選手に勝ったらボーナスポイントがついたのですが、今は無くなってしまいました。

ドロー運に一喜一憂することなく、目先の1試合ごとに集中して淡々とATPポイントを重ねていくしかありません。

WOWOW【e割】ネット手続きで 7月末まで1,200円で見放題!
テニス見るならWOWOW。グランドスラム全大会を放映。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

 テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。