ウィンブルドン開始まで、しばらくお待ちください(2) ~シード選手考察~

ウィンブルドンのシード順はランキング通りでなく、大会が独自に決めることが知られています。

どうしてそうなっているか、「武田薫の激辛スポーツ歳時記」2000年7月4日付記事が分かりやすいので、以下一部を引用します。

ウィンブルドンはサーフェスが芝生という特殊な大会である。かつては全豪もUSオープンも芝生だったが、いまではイギリス周辺で二、三大会あるくらい珍しいテニスになってしまった。その特殊性のため、ツアー・ランキングだけでなく、過去の実績、速いサーフェスでの成績など独自の基準でシードを決定してきた。そのことをめぐって、これまでも選手間に不満の声があった。

リンク先の記事にあるように、2000年にはシードを外されたクレーコーターたちが大会をボイコットしてしまうという事態に発展してしまいました。

私の記憶ではこの年以降、出場選手中でランキングが上位の32人をシードから外したりすることはなくなった(あるいは、あっても稀)と記憶していますが、それでも独自のシード順の作成はずっと続いています。

今年のランキングとシード順を対比して見てみましょう。

上位陣ではツォンガ、モナコ、モヤの3名が欠場しており、今週付けのランキング35位までの32選手がそのまま32人のシード選手となりました。シード落ち、あるいは下位からのシードインはありません。

赤字はランキング順よりも上のシードがついた選手、青字はランキング順よりも下のシードがついた選手です。

モンフィスのように、ランキング順が29番目でシードが30なんてのは大した違いではないのですが、ところどころに重大な入れ替えが行われています。

例えばランキングでは8番目のブレイクが9番シードに。これは大きいです。

8番シードだったら4回戦で当たるのは9~16番シードのいずれかですが、9番シードだったら1~8番シードと当たってしまうことになります。

ランキング順だったら4回戦の対戦相手がアルマグロだったかもしれないのに、実際はフェデラーと当たってしまうということが起こりうることになります。ああ恐ろしい。

逆にランキング9番目ながら第8シードを貰ったガスケはラッキーです。

このように、節目となるランキング(8位、16位)をまたいだ順位の入れ替えというのは非常に大きな意味を持ちます。

【余談】

ちょっと心配になったのですが、確か、

第1シード、第2シードの位置・・・固定(ドローNo.1とNo.128)

第3,4シードの位置・・・抽選

第5~8シードの位置・・・まとめて抽選

第9~16シードの位置・・・まとめて抽選

第17~32シードの位置・・・まとめて抽選

というはずだったと思いますが、合ってますでしょうか?

【余談終わり】

話を戻しまして、「重大な意味を持つ」シード順の入れ替えは他に、

・バグダティス・・・ランキング22番目から第10シード(ラッキー!)

・ベルディヒ・・・ランキング19番目から第11シード(ラッキー!)

・ユーズニー・・・ランキング16番目から第17シード(OH MY GOD!)

・アルマグロ・・・ランキング12番目から第19シード(OH MY GOD!)

それ以外は、「軽微な」変更なので、大勢に影響はありません。

しかし、大勢に影響がなくても、ランキングよりシード順位を下げられた選手は気分が悪いと思います。

モンフィスをランキング30番目から29番シードに上げたところで何の意味もないのですから、不平不満を呼んでしまうこの独自のシード制度は一刻も早くやめるべきだと思います。

そうでないと、何のためにランキングシステムがあるのか分かりません。

センターコートを屋根付きにしたり(工事中)、芝を変えたり、ボールを白から黄色にしたり(昔の話ですが)と、伝統を重んじると言われながら意外と変革に前向きなウィンブルドンですから、近いうちに廃止となるかもしれませんね。

そういえば、ホークアイ(チャレンジシステム)をウィンブルドンに導入したのにも驚きました。そのうち「ロボットケント公」とか登場するかも。いや、不謹慎でした。イギリス王室の皆様、すいません。

13 件のコメント

  • ははは、ロボットケント公はいやだぁぁぁあああっ!!

    冗談はさておき、ウインブルドンだけのこのシード決めは
    おかしいですよね。
    なんだか賭け率みたいな印象です。

    余談は合っていると思います。NO1とNo128は固定で残りは皆
    抽選です。だから「ジョーカー・ジョコ」がどちらに入るかが
    注目されるわけですね。

    全豪ではフェデ山に入り優勝、全仏はナダ山に入りB4・・・。
    全英ではどうでしょうか?ジョコとしてはフェデ山がいいと思っているかもしれませんね。

    フェデ山だとフェデラーはジョコに勝ってもナダル戦がかなり厳しいでしょうし、ジョコそのものにもやられかねませんから、自分としてはナダルに押し付けちゃいたい気分でっす(笑)

    そして我々の注目は圭君がどの山にいくか!?なんとなく2回戦あたりでフェデかジョコにアタリそうな予感がビシビシ来てます!!

    それはそれでお勉強ですからナイスドローですがね。
    実況版がヒートするのも楽しそう!!

    ひょっとして鼻血出せるかも!? いや、脳漿まで出そうッス!!

      引用  返信

  • あらら、もうシード発表されてたんですね。知りませんでした。
    2年後ぐらいには、いやいや、来年にはここにKei Nisikoriの名前があって欲しいもんですね。種丸さんのおっしゃるとおりジョコのいくえは大きいですね。ドローの発表は今日の10時(現地時間)AMのようですから、楽しみに待ちましょうか。
    月曜日までこのドローで楽しめそうです。

      引用  返信

  • シードもそうですが、私個人的にはコートを以前の早い芝に戻してほしいです。クイーンズ並みに。

      引用  返信

  • >めえめえさん
     お、これは気づきませんでした。
     情報ありがとうございます。

    >takolinさん
     今日のドロー発表だけでご飯3杯くらい食べれそうです(笑)。

    >takaさん
     同感です。
     ウィンブルドンくらいはサーブアンドボレーヤーに活躍してほしい・・・。

      引用  返信

  • おっ団長がご飯3杯なら、僕は焼酎ロックで5杯行っちゃいましょうか(笑)takaさんと団長に同感。錦織S&Vでゴリゴリ行って欲しいな~。

      引用  返信

  • ドローの決め方、私もあまり詳しくは知らないのですが、
    9~12シードと13~16シードは別々の抽選で、
    前者は5~8シードの山、後者は1~4シードの山に入るのだと思います。

    以前私は、9位でも16位でもドロー的には変わらない、と思っていたのですが、
    昨シーズン末頃だったか、マレーがランキング12位以内に入ったとき、
    「ランキング12位と13位では全然違う。ベスト8まで上位4シードとあたらずにすむから」
    というようなことを言っていて、ドローってそういうしくみになっていたのかー、と
    ちょっと目から鱗でした。。。
    で、そう思ってドローに注目してみると、確かにそうなってるようなんです。

    17シード以降については全然分からなくて私の勝手な推測ですが、
    フェデラーやナダルなど上位選手が3回戦で最初にあたるシード選手は
    いつも20シード台後半以下の選手のような気がするので、
    やはり17~24シードが9~16シードの山、25~32シードが1~8シードの山、
    というように別々の抽選になっているのではないかと思います。

    ただ、私もルールブックとかできちんと確認したわけではなく、
    マレーの発言や過去のドロー例から勝手に解釈した部分も結構あるので、
    上記のことが正確かどうか分かりません。間違っていたらごめんなさい。

    ともかく、ウィンブルドンのドロー発表、楽しみですねー。
    錦織くん、どこに入るかな。
    あー、なんかドキドキしてきた。。。

      引用  返信

  • 2000年というと随分前ですから、ボイコットを受けて、シード基準も改訂されたのかもしれませんね。
    めえめえさんの紹介サイトを見て、そう思いました。
    ゆくゆくフレンチオープンも独自のシード制になったりして。
    色々知るとおもしろいですねぇ・・・
    団長、種丸さん、めえめえさん、goryuさん、ありがとうございました。
    さあ、対戦相手は誰だ!!??

      引用  返信

  • >takolinさん
     酒豪ですねw

    >goryuさん
     おっしゃる通り。さすがです。
     私も気になったので、調べていたところ、GOTOTENNISというかっこいいブログ(英語)に書いてありました。
    http://gototennis.blogspot.com/2008/06/planting-seeds.html
    これについては、今日の夜に記事にします。

    >Nosaさん
     フランスはイギリスへの対抗心から、同じ制度にはしないと見ますw

      引用  返信

  • 今日は朝からソワソワですよ。

    いきなり、フェデラーでもいいですよ、個人的には・・。センターコートだし、世界中の注目もあびちゃいますし・・。ナダルはこないだ試合をしているので別な方がいいですね~。

    まあ、色々考えただけで、ワクワク!!!。
    後二時間後ですよ!!!。

      引用  返信

  • うわぁ~っ、、
    出ましたね、、ドロー。

    あんまりよく分からないんですが、フェデ山という所になったんですよね??

      引用  返信

  • 初戦ジケルですか・・・。微妙に厳しい相手ですね・・・。
    しかも次は今、絶好調のモンフィスとビッグサーバーグッチオーネの勝者と厳しいドローになりましたね。
    これに勝っても次はフェデラー・・・・・。
    何か最近ドロー運に恵まれない気がします。

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。