インディアンウェルスドロー発表、緒戦はルビチッチ

BNP Paribas Open 
開催地:アメリカ・カリフォルニア州インディアンウェルズ
カテゴリー:ATPマスターズ1000
サーフェス: ハード
ドローサイズ:96
賞金総額: $4,500,000
錦織圭エントリー条件: 本戦ダイレクトイン
錦織圭の過去の成績: 2008 1回戦(lost to チリッチ)

今週より2週に渡って行われるインディアンウェルス大会(BNPパリバオープン)のドローが発表されました

錦織圭もエントリーしています。

本大会はMasters 1000という、グランドスラムに次ぐ格の大会で、ランキング上位選手は出場が義務付けられています。

そういうわけで上位16シードの選手はそのままランキング1位から16位という、何ともすごい豪華な顔ぶれとなっています。

錦織圭の緒戦はクロアチアのルビチッチに決まりました。

勝ったら同じくクロアチアの第28シード、アンチッチとの対戦です。

ルビチッチとは2007年10月のチャイナオープンで対戦しており、その時はルビチッチが6-3,6-4のストレートで勝利しています

当時はまだ錦織は17歳でありATPツアーレベルでの大会経験はほんの数試合という状態、対するルビチッチは世界3位まで行った強豪ですので、このときの勝敗はあまり参考にならないでしょう。

錦織はその後急成長、ルビチッチは全盛期が過ぎたのか、現在はランキング74位まで落ちています。

とはいえルビチッチはやはりビッグネームです。少なくとも錦織が2月に対戦したとき77位だったミュラーより74位のルビチッチの方がよっぽど怖いイメージがあります。

錦織はデ杯でも腕が万全でなかったし、内容も絶好調ではありませんでした。腕はドクターの診断だと1週間ほど安静にすればOKとのことでしたが、1月に負傷してからも大したことはない、もうだいぶ回復したなどの報道がありながらここまで長引いていますから、楽観視はできません。

腕の状態そのものも気になるものの、それによって満足な練習ができていないのではないか、という方が心配になります。

しかし私たちが心配しても、実際のところはよく分かりません。本人&チームのコメントを信じて応援することしかできませんね。

エントリーして出場するというのですから、試合ができる状態だと信じて応援したいと思います。

腕がいい状態だったら、ゲームの入りさえ間違えなければ結構行けるかもしれません。

トップ選手勢揃いのこの大会、出場するだけでも意義は大きいし、勝ったらなお良し。

もしルビチッチに勝つとアンチッチですが、アンチッチとは昨年のストックホルム準決勝で対戦するはずでした。

そのときはアンチッチが試合前に棄権しましたので、対戦することになれば初顔合わせということになります。アンチッチも単核症などを乗り越えて頑張っています。錦織もけがを乗り越えて今後、頑張ってくれると思います。

もしアンチッチにも勝ったら、その後ランキング通りですとシモン、ツォンガ、マレー、フェデラー、ナダルです。

なんという豪華メンバー。目がくらみそうです。

試合を見てみたいですね。

試合日程

さて日程ですが、現地時間の木曜日か金曜日に1回戦が入ります。

時差がかなりありますから、金曜日あるいは土曜日の早朝~昼の間に試合が入るでしょう。

オーダー発表され次第報告します。

テレビ放送

GAORAがなんと2回戦から放送してくれます!!

さすがGAORA!!

しかも錦織の試合があれば優先的に放送してくれるのではないでしょうか。

その他、「ライジングスター錦織圭」の再放送日程が追加されています

8 件のコメント

  • 鳥肌が立ちそうなドローですね。勝ち進めば勝ち進むほど大きな経験となること間違いなし。ビッグネームとの対戦にモチベーションが上がる圭君。無理をしない限りで頑張ってほしいな。

      引用  返信

  • 当たり前になってきてますが、すごいメンツです。
    体調の事を考えなければ、全部見たい試合ですね。

    リベンジの応援フードは「カルビ!と牛乳」になってました。
    カルビ。肉じゃないですか~。気合がものすごく入るうれしい応援フードです。
    リベンジの為にもりもり食べないと。。。

      引用  返信

  • 今日の夕飯は焼肉ですね!

    風呂上りに腰に手をあてミルクがぶのみ!!

    一緒に食べるには食い合わせが・・・ね。

    試合は残念ながら見られそうにないみたい~。
    またしても~~><

      引用  返信

  • ごく単純な 疑問だけど、どうして怪我 しっかり治さないのかなあ?
    「急がば回れ」 のことわざどうり、 中途半端な、状態で、試合しても、ずるずると、長引くだけ。  良いこと何も無いと、思っちゃうなあ。   むーーーーーーーーーーー

      引用  返信

  • マックウインさん。
    「お風呂上りに腰に手をあてて」っておじさんですやん。
    12日ナイトマッチですね。う~ワクワク。

      引用  返信

  • 応援フードはカルビ乳でお願いしますw
    食べ合わせどうなんだろう・・・

    さんしょさん

    あまり情報が入ってこないファンの立場からすればそう思っちゃうのも分かります。
    好意的にとれば、一生懸命なおそうとしてるんだけど結果的に長引いているというか、まあこういうことは100%確実、ってことはないと思うので、仕方ない部分もあるかなと思っています。

    実際、無理しているのかどうなのかってのはなかなか外からは分かりにくいですね・・・。
    スタッフ(医師も含めて)もプロフェッショナルだけど神様ではないし、コントロールできない部分もありますからね・・・。

    「大丈夫だと思ったけどやってみたら意外と治ってなかった」ってこともあるのかと・・・。

    それからマスターズ1000は出るだけでも10ポイント入りますし、でなかったら0ポイントで強制的に出場18大会の中にカウントされてしまいますので、欠場するという選択肢はありえないと思います。

      引用  返信

  • 団長さん 丁寧な アンサー有り難うございます。
      良く分かりました。プロの世界の厳しさですね。

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。