錦織圭、WC Shoot-outは敗退し予選出場へ。1回戦は明朝4時前後(2010ロサンゼルス)

いよいよ錦織圭のUSオープンシリーズが始まります。ロサンゼルス・Farmers Classicに予選から参戦です。

大会概要

大会名  :Farmers Classic
カテゴリー:ATP 250
ドロー数 :28
サーフェス:ハード

錦織圭は予選からの参加です。3試合勝ち抜いて本戦INとなります。

大会関連リンク集

昨日の記事通り、錦織圭は予選に先立って行われたWC Shoot-outに参加しました。これはスーパータイブレークによる、1回まで負けが許されるトーナメント戦で、優勝者には本戦ワイルドカードが与えられます。

結果は3回戦って1勝2敗。残念ながらWC獲得はなりませんでした。

しかしタイブレーク勝負は紛れが多いので、負けたからといって特に心配することはありません。

むしろ1ヶ月も遠ざかっていた実戦経験を、何も失うものがない条件で本番前に少しでも積むことができたというプラス面が大きいと思います。しかも大きな体力的負担なしで。

WC Shoot-outの結果です。

Devvarman d. Nishikori (10-8) 0勝1敗
Nishikori d. Buchanan (10-8) 1勝1敗
Bogdanovic d. Nishikori (10-8)  1勝2敗

全部10−8です。惜しかったですね。

予選ドロー発表。クレモン山に入る。

そして予選のドローも発表されました。

2010ロサンゼルス予選ドロー

見事に第1シードのクレモンの山に入りました・・・。どうしてこの人はこうドロー運がいい(悪い)のでしょうかw
クレモンも予選からになるランキングまで落としているわけですから全盛期ほどの力はないにせよ、何と言っても2001年の全豪オープン準優勝者ですからね・・・。ドロー全体を見渡しても、頭一つ抜けてる印象があります。

とは言え、勝てない相手というほどでもないでしょう。「ランキングを落とした実力者」との対戦は今までも結構ありましたが、負けても大接戦が多く、いい勝負になっています。錦織に勝った相手はその後ランキングを戻すことも多く(バグダティス、リュビチッチ、シュットラーなど)、錦織に勝てる選手は結局のところ強い選手なのです(錦織は変な選手にはあまり負けない)。そういう意味ではやはりクレモンは怖い存在なのですが、クレモンにとっても錦織は一筋縄で行かない選手のはず。0ポイントはいやですから、とにかく泥臭くても勝ちを目指して頑張って欲しいと思います。

相性的にはどうなるかよくわかりません。ストロークの威力は錦織の方が上です。反面、ゲームメイク(スコアメイク)はベテランのクレモンの方が長けているのではないでしょうか。ボールの威力で押すことができればあっさり錦織が勝つことも考えられますが、ベテランの配球にミスを誘われてイライラ・・・という展開もありえます。やってみないと分かりませんね(なんという無責任な予想・・・)。

クレモンとの対戦は予選2回戦です。その前に1回戦、アメリカのCookとの対戦があります。この選手のことはあまり知りません。ここは勝っておきたいところだと思います。

3回戦(予選決勝)はランキング通りならBogdanovicです。2008年のインディアンウェルズ予選1回戦で対戦し、錦織が6-4, 4-6, 7-5で勝利しています。今対戦しても、錦織の方が強いと私は信じてます。

予選1回戦は明朝4時前後

オーダーも発表されています。

2010ロサンゼルス予選オーダーオブプレイ 2010/7/24分

第4コートの第2試合に入りました。第1試合の開始が現地AM10時ですから、日本時間では本日深夜AM2時。2試合目は早ければAM3:30頃。通常は4時前後になるでしょう。

応援フード

相手がクック Cookですので、自分で料理してください!
コンビニやスーパーで買ってきてはだめです!
私は外泊中なので無理w

2回戦に行ったらクレモン→レモンで。

エントリーNo.1 圭 大好き!さん

久しぶりの応援フードですね!!どんな試合を見せてくれるか、めっちゃ楽しみです!!!
スパゲティ・ボンゴレ を作ってみました。
ありあわせなので、ちょっと色合いがよくないけど… 手早く料理しちゃいましょうね~^^)/

3 件のコメント

  •  団長さん、遠隔操作にも拘らず、充実した記事更新、お疲れ様
    です。

     団長さんのおかげで最近は錦鯉のレベルも上がってきている
    ので、公開情報レベルであれば、最低限のフォローはできると
    思います。

     旅行中くらいは、もう少しゆっくりしていただいても、誰も
    手を抜いているなんて感じないと思いますよ。

      引用  返信

  • またまたすごいくじ運なんですね^^;
    今年は残りのシーズンもこの調子なのではないでしょうか?

    考えようによっては、第1シードさえ倒すことができれば本選入りが見えてくるわけだし、いまの自分の立ち位置を知るにはすごく良い展開なのかもね~v(^0^)v

    しかし、いきなり4時はきつい~(><)アタシ頑張れ!^^;

      引用  返信

  • 長期的には厳しいドローもラッキードローも同じ頻度で出現するはずですからそれほど気にすることないかと。
    厳しいドローで一つでも多く勝てばその分前に進みます。
    気にしてもしなくても実力付近のランキングになるもの。ケガさえなければね。

    実況掲示板にスレたてました。
    http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/sports/34934/1279980197/

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。