錦織圭、ロサンゼルス本戦のワイルドカード争奪トーナメントに出場

さきほどのtwitterつぶやきで気になることが。

Kei Nishikori

In LA…playing in the WC shoot-out tomorrow.

錦織圭のtwitterつぶやきより

これってLAのワイルドカード選手権のようなものに出ていて、勝ち抜いたらワイルドカードがもらえるってことだと多分思うのですが。

そう思ってLA(Farmers Classic)の公式サイトを覗いてみました。

するとOrder of Playのページにこう書いてありました。

Friday July 23 12:00 Noon 10th Annual “Shoot-Out” for main draw singles wild card

どうやらそういうこと(ワイルドカード争奪の試合に出ている)のようです。
誰が出場し、何回勝てば本戦ワイルドカードがもらえるのかはわかりませんが、とにかく今日試合をする模様。
ぜひ勝ってほしい!

【追記】
どうやらスーパータイブレーク(10ポイント先取)で勝負を決するみたい。
選手の負担も小さいしいいですねこれは!

昨年の方式は以下のとおりです。

Eight players took part in a double-elimination tie-break tournament. Those who have no advanced to the main draw may sign in for the qualifying tournament that begins at 10 am on Saturday.

(8人の選手が「ダブル離脱方式」のタイブレークトーナメントに参加した。本戦に進まなかった選手は土曜日AM10時に始まる予選トーナメントにサインできる。)

※noはnotの誤記と解釈

2010 Need to Know | Tournament-Info – News | Farmers Classic

去年と同じ方式だとすると、8人の選手が4人ずつ2グループに分かれ、各グループ1位同士で決勝戦を行ない、勝った者がワイルドカードを得る模様。

グループ戦のやり方はちょっと変則的。
Double eliminationと名付けられていますが、要するに「2敗したら脱落」というトーナメントで、1敗は許されているのです。実際にやってみるとなかなか複雑で、例えば去年の「Sampras Flight」ブロックではこんな感じでした。

1回戦
Guccione def. Johnson, 10-4
Amritraj def. Dent, 10-6

2回戦
Dent def. Johnson, 10-8
Guccione def. Amritraj, 10-8

3回戦
Amritraj def. Dent, 10-8
Amritraj def. Guccione, 10-6

プレーオフ
Guccione def. Amritraj, 10-6

2回戦終わった時点でGuccioneが2勝0敗、DentとAmritrajが1勝1敗、Johnsonが2敗。Johnsonは脱落。
3回戦で1勝1敗同士が戦い、勝者のAmritrajがGuccioneに再挑戦。それにも勝って2人が1敗で並ぶ。
そして最終決戦、プレーオフで両者が再び戦い、勝ったGuccioneが決勝進出。

一方のFederer Flightブロックはこうでした。

1回戦
Devvarman def. Britton, 10-7
Young def. Sundling, 10-5

2回戦
Sundling def. Britton, 10-8
Young def. Devvarman, 10-5

3回戦
Devvarman def. Sundling, 10-3
Young def. Devvarman, 10-5

2回戦終わった時点でYoungが2勝0敗、DevvarmanとSundlingが1勝1敗。2敗のBrittonが脱落。
3回戦で1勝1敗同士の戦いを制したDevvarmanが再びYoungに挑戦。しかし負けてしまい通算2敗となり、3勝0敗のYoungが決勝進出。

そして決勝は3勝1敗のGuccioneと3勝0敗のYoungの対戦となったわけですが、最初のタイブレークで、

Young勝利 → Guccione通算2敗 → Young優勝
Guccione勝利 → 両者1敗 → もう1回戦って勝ったほうが優勝

という手順になります。実際にはGuccioneが2連勝して見事ワイルドカードをゲットしました。

Guccione def. Young, 10-8
Guccione def. Young, 11-9

と、ちょっと複雑なのですが短期決戦でゲーム性もあり、選手への負担も小さいのでいい方法だと思いました。いかにもアメリカって感じの試合方式ですね。

問題は錦織のスロースターターぶりでしょうかw

今年は誰が出場してくるのでしょうか。過去の優勝者を見る限り、目が飛び出るような強い選手は出てきてないのではと思いますので、チャンスは大きいのではないでしょうか。

過去の優勝者(カッコ内は本戦での結果)
2008 – Zach Fleishman (1st Rnd)
2007 – Zach Fleishman (QFs)
2006 – Scott Oudsema (2nd Rnd)
2005 – Cecil Mamiit (1st Rnd)
2004 – Lester Cook (1st Rnd)
2003 – Michael Joyce (2nd Rnd)
2002 – Kevin Kim (1st Rnd)
2001 – Alex Kim (1st Rnd)

Fleishmanは2007年AIGオープンで錦織と戦った選手ですね。

試合結果は大会ホームページに記載されるでしょうが、twitterやFacebookアカウントをフォローすればいち早く知ることができるかもしれません。

大会公式ツイッターアカウント
http://twitter.com/FarmersClassic

大会公式Facebookアカウント
http://www.facebook.com/FarmersClassic

28 件のコメント

  • こういう、簡単な単語ばかりだけど意味がわからないという文章によくぶちあたります。そういう意味だったのですか。
    もし金曜の試合に負ければそのまま土曜日に予選出場なのでしょうか?

      引用  返信

  • えぇーっ?!
    どうなっちゃうんだろう???
    Shoot-out ってそういうことなの?
    明日もう出るのなら行かなくちゃ。

      引用  返信

  • さきほど詳しく書いたつもりなのに消えてる!!!
    ああああああああ

      引用  返信

  • ほんとうに圭くんがそれに出るのなら行こうかな。。。。。
    でも、本当は土曜日の予選から行こうと思っていたので、いきなり明日っていうのはちょっと急だし、行けるかどうかわからないけど、、、。

      引用  返信

  • おもしろそう~見てみたい。みんな本気ですよね!お遊びっぽいけどww

    もうひとりのきょうこさん
    ある意味、貴重な試合ですよ~行けるようでしたら、レポよろしくお願いします。

      引用  返信

  • なににににっ!(種さん風)
    スーパータイブレークでWC権を争うなんて面白そうですな!
    もし去年通りのダブル離脱方式ならちょほいとややこしそうですが。

    公式HP、要チェックや!

      引用  返信

  • どうも皆さん、おひさです^^;

    土曜日からだと思ってのんびりしていたら大変なことに≧▽≦
    これでWCゲットできたら、ものすごくラッキーじゃあないですか!
    圭 頑張れ~!!!!!

    しかし、朝4時からだなんてどうしようもないなあ^^;
    何とかして途中経過がわからないのかなあ…><

      引用  返信

  • 始まってました。
    参加者は
    Flight 1:Devvarman, Nishikori, Buchanan, Bogdonovic
    Flight 2:Sweeting, Klahn, Spadea, Smyczek

    Devvarman d. Nishikori (10-8)
    やはり立ち上がりの問題でしょうかね。

    Bogdanovic d. Buchanan (10-3)

    次はNishikori vs Buchananかな?

      引用  返信

  • 夜中目が覚めてしまい、眠れなくなって起きていますが、

    Flight 1:Devvarman, Nishikori, Buchanan, Bogdonovic
    Flight 2:Sweeting, Klahn, Spadea, Smyczek

    1試合目は
    Devvarman d. Nishikori (10-8)

    ちなみにもうひとりのきょうこさんが会場に到着したようです!

      引用  返信

  • メヒコさん

    かぶった・・・そして、明らかにネタ元が一緒ですね(笑)

      引用  返信

  • 2試合目
    Nishikori d. Buchanan (10-8)

    3試合目
    Bogdanovic d. Nishikori (10-8)

    ここで残念ながら敗退・・・。

      引用  返信

  • 明け方、あんまり暑くて目覚めました(–;)
    subumasaさん、経過のフォロー ありがとうございました!!
    残念だったけど、1回は勝てたのですね!
    多分、タイブレは初めての参加でしょうから、良い経験になったんでは?
    ふわっと試合に入るところを(日本人はほとんどこのタイプ)なんとか克服して欲しいなぁ…(+_+)
    土曜日からの予選、全力で応援しまーす(^o^)/

      引用  返信

  • ごめんなさいm(__)m
    sabumasaさんの間違いです(>_<)失礼しました。

      引用  返信

  • 次、楽しみにしていたけど、来客でした。
    今、部屋に戻ったら、錦織選手は終わってました。

    Nishikori d. Buchanan (10-8)
    Bogdanovic d. Nishikori (10-8)
    2敗でアウトでした。
    決勝はDevvarmanとSweetingになりました。

      引用  返信

  • ここを見ないで書き込んで、ダブってしまいました。ごめんなさい。

    無敗で決勝に残ったDevvarmanをSweetingが2連勝してWCを勝ち取りました。

    ロスではもう10年も前から始めていたんですね。他の大会でこういうの聞きませんね。このShoot-outって、ホーリングから来ているのかな?こういった考え方はアメリカ人好みなのでしょうね。即決で、楽しいし、ある意味平等ですから、だれもクレーム付けられません。

    いよいよ、本格的復帰戦です。頑張りましょう。

      引用  返信

  • ケイメヒコさんwwまた来客ですねwww
    今までも錦織君の試合中に来客がって書き込みが何回かあったような気が…。(ゴメンナサイ、勝手にウケてます)
    もうひとりのきょうこさん、試合見れましたら、是非是非寄稿して下さーい♪
    WC shoot-out って何だろうって思ってましたが鼻血さんのおかげでまた一つ勉強になりました。
    それから、遡り記事、今まで全然気付かなかったです~w
    なんてったって、そのこっそり感がツボでしたよwww
    おまけを見つけたみたいで嬉しいですよ。
    ネタ補給が難しい時は、ちょっとハードルを下げて、読者参加型の日ってことにしてみるとかw
    (例えば、錦織君川柳ペケポン日とか似合うウエアーは何色?とか、もっと真面目にってことなら、エアKのジャンプタイミングとサーフェースの関係はどう思う?…などなど)
    まーいずれにしても、どんな激しい滝でも、錦鯉は団長さんについていきますから。
    でも、もう予選始まるから問題ないですね!しっかり応援しなくっちゃ!

      引用  返信

  • 錦鯉のみなさん、こんばんは。いったん家に戻りました。昨日は一睡もできず、強行スケジュールでした。WCのShoot-out というのは、私は今までよく知りませんでした。確かに外見的には選手に負担の少ないタイブレーク方式のはずなのですが、坂本さんもおっしゃっていたように、タイブレークのみの練習、という特別メニューでトレーニングは普段しないようで、そのタイブレークだけで勝敗を決めるっていう戦い方は、どのプレーヤーも慣れておらず、戦い方もはてな???な状態のまま、
    行われていました。もちろん、対戦相手の選手も皆同じ条件で臨んでいるわけですが、正直、不完全燃焼な状態であっという間にその時の運?!みたいに決まってしまうカンジでした。。。。
    明日からの快進撃を期待したいですね。もう、今日はヘトヘトですが、予定どおり明日も応援に行くつもりです。

      引用  返信

  •  やっと予選のドローと初戦のOOP出ましたね。

    http://www.atpworldtour.com/posting/2010/423/qs.pdf
    http://www.atpworldtour.com/posting/2010/423/op.pdf

     初戦の相手のLester Cook(204位、米国、24才)はともかく、
    2回戦の相手と思われるArnaud Clement(71位、仏国、32才)は
    予選選手中最強ですね。

     最近どうもドロー運が・・・。
     これも完全復活のための試練か?

      引用  返信

  • もうひとりのきょうこさん、応援&レポートありがとうございます。
    テニスをしない素人の考えだと、1試合戦うよりこっちのほうが楽なように感じますが、そうでもないんですね。
    明日もファン代表で応援よろしくお願いします。
    あ、でも無理はしないでくださいね~

      引用  返信

  • もうひとりのきょうこさん、やっぱり応援に行かれたんですね!
    さすが~!!!
    しかし、寝てないなんて大丈夫?今日の応援に差し支えてそう^^;
    体調管理、万全にして出かけてくださいね!みんなの代表ですから

    >正直、不完全燃焼な状態であっという間にその時の運?!みたいに決まってしまうカンジでした。。。。

    まさに、タイブレークそのものですね~^^;
    でも、サッカーのPK戦よりずっと良いシステムだと思います。

      引用  返信

  • もうひとりのきょうこさん、応援&生現地情レポありがとうございました!嬉しいです♪
    >どのプレーヤーも慣れておらず、戦い方もはてな???な状態のまま
    っていうのに驚きました。他の大会ではないんでしょうかね。
    このシステムだとビックサーバーやサーブが得意な人が断然有利ですよねw
    きょうこさん、今日はしっかり睡眠とって下さいね。あ、でも錦織君みたいに目覚めたら1時ってことにならないようにねww
    また、レポート楽しみにしてて…いいんですよねwww

    Cook戦、既に今夜は彼(カレー)を調理(cook)しました!

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。