いよいよ準決勝!(2010ノックスビルCH)

いよいよノックスビルチャレンジャーの準決勝が目前に迫ってきました。

オーダーオブプレイによりますと、現地時間で午後2時からの第2試合に組まれています。

日本時間では、明朝の6時前後になる可能性が高いでしょう。5時半くらいからはスタンバイしておいたほうが良さそうです。

対戦相手 Nicolas Monroeについて

4さんがこの選手を見たことがあり、その印象に関してコメントを頂いています。

モンローの試合を見たのは2008年の5-6月で当時は北米のチャレンジャーの本選にDAしていました。

記憶が斑ですがこちらの選手に比べると体格が劣るため運動神経とフットワークの良さを生かしながらの頭脳的、技巧派タイプの選手でした。

緩急入り混ぜたストロークで相手のエラーを誘うプレースタイル。今日の準々決勝でも強打のウイッテンを巧みにいなしてタイブレを取りきったのではないでしょうか。

弱点は決定打がないこと。引き出しはたくさんあるけど強力な武器がありませんでした。フューチャーズでは優勝出来るけれどチャレンジャーで勝てない原因の一つかもしれません。負けた後もコーチのお父さんと二人で暗くなるまで練習している姿がありました。

でも今週は準決勝進出するほど調子が良いということなので油断は禁物。明日も圭くんが自分のベストを出せるよう祈ってます!

4さん、ありがとうございました。今回も勝利を祈りましょう。

錦織の調子は?

公式ブログを読むと、かなり調子がよさそうです。期待できるのではないでしょうか。

今日の試合は満足のいく試合でした。

Bobby Reynolds 6-3 6-2

相手も悪くはなかったですが、今日は何を打っても入る感じでした。
相手の出だしが良く、全開できたのでそれに自分もついていくことができ
自分も出だしから快調なテニスでした。
今日はサーブも良かったですし、エースも何本もあったし、
リターンもイイのが入ってました。

明日もこれぐらいイイ試合ができるといいです。

3回戦 – 錦織圭公式サイト|KEINISHIKORI.COM

こんなに手放しで自分のプレーを評価した錦織は、復帰以来初めて見ました。

いつもは勝っても課題を口にすることが多かったと思います。

また、坂本正秀さんのtwitterつぶやきからも好調であったことが伺えます。

圭がリターンゲームで、伝家の宝刀AIRK、ドロップショット、ランニングパッシングショット等のオンパレード… 久しぶりに見るけどやはり強い!

http://twitter.com/#!/hide_sakamoto/status/3156579767558144より)

他にもたくさん好調を伝えるツイートがありましたので、ヒデさんのツイートをご覧ください。

Masahide Sakamoto (hide_sakamoto) on Twitter

応援フード

もはや神通力とも言えるちょこさんとchachaさんの応援フード、今日もあります。

ニコラス・モンロー
色々凍らせてみましたw
それと甘~いマロングラッセ(Marron glacé)です。
関西系ニコラスさんからのプレゼントはもちろん・・・

圭君!モンローを凍らす!モンロー怒らす!
モンローのプレーは甘々だ!

ちょこ

準決勝の相手は
NICK MONROE
肉 まん郎
小腹が空いたときにぴったりのおやつだから
軽く食べられるね

バモス 圭くん

chacha

18 件のコメント

  • ここ2日間の圭はホントにすごみを増してきましたね^^)/
    うん、良いことだ!!

    優勝して、ランキングの呪縛から開放されますように!
    ファンもやっぱりグランドスラムで圭を見たいもんね≧▽≦

    それから団長、ちょこさんの応援フード、画像がぬけてますよ^^;

      引用  返信

  • 昨日、ブラウザを”Firefox”に替えたばかりなので設定で見えるようになるかもですが…
    とりあえずなんの形跡もないです^^;

    “Internet Explorer”では、バツマークになっています。
    “Norton”のせいかなあ?

    ちなみに携帯で見ると、[カメラマークfood-MONROE-choco]
    と表示されますねえ…^^;

      引用  返信

  • 団長さん、私のPCからも見れないみたいです。
    私が途中間違ってpsd形式で送ったからかも?
    そのあとjpg形式で送ったんですけど。
    ご迷惑かけてすみません。

      引用  返信

  • 団長、遅くにありがとうございます!!( ̄0 ̄)/
    もうPCは落としたので携帯ですが、ちゃんとみれました(o^-‘)b

      引用  返信

  • 団長さん、PRビデオの紹介ありがとうございます。
    圭くん、若手看板選手のひとりなんですね。すごいなぁ。

    4さん、モンローの情報ありがとうございます。
    接戦になると粘りがでてきタフな試合になりそうなので。
    先行できてレイノルズ戦のような展開なればいいなと思います。

    ちょこさんとchachaさんの発想、いつもすごいですね。

    早めに起きたので、ロバケンのSFのライスコみていますが、接戦ですね。
    相手の Wolmarans エース6本でビッグサーバーか。
    第1セットの4-4になりました。

      引用  返信

  • SF 6-1,7-6(4)で勝利しました。

    あと一息で全豪DA圏内まできました。
    明日も頑張って欲しいです。

    気が早いのですが、次のCampaign CH のドローがきていました。
    トップシードになっています。

    http://www.atpworldtour.com/posting/2010/637/mds.pdf

    それよりまず明日の決勝ですね。

      引用  返信

  • 祝、決勝進出!!\(^0^)/♪♫♪♬♪♫♪♬

    せっかく回線回復したのに、肝心の時間をまちがえて大汗^^;
    なんとか最後の瞬間に間に合って良かった~≧▽≦

    掲示板、全部読んできました、皆さん応援お疲れさまでした!
    さあ、いよいよ優勝が見えてきました!
    カモ~ン!ケイ!

      引用  返信

  • 今週末の試算(今、急遽行ってみましたので、例によって見落としは多々ありましょう)
    今週、99位から102位までの人たちは皆ポイントを得ましたので上に行きます。この近辺の人たちは皆必死で追い込みをしていますから、100位のポイントは上がるでしょう。
    そしてポイント失効して落ちてくる人は無さそうです。ですから、もし優勝したら103位です。
    もし、準優勝なら、現105位のBrownが失効点で下に行きますので、Rocusと同点ですが、GSのポイントで上になり106位の見込みです。つまり、丁度プロテクトランキングまで戻すことになります。
    以上、下から上がってくる人がいないとした場合です。

      引用  返信

  • 最後はちょっとハラハラドキドキでしたが、勝ちきって
    くれました。どのレベルでも「絶対勝てる」は有り得ないので
    最後に苦しみながらも決勝進出してよかった。

    明日はいよいよロバケンとのリマッチ。相手は雪辱を狙って
    くると思いますが、「無心と平常心」で戦えば道は開けます。

    明日のOOPでましたね。現地1PM開始のダブルスの後です。
    日本時間では月曜日の早朝(ダブルスが1時間半として
    4時半ごろ?)ですね。連日の深夜早朝応援、本当に
    お疲れさまです!団長を始め皆さん、無理だけはしないでね!

    chachaさんの「肉まん」ようやく拝見。なんて美味しそう
    な肉まん。。。ご馳走さま!ちょこさんも一足早いサンタの
    登場でお祝いモードをありがとう!

      引用  返信

  • 訂正します。
    やはり、間違えていました。

    Brownは勝ち残っています。
    もし、錦織選手が優勝し、Brownも優勝すると、104位で、Brownが準優勝なら103位です。
    もし、錦織選手が準優勝なら、Bolelliが上に行きますので、ひとつ下がって107位となります。

      引用  返信

  • 同じく気が早いですが
    次のCampaign CH の1回戦対戦相手は、元65位の実力者です

    プロテクトランキングでの出場で最近調子落としているみたいだけど。
    トップシードなのに、運悪いですね

      引用  返信

  • なるほどっ!!失礼しました。

    まだまだ錦織ファン度低しです・・
    修行して出直してきますっ

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。