デルレイビーチでの錦織圭ワイルドカード獲得のニュース@ATP公式サイト

ATP公式サイトにもデルレイビーチでの錦織圭のワイルドカード獲得のニュースが来ていますので、内容をお知らせします。

Former Champion Nishikori Receives Wild Card(ATP公式サイト)

Former Delray Beach International Tennis Championship champion Kei Nishikorihas received a wild card to play in the main draw of the 18th annual tournament, which gets underway Monday, 22 February.

Nishikori reached a career-high No.56 in the South African Airways ATP Rankings in 2009 before a right elbow injury and subsequent surgery ended his season. This will be the first tournament back for the 20-year-old Japanese star. Nishikori was the youngest player in ITC history to win the title, and he was one of four players to win after coming out of the qualifying rounds.

本大会優勝経験者の錦織圭がワイルドカードを獲得

かつてのデルレイビーチ国際テニス選手権優勝者である錦織圭が、第18回となる今大会の本戦ワイルドカードを獲得した。今大会は22日(月)より始まる。

錦織は2009年にキャリア最高ランキング56位を記録したが、右肘の故障により手術を余儀なくされ、シーズンを棒に振った。今大会が20歳になった日本のスター選手にとっての復帰緒戦となる。錦織は大会史上最年少で本大会を制し、予選から勝ち上がった選手として4人目の優勝者であった。

いやー、それにしても楽しみです。

オリンピックもありますけど、やっぱり断然こっちの方に気が行っています。

本戦ドローはまだ発表されていません。分かっていても何回も見に行ってしまう・・・。

予選はすでに始まっており、ライブスコアも見ることができます。

デルレイビーチ関連リンク集

本戦出場予定選手

1 Chardy, Jeremy FRA 32
2 Karlovic, Ivo CRO 37
3 Becker, Benjamin GER 39
4 Blake, James USA 44
5 Korolev, Evgeny KAZ 52
6 Fish, Mardy USA 55
7 Mayer, Florian GER 59
8 Mayer, Leonardo ARG 76
9 Russell, Michael USA 79
10 Zverev, Mischa GER 80
11 Petzschner, Philipp GER 82
12 Dent, Taylor USA 83
13 Gulbis, Ernests LAT 84
14 Ram, Rajeev USA 85
15 Lorenzi, Paolo ITA 86
16 Rochus, Christophe BEL 87
17 Odesnik, Wayne USA 91
18 Malisse, Xavier BEL 92
19 Giraldo, Santiago COL 93
20 Brands, Daniel GER 94
21 Nieminen, Jarkko FIN 97
22 Lapentti, Nicolas ECU 99
23 Haase, Robin NED @104
24 Gabashvili, Teimuraz RUS 105
25 (WC) Haas, Tommy GER
26 (WC) Nishikori, Kei JPN

※数字はランキング、@が付いているものはプロテクトランキング。
※他にSE2人、予選通過者4人が出場予定。

出場選手一覧(大会オフィシャルサイト)

展望

普通に考えたら、1年ぶりの試合、ちょっと前まで腫れたり、サーブに痛みがあった状況で高望みはできますまい。

しかしそういう中でも何か手ごたえをつかんでほしいと思います。また、勝負はやってみないと分からないのも事実。休み明けは勝ってはいけないなどという決まりはどこにもありません。負けても全然問題ないけど、勝てるなら勝った方がいい。

プロなので、最終的には勝たないと生き残っていけません。いつかそういうときが必ず来るので、(体さえ万全なら)1試合目からでも勝敗に限らず、何かを得たいですね。

ざっとエントリーリストを見渡しても、体さえ万全なら錦織のテニスはこの中でも光っています。

ある意味、今回のように「負けても落ち込む必要がない」試合もないわけで・・・。伸び伸びやってもらって、応援する側もふつうに期待しちゃっていいんじゃないですかね?「休み明けだから、負けても仕方がない」と思いすぎたら、本当に負けちゃいます。

結果として負けても全然いいけど、試合勘などのハンデがある中でどれだけ勝ちに向かってファイトできるか、それが大事だと思います。

というわけで私の応援スタンス。

まず第一に、無事に痛みなく試合を完遂してくれることをひたすら祈る。

第二に、勝利へ向かって応援する。

第三に、負けてもへこまないが、勝ったら思いっきり喜ぶ。

もちろん第一の項目が大前提ですよ。これが今大会の最大の目標でしょう。これが叶わないと、勝敗にこだわることもできません。

「とにかく無事に帰ってきてくれ~、結果はどうでもいいから。」

そういう気持ちになっている方、大勢いらっしゃると思いますし、これだけ長くて辛い休養明けです。そういう気持ちになるのが普通だと思います(私も素直な気持ちは同じです)。

しかし、「今回は故障明けだから、負けても仕方ないよな~」という見ている側の気持ちって、何となく選手に伝わってしまう気がするのです(普段物理だ数学だと言ってる私としてはアレな発言ですが・・・)。

錦織は、「出場するなら100%の状態にしたい」と言っていました。今回出場するからには、100%かそれに近い状態であると信じたいです。

だとしたら、ファンにできることは一つ。応援することです。

私は応援して応援して応援しまくります。実況掲示板で。

8 件のコメント

  • おおおおおおお
    出ましたか!
    ベンジャミン・ベッカー 勝てない相手ではないけどしぶとそうな相手ですね。
    期待しましょう

      引用  返信

  • ドロー出ていたのですね。相手は、B.B.ベッカーかぁ〜。「ベンヤミン(英語読みだと、ベンジャミンですが)ベッカーなので」感慨ひとしおww
    応援フードは、ベッカーというドイツ流のパン屋さんが日本にもあるのですが、店に行ける方は限られてしまうので、chachaさんのおっしゃる通り、ベッカーのバーガーですか?
    ちなみに、ベッカーというのは「焼く人」くらいの意味でして、パンに限らず、何か「焼いて(Becken)」しまえば、ドイツ語的には貴方も「ベッカー!」。お好きなものを焼いて食べて下さいませ!!
    あむ・べすてん(ざ・べすと)としては、ヴルスト(ソーセージの事ですが)を焼いて食ってしまうのがドイツ人にはうってつけですが、ステーキでも、もちろんパンでも「焼いて食ってしまえば」公式応援フードとしては完璧と思います!!
    でも、ステーキ屋さんやパン屋さんに火をつけて「焼く」のは、皆様やめて下さいねwww
    では、皆様の「焼いた食べ物」のご報告お待ちしております♪

    ベッカーより?

      引用  返信

  • 今、正式ドローを見たらワイルドカードではなく、ダイレクトイン
    (Last Direct Acceptance)となっています。
    これって、プロテクトの9大会が1つ減ってしまうということでしょうか?
    そうだとしたら、腑に落ちないし、何とももったいない。

      引用  返信

  •  ベンジャミン・ベッカー、調べてみました。
     
     どちらかというと速いコートが好みのようですが、身長が
    錦織と同じ位なので、ビッグサーバーではないと思われます。

     近年の特筆すべき戦績に昨年6月のs-Hertogenbosch(ATP
    250、芝)での優勝がありますが、最近は、むしろそれをピーク
    に調子を落としつつあるようです。

     年齢的にも28ですし、錦織次第では、確かに勝てない相手
    ではないですね。

     あと、ドローを見た方はお分かりの通り、奇しくも106位で
    ラストダイレクトインしてしまったために、WCはもらえなく
    なってしまいました。(PR1コ損した、プンプン)

     

      引用  返信

  • ベンジャミン選手の愛称、ベニーって呼ばれているらしいですよ。
    なので、応援フードは紅しょうがにしようかな!
    焼きそばかお好み焼きに、大盛りして真っ赤に染めたいと思います!!!
    圭、もう、今から超ドキドキしてるよ~。試合のコートに戻って来るのがもう来週だなんて!ほんとにうれしいよーっ!
    錦鯉のみなさんは大丈夫ですか?平常心保ててますか?
    圭が、圭が、コートに戻ってくるぅぅぅぅ~~~
    ぎゃーーーーーーーーーーーー

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。