ATP Sundayレポート

ATP Sundayに行ってきました。

ナダルが昨日バンコクで敗退してしまったため急遽参加することになり、有明の観客は皆さん喜んでいました。

2回ほど参加選手の変更があり、最終的な練習の組合わせは

15時より 錦織圭&ツォンガ
16時より デルポトロ&ロディック
17時より ナダル&伊藤竜馬

となりました。

錦織&ツォンガの練習

錦織は右手首に肌色のテープのようなものを巻いていましたが、グルグル巻きではなく湿布のような感じでした。痛みがないわけではないと思いますが、元気そうでしたし過度の心配はいらないと思います。

私は先週の体調不良はひょっとしたら食あたりではないか?と思っているのですが(結構、氷が曲者)、まあこれは推測に過ぎませんね。

練習内容はストローク、ボレー、サーブを一通り打ってから練習試合を行いました。

実は周りの方々としゃべりながら見てたのでスコアはわかりませんorz

最後はタイブレークを行ってツォンガが勝利。

練習後のインタビューでは「調子は80〜90%」と、まずまずであることをコメントしていました。

途中、ツォンガがシャツを短パンに入れていることが気になる、と突っ込みを入れられ、わざと短パンを腹の上くらいまで上げるシーンあり。ウケをとっていました。

結構楽しそうにやっていたので、辻野さんたちもっといじってあげればよかったのにw

錦織のテニスの調子ですが、私が見た限りでは錦織の中では「普通」でした。

途中数本、スムーズに前にステップインしてクリーンエースをとる場面がありましたが、ボールを待って打つ感じのショットについては力が入ってネットしたり、まだフォアは調子を上げてる途中かな?と思いました。

遅いクアラルンプールのコートから一転して速いサーフェスの有明でしたが、その辺に対する戸惑いは感じられませんでした。

サーブはツォンガのスーパーサーブと比べたらスピードはありませんが、数本ノータッチエースを取るなど、コントロール良く打てれば十分武器になります。試合序盤のサーブの確率に十分注意して、波に乗ってほしいと思います。

試合は5日(火)になりそうです。

デルポトロ&ロディック

実は外でビーチテニスをやったりしていましたのであまり見ていませんw でもデルポトロが帰ってきてくれて非常に嬉しかったです。試合勘の面ではまだまだでしょうが、いいショットを打っていました。これで5回目の大会出場ということで、日本をひいきにしてくれて嬉しいですね。来年からも来てもらえるよう、大会側は引き続きご尽力をお願いします。

ロディックはUSオープン以降、プレー量が足りていないと言うことでダブルスも出場とのことです。コーチとたくさん話し合いながら極めてシリアスにプレーしていました。

ロディックvsデルポトロの練習試合はさすがの高レベルの打ち合いで見応えがありました。

ナダル&伊藤竜馬

今日の主役は錦織ではなく、この男だったと言ってもいいでしょう。ナダルの入場時、大歓声で観客の興奮度は最高潮でした。世界1位のプレーをこの目に焼き付けようと集まったファンの期待に応えて、ナダルは異次元のボールを見せてくれました。

スイングスピードが他のプロと比べても一段速く、それが強烈なスピンとスピードを両立させていました。それに伴う破裂するような打球音もものすごいものがありました。

伊藤竜馬はおそらく大変緊張したと思いますが、立派に練習相手を務めました。ナダルに気持ちよく練習してもらおうと配慮していたのがものすごく分かりましたw ドロップショットは多分1本も打っていませんし、コーナーに自ら打ったりもほとんどしませんでした。

練習後、「体験したことのない球」と語ったのは正直な感想でしょう。しかし、途中からスピードにも慣れ、低く鋭い球を返球していました。フォームも綺麗ですし、ビッグサーブも持っている竜馬はこれから100位に入ってこれる力があると思います。

ナダルはどうやらストイックに練習したかったらしく、1時間をまるまるラリーに費やしました。練習試合の類は一切ナシ!とにかく真剣に練習していました。

退場の時は錦織のとき以上の人だかりで、押しつぶされる人が出ないか心配になりました。その裏で伊藤竜馬にサインをねだりにいった数十人の方々!あなた方は賢い!!w

風邪でご心配をおかけしてすいません。ひどいダミ声になった以外は観戦に支障ありませんでしたが、まだ完全でないのでこの辺で失礼します。

7 件のコメント

  • レポありがとうございました。早く良くなるよう、よーく休んでください。
    ところで、ビーチテニスとバドミントンの違いは何なんでしょうかね(ラケット、ボール以外で)?

      引用  返信

  • 団長、お疲れさまでした!
    記事のuぷもありがとうございます^^)/

    圭の体調は回復したようでなによりです。
    団長もたいしたことなくて良かったですね!

    あしたは、デルポトロとグルビスの試合がありますね。
    圭とチリッチの同世代4人衆は、やっぱり注目しちゃいます!!!

      引用  返信

  •  ビーチテニス、相当おもしろかったです。
    ボールはスポンジかと思いきや、普通のテニスボールを少し小さくして内圧を低くした感じです。強く打てばスピードが出ますが、あれを至近距離でスマッシュされたら怖すぎますw。
     ネットより高い打点で取られてしまったらもうお手上げなので、ボールを浮かせないことが基本戦略になりそうです。
     トッププレイヤーは至近距離からスマッシュ打たれても結構返すそうですが、常人でない反射神経ですね。
     競技人口がまだ少ないようなので、今のうちに始めとくとそこそこいけるかも!?とセコいことを思いましたが、デモをしていた方々も相当上手でしたので、そんなに甘くないんでしょうね。

      引用  返信

  • ビーチテニスとバドミントンの違いですが、コートの大きさが違いますね。ビーチテニスの方が広いです。
    あとはよく分かりませんが、サーブは上から打っていました。

      引用  返信

  • レポ゚ありがとうございます。
    急遽出場してくれたナダルありがたいですね。私も行けばよかったなぁ。竜馬君よい経験になりましたね。

    圭君についての心配は少し薄らぎました。現状のままで無事に楽天を戦ってほしいです。

      引用  返信

  • らふぁにサインもらいそびれ、その足で竜馬くんに行くのもなぁって止めてしまったわたしです。
    試合あともらいに行きたいと思います。
    らふぁの練習、きちんとやっていたのですね。
    素人の私には、どんな意図の打ち合いやらわからず。
    解説ありがとうございます。

      引用  返信

  • そういえば、応援フードはトロの一気食いでしたね!!
    いぜん書き込んでいた錦織ファンのお母さまの息子さん!
    夕飯トロメガ盛りリクエストのチャンスがきましたよ!!

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。