錦織圭、本戦インに王手(2010USオープン)

2ndセットは竸ったものの、最近負けなしのタイブレークでまたもや勝負強さを発揮し、予選決勝進出を果たしました!

2010 US Open
Qualifying 2nd Round
Kei Nishikori def. Alexandre Kudryavtsev, 6-3, 7-6(1)

1stセットは序盤のブレークを最後まで守って6−3で先取。2ndセットも2ブレイクして4−1、楽勝ムードだったのですが・・・。

ここから何と2ブレイクされて4−4に。

しかし三たびブレイクして5−4。さすがにここで決めるだろう!と思ったらまたもやブレイクバックされてしまいます。

そしてキープされて5−6。3連続でブレイクされていただけに緊張のサービスゲームを迎えます。

ここで3回もブレイクポイント(=相手のセットポイント)を迎えますが、しのいでタイブレークを迎えると、7−1であっさり取って試合を決めました・・・。

この予選は2試合とも、2ndセットがぴりっとしません。映像を見たわけではないので相手が良かったのかもしれませんが(1回戦の2ndセットはエラーが多かったそうですが)、ちょっと気になります。

でもズルズル行かず、よく気持ちを切り替えられるなあと感心します。実力的に上位だからこそ何回もそういうことができるし、気持ちも切れてないのだと思います。

とにかく勝っているのですからOKでしょう。勝てば次の試合で修正することもできます。決勝戦に期待しましょう。

決勝戦の対戦相手はダンセビッチ

実績のある選手が上がってきました。ランキングは418位ですが、錦織と同じくプロテクトランキングを使っての予選参加です。

最高で65位まで上がったことがあります。グランドスラムでは2回戦が最高ですが、すでに9回本戦に出場しており、経験は十分です。簡単には行かないでしょうが、錦織も「実績のある強い選手」です。勝利を信じて応援しましょう。

試合は11番コートの第1試合です(Schedule of Play)。現地15時スタートなので、日本時間では今夜AM4時からです。

厳しい時間帯なので、私は4さんの送ってくれた11番コートの写真(下)を見て試合を想像しながら早く寝ちゃおうと思います。zzz…

今年の6月に撮影しました。
AAスタジアムやフードコートのすぐ近くでとっても便利な
11番コートです。

明日の土曜日はAAキッズデイなのできっとたくさんの
ちびっ子ファンも試合を楽しんでくれるでしょう。

(キッズデイがあるので試合開始が現地時間の午後3時に
ずれた模様です。)

(4さんより)

応援フードはフランクフルトなど

相手がフランク・ダンセビッチなのでフランクフルト等でよいでしょう。

発見しました、チキンフランク(ス)!
「チキン」の意味を考えるとちょっと意地悪ですが・・・。たまたまなので、見逃してくださいね。
アメリカでも大人気のキティちゃんがたくましく見えます。

明日は11番コートに思いを寄せながら応援します!
何と言ってもAA,LA,GSに続く4番目のショーコートですから
たくさんのファンが応援してくれるでしょう。Go Kei Go !

(4さんより)

フランクソーセージにアヲハタのアンチョビをはさんで
チーズをかけてみました。いつもの無理やり作戦ですw

「打倒!フランク・ダンチェビッチ!」

(ちょこさんより)

9 件のコメント

  • ちょこさんすごい・・・どうやってそういうの思いつくの?

    ちゃんと名前にかけててしかも食べてもおいしそうだし。

    ええい!だれか奇食に挑戦するやつはおらんのか!

      引用  返信

  • いやぁ・・・本当に素晴らしい応援フード。
    いつもいろいろ考えるのですが、思いつかない・・・。
    何だか今日も勝てる気がしました。

      引用  返信

  • すみません、上記のコメント、私です。名前がちゃんと打ててませんでした。反省・・・。

      引用  返信

  • ちょこさん、気合の入り方と発想がハンパじゃなーい!!!
    今年の「応援フード大賞」の最有力候補確定!

    「寄食に挑戦」は手抜きが得意の私には絶対むりwwww

    私はおこyさんの1票で大満足。ありがとう!

    上記の11番コートではなんとテニスもしてきました。予約の
    電話を入れた時「どのコートにしますか?スタジアム以外なら
    どこでもOKですよ]「それじゃ、ミニショーコートの11番
    コートで」って簡単に指定できました。

    USTAのメンバーでなくても空いていればプレーができますので
    みなさん、いつか是非お試し下さい!1時間20ドルでした。

    (私はライフメンバーですが決してUSTAの回し者では
    ありませんのでご心配なく。)

      引用  返信

  • さっき、竜馬君、杉田君、波形さんの試合が終わりました。
    残念でしたが、いつの日か(men)複数人本戦に出れる時が来ると信じています。
    4さん、コメ遅くなりましたが、チキンフランクってwww
    しかもかわいいキティちゃんが言ってるみたいで超ウケました。私、オヤジってかジジギャグの応援フードでずっと不安だったんですけど、
    団長さんが、応援フードで圭君の勝率1%UPって記事に書かれたの読んで、すんごい勇気もらったんです。
    これからもきっとだじゃればっかりですががんばります。スミマセンww

      引用  返信

  •  間もなく男子予選決勝の最終戦が終わろうとしていますが、
    メインドローの抽選&発表は現地の当日中に行われるので
    しょうか?

     待ちきれないので、メインドロー上の予選勝者ポジション
    早見表なるものを作ってみました。(Qの後の数字はドローNo.)

    1.ナダル
    29.コールシュライバー
    23.ロペス-シュトラー(90位)-Q12
    15.リュビチッチ-Q15

    10.フェレール
    24.グルビス
    31.ナルバンディアン-Q26
    8.ベルダスコ-RIBA(西)(76位)-Q29

    4.マレー
    25.バブリンカ
    20.クエリー
    14.アルマグロ

    12.ユーズニー
    18.イズナー
    28.ステファニック-ロブレド(39位)-Q60
    7.ベルデヒ

    6.ダビデンコ
    26.ベルッチ
    17.モンフィス-Q74
    9.ロディック

    16.バグダディス
    19.フィッシュ-CUEVAS(ウルグアイ)(87位)-Q86
    30.モナコ-Q90
    3.ジョコビッチ-PETZSCHNER(独)(51位)-Q94

    5.ソダーリング-Q98
    27.ゴンザレス-Q103
           -DE BAKKER(蘭)(53位)-Q102
    21.モンタネス-ボール(豪)(146位)-Q108
    11.チリッチ-KOROLEV(カザフスタン)(73位)-Q109

    13.メルツァー-スウィーティング(112位)-Q115
    22.フェレーロ-Q119
    32.ヒューイット
    2.フェデラー

     これを眺めた上で、狙いとするレベルごとに望ましいポジション
    を独断でピックアップしてみると下記のような感じになります。

    ベスト8狙い :Q60、Q86、Q74
    ベスト16狙い:Q86前出、Q12、Q115、Q119
    ベスト32狙い:Q12前出、Q60前出、Q90、Q102、Q108
    ベスト64狙い:Q108、Q29、Q109(前出を除く)

     このように整理してみると、考えようによってはラッキーと
    いえるポジションが、全16の内12もあることが分かります。
     錦鯉の皆さん、大らかな気持ちでドローの発表を待ちましょう。

     また、あえて総合的なベスト3・ワースト2を挙げるとすれば、

    ベスト3 :Q12、Q60、Q86
    ワースト2:Q98、Q26

     といった感じでしょうか?

     ワースト2はぶっちぎりで、誰が見てもこうなるでしょう。
     もし、このどちらかになってしまたら、圭の試練がまだ続いて
    いるとしか言いようがないですね。

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。