YouTubeでWorld Tennis Challengeのハイライトを放送するようです

今週、錦織はアデレードで行われるWorld Tennis Challengeに出場しますが、公式サイトによりますと、そのハイライトがYouTubeで放送されるようです。ライブストリーミングはどうなんでしょうね。

World Tennis Challenge on YouTube

【追記】

本大会はエキシビションです。ATPランキングとは関係ありません。

とはいえ、出場メンバーも豪華ですし、全豪前の調整としてはうってつけでしょう。

World Tennis Challenge (WTC)とは、4つの国あるいは地域による対抗戦(つまり団体戦)です。

各チームは1人の現役選手と1人のレジェンド選手(引退したスター選手)から成ります。

チーム分け及び選手はTeams, Players & Drawに記載されていますが、はっきり言って間違いだらけですw

現役選手:レンドル、キャッシュ、ルコント、ハリソン
レジェンド選手:リュビチッチ、錦織、ロドラ、マッケンロー

となっています。勝手に錦織を引退させないでくださいw

アメリカチーム(ハリソン、マッケンロー)以外は現役とレジェンドが逆になっていますね。ずっと前からこの状態で指摘もかなり受けていると思うのですが、変わらぬままです。どうなってるのでしょうか?

何はともあれ、錦織はパット・キャッシュと組んで「オーストラジア」チームとして出場します。

本日(1月11日)はライアン・ハリソンと対戦、明日(1月12日)はイワン・リュビチッチと対戦、そして1月13日はミカエル・ロドラと対戦します。

いやー、エキシビションとは言え、どの対戦も豪華カードです。リュビチッチには過去2度負けていますし、ロドラとは初対戦ながら世界トップレベルのネットプレイにどう対抗するか見物です。そしてハリソンとは年齢的にも今後、何回も対戦するライバルになる可能性が高いです。

それにしても試合時刻が書いてないようなのですが・・・どうなってるんだろう。

10 件のコメント

  • うれしー!もしかしたら見れるかもですね♪
    試合、お昼からと思ってたら、ブラッドさんがshould be good match tonight between Ryan Harrison and Kei in killers event in Adelaide…(略)
    って5時間前つぶやかれてたみたいだから、これって夜あるんですね?前の投稿で早合点していいかげんなこと書いてごめんあさいです。
    ライストでもライスコでも直前に出現したらいいですね。

      引用  返信

  • 圭君、盲腸だったら全豪も棄権ですよね…違うことを祈るばかりです。

      引用  返信

  • ショックです・・
    希望に燃えて2011年を迎え本人もやる気満々だったのに、錦織選手の気持ちを思うと何と言っていいのか・・

      引用  返信

  • 現時点では「虫垂炎の疑い」ということなんでなんとも言えませんね

    診断が待たれます

      引用  返信

  • ショックです。
    何故に、このタイミングで・・・
    「疑い」であることを切に祈ります。

      引用  返信

  • 信じられない・・・

    もしかしらチェンナイの時、発汗が多かったですから、初期症状だったのでしょうか

    早期発見であるこを願います。

      引用  返信

  • あらぁ、全豪を目前にショッキングなニュースですね。
    まぁ虫垂炎自体はたいした病気ではないし、手術後も傷口さえしっかり閉じればすぐに復帰できるので、復帰目途の立ちやすい病気で、それほど落胆する必要はないと思います。ただかなり痛くなってからの発見となると破れてる可能性があるので、復帰時期は少し延びるかも知れませんね。
    とは言え、怪我するよりはずっとずっとマシではないでしょうか。
    楽観しすぎ?

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。