1回戦はベルディヒと!(2011バーゼル)

Telebaselでたった今、荘厳な音楽とともにライブ中継されているバーゼルのドロー抽選会。

錦織圭の1回戦の対戦相手は第4シードのベルディヒとなりました。

唯一の対戦となった2009年のブリスベン・・・

と、書いたところで中継に錦織がゲストで登場!

それにしてもティプサレビッチは好調ですね。今週もサンクトペテルスブルクで決勝進出。

テ ィ プ は 錦 織 が 育 て た

と言われかねない状態かも・・・

インタビュー抜粋(速記状態)

どこからバーゼルに来たの?フロリダから

フロリダの寿司はどう?十分おいしいですよw

アジアで最高のランクのプレイヤーになったけど?そんなにプレッシャーはない。

日本女子は過去に高いランクの選手がたくさんいたけど男子はそうでもない。どうしてだと思う?

確かにアジア人男子は苦戦してるけどうんぬんかんぬん。

日本から海外に転戦するのは大変だし・・・うんぬんかんぬん(タイプ間に合わない)

ドロー見て何か言って。ベルディヒと対戦したことは?

2年前に対戦しました。オーストラリアで。

結果は?

勝ちました。3セットで(記憶間違い。本当は2セット)

どこですか?シドニー(ブリスベンです!)

1セットオールでファイナルを勝ったわけね?ええそうです(2セットですって!7-6,6-3)

あとドローを見てなんか言ってた。終わり。

38 件のコメント

  • とりあえず出しときます。

    1 ジョコ
    2 マリーセ
    3 予選通過者
    4 予選通過者
    5 ユーズニー
    6 予選通過者
    7 バグダティス
    8 Troicki

    9 Berdych
    10 錦織
    11 セッピ
    12 ミュラー
    13 メルツァー
    14 ヤング
    15 予選通過者
    16 Fish

    17 Roddick
    18 トミー・ハース
    19 ヒラルド
    20 ステパネク
    21 ベルーチ
    22 ニエミネン
    23 スタラーチェ
    24 Federer

    25 Tipsarevic
    26 マイヤー
    27 ロドラ
    28 リュビチッチ
    29 ドディク
    30 ヴァヴリンカ
    31 ハーゼ
    32 Murray

      引用  返信

  • ドローセレモニーいいですねぇ。
    楽天オープンも去年は USTREAM であったんですが、
    今年はなかったような・・・。

    来年あたりWOWOWさんで放送してもらえるといいのになぁ。。

    ひろQさん、インタビューの訳ありがとうございました。

      引用  返信

  • いや、この記事は団長が書かれてます!

    さあ、何曜日に入りますかね〜〜?

    コリコリさんの予言や如何に!?

      引用  返信

  • ひろQさんの素晴らしい情報のおかげで

    抽選会の生視聴が出来ました。
    まさか本人が出てきてインタビューを受けるとは。。。。
    それにしても、素晴らしい抽選会です!!
    来年の楽手のオープンも是非こんな感じで
    抽選会を世界に発信してほしいです!!
    (その時のMCも英語で、錦織のインタビューもこの際、
     英語で構いません。。。))

    そして、今大会はブリスベンでの再現を見せてもらいたいです!!
    足の状態を万全にしてベルディッヒ戦に
    挑んでほしいと思います!!
    来週も、僕たちを週末まで楽しませてほしいですね!!

      引用  返信

  • あっ、ほんとでした。。
    団長ごめんなさい。
    改めて団長ありがとうございました。

      引用  返信

  • ひろQさん、速報とインタビュー抜粋ありがとうございます。
    圭君出るなんてビックリしちゃったわ~

    足首の状態がよく、一回戦突破できればいいドローなんだけど。
    WCの時はなぜかシードと当たるんですよね…がんばれ~

      引用  返信

  • あ、本当ですね。記事書いて、ドロー書いてってすごい早業だなと思いました。
    下手な試合よりこちらの中継面白かったです。ありがとうございました。
    錦織も元気そうでよかったです。最近3セットマッチばかりだったから、間違えちゃったんですね。ふわふわしてましたし。

      引用  返信

  • 私も間違えましたww
    団長さん、速報ありがとうございました。

      引用  返信

  •  こちらはデータ付きのドローです。
     Berdychとの1回戦は、Tipsarevic-Mayerに次ぐ好カードと
    いったところでしょうか?

    1 Djokovic, Novak SRB 1(0-1)
    23 Malisse, Xavier BEL 50(0-0)
    29(Q)
    30(Q)

    16 Youzhny, Mikhail RUS 33(0-0)
    31(Q)
    26 Baghdatis, Marcos CYP 59(0-2)
    8 Troicki, Viktor SRB 17(1-1)

    4 Berdych, Tomas CZE 7(1-0)
    15 Nishikori, Kei JPN 31
    24 Seppi, Andreas ITA 52(0-0)
    22 Muller, Gilles LUX 49(2-0)

    11 Melzer, Jurgen AUT 25(0-1)
    20 Young, Donald USA 43(0-1)
    32(Q)
    5 Fish, Mardy USA 8(1-0)

    7 Roddick, Andy USA 14(0-1)
    28 Haas, Tommy GER 273(0-0)
    21 Giraldo, Santiago COL 45(2-0)
    12 Stepanek, Radek CZE 26(1-0)

    18 Bellucci, Thomaz BRA 37(0-1)
    27 Nieminen, Jarkko FIN 62(0-0)
    25 Starace, Potito ITA 53(0-0)
    3 Federer, Roger SUI 4(0-0)

    6 Tipsarevic, Janko SRB 13(0-5)
    10 Mayer, Florian GER 21(2-0)
    14 Llodra, Michael FRA 30(0-0)
    13 Ljubicic, Ivan CRO 27(0-2)

    17 Dodig, Ivan CRO 35(0-0)
    9 Wawrinka, Stanislas SUI 19(0-0)
    19 Haase, Robin NED 40(1-0)
    2 Murray, Andy GBR 3(0-1)

     ああ、YoungかBaghdatisのところが良かった~(後の祭り)
     こうなったらベスト4まで残って、パリのSE枠ゲットするしか
    ない!

      引用  返信

  • 私も間違えてしまいました…。
    団長さん、ありがとうございました。
    おわびに(?!)現地応援隊として頑張ってきます!!!

      引用  返信

  • 記事がアップされたらまず、記事タイトルの上、青に白抜きで書かれている投稿者をチェックしてから読みましょう!w

    >ひろまるさん
    現地レポよろしくお願いします!!

      引用  返信

  • なんかアイコンとか作って投稿者が分かりやすくするようにしてみますかね~。

    投降数、ひろQさんの方が多いので間違えても無理はありません。

      引用  返信

  •  しかし、圭のインタビュー、あがりまくっていたのでしょうね。

     2年前のBerdych戦、落ち着いて思い出せば間違えるはずない
    のに。肘の故障の要因になった試合ですから。

     あと、2年前にストレート勝ちした時のスコアーは、6-3,7-6
    ではなく、7-6,6-3だったので、勝手ながら本文を修正しておき
    ました。

      引用  返信

  • だんちょ、ドローの実況ありがとうございます。圭君、あれだけの試合に勝っても、わたしたちのようにビデオで繰り返し見たりしないんですね、きっと。わたしはすりきれるほどみましたから、たしか一セット目が、タイブレ逆転で7-6のはずですよ。やっぱりはやくシードがつくといいですね、あれからベルディヒも強くなってるから、足さえ100%なら十分いけると思うけど、一週間楽しみたい。

      引用  返信

  • いや~、何だかGSのドロー発表と見紛うかのごとき盛り上がりですね。
    錦織のステージが急階段で上がっていくのを実感できます。
    ということは団長さんの鼻血ブーのハードルも上がるのでしょうか?

      引用  返信

  •  おっ、注目のCHIUDINELLI、予選1回戦ISTOMINに7-5,6-0で
    勝っていますね。(2ndは怒り炸裂?)

     もう1回勝って本戦まできてくれ!

      引用  返信

  • コリコリさん、錦織は真剣に試合結果忘れてると思いますよ。錦織は我々凡人と違い細かいことは気にしない天才肌タイプです。
    ツアースケジュールを間違えようが過去の試合結果を捏造しようが結局は試合に勝ち進むのです。
    今までも相当突っ込まれてますが本人のコメントにあーだこーだ言っても疲れるだけですよ(笑)

      引用  返信

  •            - 暫定版 –

    Swiss Indoors Basel 2011(ATP500)
    [Surface:Indoor Hard,Draw Size:S-32]

    1st Round

    ●対戦相手:[#4]Berdych, Tomas (CZE) 7位 26才
    ・キャリアハイ6位(18.10.2010)
    ・テニス大国チェコの大黒柱
    ・196 cmの長身
    ・北京では好調Tsonga(7位)とCilic(25位)を下し優勝
    ・上海ではベスト4入りしたLopez(28位)に4-6,4-6負け
    ・あのTipsarevicには2連敗中(全米3回戦負けを含む)
    ・上海後はバーゼルに向け休養・調整中

    ●対戦成績:1勝(2009年のブリスベン2回戦)

    ●試合日時
     現地時間:10月31日(月)~11月2日(水) 13:30以降
    (日本時間:10月31日(月)~11月2日(水) 20:30以降)
      [※多分センターコート]

    ●天候予報:インドアのため影響無し

    ●生観戦手段
    ・ATPの公式ライスコ(ライストも多分あり)

    ●テレビ放映予定
    ・後日GAORAにて放送の可能性あり
     
    ●勝利獲得Pt:45pt(11/7付1245pt:30位相当)
           
    ●勝算:4分?
     ※一度勝っているとはいえ、Berdychの方も強くなっている。
      厳しい相手だが、大会初戦だし、右足首の状態が問題なけ
      れば勝機はあるはず。
       無理はしないでほしいが、上海での活躍がフロックでは
      なかったことを欧州のファンに見せつけてくれ!

      引用  返信

  • 初戦はベルディッチですか。。。
    ビッグサーバーだけに、圭くんのサービスホールドが鍵になりますね。
    とにかく、ストロークで打ち勝ってサービスゲームを何とかホールドして喰らい付いていけば、ベルディッチはメンタル面で弱いところがあるので勝機はあるんじゃないでしょうか。
    先にリードを許して、余裕でプレーされると手が付けられない状態になっちゃうので、試合の序盤の入りが重要だと思います。
    ストロークの質がチリッチと似た感じで、とても素直なフラットドライブで、あまり色々変化を付けてこないので、圭くんにとっては比較的打ち合いやすい相手なのではないでしょうか。
    ただ、守って守りきれる相手ではないので、先に積極的に仕掛ける必要があると思うのですが、懐が深くてなかなかチャンスボールをくれないと思うので、当たり前の事ですが、攻めてる途中でミスを出さないことが肝だと思います。

      引用  返信

  • 最近のインタビューは、以前よりも英語が随分自然な感じ…、と言うか、ちょっとオドオド気味(?!)なお決まり文句じゃなくて、落ち着いて自分の言葉で伝えようとしている…、余裕さえ感じる気がするのですが、私の気のせいでしょうか…。騎馬さんとおっしゃる通り、前だけを見ている天才ですから、細かいことは覚えていないと私も思います。(笑)上海のプレーから考えても、圭君の中の意識の何かが変化したのかな?と思わずにはいられません。

    昔の映像を見ていると、あんなにシャイだと外国人に囲まれると結構精神的にきついんじゃないかなぁと親心全開で心配をしていましたが、大人になってきているのでしょうね。今の圭君ももちろん堂々としていて素敵ですが、寂しいような?!昔の姿を懐かしく思う時が来るのでしょうね、きっと…。

      引用  返信

  • ttp://www.hauckfotograf.ch/index.php?id=40&no_cache=1&imgid=2950&backid=12

    ttp://www.hauckfotograf.ch/index.php?id=40&no_cache=1&imgid=2946&backid=12

    昨日のドロー抽選会の時の錦織選手です。
    イイ笑顔です!!

    また、バーゼルのサイトに昨日の抽選会のことが書いてあって

    ttp://www.swissindoorsbasel.ch/News.443+M51b5bfd9ce9.0.html

    >>Japans aufgehende Tennissonne Kei Nishikori anwesend.

    って錦織選手のこと紹介されてました。

    試合が待ち遠しいです。

      引用  返信

  • 今大会のドロー、初戦のベルディヒとの対戦
    非常に楽しみな内容が期待できます。

    今季シーズンは北京で29カ月ぶりの優勝をあげたベルディヒの
    調子は2年前とはかなり違うと思われます。
    我が錦織も同様に、最高のシーズンでコメントでもある通り
    思い切りプレーしたいと言っているので
    色々な攻めを駆使して粘り強いテニスをしてくれるのではないかと。

    フォアハンドの対決となるかも知れません。
    が、多種多様な攻めで錦織がベルディヒを撹乱して勝ってくれると
    信じてますww

      引用  返信

  •  圭とは直接関係ない話題ですが、揃って予選にまわされたスイス
    のベテラン勢、すごい頑張っています。

     例年であればChiudinelliとBohli位までは本戦WCを貰えて
    いるところが、今年は諸般の事情により予選WCの待遇に甘んじて
    いるのはご承知の通りだと思います。

    予選WC選手1回戦結果
    [WC]Lammer(335位,29才) 67 64 75 [#1]Tomic(42位,19才)
    [WC]Chiudinelli(203位,30才)75 60[#6]Istomin(74位,25才)
    [WC]Bohli(237位,28才) 64 75 [#7]Harrison(75位,19才)

     上記は昨日行われた予選1回戦の結果ですが、スイスのWC選手
    の3人は、揃いも揃って遥かに格上のシード選手に勝ってしまって
    いるのです。

     これはもはや地元の利だけでは説明しきれない因縁めいたものを
    感じます。

     勿論、自国の大会で活躍したいといった一般的な気概もあるで
    しょう。ただ、今年に関しては、本戦WCを全て外国人選手で
    埋めた大会事務局に対する無言の抗議とアピールの要素が多分に
    あるような気がします。

     また、「テニスはやってみなけりゃ分からない」と言われますが
    いわゆる実力とは別の、その試合に向けた仕上がり具合や賭ける
    思いといったものが、実際には大きく影響していることが分かり
    ます。

     で、何が言いたいかというと、MTFの下馬評等で圧倒的劣勢が
    予想されている圭のBerdych戦についても、圭の仕上がり具合や
    闘争心次第では全く分からないということです。

     圭本人も、彼らの活躍から良い刺激をもらっていることを願って
    います。

      引用  返信

  • ひろまるさん、私もそう思います。
    堂々としてますよね~~会話も自然な感じです。

    公式ブログでも「シドニー」と書いているので
    ほんとにそう思い込んでいるのでしょう。
    ま、いずれにしても勝てばいいんです。

    もし残念な結果になったとしても、後に続く内容ならオッケーだと
    思えてきました。
    それくらい圭くんのテニスはレベルがあがっているように思います。

    楽しみですね~~

      引用  返信

  • Chiudinelliは、楽天の時も予選から勝ち上がって、1回戦ガルシアロペスに勝ちましたよね。調子が上がっているということもあると思います。WOWOWの解説の方が、Chiudinelliが気性が激しいというエピソードを話されていましたが、今回も荒れたんじゃないかなと思います。

      引用  返信

  • 予選の話ですが、BohliはKubotに6-4,4-6,3-6で惜しくも敗戦。
    そしてLAMMERとCHIUDINELLIは最後の一枠を賭けこれから直接対決です。
    WCの経緯もありますので、勝ち上がったほうには地元ファンからフェデラーにも負けない応援が送られるでしょう。
    嵐の大会の予感がします。

      引用  返信

  •  先程、St. Petersburgの決勝で、CilicがあのTipsarevicを
    ファイナルで下し、久々の優勝を果たしました。

     圭に連敗した頃のCilicは元気がなく、このまま落ちていって
    しまうのではないかと思いましたが、流石は元シングルランカー、
    本格的に復調してきましたね。

     来年早々のデ杯クロアチア戦、今まで以上の覚悟と準備が必要に
    なりそうです。

     バーゼル、もうすぐ明日のOOPが発表されるはずです。

      引用  返信

  • すっかり乗り遅れてしまった~^^;

    ベルディヒといえばブリスベン!
    いまもあのベルディヒのあきれたような苦笑いが、
    くっきりとまぶたの裏に焼き付いています!!!

    願わくば、圭の足首が100%完治して
    この大一番を迎えられますように!

    ベルディヒをきりきり舞いさせる圭を、
    もう一度堪能したいぞ~≧▽≦キャー!!!!!!

      引用  返信

  • LAMMERがフルセットの末逆転でCHIUDINELLIを下しました。

    初日のOOPようやく出ました。(遅~~~)
    センターコート
    第1試合 BAGHDATIS VS TROICKI
    オープニングセレモニー
    第3試合 STARACE VS FEDERER
    第4試合 MELZER VS YOUNG
    (COURT2はダブルスのみ)

    FEDERER戦を差置いてMELZER VS YOUNGがメインイベント?

    とりあえず圭は明日以降みたいで良かった^0^/

      引用  返信

  • 試合予定がでましたね。水曜の早朝です。
    11月1日
    18:30 Djokovic – Malisse
    20:00 Berdych – Nishikori

      引用  返信

  • シード選手の試合予定が決まっているので
    それを公表しているということでしょうね。
    シード選手とあたる圭くんはおかげさまでセンターコート。
    舞台は整ったよ!

      引用  返信

  • さぁ始まりますね。
    楽しみです。
    昨日はちょこっとだけ圭君のインタビュー見れて・・・堂々としてましたよね。だんだんインタビューなれしてきたって感じですね。それもこれもインタビューされる回数が多くなってことですよね。それも英語で。
    以前は日本の錦織で、日本のインタビューが多かったけど、今は世界に羽ばたく錦織ですからねぇ。うれしいなぁ・・・。

    センターコートならライストあり。楽しみ。
    日本の皆さんは朝4時、私は午後3時。

    では皆様。掲示板で。

      引用  返信

  • 「朝の4時」!
    以前の私だったら、時間聞いただけで give up 
    起きて朝いちに結果をチェックだな~と
    思いくらいだったのに
    Reikoさんの、「では、皆様。掲示板で」」のお言葉に
    すんなりうなずいている自分がいます。
    実際、その時間に起き出して来られるかどうかはわからないけど
    でも、その気満々。
    ああ、楽しみです!!
    では、皆様。掲示板で。

      引用  返信

  • 1回戦はベルディヒですか~
    ティブサレとはまた違うタイプの強者ですね。
    あの切れと重さを兼ね備えた強打に対して、圭君のカバーリングの速さとプレースメントの巧みさ、多彩さで勝ち切って欲しいですね~~
    本当に楽しみです。

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。