アトランタATP250、出場回避か

とりあえずスレだけ立てておきます。

まずは、ドローですね。

フィッシュ、クエリー、アンダーソン、ヒューイット、マリッセ、イズナー、ルー、ハースなどが参戦する模様です。

このメンツを見るに、絶対勝てないという相手はいないように思います。

デ杯で自信を付けた錦織の活躍に期待しましょう。

【7/16追記】Men’s Tennis Forums情報によると、出場回避とのこと。デ杯の3連戦と長距離移動により疲労したのかもしれません。

76 件のコメント

  • 途中で投稿してしまいました。

    二度レスすみません。

    確定的の“確定”の二文字に反応したのかもしれません。

    “可能性が高い”くらいの表現にしていただけると、嬉しいです^^

      引用  返信

  • 圭君、ワシントンも回避ですか。
    先週の段階でプッシュも出来てないとの事だったから無理もないですね。
    今は、強い炎症だけであって欲しい!・・と願うばかりです。

    デ杯、本当に頑張ってくれましたものね。
    日本のテニスファン、圭選手ファンの希望、期待、羨望、そしてNO ,1としての重責。
    文字どおりにすべてが圭君の肩に乗っていて、彼はそれらに見事に応えてくれました。
      あのイストミン戦、素晴らしいパフォーマンス。
    今また新たな気持ちで「ありがとう!!」って伝えたい!!。

    本人がどんなに苦悩しているかは、皆さんも知っての通りですよね。
    一ファンにできること、彼がコート上に戻ってきて生き生きとプレイするその日まで「応援力」もぐぐっと貯めておきましょう!!

      引用  返信

  • 公式ブログが更新されましたが、家の中の様子など写真いっぱいです。
    欠場が続くのでファンに気をつかってくれているんでしょうね、ありがとう。
    「炎症がひくのは2~3週間」の診断通りならそろそろ状態が良くなる頃なので、本格的に練習再開!の吉報が聞けるのを楽しみに待っています。

    ひろQさん
    負けるに決まってると決め付けられると、やはり良い気持ちはしません。
    何を書いても自由だからこそ、表現方法に配慮していただけたらと思います。

      引用  返信

  • >マックウィンさん
    確かに。僕はブパシ&パエスという世界トップクラスのダブルススペシャリストコンビが出て来るだろうと勝手に想像して「確定的」という言葉を使っちゃいましたが、今年のワールドグループ1回戦「対セルビア」ではなぜかその2人は出場してませんね。なぜでしょう? 2010年にはワールドグループ1回戦の入れ替え戦の両方に出ていて、どちらも重要な勝利を挙げてます。例えばこんな下のリンクにあるような布陣でこられると日本としてはとっても嫌ですね〜。

    http://www.daviscup.com/en/results/tie/details.aspx?tieId=100014750

    >ゆきたろさん
    情報ありがとうございます! Mens Tennis ForumsでもNishikori OUTの表示が出ました。まあ、これは今となっては想定内。ゆぅ♪さんの仰る通り「応援力」を充填しときましょう!

      引用  返信

  • 私のブログなのにひろQさんやコリコリさんはじめ常連の方々に保守させてるみたいになってしまってすいません。
    コメントはすべてチェックしています。

    錦織の肩は思ったより長引いていますね。でも体のケアには気を使っているはずですので、万全を期すためだと思います。もう少し待ちましょう。

      引用  返信

  • WOWOWの9月の番組表を確認しましたが
    デ杯インド戦は入っいませんね。
    残念です。

      引用  返信

  • >マックウィンさん、みけさん
    すみません、「負けは確定的」は行き過ぎた表現でしたね。今後は気をつけます!

      引用  返信

  • デ杯ですが、ダブルスはやはりブパシとパエスが出て来るとかなりの強敵であることは否めないと思います。

    個人的にはやはりいまの状態を考えると、ウズベキスタン戦のように錦織が単複3試合というのは無理だなと思います。

    状況としては勝つためにはやはり錦織がシングルスで二つ勝つのは必須かなと個人的に思います。
    特にデウバーマンは多分出て来ますよね、ここで錦織が勝てればかなり大きいと思います。
    インドのシングルス二番手ちょっと誰かわからないんですが、ここに錦織以外が勝つのと、ブパシとパエスのペアに…ペアどうなるかわかりませんが勝つのとどちらが望みがあるかといえばやはり前者。

    というか伊藤になるか添田になるかわかりませんが、錦織とあわせてデウバーマンから2つ勝てればダブルスを気にする必要もないんですが。。。
    そういう意味で伊藤対デウバーマン期待してましたが負けてしまいましたねー…

    まあ個人的にはブパシとパエスは出てくるなー!
    です

      引用  返信

  • デビスカップのあり方も、考えてしまいますね。戦争時を除き、1900年から毎年行われて来た国別対抗戦。伝統もありますが、ランキング制度も加わり、大会数もものすごく増えた過密スケジュールの合間にいろいろなサーフェースのコートで時差を越えて開催地まで出向き、3日間連続で5セットマッチを戦い抜くなんて、やっぱりものすごく体の負担がかかりますよね。ゾーングループにはポイントももらえないし、ツアーに専念すれば
    なぜ国のために戦わないのか?と文句を言われ、デ杯に出て怪我をしたりランキングが落ちれば、デ杯なんて出なくてもいいのに、と言われたりするし、選手は板挟みのようになってしまうからたまったもんじゃないですね。本来は最終的な判断は選手が決めるべきだと思うけど、立場上そう言ってられない状況だってあるだろうけど、、。
    サッカーのワールドカップやオリンピックは4年に一回、ワールドベースボールクラシックも数年に一回。テニスだけですよね?毎年っていうのは。過酷すぎると思いませんか?なんとかルール改正してせめて3セットマッチにするとか、2年に一回にするとかしないと選手のからだが心配なんですよね、、。
    ああ、何がいいたいのかわかんなくなっちゃいましたが、圭くんの試合が見れないと寂しいけど、肩はとっても大事だから、じっくり治してもらいたいです。

      引用  返信

  • きょんたさん、仰りたいことよぉーく分かりますよ!
    ホントに同感です。
    デ杯は団体戦・・・と言えども、やはり個人戦の積み重ねが勝利に繋がるわけですから、過酷過ぎますね。(T_T)/~~~

      引用  返信

  • 7月25日付のランキングですが、Querreyのポイントが修正されていて、圭君が48位になっています(月曜日の発表時には49位でした)。
    また、8月1日付けランキングですが、SEPPIがクロアチアのQFで敗退しましたので最高47位がありそうです。一方、超えていく可能性があるのはLAの KunitsynとBogomolov Jr.の2人(いずれも優勝が条件)なので、最低でも48位キープでしょうか?
    素人作業なので、間違いがあるかもしれません。どなたか、確認いただけると嬉しいです。

      引用  返信

  • 復帰戦のアナウンスがでて素直にうれしいです。
    予選からでも良いかもと思いつつ、本戦からになったら
    いいなと思います。

    8/1付のランキングはぼくの計算もゆきたろさんの計算と同じなので
    47位か48位だろうと思います。

      引用  返信

  • ひろQさん お知らせありがとうございます

    >錦織公式ブログで復帰はMontreal MSからと・・・
    >http://blog.keinishikori.com/2011/07/post-97.html

    みつさんが以前紹介して下さった
    8月8日 Montreal MS 56Draw 11out

    は、つまり予選からですね
    まあ、試合感を取り戻すには、それが良いかな~
    なんて・・・ (気持ちを)ゆったり考えましょう →自分

    肩の違和感がなくなって、本当に良かったです。

      引用  返信

  • はじめて書き込みさせて頂きます。
    こちらのブログ、数年前よりいつも楽しみに読ませて頂いてます!

    有明に決まりましたデ杯のチケット情報ですが、8/20頃発売開始予定だそうです。(日本テニス協会より入手の情報です)

    何とか都合をつけて観戦に行きたいと思っています!
    せっかくのワールドグループへのチャンス、錦織選手も参加できるといいですね!

      引用  返信

  •  airkeiさん、レア情報、ありがとうございます。

     もうちょっと早くできないの?とかって思いましたが、圭の動向
    を見定められる時期という意味では丁度良い頃かも知れませんね。

      引用  返信

  • 一応、アナウンスされた事実だけは確かですが、あくまで「予定」ですので、肩の状況が芳しくなければMontrealもパスすると思うんです。まあ、ここは予定通り出られればラッキーくらいに考えておきますか。

    そのMontrealのエントリーは当初の発表時からQuerreyとStaraceがOUTしてますので、現在9OUTですね。大会が近づくにつれて少しずつ欠場者が増えてこの順位は上がって行くことでしょう。ま、今の状況だとポイントゲットというよりは全米の前に少しでも実戦経験を積むという目的の方が大きいかも知れませんので、予選からでもオッケー♪ってカンジですがね。

      引用  返信

  •  Montrealのエントリー状況ですが、その後Ferrer、Raonic、
    Ljubicicの3選手のOUTが確実になりましたので、現在実質6OUT
    です。

     また、最近までのコンディション等より、Roddick、Haas、
    Robredoの3選手はOUTする可能性が高いと思います。

     さらに、SEの1枠は解放される可能性が高いことを考慮すれば
    最終的に少なくとも2OUT位までには上がってくると思います。

     やはり、実戦までの期間や試合数を考えれば最終DAできるに
    越したことはないでしょうし、その可能性は充分にあると思い
    ます。

      引用  返信

  • 錦織に関係ない話題ですが、ロバケンが一年間の出場停止だそうです。

      引用  返信

  • KunitsynとBogomolov Jr.は敗れたので、8/1付は47位と思います。

    来週ですが、Nalbandian,Malisse,Andujar の失効点の影響で
    45位以上の可能性もあるのかなと思っています。

    他力になるのでproject45達成にならなくてもとも思うのですが。。
    ちょっと気になります。

      引用  返信

  • みつさん、いきなりで恐縮ですがそのことに関してもう少し詳しく教えてくれませんか!?可能性的にはどのくらいですか!?
    その3人がどうなれば45位以上の可能性があるんですか!?

      引用  返信

  • 8/1付のランキングをみてもう一度確認がいると思いますが・・・
    Washington で Nalbandian、Nieminen が 準々決勝(2勝)以上、
    Mallisse 3回戦進出(1勝)以上、
    Kitzbuhel で Andujar 2回戦進出(1勝)以上 すると
    錦織選手より上位にいきます。

    そのほか4人以外の選手でも準決勝以上すると上位にいく選手が
    いるのですが、1人以下だと45位以上にくると思います。

      引用  返信

  • なるほど・・・
    Nalbandianは500点も失効があるんですね。

    圭くんの8月の失効はチャレンジャー優勝と全米ですか。
    昨年の秋は本人も生きているここちがしなかったくらいの絶不調
    でしたから、失効も少ないはず・・

    パワーをためて、後半戦がんばっていただきましょー。

      引用  返信

  • ブログによると、モントリオールは微妙なラインとのこと。
    冷静に見極めて決断してほしいですね。
    まあ今日はネオスポーツ(テレビ東京)でも特集があるみたいだし、週末はBSジャパンの特集もあるし、気をまぎらして(表面上は)気長に待ちます。

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。