2011ヒューストン準々決勝: vs フィッシュ

第1シードのフィッシュとの対戦です。

これまでセットを落とさずに来ている錦織の調子は良さそう。今年1番の勝ち上がり方の良さと言っていいでしょう。
フィッシュはクレー向きのタイプではないと思いますが、何といってもトップ20選手。簡単には勝たせてくれないでしょうが、錦織の頑張りに期待したいところです。

試合情報

2011 US Men’s Clay Court Championship(ATP250)
Quarter Final

●対戦相手:Fish, Mardy (USA) 11位 29才
 ※同大会での優勝経験あるも、現時点でのクレー対応は
  手探り状態。(付け入る隙はあり)

●対戦成績:過去の対戦なし

●試合日時
 現地時間:4月8日(金)PM18:00開始
(日本時間:4月9日(土)AM 8:00開始)

●天候予報:晴時々曇

●観戦手段
 ATPの公式ライスコ(ライストもあり)

●勝算:5分?
 ※MTFの下馬評では全米No.1のFishがやや優勢
  (Andreev戦により圭のクレーに対する評価upの模様)

応援フード

なんか一気にブレイクしそうな予感
MARDY FISH
の一本釣りを 祈願して鰹のたたき

圭くん 優勝目指し頑張れバモス\(^O^)/

CHACHA

Fish・・・11位大物ですね。
圭君、ここぞという時強くなりました。
さぁーもーいくらでも来いー!タイブレ勝つよー!
大物釣るぞ! Go Fishing !

                ちょこ

9 件のコメント

  • 巨匠のお二方、今日もすばらしい~!!
    魚くん、ばっちり釣り上げて、食べちまいましょう~!

      引用  返信

  •  試合まで2時間を切りましたが、掛け率はFishの8/13, 錦織の6/5。つまり、Fishに130ドル賭けて勝ったら80ドル、錦織に50ドル賭けて勝ったら60ドルもらえます。
     互角とまで言えませんが、掛け率で言うと2−1くらいですね。それだけファンも評価してるっていうことだと思います。

      引用  返信

  • 管理人さん、いつも更新お疲れ様です。

    chacha料理長、ちょこ料理長、御両名とも毎度ナイスセンスで
    ございます。魚お題ということで一気に食材が豪華になっており
    ますね。

    錦織さん、ここを勝てば一気に土サーフェースの有力選手として
    有名になり、全仏でも注目度がアップしますね。実況にも書きま
    したが、名が体を現す選手になって欲しいです。本人もクレー
    コートは好きだと公言している訳ですし…。

    スーパービッグ!!! …を期待しています。

      引用  返信

  • ちょこ様 大物すぎてクレーンがしなってませんか?!
    お二人の作品はすごすぎて もはや神です。

    がんばれ圭君!!

      引用  返信

  •  そうです!!!

     GOD  HAND!?  です。

     それにしても、ぶら下がってる FISHの、
     リアリティー が、なんとも なんとも・・・・・
         ははははははは

      引用  返信

  • 案外楽に大物釣り上げましたwww

    次はクエバス

    釣り的な意味ではどちらも大物ですねwww

    >フィッシュはクレー向きのタイプではないと思いますが、何といってもトップ20選手。簡単には勝たせてくれないでしょうが、錦織の頑張りに期待したいところです。

    逆フラグ健在!

      引用  返信

  • なにおーw

    外れるから正直な気持ちが言えないだけですよw
    (それを逆フラグと言う)

    Fish戦、鼻血対象試合にしてないことから私の予想は察してください。

      引用  返信

  • 団長の予想はお察ししましたから、お願いです、予想しないで、無の境地でお願いします!!
    >Fish戦、鼻血対象試合にしてないことから私の予想は察してください。

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。