サンプラス以来の大会連覇をねらえ! ジャパンOPの展望

 
 ここにきてエントリー選手に大きな動きがあったため、ジャパンOP関係の記事を立てます。

・まず、早くから参戦表明していたマレーが、背部痛に伴う手術のため、欠場となりました。
http://www.rakutenopen.com/News/Tennis/2013/Pre-Tournament/Murray-Info.aspx

・次に、マレー欠場に呼応するように、デルポトロが参戦表明です。


 

 これにより、ジャパンOPのシード順位は以下のように変わる見込みとなりました。(9/30最終更新)
 その他の選手に関する動きは今のところないようです。

・各選手のRKは9/23付
・各選手の成績は全英以降の公式戦(ハードコートツアー)でのもの
・Me:Metz(ATP250,屋内ハード,28ドロー)
・St:St. Petersburg(ATP250,屋内ハード,32ドロー)
・Ku:Kuala Lumpur(ATP250,屋内ハード,28ドロー)
・Ba:Bangkok(ATP250,屋内ハード,28ドロー)

#1 Del Potro, Juan Martin ARG 7位 10勝3敗 全米2R
#2 Tsonga, Jo-Wilfried FRA 8位 3勝1敗 全米不参戦・Me準優勝

#3 Raonic, Milos CAN 11位 15勝4敗 全米4R・Ba優勝
#4 Nishikori, Kei JPN 12位 3勝4敗 全米1R 

#5 Simon, Gilles FRA 14位 6勝4敗 全米不参戦・Me優勝・Ba-SF
#6 Almagro, Nicolas ESP 17位 0勝4敗 全米1R・Ku-2R
#7 Anderson, Kevin RSA 21位 8勝6敗 全米2R
#8 Tipsarevic, Janko SRB 23位 5勝5敗 全米4R・St-1R
 

 また、特に有力なノーシード選手としては、

・Lopez, Feliciano ESP 25位 6勝4敗 全米3R・Ba-QF
・Monaco, Juan ARG 30位 2勝3敗 全米1R
・Tursunov, Dmitry RUS 36位 15勝6敗 全米3R・St-QF・Ku-QF
・Dodig, Ivan CRO 34位 5勝4敗 全米3R
・Monfils, Gael FRA 41位 5勝2敗 全米2R
・Granollers, Marcel ESP 37位 5勝3敗 全米4R
・Berlocq, Carlos ARG 44位 3勝3敗 全米2R・Me-QF・Ku-1R
・Baghdatis, Marcos CYP 48位 5勝6敗 全米3R・Me-1R・Ku-2R 等々 

 が参戦予定です。
 

 なお、予選からは、Andujar(54位)、Matosevic(56位)、Delbonis(59位)、Karlovic(80位)
Zemlja(81位)といったツアー常連選手達が参戦予定です。本戦は生観戦無理な方でも、土日には
彼らの試合を無料で観戦できます。
 個人的には、アルゼンチンの新星Delbonisを生で見たいですね~ また、本戦WCから外れた
日本人選手にも頑張ってもらいたいです。 

 まだ先ですが、シングルスメインドローの抽選は、9/28(土)の正午以降に行われる予定です。
 

以下、ドロー発表後の追記
--------------------------------------

 9/28の昼過ぎに発表されたメインドローは、#1Del Potroと同じトップハーフで、下位対抗
シードは#6Almagro、1Rの相手はMelzer(26位)、2Rの相手はLopez(25位)と伊藤(163位)との
勝者といった内容となりました。  

http://www.atpworldtour.com/posting/2013/329/mds.pdf  

 下記は、ベスト4進出までの全選手のドローおよび関連情報です。
 

[#4] Nishikori, Kei JPN 12位 5勝4敗 全米1R
Melzer, Jurgen AUT 26位 7勝4敗 全米1R・Ku-SF  

[WC] Ito, Tatsuma JPN 163位 0勝0敗 全米予選決勝・Ku予選決勝
Lopez, Feliciano ESP 25位 7勝4敗 全米3R・Ba-QF
-------------------------------------
Zeballos, Horacio ARG 53位 1勝3敗 全米1R・St-1R・Ku-1R
[Q] Harrison, Ryan USA 109位 5勝5敗 全米1R・Ku-1R  

[Q] Becker, Benjamin GER 73位 4勝4敗 全米2R・Me-QF
・[#6] Almagro, Nicolas ESP 17位 2勝4敗 全米1R・Ku-2R
  

  正直、今回は準々決勝を除き、タフなドローとなりました。上記のドローを見ても、圭の山と
Almagroの山との差は歴然としていますよね。 

 1RのMelzerには何とか勝ったとして、2Rが大きな山場になりそうです。
 この山場をどのように乗り切るかで、その後の展望が見えてくるでしょう。 

 大丈夫、コロンビア戦の状態をキープできていれば、ベスト4まではいってくれるでしょう。
 そして、まだ勝ち星の無いDel Potroに一矢を報いてほしいですね~ 

 でも、まずはMelzer戦に全力投球です。
 

101 件のコメント

  • フェデラーが中国人の選手と組んでダブルス出てます。
    凄く珍しくないですか?

    今GAORAで放送してますが、セットアップしてます。
    何かフェデラーがいるだけで凄い強いですよ、やっぱり。

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください