錦織関連ニュース記事まとめ

Googleアラートを利用して錦織関連のニュース記事を抽出してみました。下記リンクよりご覧ください。
(URLを見る限り、tennis365.netの情報を利用しているのかな?)

錦織関連ニュース記事まとめ

気になった記事

錦織8強 苦手に69分快勝/テニス – テニスニュース : nikkansports.com

1勝2敗で苦手とは、結論が早過ぎやしませんかね?w
「ビッグサーバーが苦手」とも時々言われますけど、当たり前じゃないですかね・・・。ビッグサーバーが得意な人、いるんだろうか?
「フォアハンド強い人が苦手」
「リターン強い人が苦手」

うーん・・・当たり前だw 「強い人が苦手」って言ってるようなものだもの。

錦織、腰痛限界…V2逃す/テニス – テニスニュース : nikkansports.com

「体や心を縛り付けた重圧に、錦織はついに敗れた。大事なポイントとなると、ミスすること、敗れることへの恐怖と自信のなさで、攻めることができない。」

どうやって想像でここまで言い切ることができるのだろう・・・?勝手メディアである当ブログでもここまで言い切ることは相当の確信がないとできませんが。

少なくとも私の目にはそんなプレッシャーに負けて縮こまったようには見えなかったし、どちらかと言うとアルマグロのプレーのプレッシャー(圧力)に苦労していたように見えましたが。

決して自信なさげなプレーではありませんでしたよ。

錦織2連覇逃す 大会中に腰痛再発/スポーツ/デイリースポーツ online

「サーブのスピードは160キロを割り込み、返球を追う足にも力がなかった。」

これ、最後の1ゲームだけですからね・・・。これだとまるで、試合の間ずっとこんな調子だったみたい。
むしろサーブに関しては、できるだけ短いラリーをしたいという気持ちの表れか、結構速いの打ってましたから。190km/h台も多く、ときどき200km/hも越してました。その結果、1stの確率が確か、1stセットは50%を切ってましたが。

2ndセット、重ねた我慢を数少ないチャンスに一気に解放して取り切ったあたりにも触れて欲しかったですね。

22 件のコメント

  • 団長さんの冷静な記事に助けられます。
    私など一喜一憂し、振り回されてしまいがち。 
    錦織圭のプレイが好きなのだから冷静に、そしてワクワクドキドキ これからも楽しもうと思います。
     

      引用  返信

  • 団長、よくぞ言ってくれました
    ホント、ちゃんと書いてほしいです

      引用  返信

  • 今までは準々決勝以降、圭がいないのが普通の風景だったはずなのに(-_-;)
    昨年のあの狂喜(狂気)を知ってしまったから、もう二度と当たり前には戻れないんだと思い知った今日でした。(>_<)
    だって、間が無くていきなり優勝なんてインパクト強すぎでしょ!d=(^o^)=b
    圭のいない楽天はさみしー(((^_^;)
    あーだこーだ言っても、圭に恋しているんですね!(*^^*)♪

      引用  返信

  • 面白いw 記事にダメ出し このネタもらいますっ!! (≧∇≦)

      引用  返信

  • こういうテーマは必要ですよね。上質の記事によって、我々錦鯉のレベルが上がる気がします。ありがたいです。

      引用  返信

  • スポーツ新聞の記事は、おしなべてレベル低いですよね。
    野球やサッカーくらいしか記者番がいないのでは?
    他の、私が好きなスポーツの記事でも、デマエピソードを掲載したりして、紙ベースの資料を見て裏をとらないで平気で公に掲載しているのでは、
    と感じることが多々あります。
    スポーツ新聞記事は、女性週刊誌並みに話半分で心して読んだ方がいいなーとこうゆう指摘を見ると改めて感じます。

      引用  返信

  • またまた有明の帰りです。

    メディアでの話題で一言だけ書かせて下さい。
    圭くんは話題性もあるので、突っ込みたいデタラメ記事でも優遇されている方ですけど、この前のデ杯のニュースで、添田の「そ」の字も見なかったので、びっくりしました!
    確かに圭くんの2勝が貢献してますけど、添田選手の涙、決め手となった3勝目を少しくらい取り上げてあげたらと思いました。真実を伝えて欲しいです!
    その添田選手がさっき上海の予選突破しました。

    それから、月曜のスケジュールには圭くんの試合は無かったこともさっき確認しました。
    気持ちを切り替えて明日からまた平常通り仕事。。
    映像で圭くんが元気な姿を見せてくれます様、祈るばかりです。

      引用  返信

  • ホントだ!!添田君がライアン・ハリソンに勝ってる!!すごーい!!
    本戦も頑張ってほしいね~。

    団長の記事に座布団3枚!(古い?)

    何勝手に想像して書いてんだ~!(怒)って思うこと多いです。
    あれで金もらってるんだから許せん!

      引用  返信

  • 日本のメディアのテニスに対しての知識の低さ、全くその通りです。
    それを読んだ人たちが、「だって錦織ってそうなんでしょう!」と思い込むんです。
    以前、テニスを知らない友人がワイドショー並みのスポーツニュースを見て知ったかぶりで話された時には苦笑しました。
    彼らにとって、情報源はテレビと新聞なのです。(ネットで調べる気もない)
    もっと書くなら勉強してほしいです。
    それができないなら、取り上げないでほしい気もします。
    全く取り上げられないのもさみしいですが…

      引用  返信

  • 上海マスターズの予選で、添田と伊藤の2人が見事予選を突破しました。
    これは快挙だと思います。マスコミはこういうネタを記事にしてほしいですよね。

    ドローサイズ56のマスターズの予選突破は、圭でさえ4回の挑戦で2回しか達成していません。
    この後、本戦インポジションの抽選が行われるはずですが、どこも厳しいですね。当たり前ですが・・・

    でも、相手の名前に怯まずに、本戦でも頑張ってほしいです。2人とも。

      引用  返信

  • メディアなんてそんなものですよ。ばかばかしいので映像とATPのホームページ、Tennis Forumsそして
    このブログくらいです。それだけで自分は全く不自由ありません。

      引用  返信

  • 団長さま、皆さま
    真のテニス談義にオアシスを感じます!
    上海マスターズ、日本人の侍たち、楽しみですね。実りの秋となりますよう。

      引用  返信

  • 新聞の番組表によると、0:45からのテレビ朝日「GET スポーツ」に圭くんのこと扱うようになってます。どの程度の扱いなのはわかりませんが、一応。
    今年の流行語大賞候補の「圭の記憶にはない」
    その圭くんの記憶を鵜呑みのして、2回戦直後のネットニュースで、
    「次の対戦相手となるアルマグロとは初めての対戦…」と書いてあるのを見かけましたw

      引用  返信

  • 連投すみません、URL貼り付けたせいかeditorが開きません。

    やっぱり上海出るんですね、上の記事を見ると不安が先立ちます。普段ならDimitrovとの初対戦はワクワクなんですが・・・

      引用  返信

  • Wowowの武田さん、それからスポーツナビの内田さんの記事は、読み応えありましたね。紹介頂き、ありがとうございました。

      引用  返信

  • 初めて投稿します。圭くんファン歴は初優勝の時からですが、敷居が高く感じてコメントできませんでした。
    いつも通り気持ちを落ち着かせる為、団長や皆さんのコメントを読ませて頂いていて、chrisちゃんさんの情報でGETスポーツを見逃さずにすみました!ありがとうございます。
    圭くん命!ですが、色々なしがらみから有料放送を契約するに至らず、ましてや生圭くんを見れない状況で、貴重な民放放送での鮮やかなプレイを見ることができ、感無量です。
    先日、カープの前田選手の引退試合に際して、様々なメディアから詳細な特集を見て、カープファンでもある私は感動した次第です。
    テニス人口は以外に多いにも関わらず、テニス観戦が好きな人は少ない…。Getスポーツでは一々テニスのルール説明が出ていました。やっぱり活躍する日本人選手が少ないからでしょう。だから、一般メディアはテニス取材に人件費を避けない状況なのではないでしょうか。本当にガッカリする記事をよく目にします。
    圭くんが活躍してくれていることで、ここ数年テニスファンは急増していることは間違いないですよね?とても素晴らしいことだと思います。
    団長が紹介して下さった内田さんの記事のような響く記事が書ける記者や取材者が増え、民放でテニスの試合を放送してくれる時が近い将来であるように願うばかりです。
    誰もが分かり切ったしょうもないことを長々とすみませんでした。
    Getスポーツを観れたことが、とても嬉しかったもので…。(^ ^)

      引用  返信

  • たぽぽんさん、放送時間まで余り余裕がなかったけれど、書き込んでおいてお役に立ててよかったです。
    お互い、これからも錦鯉しましょうネ。

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。