マイアミの展望

 マイアミ(日本との時差:-13Hr)はインディアン・ウェルズ(IW)と同規模(ドロー
数:96、32本シード)のマスターズ大会。圭との相性は比較的良い大会で、昨年は
#16シードをもらってべスト16に入った上、当時2位のナダル相手に次につながる
緊迫した試合をしています。

 この温暖な地元の大会で、脇腹の回復と圭の再爆発を期待しちゃいましょう。

 ちなみに男子本戦の試合開始は3/20(水)で、圭を含む32人のシード選手は3/22(金)
開始の2回戦から
となります。今度の初戦は日本時間の土日にばっちり嵌りますので
IWの時のように生観戦できなくなるようなことはなさそうです。

 それでは、本題に入りましょう。

 下記は、現時点(3/16全日程終了時点)までの情報に基づいて想定される、本大会
のシード選手のリスト(未完)です。(○△×は圭から見た過去の対戦状況、好調・
並調・不調は現時点での調子の目安、※はIW決勝の結果で入れ替わる可能性あり)

#1 Djokovic, Novak SRB 17勝1敗 △並調 IWベスト4
#2 Murray, Andy GBR 13勝2敗 ×並調 IWベスト8
#3 ※1 Ferrer, David ESP 21勝4敗 △並調 IW・2R
#4 ※1 Nadal, Rafael ESP 17勝1敗 ×好調 IW決勝進出中

#5 ※2 Berdych, Tomas CZE
#6 ※2 Del Potro, Juan Martin ARG IW決勝進出中
#7 Jo Wilfried Tsonga FRA
#8 Tipsarevic, Janko SRB

#9 Gasquet, Richard FRA
#10 Cilic, Marin CRO
#11 Almagro, Nicolas ESP
#12 Simon, Gilles FRA

#13 Monaco, Juan ARG
#14 Nishikori, Kei JPN 12勝4敗 IW・3R
#15 Raonic, Milos CAN 8勝4敗
#16 Haas, Tommy GER 10勝5敗

#17 Seppi, Andreas ITA 8勝5敗 ○並調 IW・3R
#18 Querrey, Sam USA 10勝6敗  ×並調 IWベスト16
#19 Kohlschreiber, Philipp GER 6勝4敗 -不調 IW・2R
#20 Dolgopolov, Alexandr UKR 3勝5敗 ○不調 IW・2R
#21 Isner, John USA 5勝5敗 -並調 IW・2R
#22 Janowicz, Jerzy POL 5勝5敗 -並調 IW・3R
#23 Chardy, Jeremy FRA 6勝6敗 △不調 IW・2R
#24 Mayer, Florian GER 4勝6敗 ○不調 IW・3R

#25 Benneteau, Julien FRA
#26 Verdasco, Fernando ESP
#27 Anderson, Kevin RSA IWベスト8
#28 Klizan, Martin SVK
#29 Youzhny, Mikhail RUS
#30 Dimitrov, Grigor BUL
#31 Lopez, Feliciano ESP
#32 Granollers, Marcel ESP

 今大会ではあのFedererが早々と不参加を表明しているため、圭は3/18付RK(15位)
よりも1つ繰り上がり、#14シードの見込みです。今後、上位選手のOUTにより
シード順位が繰り上がる可能性はありますが、実質的に意味のあるシード群としては
今回も#13~#16に入る可能性が高いでしょう。

 #13~#16のシード選手は、ノーシード選手との初戦に勝った後、3回戦で#17~
#24シードのいずれかの選手(下位対抗シード)と当たります。仮にこれに順当勝ち
できれば、次の4回戦では上位対抗シード(#1~#4)のいずれかの選手と戦わなけ
ればなりません。(いずれもシード選手の敗退を想定しない場合)

ノーシード選手について
 圭のシード山には、ノーシード選手が2人入ってきます。順当ならシード選手
対決となる3回戦に進むためには、この2人の勝者に勝たなければなりません。
 ちなみに、IWではノーシードからべスト8入りしたAnderson(13勝4敗)はシード
選手に、予選からベスト16入りしたGulbis(10勝3敗)とBaghdatis(8勝6敗)について
は本大会には不参戦となったため、この3人が圭の山に入ってくることはなくなり
ました。

 とはいえ、その他のノーシード選手でも来てほしくない選手は沢山います。
 参考に、私が今怖いと感じる10人のノーシード選手を挙げておきます。

 Tomic(10勝5敗),Istomin(12勝7敗),Nieminen(11勝7敗),Davydenko(10勝7敗),
 Berlocq(9勝6敗),Llodra(6勝4敗),Nalbandian(6勝4敗),
 Zeballos(7勝5敗),Bautista Agut(7勝6敗),Paire(9勝8敗)

 上記10人の選手が圭の山に1人でも入ってくる確率は約3割です。

下位対抗シード選手(#17~#24)について
 Federer不参加とWawrinkaのOUTの影響で、IWではこのシード群(#17~#24)に
入っていたRaonicと好調Haasが圭と同じ#13~#16に抜けました。この恩恵は大きいと
思います。 
 例によって、私の主観で当たりたくないと思う順に8人を並べてみました。

 Querrey>Janowicz≒Isner>Seppi>Dolgopolov≒Chardy>Kohlschreiber≒Mayer

 IWでの下位対抗シード選手(#17~#24)の時とは異なり、この人だけは勘弁して
ほしいという選手はいないような気がします。
 また、勝算に対する思惑とは別に、そろそろQuerreyにリベンジしてほしいといった
期待や、未対戦の相手(Janowicz、Kohlschreiber、Isner)との新鮮な対戦を見てみたい
といった願望も否定できません。

 ただ、IWではこの3回戦で負けてしまっているだけに、マイアミにおいては
是非クリアーしてほしいラウンドだとは思っています。

以下、3/17追記

上位対抗シード選手(#1~#4)について
 シード順位はIW決勝(日曜日)の結果で入れ替わる可能性がありますが、上位対抗
シード候補の4人はDjokovic、Murray、Ferrer、Nadal
に決まりました。

 まず、Nadalに対する評価はIW決勝を見ないと見極めが難しいところですが、シン
グルス13連勝中だったGulbis、Federer、Berdychを破っての決勝進出ですから、故障
明けとしては悪くない状態
であることは間違いないでしょう。

 一方、DjokovicMurrayはそれぞれDel Potroに敗れました。私、たまたまDjokovic
との試合はGAORAで生観戦できたのですが、Del Potroの内容が素晴らしく、今年
初の黒星を喫したDjokovicも納得の敗戦だったと思います。
 また、Murrayとの試合もフルセットにはなったものの、ファイナルのスコアは6-1と
Del Potro圧勝の感がありました。
 要は、この2人はビッグ4以外の選手に力負けした訳で、その精神的なショック(絶対
的自信の喪失)は今後の試合に少なからず影響してくるような気がします。

 最後にFerrerですが、IWでは初戦で好調Andersonに敗れました。ポイント的には
痛いですが、Andersonはベスト8まで進みましたし、初戦だったことを考慮すれば
依然「並調」との見方で良いと思います。圭としては、大一番での2勝(2008全米、
2012五輪)の感覚を思い出したいところです。

 以上を総括すれば、程度の差はあれ誰が相手でも厳しいが、故障が全快した圭で
あれば、全く期待できない訳ではない
。といった感じではないかと思います。

 そうは言ってもドローは気になりますよね。
 そのメインドローは、現地の3/18(月)12:15から、日本時間では3/19(火)夜1:15より
セレモニーが行われる予定です
。(添田、伊藤も本戦DA済み)

 今回のドローに関しては、下位対抗シード選手よりもノーシード選手の方が脅威と
なる可能性があると思います。できればべスト16までは無理なく、さらにはべスト8
以上も狙えるドローであってほしいですね。

以下、ドロー発表後の追記
--------------------------------------

 3/19深夜(日本時間)に発表されたメインドローは、上位対抗シード:#3Ferrer
下位対抗シード:#22Chardy初戦(2R)の相手はHanescu(57位)とKuznetsov(75位)
の勝者
といった内容となりました。

http://www.atpworldtour.com/posting/2013/403/mds.pdf

 下記は、べスト8までの全選手のドローおよび関連情報です。(各選手の成績は
全豪以降の公式戦結果)

#3 Ferrer, David (ESP) 9勝2敗 △並調 IW・2R
・Bye
・110 [Q]Smyczek, Tim (USA) 1勝3敗 △好調 IW・1R
・71 [Q]Tursunov, Dmitry (RUS) 5勝3敗 ×好調 IW・1R

・38 Paire, Benoit (FRA) 6勝5敗 ○並調 IW・3R
・65 Llodra, Michael (FRA) 6勝3敗 -好調 IW・2R
・Bye
#32 Fognini, Fabio (ITA) 6勝4敗 ○好調 IW・2R

#22 Chardy, Jeremy (FRA) 2勝3敗 △不調 IW・2R
・Bye
・104 [Q]Ram, Rajeev (USA) 0勝1敗 ○並調 IW・Q敗退
・53 Malisse, Xavier (BEL) 3勝4敗 -並調 IW・1R

・57 Hanescu, Victor (ROU) 3勝4敗 ○好調 IW・1R
・75 Kuznetsov, Andrey (RUS) 2勝5敗 ×並調 IW・1R
・Bye
#13 Nishikori, Kei (JPN) 6勝2敗 IW・3R

初戦(2回戦)について
 まず、Hanescu(57位)は、今年の全豪1回戦で圭に敗れた(7-6,3-6,1-6,3-6)選手
です。ただ、その後はJanowicz(26位)を破る等、最近得意のハードコートで調子を
上げてきています。
 一方のKuznetsov(75位,22才)は、上記選手中唯一圭より若く、2010全英で圭と
共に価値あるWCを獲得した逸材です。(その2010年には圭に勝利) クレーコート
が得意で全豪以降はクレーの大会に参戦していましたが、IWからのハードコート
への切替えには少し苦しんでいるようです。
 この2人の対戦については、直近の成績の安定感とサーフェースへの適応を考慮
すれば、やはりHanescuの方に分があるような気がします。

 このHanescuに対しては圭は2勝しており、右肘故障明けとはいえ1敗を喫して
いるKuznetsovよりも戦い易いと思います。マイアミに対しては周到な準備をして
臨むようですから、体調に大きな問題さえなければ、何とか突破をしてくれること
でしょう。

3回戦(Best16決め)について
 対抗シードは#22シードのChardyですが、全豪以降の成績を見る限り、53位の
Malisseとほとんど差がなく、どちらが勝ってもおかしくありません。また、例えば
Tursunov(5勝3敗)のような好調な選手であれば、QUALIFIERが上がってくる可能性も
充分にあると思います。

 先週のIWではこの3回戦で負けてしまった訳ですが、今回のマイアミのドロー
に関しては、2回戦と3回戦とではそのハードルの高さに大差はないと思います。
 したがって、初戦の2回戦でしっかりと勝つことができれば、この3回戦に
ついても期待をしても良いのではないかと思っています。

4回戦(Best8決め)について
 対戦相手の大本命は勿論Ferrerですが、実はその下位対抗シードのFogniniの山が
本大会屈指の厳しい山
になっています。#32シードのFognini本人が好調である上に、
ノーシード選手中屈指の強豪が2人(Llodra、Paire)も入ってきています。
 誰がこの山を制するかは蓋を開けてみないと分かりませんが、その選手に勝つのは
Ferrerといえども簡単なことではないと思います。

 また、Ferrerと言えば、その体力にものをいわせた圧倒的な勝ち星と、全豪での
負け試合の印象が強いですが、その戦績を細かく見ていくと、やはりビッグ4クラス
の強さとは違うことが分かります。例えば、Ferrerは今シーズンはまだトップ10
選手には勝ってはいません
し、相手の状態が良ければ30~40位台の選手に負けて
しまう
こともあります。

 であれば、現在15位の圭が良い状態であれば、勝てる可能性は充分にあるという
ことではないでしょうか? ましてや圭は大一番で既に2勝(全米・五輪)しており、
順番でいえば今度は勝つ番が回ってきているのです。

 と脇腹回復を前提に圭本人も高い意識で準備をしていることを期待しつつ、いつ
になく強気でこの大会を見届けていきたいと思っていますw

20 件のコメント

  • 本文のデータを、3/15全日程終了時点の内容に更新しました。

    いよいよデルポが本格的に4強に割り込んできましたね。
    デルポのシード順位は現時点で未確定ですが、#5or#6シードのはずなので、4回戦で圭と当たることはないと思います。

      引用  返信

  • 更新お疲れ様です。

    昨年のナダル戦は圭くんが躍動してて本当にワクワクしましたね!

    こうしてシードを眺めていると、#9〜12と#13〜16の差はやはり大きいですね〜

    何とか早くGS・MSに#12以上で参戦出来る様、マイアミでの爆発を期待しましょう!!

    腹筋の怪我が回復してますように(^人^)

      引用  返信

  • 下位対抗シードの8人について、今年の成績を全豪以降に分解してみると、

    好調選手
    ・Haas:9勝3敗

    並調選手
    ・Querrey:6勝4敗
    ・Isner:5勝4敗
    ・Janowicz:3勝2敗
    ・Seppi:3勝3敗

    不調選手
    ・Dolgopolov:2勝3敗
    ・Chardy:2勝3敗
    ・Kohlschreiber:0勝1敗

     となり、最近の調子に対する認識が変わりました。

     この新たな認識に基づき、本文の内容も改訂しています。

      引用  返信

  • 最新のMTF情報より、新たにWawrinkaのOUTを確認しました。
    これにより、本文記事を全体的に改訂しました。

    3月下旬って、スイスで何かあるんですかね?

      引用  返信

  • デルポがジョコビッチをフルセットで下し決勝進出。
    マレーに勝ちそのままジョコまで倒すとは.. やはり強い
    錦織圭と歳もほぼ変わらないですし分厚い壁になりそうです。

      引用  返信

  • 3/16全日程終了時点の情報を踏まえ、本文およびタイトルを更新(追記)しました。

    デルポ強いですね。
    たった今の調子であれば、フェデとデルポが入れ替わったのがビッグ4という感じになってしまっていますね。

      引用  返信

  • コリコリさん
    いつも読み応えのある面白い記事ありがとうございます!
    Wawrinkaは腕と背中のケガによって出ないらしいです。フェデラーは2か月の休養予定とのこと。
    ラファは、本人はマイアミに出たいらしいですが、Toniコーチがまだ最終決定をしていないらしいです。
    http://www.tennisworldusa.org/ATP-Miami—Stanislas-Wawrinka-pulls-out-of-Miami-due-to-injury-articolo8945.html (同じサイトにラファの情報とかも出てました。)

    明日の決勝とても楽しみです。
    ラファのファン(もちろん圭君もですけど)の私としては、正直デルポくんでよかったです。
    ジョコに負けるとくやしさ1000倍くらいになるので 笑 (見たいけど、見たくない 笑)
    ラファは今回ケガの影響でフットワークがいつもより悪いので回り込むのをやめて、バックの精度を磨く努力をしたとのこと。

    圭君の脇腹はどうですかね~ 音沙汰がちょっとなくて気になります。週明けにはマイアイに行くのですよね。きっと。
    ラファの膝も圭君のわき腹と膝も無事でいてほしいです。

      引用  返信

  • ebicciさん、ソース付きの情報、ありがとうございます!
    昨年のナダルは2大会で720ptだったので、ポイント的には、IWで優勝できた場合の方がOUTする可能性が高いような気がします。アカプルコの時のように、決勝直後のスピーチの際に何らかのアナウンスがありそうですね。

     で、ナダルがOUTした場合の影響は大きく、シード選手リストは以下のように変わります。

    #1 Djokovic, Novak SRB 17勝1敗 △並調 IWベスト4
    #2 Murray, Andy GBR 13勝2敗 ×並調 IWベスト8
    #3 Ferrer, David ESP 21勝4敗 △並調 IW・2R
    #4 ※ Berdych, Tomas CZE 16勝5敗 ○好調 IWベスト4

    #5 ※ Del Potro, Juan Martin ARG 15勝3敗 ○好調 IW決勝進出中
    #6 Jo Wilfried Tsonga FRA
    #7 Tipsarevic, Janko SRB
    #8 Gasquet, Richard FRA

    #9 Cilic, Marin CRO
    #10 Almagro, Nicolas ESP
    #11 Simon, Gilles FRA
    #12 Monaco, Juan ARG

    #13 Nishikori, Kei JPN 12勝4敗 IW・3R
    #14 Raonic, Milos CAN 8勝4敗
    #15 Haas, Tommy GER 10勝5敗
    #16 Seppi, Andreas ITA 8勝5敗

    #17 Querrey, Sam USA 10勝6敗  ×並調 IWベスト16
    #18 Kohlschreiber, Philipp GER 6勝4敗 -不調 IW・2R
    #19 Dolgopolov, Alexandr UKR 3勝5敗 ○不調 IW・2R
    #20 Isner, John USA 5勝5敗 -並調 IW・2R
    #21 Janowicz, Jerzy POL 5勝5敗 -並調 IW・3R
    #22 Chardy, Jeremy FRA 6勝6敗 △不調 IW・2R
    #23 Mayer, Florian GER 4勝6敗 ○不調 IW・3R
    #24 Benneteau, Julien FRA 11勝7敗 ○好調 IW・2R

    #25 Verdasco, Fernando ESP
    #26 Anderson, Kevin RSA IWベスト8
    #27 Klizan, Martin SVK
    #28 Youzhny, Mikhail RUS
    #29 Dimitrov, Grigor BUL
    #30 Lopez, Feliciano ESP
    #31 Granollers, Marcel ESP
    #32 Fognini, Fabio ITA

     この場合の圭は#13シード。
     #13シードまでくると、#12シード以上に対して色気が出てしまうのは人情というものですよねw

      引用  返信

  • すみません、上の匿名、私です~。すっかり、名前入れるの忘れてました

      引用  返信

  • ebicciさん、勝手ながら、お名前を入れておきました。

    なお、IWの決勝を前に、ナダルがOUTを決めたようです。
    IW決勝から、ますます目が離せませんね。

      引用  返信

  • IW決勝はナダルが勝ったので、マイアミの#4シードはBerdychに決定です。
    チャンスが広がりますね。

    あと、17才の西岡君がWCをもらってマイアミの予選に参戦です。
    http://www.atpworldtour.com/posting/2013/403/qs.pdf
    IMGパワー炸裂といったところでしょうか。こちらも頑張ってほしいです。

      引用  返信

  • ナダルが優勝しました!  しかし、見ごたえのある闘いでしたね。  メンタルもフィジカルも尋常なレベルでは勝ちきれないことを再認識です。  圭君にも この強さを身に着けて頑張ってもらいたい!     コリコリさん マイアミの詳しい情報 ありがとう! 思わず誰かアウト者の可能性は? と捜してしまいました。(笑)

      引用  返信

  • 公式ブログ、覗いてきました。
    ダンベル上げてる写真があったので、少し安心しました。
    脇腹痛かったら、普通厳しいと思いますので。
    楽観視しすぎかな?

      引用  返信

  • Kei の天敵のDelpotroを Nadal が倒し優勝 !!Kei もこうすれば倒せると・・・ファイト!!元気にマイアミへGo 
    の感じですが、脇腹はOKの状態と信じて。コリコリさんいつも情報、分析、解説ありがとう御座います。

      引用  返信

  •  最新情報に基づき、想定シード選手リストを更新します。(各選手の成績は全豪
    以降の公式戦結果) 圭は#13シードの見込みです。

    #1 Djokovic, Novak SRB 9勝1敗 △並調 IWベスト4
    #2 Murray, Andy GBR 3勝1敗 ×並調 IWベスト8
    #3 Ferrer, David ESP 9勝2敗 △並調 IW・2R
    #4 Berdych, Tomas CZE 11勝3敗 ○好調 IWベスト4

    #5 Del Potro, Juan Martin ARG 14勝3敗 ×好調 IW準優勝
    #6 Jo Wilfried Tsonga FRA
    #7 Tipsarevic, Janko SRB
    #8 Gasquet, Richard FRA

    #9 Cilic, Marin CRO
    #10 Almagro, Nicolas ESP
    #11 Simon, Gilles FRA
    #12 Monaco, Juan ARG

    #13 Nishikori, Kei JPN 6勝2敗 IW・3R
    #14 Raonic, Milos CAN 5勝2敗
    #15 Haas, Tommy GER 9勝3敗
    #16 Seppi, Andreas ITA 3勝3敗

    #17 Querrey, Sam USA 6勝4敗  ×並調 IWベスト16
    #18 Kohlschreiber, Philipp GER 0勝1敗 -不調 IW・2R
    #19 Dolgopolov, Alexandr UKR 2勝3敗 ○不調 IW・2R
    #20 Isner, John USA 5勝4敗 -並調 IW・2R
    #21 Janowicz, Jerzy POL 3勝2敗 -並調 IW・3R
    #22 Chardy, Jeremy FRA 2勝3敗 △不調 IW・2R
    #23 Mayer, Florian GER 1勝3敗 ○不調 IW・3R
    #24 Benneteau, Julien FRA 7勝4敗 ○好調 IW・2R

    #25 Verdasco, Fernando ESP
    #26 Anderson, Kevin RSA IWベスト8
    #27 Klizan, Martin SVK
    #28 Youzhny, Mikhail RUS
    #29 Dimitrov, Grigor BUL
    #30 Lopez, Feliciano ESP
    #31 Granollers, Marcel ESP
    #32 Fognini, Fabio ITA

     この後1:15(日本時間の深夜)よりドロー開始です。

     生で立会ったからって結果が変わる訳ではないのですが、試合を生で観たいのと
    同じで、頑張って起きているような気がしますw

      引用  返信

  •  3/19(火)までに予選の試合が全て終わり、予選勝者の本戦ドローも決まりました。
     (本文のドロー発表後追記のリスト中に予選勝者3人の情報を追記しました。)

     #3Ferrerの山に入った2人の予選勝者は、予選勝者中最強のTursunov(5勝3敗)
    全豪でFerrerに肉薄したSmyczek
     Ferrerにとっては、通常のDA選手が2人入ってくるよりもタフに感じるドローに
    なったのではないかと思います。

     そしてこれに勝っても、本文で記載したような厳しいFogniniの山の勝者が立ち
    向かってきます。Ferrerといえども、よほど良い状態でなければ、これらを楽に勝ち
    抜くことは難しいと思います。

     マイアミの本戦は本日(3/20)から始まりますが、初日は圭のいるトップハーフから
    入れており、圭の相手を決めるHanescu-Kuznetsov戦(第1試合)や、注目のPaire-
    Llodra戦(第2試合)、Tursunov-Smyczek戦(第5試合)等も本日予定されています。

     したがって、天候による影響さえなければ、圭の初戦は3/22(金)に入ることに
    なります。(以下のような感じ)

    試合日時
     現地時間:3月22日(金) 11:00開始の第○試合
    (日本時間:3月23日(土) 0:00開始の第○試合)

     金曜日の夜のお付き合いは早めに切り上げて、余力を残して帰宅するようにしま
    しょうw

      引用  返信

  •  圭の初戦の相手は、Hanescu(57位,31才)に決まりました。
     この初戦のプレビュー記事(暫定版)は、日本時間2/21(木)の夜にアップします。

      引用  返信

  • 次のフェレールとの4回戦は現地の3/26(火)、恐らく現地11:00開始の第1試合に入ると思います。

    このプレビュー記事は、日本時間3/25(月)の夜にアップする予定です。

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください