2014ウィンブルドンドロー発表、4回戦ラオニッチ、QFナダル

ウィンブルドンのドロー抽選が行われました。

錦織の対戦相手(予定、順当な結果の場合)

1R De Schepper
2R イルハンとKudlaの勝者
3R コールシュライバー[22] 4R ラオニッチ[8] QF ナダル[2] SF フェデラー[4] F ジョコビッチ[1] or マレー[3]

De Shepperは66位。勝てる選手だとは思いますが昨年ベスト16に入っているので要注意です。
2回戦はともに100位以下の選手で、恵まれた方の下位ラウンドだと思います。

3回戦からはシード勢との対戦の可能性が出てきます。
対戦が予想されるコールシュライバーは、27位ながら第22シードに位置していることからも分かるように芝を得意とする選手です。
キャリア通算でのハード、クレーでの勝率が55%前後なのに対し、芝で65.2%の勝率を誇ります。2012年のクオーターファイナリストです。
と、実力のある選手なので厳しい戦いは予想されますが、グランドスラムの3回戦なんだから当然ですね。こういう強い相手にしっかり勝っていかなければなりません。

4回戦はシード通りならラオニッチ。ここも5-8シードは全員強いので誰が来ても勝つ!という感じです。
準々決勝はお決まりの茨の道。行けるところまで行きましょう。

総じて、「うん、こんな感じだよね」というドローですね。1、2回戦が悪くないのでここと取りこぼさずに行けば、あとは真っ向勝負って感じです。

22 件のコメント

  • ハレでは、準決勝には行きましたがまだしっくりきていないように感じました。あれからエキシビジョンを経てウィンブルドン1回戦、どのような芝仕様のプレーが見られるのか楽しみです。そして勝ち進んで・・・快挙を期待!

      引用  返信

  • 第一印象、かなりいいドロー。
    錦織を信頼して、それ以上は深く考えないようにします(笑)
    まずは今日のベルディヒ戦で(特にリターンの)いい感触を摑んで欲しいですね。

      引用  返信

  • ドロー情報有難うございました

    ラオニッチとは良く同じ山に入りますね

    芝でも同世代には勝って、初めてのナダル越えを期待してます
    鼻血をためとかないといけないので、レバニラ炒めを食べました

      引用  返信

  • おー これはいいドローですね〜。チャンス 来た‼︎

      引用  返信

  • 竜馬君はボレッリに勝ってコールシュライバーを倒し、圭と3回戦!?杉田君はフェリロペさんを・・・
    美咲ちゃんは2回戦で伊達さんと対戦、くるみちゃんは2回戦でビーナスを・・・

      引用  返信

  • いやぁ、ホントいいドローですね。楽なという意味ではもちろん無くて、3回戦以降は対戦が楽しみなカードばかり。

    ハレでのプレーの印象からは、コールシュライバーは怖くないです。芝巧者ではあるけれど、クレーでフェレールを攻めきったようにミスを怖れず攻撃的にいってほしいです。

    逆にラオニッチは難しい試合になりそう。KANさんがおっしゃるように途中で負けちゃうかもしれませんが、エブデンやガルシア=ロペスに勝って上がってくれば怖いです。ワイドに切れるサーブとセンターへの高速サーブは簡単には攻略できないような気がします。

    ナダルとの8回目の対戦はいよいよ初勝利なるか、ナダルが途中でこけずに上がってこれるかが心配ですが。クリザン、ロソル、モンフィスorガスケって・・・

    その先は未知の領域。やっぱり第8シード以上でないと決勝まで行くのは大変ですね。

      引用  返信

  • 芝ではもうシード云々ではなくチャレンジャーで望んで欲しいですね、対戦成績では分があっても芝ではやっぱツォンガ、ベルディヒはもう一段格上って感じです。
    1Rビッグサーバー、3R芝巧者と一試合ごとにエキシビでつけられなかった自信をつけていくには良いメンツじゃないでしょうか。

      引用  返信

  • エキジビションのベルディヒ戦は、6-4 3-6 10-4 で敗けたようです。
    ツォンガもベルディヒもビッグサーバー。そこを崩すのは難しいのでしょうか。(._.)

      引用  返信

  • 各メディアの読み

    錦織、ドシェペールと初戦=ウィンブルドンテニス
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140620-00000195-jij-spo
    錦織、デシャプールと初戦 ウィンブルドン
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140620-00000077-nksports-spo
    錦織、ウィンブルドン1回戦は67位のK・ド=シェッパーと初対戦<男子テニス>
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140620-00010006-tennisnet-spo

    お好みでどうぞ……。

      引用  返信

  • WOWOWとNHKでは別の人と戦ってるかもしれませんね(笑)
    WOWOWがオーソドックスな読み方をするのに対して、NHKは時々「そう来るか!」という場合があります。
    「ルー・イェンスン」の漢字を日本式に読んで「ロゲンクン」とか。
    ロシアの元勲かと思いました。

      引用  返信

  • 連投すみません。
    今日午後5時からNHKにて、みけさんからご紹介のあった「スポーツ酒場語り亭 ウィンブルドン」の放送です。

      引用  返信

  • 夢のコントさん、食べかけの大福の粉を吹き飛ばしてしまいました(´艸`*)
    芝シーズンは短いので調整は難しいですね~以前はクイーンズで優勝すると全英では優勝できない。全英の2週目にピークをもってくる難しさとして語られていましたが・・・
    錦織選手は良い調整が出来ているかと思います。今は、強豪のスピード、展開の速さを経験、慣れていけば十分かと思います。

      引用  返信

  • 夢のコントさん、私は「ケニー・ドシェペール」でいくつもりですw

      引用  返信

  • コリコリさん、どの読み方も難題ですが、応援フード考えるのに決定してもらって助かりましたぁ

      引用  返信

  • @こぉ さん
    うーん、ラオニックはこのドローで4回戦まで勝ち抜けないようでは「やっぱり芝はダメ」という評価で固定されてしまうかと。
    1~8シードで比較してみても、ラオニックのところはマレーの次に楽なドローだと思いますから。
    (芝仙人は見当たりませんし、ガルロペは25~32シードの中で弱い部類に入ると思います)

    ドロー前はラオニックはなかなか4回戦まで勝ち進めないのではないかと思っていましたが、流石にこのドローなら4回戦まで勝ち上がってきそうな気がします。
    というか次世代に錦織も含めてNo.1を争うべき選手がこのドローで勝ち上がれないようでは寂しいです。

      引用  返信

  • 〉夢のコントさん

    セーデリング「せやな」
    ソデルリング「せやな」
    ソーダーリン「せやな」
    ソダーリン「せやな」

      引用  返信

  • ウィンブルドンのブログのところに今日の圭君のプレスコンフェレンスの事が少し載っていました。
    チャンコーチはウィンブルドンは帯同しないようです。そして、気になるケガの具合ですが「Fully Fit(完全に健康体?)」という事です。(腕のサポーターは何なのか気になりますが・・・)
    「芝で攻撃的になったテニスを見せられると思う」とも。
    言葉の端々に自信が感じられるので、エキシビの負けは気にしなくても大丈夫かな?
    http://www.wimbledon.com/en_GB/news/log/2014-06-21/201406211403349388133.html

      引用  返信

  • テニスの聖地での大活躍を祈っています。
    オリンピックでフェレールを破ってのベスト8もありましたし、ウィンブルドンのコートはけいにとって苦手ではないと思います。

    希望観測的にはナダル、フェデラー、ジョコビッチorマレーの3人を倒して4強の時代を圭が終わらせて世界をさらに驚かせて欲しいです。

    テニスの聖地でほえろ!錦織ライオン!!
    http://i.gzn.jp/img/2009/09/24/pon_de_lion_new/lion11.jpg
    http://i.gzn.jp/img/2009/09/24/pon_de_lion_new/lion08.jpg

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。