勝った!フルセット男!勝負の鬼!日本のエース!鼻血出た!(2015デ杯ワールドグループ1回戦 カナダ戦 3日目)

絶対に負けられなかったこの試合を本当に勝ってしまう錦織!
思わず鼻血が出てしまいました!
この勝負強さは何なのでしょう。
さあ最後の試合、竜馬がベンチに戻ってきたので添田でしょうか、頼んだ添田!決めるのは君しかいない!

(後ほど詳細レビュー)

41 件のコメント

  • 錦織選手 3-6、6-3、6-4、2-6、6-4 ラオ選手
    勝ちました!!!!!!!!!!!!!!!!手が震えておりますΣ(゚Д゚)
    ばぁばさん、ジェルミさん、はんなりさん、良い思い出ができましたね(≧▽≦)
    R5に勝ってさらに良い思い出にするためにも、さらなる熱い応援を宜しくお願いいたしますm(__)m

      引用  返信

  • 鼻血…何て精神力が強いのでしょう。
    無理して半休取っておいてよかった。
    ありがとう!

    豪君も頑張れ〜!!
    私も頑張ります。うん。

      引用  返信

  • ラオ選手にブリスベンに続いての連敗を阻止できたのも大きいですね(^^)/
    手の震えがとまりません(T_T)

      引用  返信

  • やったー、嬉しいですね!
    Team Japanおめでとうございます!
    錦織圭選手のファンは、これだからやめられませんね(涙+鼻血)

    時差の影響がない米国に住んでいるのに、テレビ中継が無くて全く映像見てないのです。
    良い試合だったみたいなので、悔しいです。
    今回はこちらの実況掲示板にお世話になりました、皆様有難うございましたm(_ _)m
    しかし、文字だけで追うテニス観戦って、すごーく色々想像しちゃって、更新までの時間が特にヤキモキしますね(笑)

      引用  返信

  • 素晴らしい〜!!!
    涙腺崩壊しそうです。・゜・(ノД`)・゜・。

    昨日のダブルスで、あの二人はよく頑張ったわよと、上から目線で慰めて?くれたカナダ人夫婦が、錦織はラオニッチよりずっと頭のいいテニスをする。それが勝った理由だと、手放しで褒めてくれました☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆
    あれだけラオニッチのあの高速サーブにステップインしてリターンできるのって、どのぐらいいるのでしょう。
    ラオニッチにとっては本当にプレッシャーになったことと思います。
    あの環境の中で、よく勝った‼️
    偉い‼️‼️‼️

    カナダ人夫婦が、次はうちがもらうわよと言っていましたが、何の!
    絶対添田がやってくれると信じています‼️

      引用  返信

  • ↑途中で送ってしまいました。

    Team Japan、次の試合も頑張れーーー!
    現地応援の皆様、お疲れ様です、応援よろしくお願いします!!!

      引用  返信

  • 凄すぎた!!本当に感動しました!
    2勝2敗 添田くんお願いします ^人^
    日本応援団もお願いします!!!

      引用  返信

  • 圭君勝ててよかった。
    素晴らしい。ありがとう
    今度は添田君を全力応援です。

      引用  返信

  • 錦織選手、最高でした。我が事より嬉しい。感動と涙。貧乏な我々ですが明日を生きる希望が湧く。
    25cm以上の身長差を跳ね返しての粘り強い勝利、我らの錦織、有難う。

      引用  返信

  • うお~、勝ったんですね!
    第4セットの途中で泣く泣く出勤して、激しく気になっていたので良かったです。

    あと1試合。
    添田選手頑張れ~!

      引用  返信

  • 勝った!凄かった(T_T)まだ鳥肌と涙がとまりません(T_T)
    ほんとに凄い選手、錦織圭!凄い、としか言い現せない自分が歯がゆい。
    錦織選手、おめでとう!感動を、勇気を、ありがとう‼︎‼︎

      引用  返信

  • 皆様のコメントに涙してしまいました(T_T)
    いかん!次も全力応援!

      引用  返信

  • 感極まりました。 本当におめでとうございます!
    錦織ファンを止められない!!  まさに錦織鯉の幸せですね( ^o^)

      引用  返信

  • ファイナルセット、ラオニッチブレイクバック、地元カナダの大声援。応援してる私がへこたれそうだったのに錦織選手は集中を切らさずやってくれました!
    これで五分です、頑張れ日本!!!

      引用  返信

  • エース対決でのエースの責務達成!
    ありがとう!

    さあ、行くんだ~
    GO君!

      引用  返信

  • ラオニッチもまた強くなっていました。でも勝った。「勝負強い」これに尽きますね。夢が繋がりました。

    コンディションは添田のほうがいいはず。自信を持って臨んでほしい!

      引用  返信

  • 素晴らしかったですね!!!
    色々思いはありますが、まだ終わってないっ!
    バトンを引き継いで、添田選手頑張れぇーーーー(>_<)

      引用  返信

  • 添田選手、がんばれ!!!

    そして錦織選手の5セット目の強さはなんなのだといつも思います。
    ラオニッチも良かった、それ以上に錦織が攻撃的かつ頭脳プレーでした。
    ブリスベンの雪辱をはたしましたね!!!おめでとう、涙涙。
    希望をありがとう!

    日本、がんばれ!!!!!

      引用  返信

  • 錦織はやはり錦織だった。

    さあ!
    添田豪を信じてる!行け!Go,Go,豪!!!

      引用  返信

  • 錦織選手とラオニッチ選手、白熱戦実況見られてしあわせでした。今添田選手ががんばっています。錦織選手ほんとうにおめでとう、そしてありがとう。

      引用  返信

  • アウェー+高速ハード+ブリスベンでは一度もサービスを破れず負けていて錦織圭不利かもと思っていましたが勝ちました!!添田なんとしてもかってくれーーー!

      引用  返信

  • 添田選手 5-7 ポスピシル選手
    添田選手、挽回!!!!!!!!!!!勝てば全英DAにむけて大きな40点が入ります!
    チームのためよりも 自分自身のために戦い、勝ってくれ~!

    あぁ(T_T)外仕事の時間が・・・皆様!熱い応援お願いいたしますm(__)m

      引用  返信

  • いや〜やっと少し平常心取り戻しました。
    添田選手も今までで一番速いサーフェスというほどのカナダ仕様のサーフェス、アウェイ、1-2で後がない…沢山の不利な条件にも関わらず勝ってしまう。これが錦織選手なんですね。ほんと逆境に強い。フルセットに強い。メンタルが強い。
    しかし、やはり錦織選手、ハードの速いサーフェス強いですね。圧倒的ビッグサーバー有利なはずなのに、余計に負けず嫌い爆破のオーラが出てるというか…。ラオニッチの1stでも勝負所でとことん返してたのには流石としか言えないです。ラオニッチもまた凄かったですね。サーブ絶好調でラリーでもスライスを上手く使ってミスも少なくなり、調子の良さがうかがえました。でも、2ndで225キロはやめてね(笑)。

      引用  返信

  • 錦織 圭 改めて凄いです。
    第5セット 第6ゲームのラオにブレークされましたが、すごい精神力で立ち直りましたね。
    4-4でのラオせービスの第9ゲーム 圭のADでラオのセカンドサーブ
    ラオの心もイッパイ!いっぱい!だったと思われます。
    私の感覚ですが、ここで通常のセカンドを打てば、圭のリターンエースが鮮明に描かれました。
    ラオにも、見えた?のでは? そこでラオは勝負としてダブルファーストを選択して、サービスに!
    しかしネット・・・・・   私にはダブルファーストのように思えました。 
    圭のブレイク!!!!!!  圭くん 鼻血ブゥー感動をありがとう!

    今 試合中かな? 
    添田選手 頑張れ! 頑張れ! 

    PS 勝てば、次回相手ベルギー・・・BEST4へのCHANCE?
     

     

      引用  返信

  • 添田くん残念でした。あのプレッシャーのなか、本当にお疲れさまでした。悔しいでしょうね(T-T)
    でも、エース対決は、勝ち取りました!カナダも気持ちのいい勝ち方ではなかったはずです!!今日の圭くんは胸にズシーーンとくるプレイでした。ばぁばさま、はんなりさま、ジェルミさま、応援団の方々ありがとうございました。お気を付けて帰国されてくださいね!!

      引用  返信

  • 第2セット錦織4-3リードでのラオニッチのサービスゲーム、デュース以降の錦織の集中力はすさまじかった。ブレークポイントの2ndサービスがバックハンドに高く跳ねるのを、狙い澄ましたようにボールにジャンプしてダウンザラインにねじ込んでラオニッチの戦意を打ち砕くと、次のサービングフォーザセットで、ボールパーソンに全てのボールを手元に要求し、その中から慎重に最も毛羽立ちの少ない二つを選び、まずワイドにファーストサービスを放ちラオニッチのラケットを弾く。

    5000人(?)の観客の見守る中で、彼はその存在をまったく意に介さず、オンプレーのボールがオフプレーになるまでは、相手選手すら存在しない、動いているボールとそれに神経を研ぎ澄ます自分の脳だけが存在する世界を生きることができる。

    その凄まじい集中力の濃度の変化に、ラオニッチは畏れを感じ、それが筋肉に伝わり、自らミスをしてしまう。

    錦織は第2セットを取ってベンチに戻る間も、座ってからも暫くは、脇で声を掛ける植田監督の存在すら無視して視線を下に落としたまま。

    錦織圭の脳に惚れました。

    日本が敗れたとは言え、素晴らしい試合を見せてもらいました。

      引用  返信

  • 最終セット、折角序盤でブレイクしたのに40-15から自分のミスでブレイクバックされ、力んで自滅し掛けてた(半分は錦織君にそうさせられた)羅王様が途端に活き活きし出すわ、諦めが来出してた地元観客も盛り返して勢いづくわで、普通ならそのままズルズル行ってしまいそうなもんですが。。3-4からはちゃんとキープ、4-4からは何だかよく分らない内に再ブレイクでした。羅王様サービスが悪かった訳でもなく、錦織君も疲れのせいか本調子でもなかったんですが。最後のサービスゲームの「締め方」はさすがでしたが、良く分らない内にちゃんと勝ち切るのが彼の凄さなんでしょうか。どなたか解説お待ちしています♪

      引用  返信

  • 本人のコメントにもあったようなんですけど、ラオニッチ=ビッグサーバー=速いサーフェス有利という考え方が、錦織選手にとっては逆に有利に働いた感じがしますね。錦織選手=ビッグリターナー=リターンで回り込む間が無いになってました。まぁ、そもそもラオニッチのサービスを結構な確率でナイスリターンできるという前提自体が普通は絶望的なんですけど(汗)。

    日本が勝てればもっと良かったんですけどね~、残念だ!

      引用  返信

  • 今日は久しぶりに”リターナー”錦織を見た気がします。
    要所要所でラオニッチに圧力をかけるリターンが決まっていて、簡単にサービスキープさせなかったことがラオニッチを追い詰めていったと思います。
    5セットでラオのエース28?29?はかなり少ない方では?

    最近サービスの向上に対してリターナーとしての錦織があまり見られない気がしていたので、今日は”やっぱり錦織はこのリターンだよな!”というようなところが見られて良かったです。

    私の主観ですが・・・。

      引用  返信

  • zeug さん

    表現に感心しました。

    「 、、動いているボールとそれに神経を研ぎ澄ます自分の脳だけが存在する世界を生きることができる。」

    まさにそうですね!圭のコートオフから変身するオンのキャラクターも相俟ってボールに向かう(操る)アクションに魅了されます。

    まるで3D映像のような絵に(ジャックナイフしかり)鳥肌が立ちます。体格差をものともしない孤高の戦士を観てるよう。

    これからもずっと錦織劇場のいち観客でいたいです。頂きを目指すミラクルなストーリーのエンドロールがながれるまで。

      引用  返信

  • すみません。しろうと感想ですが・・
    私いままで圭君の試合なんだか牛若丸が立ち向かって頑張ってる印象があったんですが
    今回みててあんまり上手に言えませんが本当にしぶとく恐ろしく強い本物というまた今までとは違った印象をうけました。まだまだいろいろ吸収して強くなるような印象も・・・
    とにかくすごいとしかいいようがない感じです・・
    ほんと怪我なく活躍してほしいですー♪

      引用  返信

  • MISSLIMさま
    >表現に感心しました。
    「 、、動いているボールとそれに神経を研ぎ澄ます自分の脳だけが存在する世界を生きることができる。」

    ありがとうございます。

    勝負所での錦織の集中力の高さは、フェデラー、ジョコビッチ、ナダルに並んでいるか、もしかしたら短時間の強度では上回っているのではないかと思います。ただし集中した状態を長い間持続する能力は、たとえばジョコビッチは錦織をまだ上回っているかもしれない。

    こういった並外れた集中力は持って生まれたもので、後天的には中々身につけられないのでしょう。コート外では自分を等身大以上に見せようとせず、子供っぽい部分を平気でさらけ出す錦織が、他のトップ選手や欧米のテニスジャーナリストに今では敬意と畏れを持って受け入れられているように見えるのは、ランキングのせいだけでなく、こういった錦織のずばぬけた能力が評価されているせいではないでしょうか。

      引用  返信

  • すっかり出遅れました(((^_^;)

    早朝から応援掲示板にかじりつき、圭のあまりの凄まじい強さに涙し、
    でも、すぐに出勤時間になり、WOWOWオンデマンドに移動中も仕事中も(ナイショですww)
    必死でかじりついていました!Ψ( ̄∇ ̄)Ψ

    なので、タイブレに突入することなくのストレート負けに、
    一気にテンションが下がりまくり、今まで深く沈んでおりました(;>_<;)ウウウ

    3連チャンのポスピーは、サービスキープと、各セットたった一度のブレイクのみを
    虎視眈々と狙ってくるであろうことは、試合前からわかっていました。。(〃_ _)σ∥
    だから、もっと下がってリターンを確実に返し、ポスピーを走らせて欲しかった(;_q)

    でも今回は、故障を恐れず、チームのために一肌脱いで、フラフラになりながらも
    最後の最後まで耐えたポスピーを誉めてあげるべきなんでしょうね(((^_^;)

    かえすがえすも、ダブルスの敗けが痛かったです!Σ(ノд<)
    日本男子の面々には、圭の、ここぞ、の場合を嗅ぎとる嗅覚と、
    完膚なきまでに叩きのめす冷徹さを、もっとお手本にして欲しいですm(__)m

    数々の不利な条件をものともせず、第4セット、先にブレイクされると体力温存につとめ、
    最終セット、ブレバされ、カナダの大応援団がここぞとばかりに牙を剥いて襲いかかってきた
    にも関わらず、もう一段ギアを上げ、涼しい顔でラオ君に引導を渡した我らが圭!!!(*≧∀≦*)キャー

    錦織圭は、最後までやっぱり錦織圭でした!!!(//∇//)♪

    圭、魂の勝利、ありがとう!!!(*^o^)/\(^-^*)

    そして、おめでとう!!!(*^o^)/\(^-^*)

      引用  返信

  • 連投、すみません

    ↑ここぞの「場合」ではなく、「場面」です(;>_<;)

    脳内で変換くださいませm(__)m

      引用  返信

  •  いやーーーーー!!!

     皆さんの 表現力 素晴らしいですね・
     読み応え 満点です!

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。