2015ウィンブルドンドロー抽選用


昨日、錦織がアプリのチャットに来て質問に答えてくれました。これは私の質問ですが流れが速すぎて多分見てもらえませんでした。

ドロー抽選、18時からです。その頃タイムリーに対応できないので先に立てておきます。

各種URLなど情報提供いただけたらありがたいです。

79 件のコメント

  • ジェルミさーーーん、初戦ボレッリなんですよ・・・サクッと負けて貰って、ダブルスに集中して♡
    ボレニーニは第5シード、ポップソックは第3シード。第1シードはブラブラです。楽天、来てくれるようですが、今年こそ勝ち上がって欲しいですね~。
    http://www.wimbledon.com/en_GB/scores/draws/md/mddraw.pdf

    日清のHPに圭くんの練習風景が。笑顔も見れてますね♡
    http://sports.nissin.com/nishikori/gallery/2015/list64.html

    バグさんは、ふくらはぎやっちゃいましたか・・・前日までメッチャ調子良さそうだったので、同じ山入ったら嫌だなぁと私も思ってました。直前の大会はこういう事があるので、怖いですね・・・出場できると良いのですね。

      引用  返信

  • MIYAさん
    こちらこそネタかぶってしまってスミマセンm(_ _)m
    去年のWTFの時、ヘンマンが錦織さんについて語っている動画がありましたよ〜錦織さん褒められてますね(^^)ヘンマンはクラスだ!
    https://m.youtube.com/watch?v=WIvsO1SBuOU

    しまちゃんさん
    イギリスはテニス発祥の地&WB開催国ですから、イギリス人にとってテニスは国技みたいなものなのかなって思います。

    イングリッシュローズさん、ユナイテッドさん
    現地観戦とっても羨ましいです☆楽しんできてください!

    まめのきさん
    興味深い記事紹介ありがとうございます。

    > 会場周辺に住む人たちは、大会の時期に避暑で家を空ける。また、大会期間中は、世界中から2週間で約50万人の観客が訪れる。その騒ぎに巻き込まれるのを嫌がり、早々と自宅を空ける人も多い。その家を選手や関係者が借りるのだ。

    ↑これまたイギリスっぽいですね。私は1£=約240円 (◎_◎;)という庶民の私には中々きついレートの時にロンドンへ渡航したのですが、宿泊費節約させるために私がロンドン滞在中、フラット(アパート)を空ける人を探し出して、そのフラットを借りました。ホテルより安上がりですし、リラックスして過ごせて良かったです!WB周辺は高級住宅街なので、錦織さんの借りた家はとても素敵な家なんだろうな〜☆

    (※ウィンブルドンをWBと略して申し訳ありません。全英にした方が良いのか悩み中です…)

      引用  返信

  • @まめのき
    きっと 借家は 足が ビタッと 地に 着きますネ!ホーテル 住まいと比較して !? 圭 は 今やボレリ との闘い丈。何しろ マイクロリカバリータイマンスペース、アト70時間のティックタックで。どちらかと言えば 鼻血オカルトの方が ドローンを バンバン 飛ばしてるとしか思えない!ある日、圭 の 足が バージングリーンをトコトコトコ!カット!! 然し アンディー マリーのドローは上手く擁護されてます今回も又!うひひ

      引用  返信

  • WB(全英)の情報を現地の新聞のweb版で読みたい場合、どの新聞がオススメですか?
    調べてみるとイギリスは新聞も階級で分かれており高級紙、中級紙、大衆紙とあるようですねぇ。
    日本でいうスポーツ新聞が大衆紙のイメージでしょうか?
    ご存知の方いらっしゃいましたらお願いします。

      引用  返信

  • あ~いよいよウィンブルドンですねぇ。いつもこちらで皆さんの情報やメッセージをROMさせていただいたり(ありがとうございます!)、TV観戦で皆さんの声援を聞きながら一緒に応援させてもらってます♪イギリスの試合しか応援に行けないので、ツアーファイナルズ以降首を長ーくして待ってました!が、今年もまたチケットはずれました~。

    イングリッシュローズさん、チケット当たったんですか!初日センターコートだなんてすごい♪初日から一気にウィンブルドンモード全開ですね!いいなぁー。友達に一度当てたら20年は当たらないなんて言われたんですが本当でしょうか。私は3年前に当たったんですが、後何年かかるのやら・・・。無作為のはずなんですけど、当たる確立ってきっとすごく少ないですよね。知り合い全員はずれてます~。

    ユナイテッドさん、テントお持ちなんですねー。うらやましい。来週はほんとめちゃくちゃ暑くなりそうですよね。選手もつらいだろうなー。早くコートを知りたいですよね。やっぱ前日なんですかねぇ。徹夜がんばってくださいね!私はだめもとで月曜の朝にならんでみます。だめならテレビで応援します~。

    こちらの気温は日本と比べると低いですが、日差しがすごく強いので熱中症対策は必須ですね。最後まで応援できるよう倒れないようにしないと^^;昨日庭仕事を日中にしてたらクラクラしました~。皆さんもお気をつけください!
    あ~いよいよ、どきどきですね!!

      引用  返信

  • でらすけさん、イギリスの新聞のサイト、ぱっと思いつくだけですがこんな感じです。
    中にはお金を払わないと詳細記事が見れないものがあるかも?普段使ってないのでわからないのですが。
    あれこれ見て比べて好みにあうものを探してみてくださいね。
    私もおすすめ知りたいです。おすすめのサイト、どなたか教えてください~。

    新聞サイト(リンク先はテニスかスポーツのページ)
    Telegraph
    http://www.telegraph.co.uk/sport/tennis/wimbledon/

    Independent
    http://www.independent.co.uk/sport/tennis/

    The Guardian
    http://www.theguardian.com/sport/tennis

    The Times
    http://www.thetimes.co.uk/tto/sport/

    dailymail
    http://www.dailymail.co.uk/sport/wimbledon/index.html

    mirror
    http://www.mirror.co.uk/sport/tennis/

      引用  返信

  • 私はイギリスメディアでの情報収集は殆どテレビ局系サイト「BBC」のお世話になってます。新聞系サイトだと「ザ・ガーディアン (The Guardian)」が最近のお気に入りです♡Webのデザイン&構成が良く利用しやすいので更に好感度アップ↑↑↑イギリスにはスポーツ専門の日刊紙が 存在しないみたいですね。

      引用  返信

  • じゅのさん hmkyさん

    教えて頂いてありがとうございます!
    色々見てみます。
    The Guardianは確かに見やすい画面ですね。

    WIKIによると以下のくくりのようです。
    さらっとテニス記事を見てるだけでは違いはよくわかりませんが。。。

    (高級紙)
    Telegraph
    Independent
    The Guardian
    The Times

    (中級紙)
    dailymail

    (大衆紙)
    mirror

    あと、当たり前ですがどこもマレーの記事が多めですね~。

      引用  返信

  • 連投失礼致します。
    ガーディアン紙による「ウィンブルドンのセンターコートのチケットを入手する方法」って記事が面白かったので、よかったらご覧ください。これからThe Queueに並ばれる錦鯉の皆様チケット入手出来ると良いですね。陰ながら応援していますm(_ _)m
    http://www.theguardian.com/sport/2015/jun/27/wimbledon-how-to-get-tickets-centre-court

      引用  返信

  • みなさまの分も現地で応援してきますね。
    チケットのお話しをしますね。
    私はここイギリスでテニスをしていて、British Tennis LTA(lawn tennis association) のメンバーなんです。
    ウインブルドンの2か月前ぐらいに、所属しているテニスクラブで、LATのメンバーのみ権利があるウインブルドンバロットという抽選会があるのです。初日からファイナルまでのセンターコートとNO1コートのチケットを買う権利の抽選会。だいたいひとクラブに30ペアチケットくらいかな。うちは家族みんながメンバーなので、テニスクラブでの抽選会で当たる確率が高いのかよく当たります。
    なので、ユナイテッドさまじゅのさま、UKにお住まいの方、これを機にLTAにジョインしてテニスを始めませんか?いいこといっぱいですよ。ユナイテッドさま。お友達とテント張り込み楽しそうじゃないですか。ウインブルドンを満喫しましょう。

    節穴さま
    本当にアンディには毎回毎回あからさまにあまいドローですよね。誰かつっこんでよって感じですが。(笑)ヘンマンもそうでした。それなのに優勝できなかったヘンマンって。。。。

      引用  返信

  • @イングリッシュローズ さま

    実は家も家族5人全員テニスクラブのメンバーなんですが、メインは次男しかやっておらず、私はたまに次男の相手をするくらいのもったいないメンバーなんです。

    クラブでの抽選会応募も逃してしまったおバカさんなんです。
    今年は、私がウィンブルドン開催中に日本に一時帰国するので、抽選会日程にあまり関心がなかったというのもありますが、そんなに確率が高いなら、来年は絶対に逃しませんよ!!

    今回は「The queue」に並ぶイベントを楽しんできたいと思います。
    うちわにケイの写真を貼り付けた応援グッズと日の丸を持って、明日日曜午後からいざ出陣です!

    あと、応援のコメントをしてくれたかた、ありがとうございます。
    必ずや、ケイの試合チケットを入手すべき、がんばります!

    PS イングリッシュローズさんは、どこでテニスをしてるのかしら、、

      引用  返信

  • @イングリッシュローズ
    私は ティム ヘンマンの優勝を待望した一人です。アンディー マリーが フェデラーに敗れて ジュディも泣いたし私もでしたが、アンディーは 見事 栄冠を成し遂げました!
    ノールは必ずしもジェントルマンの枠に当てはまらないし?、2015の流れとしてはアンディーのビクトリーを望むのがブリティシュやアメリカンの人情! 錦織圭は 疲れが脚などに蓄積してるので ディープ エンド まで残れれば ラッキーだと 思いつつ 鼻血オカルトのひとりとして常識を外れずの妄想に マリネード中!ヒートウェイブの最中ハッスル エンジョイして十二分に見届けてイラッシャイ!期待してますヨ!

      引用  返信

  • >ユナイテッドさん
    The Queueに並ぶイベントさえもウラヤマシイ♪( 〃▽〃) 熱波が来てくれるとのこと、くれぐれも体調にはお気をつけて、楽しんできてくださいね(^-^)/ できれば、簡単なレポートもお願いします♪

    >イングリッシュローズさん
    なるほど、そんな裏技というか、よい制度があるんですね(^o^) イギリスは議会政治発祥の地だけに、公平な仕組みを作って守るのがうまいですね。今回、チケットのことを調べて、改めて分かりました。初日の真新しい芝のセンターコートの雰囲気を楽しんできてください♪ヽ(´▽`)/

    それでは、じゅのさんも含め、現地組の方々、Have fun at The Championships!!

      引用  返信

  • 月曜日のOOPは20:00(日本時間)頃にリリースされるそうです。

    ‏@Wimbledon
    Waiting for Monday’s Order of Play? Look out for it on Sunday at 1200 BST

      引用  返信

  • 【WBコネタ・イギリスコネタ4】
    ◇ユニクロ & MUJI in イギリス
    錦織さんのスポンサーであるユニクロは2001年ロンドンに欧州初の店舗を出店したのですが数年間、海外事業は苦戦していたんです。 その頃、イギリスではMUJIが人気でした。2006年NY進出を切っ掛けに、ユニクロはブランド力アップ、日本的カスタマーサービスの提供、東レの特殊繊維を使用した「ヒートテック」「エアリズム」といった機能性インナーの商品開発等、積極的な試行錯誤を続けて海外事業は成長軌道に乗りました。2007年頃ケンジントン地区に親戚が住んでいたの遊びに行った時、目抜き通りのケンジントン・ハイSt.にはMUJIしかありませんでしたが現在はユニクロもあるみたいですね*\(^o^)/*最近、日本を代表する時代の仕掛け人と呼ばれる方とユニクロについて話をしたのですが「サードウェーブの要素をキャッチアップして(例えば高度技術戦略)メインの商品に織り込んでいるところを評価したい」とのことでした☆話がマニアック過ぎちゃったかな…(^^;;

    【WBコネタ・イギリスコネタ5】
    ◇(日本からWB観戦&ロンドン観光予定の方へ) 安くて美味しいグルメスポットへGO!
    イギリスの食事はあまり美味しくない…という不名誉なイメージがあるようですが、最近は美味しいレストランが増えてきているようですね! でもまだ、私の中ではそこそこのお金を出さないと美味しい食事にありつけないイメージ。そんなロンドンで安くて美味しいグルメスポット「The Borough Market(超有名所です)」を発見。私はいつもココで食べ過ぎてしまってデブまっしぐらでしたw

    □バラ(ボロー?) マーケット(The Borough Market)
    8 Southwark Street, London SE1 1TL, England
    電話: 020-7407-1002
    Web : http://www.boroughmarket.org.uk
    行き方: 国鉄・地下鉄ロンドンブリッジ(London Bridge, ジュビリー/ノーザンライン)駅下車。駅から徒歩約3分。

    営業日(時間) :
    FOR LUNCH 月曜日、火曜日(10時~17時)
    FULL MARKET 水曜日、木曜日(10時~17時)、金曜日(10時~18時)、土曜日(8時~17時)

    オススメの店: チョリソーサンド屋「BRINDISA」いつも長蛇の列ができてます。私の中では星三つ☆☆☆

    (※OOPが間も無くリリースされるので、一旦コネタ集閉店しますね。超長文失礼致しました)

      引用  返信

  • >でらすけさん
    そうなんですよ、イギリスの新聞もTVもアンディばっかりで。日本が錦織選手一色のように、こちらもイギリス選手がメインで出るので、いつもサイト内でNishikoriって検索して記事を探してます!

    >hmkyさん
    情報ありがとうございます!やっぱり見やすいサイトが一番ですよね。月曜のキュー、無理かもしれないけどだめもとで並んでみます~。

    >イングリッシュローズさん
    LTAのメンバーになってらっしゃるんですね!毎年ウィンブルドンに行くたびにテニスやってみたいなと思いつつ、大学時代に体験教室で散々で初日にあきらめていらい、一度もやったことないんですよー。全然できる気がしなくて!テニスできる人尊敬します~。

    >MIYAさん
    ありがとうございます!去年は錦織選手を一試合見逃したので、今年は皆勤賞(ないけど!)狙いたいです~。月曜は無理かもしれないのですが。

    >コリコリさん
    今日の12時ですか!外出先でネットがつながったら早速チェックできるよう携帯スケジュールに入れました。ありがとうございます!

    >yuriさん
    弱気な感じでしたか~。強気でがんがんいってほしいけど、怪我だけはしないでほしいですねぇ。勝っても、負けても、棄権しても、ずーっと応援します!怪我せず自分の納得できる試合をしてほしい~。

    いつもセンターコートで優勝する錦織選手を妄想して泣きそうになってます。生きてる間にその姿を見たい!ってまだまだ長生きするつもりですが^^;

      引用  返信

  • 現地13時開始(日本時間午後9時開始)コート1の第2試合のようですね
    大体午後10時半~11時ごろ開始でしょうか?

    Monday's No.1 Court OOP: Serena v Gasparyan Bolelli v Nishikori Dimitrov v Delbonis— Wimbledon (@Wimbledon) 2015, 6月 28

      引用  返信

  • コート3で守屋-チリッチが19:30からなので、その後に見るのには丁度いい時間帯かも知れませんね。

      引用  返信

  • 明日は、圭くん以外に守屋選手、添田選手の試合がありますね。
    http://www.wimbledon.com/en_GB/scores/schedule/pdf/schedulePDF8.pdf

    守屋選手は19:30開始、Court3の第1試合
    添田選手は19;30開始、Court12の第2試合(20:30-21:00頃開始?)

    上手く、守屋選手(19:30)→添田選手(21:00)→圭くん(22:30)と行けばいいなぁ。
    みんなガンバレ\(^o^)/ガンバレ

      引用  返信

  • bucchiさん、被っても全然問題ないですよ~。それよりも情報を書き込む人がいなくなって焼け野原になる方がマズイと思いますm(_ _)m。

    それで、初日のOOPも出たということで、1回戦の勝利を祈念して↓を作ってみました。
    まぁ、私が書くより、イタリアファンクラブの皆さんの方が詳しいかと思いますが(^^;)。
    足の状態をもあるのと、昨年の死闘が物語るとおり楽な相手ではないですが、ボレッリがダブルスに専念できるように、圭くんにしっかり勝ってもらいましょう。
    頑張れ!

    試合情報
    大会名(カテゴリー):The Championships (Grand Slam)
    サーフェス:芝
    ドロー数:128
    ラウンド:1回戦
     
    試合日時
    現地時間 6月29日(月) 13:00開始の第2試合
    日本時間 6月29日(月) 21:00開始の第2試合
    @ NO.1 COURT
     
    対戦相手
    Simone Bolelli (ITA) シモーネ・ボレッリ(イタリア)
    ・ランキング56位(最高36位)/ダブルスでは11位(最高10位)
    ・29歳、183cm、83kg
    ・今年の勝敗:17勝16敗(錦織は37勝9敗)
    ・ツアー優勝:シングル0回、ダブルス4回(2015全豪等)
    ・2013Miamiで右手首を負傷、全仏で復帰も再び同箇所を負傷棄権、全英に強行出場もその後欠場。Top100→360位台までランキングを下げる。
    ・2014全豪のダブルスで復帰。シングルは2月のチャレンジャー大会で復帰。
    ・2014全英は予選を突破し本選出場。3Rで錦織と対戦し日没サスペンド→ミドルサンデーを挟んだ3日間の戦いの末にフルセットで敗れる。
    ・今期は、ダブルスでは、全豪優勝。Indian Wells、Monte Carlo準優勝。全仏ベスト4。(パートナーはFabio Fognini。ダブルスのレースランキングで同組は現在2位。)
    ・シングルスは、全豪では2Rで#2 Federerに敗戦。
    ・Marseilleでは、2Rで#1 Raonicに勝利。QFで#7Monfilsに敗戦。
    ・Indian Wellsでは、2Rで#6 Raonicに、Miamiでは2RでTroickiに敗戦。
    ・Madridでは、#15 Anderson等に勝利し3R進出、#4 Nadalに敗戦。
    ・全仏では、2Rで#31 Troickiに勝利。3Rで#7 Ferrerに敗戦。
    ・Queen’s Clubでは、予選突破も1RでGasquetに敗戦。
     
    過去の対戦成績
    1勝0敗
    2014 全英 3R, ○錦織 3-6, 6-3, 4-6, 7-6(4), 6-4 ●ボレッリ (錦織12位、ボレ132位)

      引用  返信

  • ferrer outらしいです
    残念

    Lamentablemente no podré jugar Wimbledon por una lesión en el codo. A recuperarse lo antes posible! Un abrazo a todos.— David Ferrer (@DavidFerrer87) 2015, 6月 28

      引用  返信

  • 全英事務局発表版です。残念ですが、間違いなさそうですね。
    Wimbledon ‏@Wimbledon · 50秒50秒前
    David Ferrer has withdrawn from The Championships due to an elbow injury. Lucky loser Luca Vanni takes his place #Wimbledon

    ちなみにフェルのwithdrawn発表が明日のOOP発表前だったら、#9シード以降の選手ポジションに調整が入り、Cilic→Nadal、Isner→Monfils、Cuevas→Garcia-Lopezに入れ替わるところだったそうです。どっちもどっちって感じですね。

      引用  返信

  • 明日の試合、NHK地上波生中継するんですね。嬉しいけど怖いです…

    ふくらはぎが良くなっていますようにー

      引用  返信

  • 鉄人フェレールがついに欠場なんですか~(>__<) ロンドンで美味しいものに出会うのは、かなりの財力or努力が必要だと感じました

      引用  返信

  • あれ、なぜかコメントが途中省略してアップされてしまいました(>_<) 無視してくださいませm(__)m

      引用  返信

  • ”デエブィッド フェレール” は フェデラー,ヒューウィットと同じく 34才。怪我をかろんじないで早めに治療する 方針なのでしょう! 完治して USOpen での復帰活躍を期待します!

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。