ランキングの推移をフェデラーとナダルと比べてみた

「フェデラーやナダルよりも初優勝が早い!」というのが結構評判になってるんで、この2人とランキングの推移を比べてみた。

年齢を揃えて比べてあります。横軸の

17/3/21

ってのは「17歳3か月21日」を表します。

rankcomp080219.PNG (PNG 53.6kB)

(続きを読むには右下のRead more…をクリック)

これを見ると、まずナダルの化け物っぷりが目につきます。17歳3か月でトップ50くらいになってます。

フェデラーはそれと比べると遅いけど、17歳7か月で100位台前半はすごいと言えるでしょう。

この2人と比べたら錦織は遅咲きですが、ツアーに本格参戦したのが去年だし、同い年でもヤング(100位)に次ぐ2番目のランキングなので、十分早いと言えます。

それに今回の優勝で、フェデラーの18歳2か月のころのランキングに一気に迫ってきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

 テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。