トップ50選手の身長を調べてみた

177cm(178cm)という錦織圭の身長が話題になることが多いので、トップ50選手の身長を調べてみました。100位まで調べたかったんですが結構しんどいのでとりあえず50位まで。

まずは生データをご覧ください。ランキングは2008年3月31日現在です。

datatorank50.PNG

データを入力していて「なんかやたら185cmが多いなあ」という印象を持ちました。サンプラスが185cmで、フェデラーも185cm。テニス選手の理想の身長というイメージもあるので、みんなとりあえず185cmと書きたがるのか・・・?

とも思いましたが、何のことはない、単にフィート/インチでデータを登録しているからでした。

6フィートが182cm、6フィート1インチが185cmという風に丸められているようです。ですから、184cmや186cmと登録されている人はいません。

身長はcm単位で175、177、180、182、185、187、190、193、195、198という刻みになっています。

で、分布を取ってみました。

heighthistgram1.png

208cmのカルロビッチ大先生は例外としても(笑)、やはり大きい選手が多いですね。

175cmは5位のフェレールただ一人。177cmはダビデンコ、コールシュライバー、ダルシス、サントロの4人です。

177~178cmの錦織は小さい方だと言えますね。

これでも日本人選手の中では大きい方なのですが・・・。

大胸筋は結構発達しているように見えるし、身長も子供のころを考えれば随分伸びました。もうちょっと大きい方が確かにいいですが、身長が原因で通用しないというほどではないように思います。

100位まで調査すれば、グロージャン(175cm)、モンタネス(175cm)、クーベック(175cm)、クレモン(172cm)、O.ロクス(167cm)などがいますし、ランキングを落とした元トップ10選手にコリア(175cm)、ガウディオ(175cm)などもいました。それにヒューイットやナルバンディアンは180cmないのでは?というもっぱらの噂です。

錦織のプロフィールは177cmとなっている場合と178cmとなっている場合がありますが、177cmのものはATPのプロフィールである5フィート9インチ=177cmから取っていると思われます。

実際の身長が178cmでもATPでは177cmと表記されてしまうことになります。

仮に実際は178cmだとして、あと1cm身長が延びたら179cmになって今度はATPサイト上は5フィート11インチ=180cmと表記されることになると思います(笑)。

身長に関してはそんなに神経質になることはなさそうだ、というのが私の結論です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

 テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。