デ杯、幸先の良い2勝

デ杯 アジア・オセアニアゾーン グループI 1回戦 フィリピン戦 (相変わらず残念なWEBサイトです・・・もう少しどうにかならなかったのでしょうか?)

昨年に引き続き大阪のなみはやドームで開催されています。

[シングルス第1試合]
○伊藤竜馬 3-6,6-3,6-4,3-6,6-4 ●トレト・コンラッド・ユーイ

[シングルス第2試合]
○添田豪 6-7(4),6-3,6-3,6-3 ●セシル・マミート

伊藤竜馬はファイナルセットの大苦戦ながらも勝利。

勝てばいいんですデ杯は。

相手が世界No.1だろうと、No.1000だろうと何が起こるか分からない。それがデ杯。

ファイナルセットで勝つと負けるは大違い。竜馬、おめでとう!!

添田はベテランのセシル・マミートに4セットで勝利。試合巧者マミートにはめられないように・・・と思っていましたが杞憂でした。

これで2勝で王手。明日は鈴木貴男・松井俊英という新鮮なコンビです。サーブ強そう。

フィリピンに勝ったらなんと、次は(おそらく)オーストラリアですよ!

ヒューイットが出てくるかも。トミッチもいます。

オーストラリア戦の日程は5月7~9日で、錦織圭がエントリーしているサラソタチャレンジャーの直前ですので、錦織圭の参加はないかもしれません。

いや、デ杯で、オーストラリアだから強行日程で来るか?分かりません。

6 件のコメント

  • トミッチもですが、注目株のボールもいます。
    気が早いですが、オーストラリア戦には錦織くん合流してもらわないと・・・勝ち目が・・・(笑)

    それにしても竜馬くんのしょっぱなのガチガチっぷりといったら相当のものでしたが、ホームで第1戦というのは、そんなに緊張するものなんですねぇ。

      引用  返信

  •  次の相手がオーストラリアの場合、場所は先方主催となります。
     恐らく、台湾戦と同じ全豪の会場となるでしょう。

     ヒューイット(24位)が出場できない場合、先方のシングルス
    起用はルーザック(75位)とトミッチ(298位)が予想されるため、
    錦織が出場すれば、わずかながら勝算が出てきます。
     ただ、ダブルスではまず勝てないため、この場合でも、伊藤か
    添田がトミッチに勝つ必要があります。

     ちなみに、オーストラリアとの対戦は96年(0-5)以来で、デ杯
    での通算成績は2勝14敗です。最後に勝ったのは71年(3-2)で、
    この際の日本のシングルス起用はNo.1柳恵志郎 No.2坂井利郎
    だったのです。(最終対戦を含め、柳だけが2勝)

     坂井利郎や神和住純の影に隠れた印象がありましたが、実は柳
    恵志郎さんてすごい選手だったんですね。WOWOWの解説でしゃべり
    まくるだけのことはあるな、と思いました。

      引用  返信

  • 公式ブログに来週からのIWには不参加、マイアミ大会にメインWCで出場、というニュースがブログ欄に来ていました。
    今回の不参加は残念ですが、肘の故障ではなさそうです。サーブの精度を上げたりといった調整する時間がもうちょっと必要なだけじゃないかと思っています。

      引用  返信

  • 竜馬緊張してましたね~w

    でもそれって私が以前の記事に書いたように、まさに「勝ちたい気持ちの表れ」ですね~。

    やっぱりデ杯で国を代表して戦うって、違うんですよ。
    私も大学のころの団体戦を思い出すな~。
    やっぱり違ったし、団体戦に強い人、弱い人がいた。

    貴男ちゃんが「デ杯男」なのもその辺が関係していると思います。

    竜馬は緊張してもなんでも、とにかく勝ったのが大きい!!
    これはすごい自信になりますよ。

    添田は安定していましたね。マミート結構有名な選手なんですが。

    sabumasaさんせっかく観戦記事書いたんだからリンク張っとかないと!
    http://sabumasa.blog.tennis365.net/archives/article/246271.html

    コリコリさん

    WOWOWの解説でしか柳さんのこと知らない人(私もプレーは見たことない)は驚くでしょうね~www

      引用  返信

  • きょうこさん

    情報有難うございます。記事アップしておきました。
    まだタイトなスケジュールに対応できるかどうかわからないので、移動やコンディショニングを考えたらかなり楽になったというか、やりやすくなったと思います。

    IWに来ないのはきょうこさんとしては大変残念だと思いますが・・・。

      引用  返信

  • えぇ。今年のインディアンウェルズ、なんと家族から観戦OKの許可が正式に下りたところだったんです、今日(笑)。でも、だいぶ先、夏になってしまいますがLAオープン(ロサンゼルス・オープン)というATP大会があるそうなので、もし錦織選手の出場が決まったら、今度こそしっかり観戦してきます!IWに比べたら、移動時間半分で済みますから!このころには圭くんもだいぶ調子が上がってきている頃じゃないかな~と期待しています!女子ではサンディエゴでWTA大会も復活するらしいです!もしかしたら伊達選手も来るかもしれないのでエントリーリストが出るのを楽しみに待ちたいと思います。

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。