tweet digest @netdash 2015-08-04

4 件のコメント

  • サスベンドだと思って あきらめていたら、ヤッテマスね!深夜迄大変だナ!焼き鳥スペシャルですネ!

      引用  返信

  • 串に刺されたり 熱さで脅かされたり、厄介な焼鳥デシタ フーッとしましたネ!

      引用  返信

  • 自宅では無くて 如何しても 画面に出てこないし スコア丈 睨んで焦ったせいから 奇妙な 表現をして後悔してますが、相手のダックワース 未だ 知られて無い最近上がってきた23才、シモンに ストレートで勝ってるのでとは 思ってましたが オーストラリア側としては 期待出来る若手中の 一人だと 思われす。1スト セットで落としても 挽回して キチッと 勝利を 決めるパターンを若い頃から 既に 身につけている 錦織圭 なので 最終セットはベテランらしく 網をたぐって 終わらせたようですネ!本人も ワシントンは 時期的に暑さ湿気で ボールも重たげなので 常に多少苦手意識が有ったようですが 実戦復帰としては 接戦苦戦しておいた方が 後々の為に 良かったと思われますネ!

      引用  返信

  • 節穴 さん、ダックワース選手はオーストラリアの期待の選手でしたよ~今はそれ以下の若手が台頭してきたので外れてますが、その前はデ杯チームにも呼ばれていました。
    気性の激しい面があるらしく、ヒューイット選手を贔屓(ひいき)し過ぎだ!みたいに噛みついたりと腕白小僧のようですね(≧◇≦)

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。